マンション売却 不動産売却 不動産査定 土地売却 家売却

不動産の売却査定を匿名で知るおすすめの方法を紹介

投稿日:2016年10月22日 更新日:

不動産を売却するにあたって大事なことは、まずはあなた自身で不動産の価値を知ることです。

今ではネットが普及しており、かんたんに調べることができるようになりました。

これから不動産を売却しようとする人の中には

  • まずは不動産の価値を気軽に調べたい
  • 匿名でする方法を知りたい
  • オススメのサイトが知りたい

と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、不動産の価値を調べるサイト、しかも匿名で簡単に調べるサイトにフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことで、あなたが不動産の売却査定を匿名で行い相場を気軽に知ることができることを約束します。

イエイ

1.不動産の売却査定を匿名で行う2つの方法

pexels-photo-187041

まず最初に不動産は「売る人」よりも「買う人」の方が真剣です。

ローンを組んで数千万円のお金を支払うわけですから、買主の方が真剣になるのは当然です。

そのため、不動産の買主は、売主が思っている以上に早くから情報収集を行っており、相場を把握しています。

1-1.相場は買主の方がよく知っていたりする

ですので、売主であるあなたも相場は知っておくべきでしょう。

例えば、あるマンションを以前から買いたいと思っている人などは、そのマンションの物件が今いくらくらいなのかを売主以上に知っています。

そのため、売出価格を見て、高いか安いかを判断できる買主も存在するのです。

現在は情報化社会のため、買主であっても売主であっても相場を把握することは可能です。

そこで、売主や買主に関係なく不動産を匿名で査定できる2つ方法についてご紹介いたします。

2つの方法とは

  1. ポータルサイトの利用
  2. 匿名査定サイトの利用

です。それぞれ詳しく説明します。

1-1.ポータルサイトの利用

1つ目は不動産のポータルサイトの利用です。

これは「at home」や「SUUMO」といった誰でも売物件が検索できる情報サイトから不動産の価格を知る方法です。

以前は、新聞の折込チラシから相場を把握するという方法もありましたが、インターネットのポータルサイトの方が、情報量も多く、使い勝手は良いです。

そのため、中古不動産を好む若い世代はインターネットを活用しています。

今時は、不動産を購入したい人は、ポータルサイトで物件を選んでから不動産会社に問合せを行うのが通常です。

大型マンションであれば、いくつかの部屋が売りに出ています。

販売価格を面積で割ると単価が出るため、買いたい物件が他の物件と比較して価格が高いかどうかを比較することは可能です。

このように買主が高いか安いかを判断することは、立派な査定と言えます。査定は難しく考える必要はなく、誰でも普通にできることなのです。

売主であってもポータルサイトを使って同様の査定は可能です。周辺の物件がいくらくらいで売りに出されているのかを知ることで、自分の物件を査定することができます。

特に、更地やマンションであれば、周辺の販売事例から推測かしやすいです。

販売価格を面積で割り、その単価を自分の物件の面積にかければ、ある程度まともな査定額が出せます。

但し、戸建の場合は、建物の値段も含まれるため、単純にはできません。

ポータルサイトを利用して査定を行う場合は、更地かマンションが適しています。

1-2.匿名査定サイトの利用

2つ目の方法としては、匿名査定サイトを使うという方法です。匿名査定サイトには、「HowMA(ハウマ)」や「HOME’Sプライスマップ」、「IESHIL(イエシル)」といった無料査定サイトがあります。

HowMa

HowMAやHOME’Sプライスマップは戸建でも対応しています。

これらの査定サイトは匿名であるが故に、買主でも利用可能です。欲しい物件が特定されれば、物件情報を入力して査定額を出すことは可能です。

例えば、分譲マンションを賃貸で借りている人が、その分譲マンションを購入したい時、匿名サイトを使えば、いくらくらいで買えそうか調べることが出来ます。

現在はこのような便利なサイトがあるため、買主の方でちゃっかり値段を調べることができるのです。

以上、不動産の売却査定を匿名で行う2つの方法について見てきました。

それでは次にそれぞれの方法のメリットとデメリットについてご紹介します。

2.それぞれの方法のメリットとデメリット

2-1.ポータルサイトの利用のメリット/デメリット

1つ目の不動産のポータルサイトを使った査定のメリットです。これは、他の競合物件がいくらくらいで売られているのかを客観的に知ることが出来るため、視野を広げることができるメリットがあります。

ポータルサイトを眺めていると、必然的にいくらくらいで売れそうかという現実ラインが見えてきます。買主であるお客様目線も持てるため、とても勉強になります。

不動産のポータルサイトを使った査定のデメリットですが、あくまでも売出価格しか分からないという点です。

そのため査定額は若干高めに出ます。しかしながら、一昔前は売出価格と成約価格に差があるのが当たり前でしたが、最近は売出価格イコール成約価格のケースが増えてきました。

