ホテルで土地活用したい方必見!オススメの土地やホテル経営のノウハウのある会社は?

もしあなたが、土地活用でホテル運営を検討しているのであれば、「素人がホテルで土地活用するのはやっぱり無謀?」「ホテルを建築してくれる会社やホテル運営の注意点を知りたい」と思ったことはないですか?

あなたの土地が人気観光地にあるなら、早くこのような疑問を解消して次に進みたいですよね。

そこで今回の記事では、ホテルで土地活用をする人は絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • ホテルでの土地活用を成功させるには?
  • ホテル経営に向いているのはどんな土地?
  • ホテル建築をしてくれる会社を知りたい

1.ホテルで土地活用するなら知っておくべき基礎知識

広大な土地を利用する土地活用として「ホテル」を検討している方のために、まずホテル経営の長所と短所を紹介しましょう。

ホテルで土地活用するなら、観光客と出張者に利便性が高く十分なお客様を見込める場所なのかが重要です。

中には遠く離れた辺ぴな場所で成功しているホテルもありますが、せっかくホテルで土地活用するなら、利便性の高い駅から近い場所が最適です。

有名な観光地でなくても、訪問者が多い魅力的な立地の土地であれば、ホテルで土地活用できる場所と言えます。

ホテルという業種は様々なノウハウの集合体のため、経営経験が一切無い初心者がいきなりホテル経営をするのは無謀です。

ホテルで土地活用を検討する際の注意点を紹介します。

初心者のホテル経営は無謀!注意すべき点1

ホテルで土地活用を検討するなら、規模に関係なく既存の事業者と長期の一括借上方式の契約を結ぶべきです。

家賃の発生具合は契約に基づいて異なりますが、基本的にはホテルが運営開始されてから家賃が発生します。

もし建設に遅れがでたら、別途の規定がない限り土地所有者が損害を被る仕組みになっています。

このリスクをよく理解した上で契約を結びましょう。

初心者のホテル経営は無謀!注意すべき点2

ホテルは特殊な事業なので、一般的なアパート、オフィス経営よりも多くの賃貸収入を得る事も可能な一方、ホテルでの土地活用の欠点は、「撤退しにくい」事です。

賃借人である事業者が撤退を決定しても、建物は残ります。

ホテル用の建物は、それ以外の用途に使用されないため、次の利用先を見つけるのはマンションやオフィスの数倍の時間がかかる可能性があります。

ホテル用の建物は売却もしにくいため、完全に撤退するのはかなり難しいです。

ホテルで土地活用するなら、一蓮托生の覚悟で行う必要があります。

2.ホテルに対応した土地活用会社(1) 高松建設

前章ではホテルで土地活用するなら知っておくべき基礎知識についてお伝えしました。

土地活用の手段としてホテルを選ぶ際にはかなりの経験と知識が必要になります。

「ホテルに対応した土地活用会社」に依頼するのが成功の近道なので、まずは高松建設を紹介します。

高松建設はどんな会社?

ホテルの土地活用に対応した高松建設は、東名阪の3大都市と周辺地域を中心に活動する企業です。

100年もの圧倒的な歴史の中で培ってきた建設の実績とノウハウを持つ一方、土地活用を主な事業とする会社でもあります。

ホテルはもちろん、商業・医療・オフィス・住居に対応が可能で、以下のような土地活用の総合的なサービスを受けられます。

  • マーケティング
  • 企画
  • 設計
  • 建設
  • アフター対応まで

高松建設の土地活用のメリット

高松建設の土地活用は一括借入システムを利用でき、空室をヘッジしたホテルでの土地活用が可能になります。

高松建設の土地活用は自由設計が可能で、鉄筋コンクリート造(RC造)と一般的な鉄骨造などの在来建築をわざわざ選択する必要がありません。

また100年もの経験と実績に裏打ちされたノウハウがあるため、地域によって条件とサポート内容は異なるものの、高い保証料率で安定的な収益を確保できるでしょう。

高松建設の土地活用のデメリット

ただ高松建設にホテルでの土地活用を依頼する欠点もあります。

やはり「価格の高さ」「対応地域の狭さ」は問題です。

高松建設の土地活用に対する対応力や提案力は、業界最高水準。そのため価格も非常に高いです。

高松建設は自社工場で自分の建築部材を製造する「工業化建築」ではなく一般的な市場での建築部材を調達する在来建築のため、

建築時期によって価格が大きく変動するリスクがあります。

またエリアが東名阪に限られているため郊外に対応できないことや、建築図面の作成、建築確認申請、工事期間が長く他の住宅メーカーよりも完成まで数ヶ月ほど多くかかるリスクも理解しておきましょう。

3.ホテルに対応した土地活用会社(2) レオパレス21

次に紹介する会社はレオパレス21です。

レオパレスはどんな会社?

レオパレスは1973年に設立された土地活用会社です。

ホテルはもちろんのこと、住宅系・医療系・商業界など幅広い土地活用に対応しています。

賃貸アパートの経営・運営を主にしていますが、高齢者施設や店舗・商業施設・ホテル建築も可能です。

CMは賃貸アパート中心のため、これだけ幅広い土地活用をしていることは、あまり知られていないのでしょうか?

