どうにかして始末したい!全く売れない家処分の方法を徹底解説

更新日:

家を処分するという言葉には、強い思いを感じます。

処分とは、「不要なものや余分なものなどを、捨てる、売り払う、消滅させる、など適当な方法で始末すること。」という意味があります。

家を売るには「売却」という表現が多く使われますが、「処分」という表現を使うと、「本当にいらない、さっさと売りたい」と言った思いが読み取れます。

家を処分したい人の中には、

  • 家をとにかく売り払いたい
  • 家を捨てたい、さっさと手放したい
  • 家が売れなくて困っている

等々のこと思っている方も多いことでしょう。

そこで今回の記事では、「家処分」にフォーカスしてお伝えいたします。

家の売却ではなく、あくまでも処分という言葉にこだわり、なかなか売れない家をどう処分するかという観点で解説します。

イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

>累計利用者数1,000万人で一括査定No.1の安心実績!<
>提携不動産会社1,500社と一括査定No.1!大手・中堅~地域密着まで探せられる!<

1.低廉な空き家の報酬改定

家は捨てるものではなく、売るものです。そのため、家を処分するには、誰かに売却することが必要です。

家はゴミのように捨てれば終わりというわけにいかず、誰かに所有権を移さない限り、処分は終わりません。

都心部の物件であれば、売りに出せば売却することは可能です。

しかしながら、地方の物件では売りに出してもなかなか売れない物件も現実的には存在します。

人口減少と都市部への一極集中が加速している中、売りに出しても買い手がつかない物件は増えており、社会問題化しています。

このような中、売却しにくい物件をお持ちの方に、若干、売却しやすくなる兆しも見えてきました。

不動産会社への支払う報酬額の改定で売りやすくなった

それは、不動産会社に支払う報酬額の改定です。

2018年1月1日以降、取引額が400万円以下の物件に関しては、不動産会社が仲介手数料に加えて、最大18万円まで現地調査費等の費用相当額を受領できるようになりました。

安い物件を売買しても不動産会社は18万円までならもらえるようになったため、今後は安い物件でも不動産会社のやる気が少し上がります。

これは処分しにくい安い物件でも。売却しやすくなったことを意味しています。

不動産会社は受領できる仲介手数料が、取引額に応じて以下のように決まっています。

取引額仲介手数料
200万円以下取引額の5%
200万円超から400万円以下取引額の4%+2万円
400万円超取引額の3%+6万円

地方のなかなか売れない物件は、金額が200万円以下となることもあり得ます。

仮に200万円の物件は、売却したとしても不動産会社が仲介手数料を10万円(=200万円×5%)しかもらうことができません。

不動産会社にとってみると、高い物件を売った方が利益になるため、地方のなかなか売れない物件をまともに扱う気が起きなくなります。

そのため、なかなか売れない物件を不動産会社に売却を依頼しても、熱心に販売活動を行ってくれないため、これがますます売れない原因にもなっていました。

そこで、400万円以下の物件を売却した場合、不動産会社に最大18万円まで請求できる権利を認め、少しでも不動産会社にやる気を出してもらおうというのが、今回の改正になります。

売主としては費用が増える話ですが、以前よりは不動産会社も熱心に動いてくれることが期待できます。

但し、不動産会社の報酬が上がったとしても、田舎で買主が増えたわけではありません。

不動産会社の報酬アップは根本的な解決策ではありませんが、国も問題意識を持ち始めていることの表れでもあります。

売れない家の処分に関しては、少しずつ改善されている状況にあるということだけ、知っておくと良いでしょう。

以上、ここまで低廉な空き家の報酬改定について見てきました。

なかなか売れない家は、不動産会社もまともに取り扱ってくれません。

そこで次に一括査定サイトで不動産会社を捕まえるについてご紹介します。

2.一括査定サイトで不動産会社を捕まえる

なかなか処分できない家は、インターネットの不動産一括査定サイトを使って不動産会社を捕まえるのがコツです。

本来、一括査定サイトは、高い査定額を出してくれる不動産会社を見つけるのに利用されることが多いですが、それは都心部の物件を売却するときに限った話です。

田舎でなかなか売れない家は、そもそも高く売れることは期待できません。

それ以前に、田舎の家でも売却を手伝ってくれる不動産会社を見つけ出すことの方が重要になります。

地元の不動産会社に依頼するのも構いませんが、地元の不動産会社は最初から「諦めモード」になっている可能性があります。

一括査定サイトを使うと、物件から少し離れた都心部の不動産会社も査定に参加してきます。

都心部の不動産会社は情報量も多く、やる気のある会社も多いです。

そのため、そのような都心部のやる気のある不動産会社を引っ張り出すためにも、一括査定サイトの利用は有効になります。

家の処分では一括査定サイトをぜひ利用してみましょう。

一括査定サイトのオススメは 「イエウール」「すまいValue」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