特に戸建やマンションといったマイホームでは売出価格イコール成約価格のケースが多くなっています。

そのため、例え販売価格で査定しても、そこから大きくずれることはないでしょう。またこの方法は、戸建が査定しにくいというデメリットもあります。

2-2.匿名査定サイトの利用のメリット/デメリット

2つ目の方法の匿名査定サイトのメリットです。これは物件を特定して査定しますので、ポータルサイトの利用よりも精度の高い価格が査定できます。

マンションの場合、方位や階数によって値段が異なりますが、これらの個別的要因も加味してくれます。また戸建も築年数に応じできちんと価格を査定してくれます。

匿名査定サイトのデメリットは内覧する訳ではないので、正確性は保証されないという点です。匿名サイトでは不動産を内覧しないので、不具合や破損等の減額要素は加味されません。

あくまでも標準的なスペックを備えているであろうという前提で査定される価格となります。

以上、それぞれの方法のメリットとデメリットについて見てきました。

どちらがいい悪いはないですが、まずは匿名サイトを使うのをオススメしています。

3.匿名サイトをオススメする理由

theme-candid-portraits-smile-woman-girl-40064

匿名査定サイトには多少のデメリットはありますが、筆者の方では、やはり匿名査定サイトの利用をお勧めします。

理由としては、簡単で正確性も高いからです。

匿名査定サイトの中でも特にHowMAは凄いです。あまりにも簡単な入力情報だけで、正確性の高い金額が査定されるため、筆者も最初に使った時は、正直、驚きました。

人工知能を使った査定をしているのですが、将来、不動産の査定は人間がやる仕事では無くなるのかもしれません。

それでは次に気になる匿名で行うことでの注意点についてご紹介します。

4.匿名サイトを利用することの注意点

匿名で査定を行う場合、注意点としては、繰り返しにはなりますが匿名サイトはあくまでも内覧をしていないため、相場しか分からないということです。

特に物件に不具合や破損個所がある場合は、価格が下振れするリスクはあります。

また希にですが、センスの良いリフォームをしていると、高い査定額が出る可能性もあります。

匿名サイトでは、所在や築年数等の外部からでしか分からない情報のみで査定されるため、物件固有の事情が反映されない点が注意点なのです。

以上、匿名で行うことでの注意点について見てきました。

ただ、これらの匿名サイトではもちろん売却することはできません。

ただただ価値が分かるだけです。実際に売るとなった場合は、やはり不動産会社に査定を依頼するしかありません。

次にオススメの不動産売却方法をお伝えします。

5.オススメの不動産売却方法

building-joy-planning-plans

いざ不動産を売却する段階にあたっては、最終的には不動産の一括査定サイトを使用することをお勧めします。

不動産の一括査定サイトは、利用者も急拡大しているサイトです。

一括査定を利用すると、あなたの不動産情報にマッチする不動産会社を自動に探してくれる優れものです。

5-1.一括査定のオススメはイエイ

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の5つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやオウチーノも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 800社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ 電話での査定依頼も可能 運営会社が広告会社
オウチーノ 500社 全国 非公表 2003年~ ・運営が不動産会社で安心
・運営履歴が一番長い、安心の実績
査定会社が大手に偏っている
リガイド 400社 全国 非公表 2006年~ 登録企業を全て公開 登録企業が少ない
一番のおすすめ「イエイ」はコチラ → https://sell.yeay.jp/
イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

cvbutton3
イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

cvbutton3
スマイスターはコチラ → https://www.sumaistar.com/
スマイスター

スマイスター公式サイト
https://www.sumaistar.com/

cvbutton3

ここまで不動産を売却する上でおすすめの査定方法について見てきました。

最後に不動産売却を成功するポイント、注意すべきことについて触れます。

6.不動産売却を成功するポイント、注意すべきこと

pexels-photo-211122

不動産売却を成功させるポイントとしては、やはり適正な値付けです。

今は買主もポータルサイトや匿名査定サイトを利用できるため、適正な価格を知ることが可能です。

真剣な買主は、むしろ売主よりも価格に厳しい目を持っています。

そのため高すぎる価格設定では売却ができません。

適正な値付けこそが不動産売却をスムーズに進めるコツと言えるのです。

6-1.高すぎる査定額を出してくるところは注意

また注意点としては、高すぎる査定額を出してくる不動産会社に対する対応です。このような会社はただ専任媒介契約を取りたいだけの無責任な会社です。

匿名査定サイトのストライクゾーンの価格からあまりにも離れている様であれば、仲介を依頼するのは避けましょう。

7.まとめ

いかがでしたか?不動産の売却査定を匿名で知るおすすめの方法を紹介してきました。数千万円を払う買主は、真剣です。

売主以上に価格を良く調べています。

まずは、買主が自分の不動産をいくらくらいだと思っているのかという視点に立ち、匿名サイトを使ってみるのが良いでしょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-マンション売却, 不動産売却, 不動産査定, 土地売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.