不動産を売却した時に消費税の対象となるものは?費用を抑える方法は?

更新日:

不動産を売却した時に消費税の対象となるものは?費用を抑える方法は?

不動産の世界は消費税がかかるものと、かからないものがあり複雑です。

不動産の場合、一律に全て10%がかかるとは限りません。

これから不動産を売却しようとする人の中には「不動産(土地、一戸建て、マンション)を売却した時に何が消費税の対象かを知りたい」と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事では不動産を売却した時に、消費税が掛かるものは何があるのか、不動産を売却した時に発生する項目一覧と概要をまずはお伝えします。

次にあなたが不動産売却で費用を抑え、最終的に不動産売却を成功するコツも合わせてお伝えします。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

日本土地建物株式会社にて、不動産鑑定や開発用地の仕入れ担当を11年間に渡り従事。オフィスビル・賃貸マンション等の開発も行っていたことから、土地活用・不動産投資の分野に強い。

資格不動産鑑定士・中小企業鑑定士・宅地建物取引士・不動産コンサルティングマスター・賃貸不動産経営管理士・不動産キャリアパーソン資格

1.消費税に関する基礎知識

まず最初にそもそも消費税というのは何かについてお伝えします。

消費税は、普段、買い物などで支払っているため、一般消費者である自分たちが納税者のような錯覚を覚えますが、実は違います。

消費税の直接の納税者は課税事業者と言われる事業者。

一般消費者である自分たちは消費税を間接的に課税事業者へ預けているに過ぎません。

また消費税は付加価値税とも言われ、付加価値を生む取引に課税されるのが基本。

建物は消費税の対象、土地は消費税の対象にならない

不動産の場合で言えば、土地の単なる横流しは付加価値を生んでいない取引と考えられているため、土地の取引には消費税が課税されません。

他には国債の取引や預貯金の利子などは同様の考え方で消費税が発生しません。

一方で建物は付加価値を生んでいる商品のため課税対象となります。

さらに消費税には社会政策的配慮から非課税取引となっているものも存在します。

例えば国が行う一定の事務に係る役務の提供や、社会福祉事業等によるサービスの提供、学校教育などは課税の対象として馴染まないため消費税が非課税となります。

このような取引の中には「住宅の家賃」も含まれます。

消費税の発生有無は3つの観点から考える

そのため消費税は

  1. 相手が課税事業者か
  2. 付加価値を生む取引か
  3. 社会的政策配慮の非課税取引か

という3つの観点から発生の有無が決定されます。

不動産の場合、課税事業者ではない個人が売主となったり、土地取引もあったり、住宅家賃のような社会的政策配慮がなされている取引もあるため、この3つの観点が複雑に絡みあいます。

そのため、不動産取引に関しては、消費税の課税は複雑です。

次に章にて一覧をまとめてお伝えします。

不動産に関わる消費税の一覧リスト

最初に不動産に関わる消費税の対象・非対象をすべてお伝えします。

そのあと不動産の売却に絞って詳しくお伝えします。

不動産売買の非課税対象

  • 土地の売買
  • 庭石と庭木を宅地と一緒にする売買
  • サラリーマン等の事業者でない個人が住宅を売る場合の建物の売買

不動産売買の課税対象

  • 課税事業者が行う建物の売買

不動産賃貸の非課税対象

  • 土地の貸付による地代
  • 住宅の家賃
  • マンション等で1戸に1台以上の駐車場が付属する場合の賃料に含めて受領する駐車場代
  • 返還される保証金・敷金等の一時金

不動産賃貸の課税対象

  • 1カ月未満の土地の一次貸付の地代
  • 住宅以外(オフィスや店舗など)の貸付
  • 1カ月未満の住宅の一次貸付の家賃
  • グランドやテニスコートなど施設の利用またはサービスの提供を伴う土地の貸付
  • 駐車場としての用途に応じて、地面の整備、フェンス、区画、建物の設備等を行っている場合の地代
  • 賃料とは別に受領する駐車場料
  • マンション等で1戸に1台未満の駐車場が付属する場合の賃料に含めて受領する駐車場代
  • 住宅以外(オフィスや店舗など)の返還されない権利金、礼金等の一時金
  • 住宅以外(オフィスや店舗など)の管理費・共益費

分譲マンションの非課税対象

  • 管理組合が徴収する管理費、組合費、修繕積立金等
  • マンション住人が使用する駐車場使用料

分譲マンションの課税対象

  • 管理会社に委託している管理手数料

その他不動産取引時の非課税対象

  • 不動産の登記料(登録免許税)
  • 印紙税

その他不動産取引時の課税対象

  • 仲介手数料
  • 司法書士に支払う手数料
  • 融資手続きの手数料

以上が不動産と消費税の全般的な関係になります。

それでは次に不動産を売却した時に発生する消費税一覧を見ていきましょう。

2.不動産を売却した時に発生する消費税一覧

上表の中で、課税事業者以外の個人(サラリーマン等)が中古住宅(マンション・戸建含む)を売却した場合を抜き出すと、消費税の発生の有無は以下のようになります。

不動産売却時の消費税が掛かるもの

  • 仲介手数料
  • 司法書士に支払う手数料
  • 融資手続きの手数料

不動産売却時の消費税が掛からないもの

  • 土地価格
  • 建物価格
  • 不動産の登記料(登録免許税)
  • 印紙税

新築の戸建てやマンションを購入した方は、ほとんどの方が課税事業者のホームメーカーから購入。

建物の消費税を支払った記憶のある方が多いと思います。

しかしながら、住宅などの不動産(建物や土地)を売る場合、買主は個人になるため消費税は発生しないのです。

購入者にとっては、不動産会社などの課税事業者から中古住宅を購入するよりは、課税事業者ではない個人から直接、中古住宅を購入した方が建物に係る消費税分がお得になります。