中でも複数かつ信頼できる不動産会社を比較できる8つのサービス(サイト)に厳選。

その中でも

  • 大手から地域密着の不動産会社を一番探すことができる イエウール
  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門の数少ない不動産会社 ソニー不動産

の3つを特オススメしています。

もちろん筆者自身も3回一括査定を利用(「 イエウール 」「 すまいValue 」「 HOME4U 」)し、とても満足しているためオススメさせてもらっています。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真です。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し見にくく、そこまでじっくり見る必要はありません。流し読みしてください。

2018提携不動産会社

2018提携不動産会社

上記表を見ると、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「センチュリー21グループ」「東急リバブル」の4社が他の不動産会社に比べて、仲介件数が一桁多いことがわかると思います。

計算してみると日本の不動産売買の仲介件数全体の38.3%をその4社で占めています。

それだけ日本の不動産売買の取引は、大手に偏っているということ。


以上のことからも、筆者としては、最低でもこれら大手に最低でも1社には依頼できないと話にならないと思っています。

欲を言うと2~3社に依頼できたほうがベターです。

そして結論からいうと、「 イエウール 」と「 すまいValue 」を特にオススメしています。


イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

筆者が「 イエウール 」をオススメしている理由は下記の通り。

イエウールは提携している不動産会社が他と比べて圧倒的に多く1,500社あります。

つまり「大手」「中堅」だけでなく、「地方・地域密着」の不動産会社にも依頼ができますので、あなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手や中堅よりも、地域密着の不動産会社の方が、特定の地域に強かったり、社長が自ら相談に乗ってくれるのでサービスが手厚かったりなど良いことも沢山ありますからね。

どうせ同じ1回に申し込みをするのであれば、なるべく多くの不動産会社に相談したほうが、成功する可能性も高いです。

でも、中には変な不動産会社がいるのでは・・・?と心配する人もいますが、安心してください。

イエウールで依頼できる不動産会社は厳重な審査を行っております。

利用者数が1,000万人と一括査定No.1の実力があるため、不動産会社をしっかり選別できているのです。

イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
不動産査定・売却なら「イエウール(家を売る)」
不動産査定・売却なら「イエウール(家を売る)」

不動産売却・不動産査定をするならイエウール(家売る)【完全無料】で不動産会社に一括査定ができます。

続きを見る


人口が多い都市にお住まいの方は、国内TOP4のうち3社に唯一依頼ができる「 すまいValue 」も合わせて申し込むことをオススメします。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

大手不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実です。

大手不動産会社は、人口が多い都市は非常に得意としていますので、人口がそこそこ多い都市を売却検討されている方は すまいValue も申し込むといいでしょう。

すまいValueはコチラ → https://sumai-value.jp/
不動産・マンションの売却・一括査定|家を売るなら【すまいValue】
不動産・マンションの売却・一括査定|家を売るなら【すまいValue】

【三井のリハウス】【住友不動産販売】【三菱地所ハウスネット】【小田急不動産】【野村の仲介+】【東急リバブル】の大手6社が ...

続きを見る

逆にいうと、すまいValueの弱点は、地方には対応していない可能性が高い点です。

その場合は、1つ目に紹介した イエウール がオススメです。


また、さらに1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で売却を検討されている方は ソニー不動産 も非常にオススメできます。

ソニー不動産

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

ソニー不動産は、エージェン制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

しかも今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえます。

初めてでよく分からない不動産の売却の基礎から成功の秘訣までが学べます。

まずは気軽に相談だけでもしてみると良いでしょう。

ソニー不動産はコチラ → https://sony-fudosan.com/
不動産を高く売却するならソニー不動産|ソニー不動産
不動産を高く売却するならソニー不動産|ソニー不動産

不動産を高く売却するならソニー不動産 あなたの自宅、今いくら?不動産売却のプロであるソニー不動産のエージェントが無料査定 ...

