マンション売却ってどんな流れ?初めてのマンション売却絶対に失敗させない方法

マンション売却ってどんな流れ?初めてのマンション売却絶対に失敗させない方法

マンションを初めて売却する時、「一体何から手をつけたら良いの?」と途方にくれてしまう方も多いのではないでしょうか。

住んだままでも売り出せるのか?不動産会社で何を伝えたら良いのか?など、初めての方には分からないことばかりです。

この記事では、初めてマンションを売却する人に、「マンション売却の基本的な流れ」を解説します。

不動産は売り方次第で時間がかかってしまい、長引くと値下げせざるを得ないケースも出てくるので、「ポイント」をしっかりおさえておくことが大切です。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 初めてのマンション売却で、手順がさっぱり分からない
  • マンションが売れるまでの期間てどれくらい?
  • 不動産売却までのスケジュールを少しでも縮めるためにできることは?

1.マンション売却が初めての人必見!正しいマンション売却の流れ

マンションの売却を始めてから引き渡しまでどれくらいかかるかは、物件やその時の市場のニーズ、そして事前の準備などでも異なります。

買い手がすぐに見つかるかは売主側にはコントロールできない部分なので、この記事では「自分で気をつけられること」にフォーカスしてお伝えします。

マンション売却の流れ

マンションを売る時は何から始まるのでしょうか?売れ残らないために、どうしたら良いのでしょう。

まずはこちらが不動産売却の全体の流れになります。この流れを理解して、「今はこの段階にいる」ということを理解しながら進めていきましょう。

不動産売却の全体の流れ

不動産売却の全体の流れ

まずは自宅の価格査定から!

まずはあなたのマンションの価格を査定するところから始まります。

マンションは人が住んだ途端に価格は大きく値下がりしますし、売出しの時期や需要の有無によっても価格は異なります。

また近隣の開発によって購入当時より値上がりする場合もありますし、とにかく「正確な販売価格を知る」というのが、最初の一歩です。

査定は、地元の不動産会社の1,2社だけではなく、大手を含めた複数の不動産会社への依頼が大切です。

情報量や市況を含めた「適正な販売価格」が会社によって異なることも分かると思います。

高く出しているところには高い根拠、低い価格のところには低い根拠があるので、その辺りをまずはしっかり把握しましょう。

手間をかけずに今住んでいるマンションの適正価格を知るには?

住み替えの場合、資金計画を立てることが大きなポイントになりますが、そのための第一歩が「今の家がいくらで売れるのか」を確認することから始まります。

まず、自分の不動産がいくらで売れるのかを把握する為には、不動産会社に査定してもらう必要がありますが、不動産会社ごとに、実績や算出方法が異なるので、不動産会社によって査定額がバラバラになってしまうことが一般的です。

その為、不動産査定は複数の不動産会社に依頼して、比較検討することがとても大切です。

査定額が高すぎる不動産会社は危険

査定額が高すぎる不動産会社は危険

ただ、複数の不動産会社を自分で調べて、1社ずつ何度も査定依頼を進めるのは大変です。

そんな時に不動産一括査定サイトの活用を強くオススメします。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

便利な不動産一括査定サイトですが、筆者が知っているだけでも30はあります。

多くのサイトが乱立し、どのサイトを使えば良いか素人には分かりづらくなってしまっています。

実績や信頼性、提携不動産会社の質など、総合的に判断すると筆者は下記の3つをオススメします。

一括査定サイトのオススメ3選

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

実績や信頼性はもちろんですが、上記3サイトは、机上査定に対応してくれる点もポイントになります。

机上査定とは、依頼時に入力した物件の基本情報を基に算出する査定方法で、不動産会社の担当者に物件を見てもらう必要もなく、家に居ながら気軽に査定額を知ることが可能です。

依頼時にメールで査定額を提示して欲しい旨を備考欄で伝えておけば、査定結果や担当者とのやり取りはメールで進むので、営業電話にも悩まずにやり取りすることも可能です。

2.マンション売却の落とし穴?事前に注意すべき2つのこと

上記の販売スケジュールを理解していても、全てがすんなり進むわけでは有りません。

「半年以上経っても売れない」ということが起きないよう、押さえておくポイントを紹介します。

意外と長い!マンション売却期間は平均は約4.5ヶ月

初めてマンション売却をする人は、「不動産屋さんにお願いしたら、1ヶ月位で売れてしまうのでは?」と思っているかもしれません。

しかし、不動産は人生でも最も高い買い物なので、よほどの幸運ではない限り、そんなに短期間で売れることはありません。

基本的に売却は上記のスケジュール通りに進みますが、それぞれのフェーズで平均的にかかる日数をご紹介します。

各工程に価格平均期間

  • 価格調査から売却活動の開始の期間は約0.5ヶ月
  • 媒介契約を結んでから買い手が見つかって売買契約を結ぶまで、平均3ヶ月
    ※人気の物件だったら掲載してすぐに問い合わせが入ることもありますし、ここは自分ではコントロールできない部分です。
  • 売買契約から引き渡しまで約1ヶ月
不動産売却の全体の流れ

不動産売却の全体の流れ

マンション売却を始めて1,2ヶ月経っても問い合わせが少ないと不安になると思いますが、「売却までの平均は3ヶ月」と知っていると、焦らず進められるのではないでしょうか。

とはいえ不動産がいつまでも売れないとストレスになるのは間違いないので、広告を定期的に見直したり内覧を増やす工夫をするなど、なるべく短期間での売却ができるよう努力をしていきましょう。

売却まで長引かせないコツはこちら
マンション売却は3ヶ月後が勝負!売却するコツと売れなかった時の対処法

不動産会社との媒介契約によって、販売価格や売れるまでの期間が変わってくる?

マンションを売却する際には不動産会社と契約をしますが、不動産会社との契約には色々な種類があるのをご存知ですか?

不動産会社と売り主の媒介契約は、以下の三つがあります。

媒介契約の種類

  • 一般媒介契約:他の不動産会社にも依頼することができる契約
  • 専任媒介契約:一社のみとの契約で、売り主が買い主を見つけてもOK
  • 専属専任媒介契約:一社のみとの契約で、売り主が買い主を見つけることはできない

不動産会社とどの契約を結ぶかによって、売れるまでの期間や、販売価格も異なってきます。

自分にとって希望の売却が実現できるよう、ぜひこの3種類の契約についてもしっかり学んでから不動産会社と契約することをおすすめします。

一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約のメリットデメリットに関する詳しい記事はこちら
一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の特徴とそれぞれの違い

まとめ

マンションの売却を決めてから、実際に引っ越しも終えて引き渡しが済むまでの流れは理解できましたか?

不動産会社には、購入希望者が「この物件が売り出されたら教えてほしい」と登録ができる仕組みもあり、自分の物件を誰かが登録していたら数日ですぐに契約に至る可能性もあります。

しかし多くの場合は、広告を出して良いところを伝えて内覧に足を運んでもらって…を何度も繰り返すことになります。

事前の情報収集や複数の不動産会社に見積もりや販売を依頼するなど、自分でできることは全てやって「思った価格で売れなかった」など、悔いが残らない販売を目指しましょう。

おすすめ記事一覧

62,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,088view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,645view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

19,467view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-マンション売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2020 All Rights Reserved.