また、不動産売却に伴う登録免許税や印紙税は、そもそもこれ自体が税金のため、税金に対して二重に消費税が課されることはありません。

仲介手数料や司法書士手数料などは、課税事業者が生む付加価値サービスであるため消費税の課税対象となります。

以上が不動産を売却した時に発生する項目一覧と概要となります。

それでは次に不動産売却で費用を抑える方法について見ていきましょう。

3.不動産売却で費用を抑える方法

不動産売却では大きく分けて消費税や登録免許税、印紙税などの

  1. 税金と仲介手数料や司法書士手数料などの
  2. 手数料

の2つの費用が発生。

税金については一定のルールに従って発生するものであるため削減は難しい費用と言えます。

一方で手数料については課税事業者に支払うサービス料金のため、交渉次第では削減できる可能性があります。

不動産売却で一番大きい費用は「仲介手数料」

手数料のうち、最も金額が大きいものは不動産会社へ支払う仲介手数料。

仲介手数料については、宅地建物取引業法において不動産会社が受領できる報酬の金額の上限が定められています

不動産会社が受け取ることのできる報酬は、国土交通省の告示によりその限度額が以下のように定められています。

取引額※1(売買金額)仲介手数料の上限額(税抜きの速算式)
200万円以下5%(18万円※2)
200万円超から400万円以下4%+2万円(18万円※2)
400万円超3%+6万円

※1取引額は、物件の本体価格をいい、消費税を含まない価格を指します。
※2空き家などの現地調査が必要な取引の場合(2018年より施工 出典:国土交通省より)

仲介手数料は上限の「売却価格×3%+6万円」が相場。これに消費税10%も付加されます。

悩ましい部分ですが、仲介手数料は物件を高く売れば売るほど仲介手数料も高くなる仕組み

専任媒介契約や専属専任媒介契約にすると値引きができる可能性が上がる

不動産会社と仲介の契約を媒介契約と呼ばれています。

媒介契約には一般媒介契約と、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。

媒介契約の種類の主な特徴をまとめると以下のようになります。

特徴一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他業者への依頼重ねて依頼ができる重ねての依頼ができない重ねての依頼ができない
自己発見取引認められる認められる認められない
制約に向けての不動産会社の義務努力義務積極的努力義務積極的努力義務
不動産会社の業務処理状況の報告義務特になし2週間に1回以上の報告1週間に1回以上の報告

専属専任媒介や専任媒介を条件とすることで仲介手数料を安くできる可能性はありますが、逆に専任媒介を行うことで高く売れないリスクもあります。

それでも専属専任媒介や専任媒介でも良いという判断であれば、当初の口頭での依頼時点でしっかりと仲介手数料について値引き交渉を行っておく必要があります。

買主が決まった後に、仲介手数料を交渉し始めると揉めるケースがあります。

買主が決まった後に仲介手数料を交渉すると、「話が違う」とか「当社では値引きは一切していない」とか言い出しかねません。

専属専任媒介や専任媒介の場合は、しっかりと当初の時点から仲介手数料について握っておくことが重要です。

不動産を高く売るコツは一般媒介契約にする

仲介手数料を抑える戦略とは反対となりますが、基本的には一般媒介で複数社を競争させることで高く売却する戦略を取った方が、高く売れるケースが多いです。

不動産一括査定と呼ばれるサービスを使うと、カンタンに複数社に査定依頼が行えます。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

今や高く売るための必須サービスとなっています。

すまいValue 」「 HOME4U などの不動産一括査定を使って、複数社に査定を行い一般媒介契約で競争させましょう。

競争させると10~20%程度高く売れるケースもあるため、3%の仲介手数料を差し引いても最終的な手残りも多くなります。

一般媒介の場合は、買主が決まった時点で不動産会社に「ところで仲介手数料の件なんだけど…」と切り出すのが良いでしょう。

嫌がる可能性はありますが、例えば「3%+6万円」の6万円の部分は値切りやすいです。

売却金額が大きければ、6万円の部分を値切れる可能性は十分に有ります。

不動産会社から請求書を出される前に、先手を打って交渉しましょう。

4.まとめ

不動産を売却した時に消費税が掛かるもの一覧について見てきました。

消費税が発生する手数料の部分は値引き交渉できる部分でもあります。

一括査定サイトを使って、複数社に査定依頼をして一般媒介契約にして競争させましょう。

一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

不動産一括査定
不動産一括査定サイトは怪しくない?利用者のリアル評判とデメリット

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

49,627view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

58,288view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

9,245view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,463view
土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

更地は不動産の中でも最も売却しやすい物件です。 ただし、更地は不動産会社等のプロが購入者となる場合も多く、売主に対して厳 ...

-不動産売却, 税金

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.