農協(JA)の住宅ローンを徹底解説!気になるメリットや評判は?

農協(JA)の住宅ローンを徹底解説!気になるメリットや評判は?

もしあなたが住宅ローンの利用を検討しているのであれば、以下のような考えをもっていませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 農協の住宅ローンが良いって聞いたけど本当?
  • そもそも農協って何なの?誰でも使えるの?
  • 農協が提供する住宅ローンのメリットやデメリットを知りたい

住宅ローンの利用を検討しているなら、上記のような「農協」に対する疑問を持っている人は多いです。

そこで今回の記事では、絶対に知っておくべき「農協住宅ローン」の必須情報を紹介していきます。

この記事を読めば、農協住宅ローンの基礎情報やメリットとデメリットがわかります。

記事を最後まで読んだ頃には、農協の住宅ローンを利用すべきか答えが出ているはずです。

農協が提供する住宅ローンの基礎知識

そもそも農協とはどのようの団体なのか、ご存知でしょうか?

農協とは、「農業協同組合」の略で、農業に携わっている人をサポートするために作られた協同組合のこと

農業協同組合を英語に直して、その頭文字を取り「JA」 と呼ばれています。

JAと言われれば、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

農協では様々な事業を行っていますが、主な事業は農産物の販売事業です。

その他にも新規の農業事業者への指導や共済事業など、農業者に対して幅広いサポートを行っています。

そんな農協ですが、「JA バンク」と名の付く金融機関の運営元としてもお馴染みです。

JA バンクはテレビCM でもよく見かけるように、全国展開している金融機関です。

大手のメガバンクと同じく、JA バンクの支店がない地方自治体は少ないはず。

そんな農協が運営するJA バンクでは、融資事業を行っています。

銀行と同じようなローン商品を取り扱っているので、JA バンクにお金を借りている人も非常に多いです。

農協が運営している金融機関だからといって、一般的な銀行との違いは特にありません。

借り入れ方法や返済方法も、一般的な銀行とほぼ同じ仕組みをとっています。

ちなみに「農協は農業従事者しか借金できない」とよく思われていますが。それは大きな間違い。

農業従事者以外でもJA バンクの利用ができ、ローンの申し込みはできます。

農協が提供しているローン商品は多種多様

農協のローンは様々な種類がありますが、その中でも人気なのが住宅ローンとマイカーローン、教育ローンです。

農協の住宅ローンは、新築購入はもちろん中古住宅の購入やリフォームにも対応しているのが特徴。

一般的な銀行と同じように、借り換えローンにも対応しています。

融資金額の上限は5000万円と少し少なめのですが、金利タイプは非常に豊富。

おなじみの固定金利型・変動金利型に加えて、固定変動選択型も選べるようになっています。

農協が提供しているマイカーローンは、自動車やバイクの購入費の費用はもちろん対応。

なんと修理費用や車検費用、免許の取得費用にまで使える優れものです。

最高融資額も500万円になっているため、非常に使い勝手の良いローンになっています。

住宅ローンとマイカーローンに負けず劣らずの人気商品が、農協の教育ローンです。

一般的に教育ローンは入学金や授業料など、学校にかかる費用だけが対象です。

しかし農協に限っては、一人暮らしをするためのアパート費用にも使えるのが特徴。

奨学金から引越し費用まで、全て農協でまかなっている人も少なくありません。

各自治体にある農協で金利が変わる

住宅ローンの利用を考えた時、最も気になるのは「金利」ではないでしょうか。

農協が提供する住宅ローンにも金利が設定されていますが、その数値は残念ながら一定ではありません。

各地方自治体にある農協ごとに、金利数値が異なるのです。

農協が運営するJA バンクは、支店ごとの独立採算制を採用しています。

そのせいで、住宅ローンの金利が全国一律にはなっていないのです。

また金利だけではなく申し込み条件なども、地域の農協によって全然違います。

ネットで農協住宅ローンの金利や申込条件を調べる時、自分の最寄りの農協ではない支店をチェックしがちです。

勘違いしないように、しっかりと最寄りの支店は確認しておきましょう。

住宅ローンを利用するには「組合員」になる必要がある

農協は協同組合のため、一般的な銀行のように利益追求を目的とはしていません。

では一体、何が目的なのでしょうか。実は組合員の生活を向上するために、組織を運営しているのです。

そのため農協が運営しているJA バンクは、組合員にならないと利用できない仕組みになっています。

組合員になるための条件は特に設定されていませんが、住宅ローン利用前には組合員になる必要があります。

ちなみに農協の組合員は2つの種類があり、「正組合員」と「准組合員」が存在します。

正組合員は、残念ながら農業に従事者しかなれないルールです。

つまり、農業従事者以外が組合員になるなら、准組合員にならなければなりません。

ただ、准組合員と正組合員に住宅ローンを借りるうえでの大きな優劣はないため、安心してください。

また場合によっては組合員になるのに、条件を課せられている支店があるため注意してください。

組合員になるために、出資をしなければならないケースがあるのです。

必要な出資金額は支店によって違いますが、大抵の場合1万円程度で済みます。

出資金をだせば年度ごとに配当金をもらえるうえ、脱退する時には出資金は返金してもらえる仕組みです。

ただし農協の住宅ローンを利用中は、絶対に農協を脱退できないので注意してください。

農協の住宅ローンは「保証人」が不要

農協の提供する住宅ローンは、一般的な銀行では必要になる「保証人」が不要です。

ただし保証人の代わりに農協が指定した保証会社を使うため、別途保証料がかかります。