続きを見る


何となく不安と思っている方は「 HOME4U 」がオススメです。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループ運営、2001年からサービス開始で歴史No.1と安心感抜群の一括査定。

NTTといえば、かなり審査に厳しいので有名です。NTTの看板を汚すわけにはいきませんからね。

提携不動産会社は1,000社と多くはありませんが、それだけNTTの審査が厳しくなかなか参加できないとも言えるのです。

HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/
不動産売却・不動産査定ならHOME4U
不動産売却・不動産査定ならHOME4U

家や土地を売りたい方は、まずは査定価格の比較からスタートしましょう。HOME4U(ホームフォーユー)は、あの大手不動産会 ...

続きを見る


少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産売却成功のシナリオ

  • 【ここにしておけば間違いない】大手・中堅~地域密着まで幅広く不動産会社に相談できる!一括査定の中で利用者数No.1の「 イエウール
  • 【大手のみで安心】超大手の不動産会社に唯一相談できる「 すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門のエージェント制を導入「 ソニー不動産
  • 【どうしても迷うなら】NTTグループ運営、運営歴No.1の「 HOME4U

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

サイト名提携不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
イエウール 1,500社以上全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,500社以上は一括査定No.1
運営歴が浅い
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない
ソニー不動産 ソニー不動産のみ東京・神奈川・千葉・埼玉のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化
・不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる!
一都三県のみしか対応できない
HOME4U 1,000社全国500万人
※2016/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

提携不動産会社が少なめ
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
提携不動産会社が少なめ
HowMaスマート不動産売却 非公開全国非公開2015年~営業電話なし、不動産会社とのやり取りがチャットでできる
・不動産会社との媒介契約がネット上で出来るのはココだけ
参加している不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
リアリエ パナソニック株式会社のみ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県非公開2018年~リフォームプラン付きで買主に売却提案対応地域が全国ではない
住まいのミカタ 株式会社フィルライフ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県非公開2018年~不動産のプロがあなたの要望に合わせて不動産会社を紹介してもらえる対応地域が全国ではない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
スマイスター 1,400社全国4400万人
※2018年3月時点
2006年~・売却だけではなく、賃貸した場合の査定も可能運営会社が広告会社