レオパレスの土地活用のメリット

レオパレス21の建築は計画に基づいて工法を変更して、コストを削減できます。

さらに建築後のアフターサービスとして、建物の管理、コンサルティングも提供しています。

このように、ホテルの土地活用をサポートする業界でも類を見ない独自の手厚いサービス内容と言えます。

レオパレスの土地活用のデメリット

手厚いサービス内容ではあるものの、レオパレスはホテルが主要なサポート対象ではありません。

そのためホテルを専門とする担当者が付けないケースがあるので、注意してください。

ホテル運営のことが分かっていない担当者がついてしまっては一切のメリットもなくなりますので、事前に担当の専門分野に関する確認はしておきましょう。

4.ホテルで土地活用するなら「法人化」は必須

ここまでは具体的にホテルでの土地活用を支援してくれる会社をご紹介しました。

ホテルのような大スケールの土地活用だと成功するとかなりの収入を稼ぎ出して、納めるべき税金が多額になってしまいます。

そのためホテルで土地活用するなら、最初から「法人化」して行う方が良いでしょう。

土地活用ではじめから法人化するのは稀ですが、一体どのようなメリット・デメリットがあるでしょう?

法人化のメリット

  • メリット1 一定以上の所得になれば、税金の負担がかなり軽くなる
  • メリット2 金融機構の信用が高まり、出資向けの融資が利用しやすくなる
  • メリット3 退職金がもらえるうえに社会保険が使える
  • メリット4   会社に身内の参加も可能

ただ法人設立にはメリットだけではなくデメリットもあります。

法人化のデメリット

  • 注意点1 企業を維持するだけでも経費がかかる
  • 注意点2 複式簿記となるため事務作業も複雑になる
  • 注意点3 一定期間ごとに役員の改選が不可欠

このようなデメリットもありますが、ホテルで手に入るお金は大きなものになるので、税務上法人化するのは避けられないでしょう。

ホテル建設前に法人化する流れと注意点

もしホテル建設前に法人化するなら、まず法人を設立するための書類作成や申請を行うことになります。

設立する企業が「株式会社」「合同法人」かによって、経費や流れが変わってくるので注意してください。

設立は自らで行う事も可能ですが、かなりの手間と時が必要になるうえで挫折する事が多いので専門のプロに代理してもらう事を推奨します。

法人化できたら、無事にビジネスが開始できます。

ただ今後の売り上げはすべて会社のものとなり、自らはたんなる会社員になり毎月決まった給与を得る立場になります。

また法人化は「節税」のために行いますが、ホテルの売り上げが減ってしまった時、税の負担が重くなる事があります。

節税のために法人化したのにも関わらず、これでは本末転倒でしょう。

法人化をムダにしないためにも、先述した「一括借り上げ」は必須になります。

5.ホテルで土地活用するための資金調達

次に紹介するのは、ホテルで土地活用するための資金調達について。

ホテルでの土地活用は初期経費がとても多く、自己資金で総てをまかなう事はできません

土地活用専門の融資を活用して、お金を調達する事になるでしょう。

土地活用融資は今ある土地と建築予定のホテルを担保にして、銀行から融資されます。

住宅ローン等とは異なるので、融資の際の注意点を解説します。

ホテル資金融資の注意点

住宅ローンなどに比べると少々利息が高く、完済までの期間が短く設定されるでしょう。

ただ億単位の融資が可能なのが最大の魅力です。

融資する費用が多大なる額になるせいか審査はとても難関。融資実行まで半年以上かかるのも多いです。

活用する人が多くないせいか、住宅ローンなどに比べると取り扱い銀行も少ない傾向があります。

もし審査に挑戦する時、どんな点に気を付ければいいでしょうか。

厳しい審査を通るために気をつけるべきところは

土地活用の収支計画

「収支計画」「信用情報「ホテルと土地の価値」」にしっかりと気をつけましょう。

土地活用の収支計画はひと昔前までそこまで優先していませんでしたが、昨今では最も優先される要素です。

しっかり返金可能なのか、収支計画書の隅から隅までを審査されます。

素人が作った計画なら高確率で否決されるので、必ず審査に通りたいのであれば、土地活用のプロに作成を依頼するのを推奨します。

申込者の信用情報

また銀行は申込した人の信用情報を重要視します。

申込者の「信用情報」とは金融事故(自己破産や滞納)は無論の事、職業や身内構成までを含めた情報の事です。

信用情報は面談で感じた「フィーリング」も換算されるので注意してください。

ホテルと土地の価値も審査には大きな影響を及ぼします。

あまりにも価値に見合っていないなら否決になるはず。価値に見合った金額で申し込むようにしてください。

「収支計画」「信用情報」「ホテルと土地の価値」を意識すれば、融資を勝ち取る事ができるはずです。

6.土地活用を検討する際はなるべく多くのプランを

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、ホテルで土地活用をする人は絶対に知るべき必須情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ホテルでの土地活用を成功させるための知識が全て理解いただけたと思います。

どんな土地がホテルに向いているのかもわかるので、まだ土地を取得していない人にも立てたのではないでしょうか。

もしホテルで土地活用をするなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

おすすめ記事一覧

63,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,945view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,567view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用, 未分類

© 2021 不動産売却の教科書