保証会社に支払う保証料は農協の支店ごとに違うため、いくら位なのかは明言されていません。

事前に保証料が知りたいのであれば、最寄りの農協支店に連絡をして確認するほかないでしょう。

ネット申し込みに対応している

農協の住宅ローンのイメージについて聞くと、なんとなくカタい印象持っている人が多いようです。

しかし今の時代の農協住宅ローンは、非常にユーザーのニーズに沿っているのが特徴。

なんとインターネットからの借り入れ申し込みにも、完全対応しています。

マイカーローン・カードローン・リフォームローン・教育ローンなど、すべてネットで申し込みが可能です。

支店に行く時間のない人は、利用するといいでしょう。

ただし、ネット申し込みを使った場合は、「仮申し込み」になるので要注意。

実際の契約手続きは最、寄りの農協支店に行かなければ実行できません。

最近主流のネット銀行は、支店に行かずにネットで全て完結させる仕組みが多いです。

ネット銀行の便利さに比べると、農協はまだ少し劣っているかもしれません。

ただネット申込みに全く対応していない地方銀行と比べると、農協はかなり頑張っているといえるでしょう。

農協は提供する住宅ローンのメリットとデメリット

世の中に完璧な住宅ローンは存在しません。どんな住宅ローンにも、メリットとデメリットが存在します。

農協が提供する住宅ローンも例外ではなく、魅力的なメリットと残念なデメリットが共存しています。

農協が提供する住宅ローンのメリット

農協が提供する住宅ローンを使った人に、筆者は何度も会ったことがあります。

その人たちになぜ農協を選んだのか理由を尋ねると、共通する理由がありました。

どうやら農協特有の安心感や温かみを得るためだったようです。

農協は先述したように、銀行と違って営利目的の組織ではありません。

組合員の生活向上のために存在する組織なので、銀行の窓口と対応も違いますし利用後の待遇も違います。

支店によっては住宅ローン利用者に毎月ジュースやお米が送られてきたりと、独自のサービスが行われています。

一般的な銀行では絶対にありえない温かみのある対応が、農協に対する安心感を生み出しているのでしょう。

農協が提供する住宅ローンのデメリット

農協住宅ローンの最大のデメリットは、金利が一定ではないことです。

住宅ローンを利用する際、金利を比較して検討する人は多いと思います。

事前に金利が確認できなければ、比較検討ができないですよね。しかし農協の場合は、それができないのです。

農協は支店によってはネットに金利が掲載されない事も多く、支店に行かなければ確認できません。

住宅ローン利用者にとって金利の確認が事前に出来ないのは、致命的問題といっても過言ではないでしょう。

また農協の住宅ローンは、審査に非常に時間がかかる商品としても有名です。

一般的な住宅ローンだと事前審査は1〜2週間、本審査は1ヶ月ほどで融資が実行されます。

一方、農協の場合は一般的な住宅ローンのおよそ2倍は審査期間がかかると、覚悟しておいた方がいいでしょう。

最適な住宅ローンを探すならモゲチェックがオススメ

住宅ローンをあれもこれも調べても結局わからない・・・

当たり前です。住宅ローンは、あなたの環境(家族構成、年収、将来性)により適正が異なります。

新規で借りようとしている人も、見直しを考えている人も実際にいくつかの銀行に仮審査をして金利、保障内容を比べるのが一番

でも、いちいち銀行を1社1社探して申し込んでいたら大変です。

そんなとき、役に立つのが「モゲチェック」の住宅ローン一括審査!

あなたの条件に合う住宅ローンが一括で比較できます。さらにプロのアドバイザーにチャットで気軽に相談できるのでまずは利用してみましょう。

>> モゲチェックでお得な住宅ローンをチェック

まとめ

絶対に知っておくべき「農協住宅ローン」の必須情報を紹介してきました。

農協住宅ローンの基礎情報や、メリットとデメリットについても理解いただけたと思います。

農協の住宅ローンを利用すべきかどうか、答えが出ている人も多いのではないでしょうか。

もし今後住宅ローンを利用するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

農協(JA)の住宅ローンのよくある質問と回答

農協(JA)ってなんですか?

農協とは「農業協同組合」の略で、農業に携わっている人をサポートするために作られた協同組合のことです。

農協で住宅ローンを借りることはできますか?

農協のローンは様々な種類がありますが、その中でも人気なのが住宅ローンとマイカーローン、教育ローンです。農協の住宅ローンは、新築購入はもちろん中古住宅の購入やリフォームにも対応しているのが特徴です。

不動産の最高額をチェック

あなたの家・土地の最高額は?

机上査定も可能!
相場もすぐ分るぞ

最短1分入力で信頼できる不動産会社を探す!

都道府県を選択

市区町村を選択

※NTTデータグループが厳選した不動産会社が複数社見つかります。
※机上査定を選択すると、メールで査定額がわかります。
※入力が面倒な方はお電話で受け付け可能です。
連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)
※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

気になるワードでチェック

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント

この記事を書いた人

石川 貴裕

不動産鑑定士監修

名古屋のIT企業に従事しながら、親族の不動産仲介会社にて不動産売買の実務を経験。マンションを3棟、太陽光発電を1基所有。新築の戸建て(マイホーム)も2回経験していることから、失敗しない家づくりもサポートしています。

-住宅ローン

Copyright 不動産売却の教科書 Rights Reserved.