以上、ここまで一括査定サイトで不動産会社を捕まえるについて見てきました。

ところで家は自治体に寄付して処分することはできないのでしょうか。

そこで次に自治体への寄付はできないについて解説します。

3.家は自治体への寄付はできない

なかなか処分できない家を、なんとか自治体に寄付できないかと考える人もいるようですが、不動産は都合よく自治体へ寄付することができません。

自治体は、公共の団体ですので、特定の人の利益に繋がるようなことは行わないのが建前です。

賄賂や汚職でもない限り、特定の個人を救うために不動産を引き取ってくれるという話はないと思ってください。

また、家の土地と建物に発生する固定資産税は市町村税です。固定資産税は地方自治体の重要な税収になります。

地方自治体は、ただでさえ、税収不足です。

自ら不動産を引き受けて、税収を減らすことは、よほどの理由がない限り、あり得ません。

ただ、希に学校などの隣地に土地が接している場合、学校側から「土地を寄付して欲しい」という申し出があることもあります。

このような場合であっても、あくまでも申し出があるのは「寄付される側」からです。

「寄付する側」から申し出を行って寄付が成立することはあり得ないと理解しておきましょう。

以上、ここまで自治体への寄付はできないについて見てきました。

処分できない家も解体をすると売却しやすくなります。

そこで次に解体補助金の確認について解説します。

4.更地にする場合「解体補助金」の確認をする

なかなか処分できない家も、更地にすると処分できる可能性は上がります。

解体費用は木造の戸建住宅であれば、坪4~5万円というところです。田舎の広い土地に建っている家だと、坪4万円未満のこともあります。

例えば延床面積が30坪の家であれば、解体費用は120~150万円程度かかります。

解体工事も元請け業者や下請け業者が存在する複層構造になっています。

下請け業者に近い業者に直接発注できると、とても解体費用が安くなります。

コストを安く抑えるのであれば、なるべく末端の業者に依頼することがコツです。

解体無料見積ガイドはコチラ → http://www.kaitai-guide.net/

解体工事に関しては、補助金を出している自治体も存在します。

解体工事費の2分の1や3分の1を補助してくれるといった内容です。解体工事の補助金は、行っていない自治体も多いです。

解体の補助金は、地方の自治体の方が行っている場合が多く、大きな都市では行っていないという傾向があります。

なかなか家が処分できないような自治体の方が、解体補助金を設けている場合が多いため、解体する場合は、物件の所在する市町村で解体補助金がないかどうかを必ず確認してみましょう。

解体については、下記で詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

600view
家の解体費用ってどれくらいなの?補助金やローンについても解説

空き家など、家の解体費用はどれくらいなのでしょうか? 解体費用の目安は以下の通りです。 木造:1坪当たり4~5万円 軽量 ...

解体を行う場合の注意点

尚、解体を行う場合、注意点があります。

土地の上に住宅が建っていると、土地の固定資産税が安くなる住宅用地の特例というものがあります。

住宅用地の特例とは、以下の要件を満たすと税金を計算するための課税標準額が小さくなるという特例です。

区分固定資産税の課税標準額都市計画税の課税標準額
小規模住宅用地住宅の敷地で住宅1戸につき200㎡までの部分固定資産税評価額×1/6固定資産税評価額×1/3
一般住宅用地住宅の敷地で住宅1戸につき200㎡を超え、家屋の床面積の10倍までの部分固定資産税評価額×1/3固定資産税評価額×2/3

例えば、200㎡以下の土地に家が建っていると、課税標準額が固定資産税の6分の1となります。

この特例は、住宅を取り壊すことにより、適用が無くなるため、土地に対する固定資産税が上がることになります。

但し、建物は取り壊されるため、建物に関する固定資産税は無くなります。

売却期間が長引きそうなときは、建物を取り壊すことで、固定資産税の負担が増える可能性があることに注意をしなければなりません。

無くなる建物の固定資産税と、増える土地の固定資産税を計算し、壊した方が得かどうかを見極めるようにしましょう。

以上、ここまで解体補助金の確認について見てきました。

なかなか売れない家の処分方法の一つとして、空き家バンクの活用があります。

そこで次に空き家バンクの活用をご紹介します。

5.空き家バンクの活用

なかなか処分の進まない家は、放っておくと空き家問題を発生させます。

空き家問題とは、適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を与えている社会問題のことを指します。

処分に困る空き家は、所有者本人が困っているだけではなく、実は自治体も困っています。

地域の中に空き家が増えると、近隣住民に迷惑を与える存在となってしまうため、行政もなんとか空き家を処分できるよう協力をしています。

そのような中、空き家の処分における行政の支援策に、「空き家バンク」があります。

空き家バンクとは、居住者のいない空き家を活用し、地域振興などにつなげるために市町村等の自治体が空き家を紹介する制度です。

行政が運営する空き家のマッチングサイトであり、売却希望の人も情報を掲載することが可能です。

空き家バンクはまだまだ認知度が低いですが、本気で空き家を探したい人にとっては、重要な情報サイトです。

家の処分は、不動産会社に頼るだけが全てではありません。

空き家バンクを利用して、広く情報発信を行うことで、処分のチャンスを広げることもできます。

但し、空き家バンクは全ての自治体にあるわけではありません。
もしあれば活用してみるのも良いでしょう。

空き家バンクに関しては、下記に記載していますので、ぜひご参照ください。

0view
空き家バンクとは?低い認知度や登録が進まない背景・注意点

空き家バンクとは、居住者のいない空き家を活用し、地域振興などにつなげるために市町村等の自治体が空き家を紹介する制度 空き ...

6.まとめ

以上、どうにかして始末したい!全く売れない家処分の方法を徹底解説してきました。

家は売却しない限り処分はできません。

なかなか処分できない家は、一括査定サイトや解体補助金、空き家バンク等の利用し、知恵を絞りながら売却を行ってください。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

31,988view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

28,127view
不動産一括査定のイメージ図

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

645view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

6,500view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.