【保存版】家を購入するとき流れ8ステップと注意点を徹底解説

更新日:

初めて家を購入する人は、家の購入の流れを知っておくことが重要です。

家の購入は具体的に大きく以下の8つのステップに分かれます。

家購入の8ステップ

  1. 物件情報の収集
  2. 物件見学
  3. 住宅ローン事前審査
  4. 売買契約の締結
  5. 住宅ローン申し込み
  6. 引渡
  7. 引越・入居
  8. 住宅ローン控除の確定申告

これから家を購入する人の中には、

  • 家の購入の流れを知りたい
  • 家の購入は何から手を付けていいのか分からない
  • 家の購入の流れの注意点やポイントを知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では「家の購入の流れ」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは家購入の流れをそれぞれのポイントや注意点を知ることができます。

HOME'S注文住宅カタログ一括比較

HOME'S注文住宅カタログ一括比較
http://www.homes.co.jp/iezukuri/

>賃貸で有名なHOME'S運営の注文住宅カタログ比較で安心!<
>全国の優良住宅メーカーから、あなたの条件にピッタリのカタログを無料で一気にGET!<

STEP1.物件情報の収集

家の購入で最初に行うのが物件情報の収集です。

具体的にはインターネットやチラシから、不動産の売り情報を確認します。

中古住宅であれば、「SUUMO」や「アットホーム」「HOME’S」「Yahoo!不動産」「goo住宅・不動産」「@nifty不動産」等のポータルサイトと呼ばれるサイトの中から物件を収集していきます。

また普段からチラシを集めておくこともオススメします。

予算や住みたい場所、マンションか戸建か、新築か中古か等の希望する条件を整理して物件情報を収集します。

物件情報を収集する中で、予算で手が届かずに、当初の計画を新築から中古、もしくはマンションから戸建へと切り替えることは良くあります。

希望の軌道修正は、むしろどんどん行うべきです。

当初の希望は情報を収集する前の妄想に近い部分も多いです。

たくさんの情報を収集することで逆に現実的な物件に近づいていきます。

物件情報の収集を通じて、適切な予算や場所等の条件を絞り込んでいきましょう。

中古物件は「瑕疵担保保険」を購入する

また中古物件では、瑕疵担保保険が付いている物件が税金面でお得です。

瑕疵担保保険については、下記に詳しく記載しています。

1,181view
売主・買主必見!瑕疵担保保険を付保したときの税制優遇全まとめ

近年、注目を浴びつつある「住宅瑕疵担保責任保険」は、その効果は瑕疵発見時の保険だけに留まりません。 瑕疵担保保険を付保し ...

尚、物件情報の収集段階では、予算を決めることがとても重要です。

予算については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

300view
【統計データより分析】自分の年収で購入できる家の値段

購入できる家の金額と年収な密接な関係があります。 年収によって、購入できる家の場所や広さ、新築か中古か、マンションか戸建 ...

0view
家を購入する前に知りたい頭金の目安と購入できる家の予算を徹底解説

夢のマイホームを購入するには、一体頭金をいくら用意しておけば良いのか気になる方も多いと思います。 頭金は多ければ多いほど ...

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

以上、ここまで物件情報の収集について見てきました。

情報収集をして気になる物件があったら早速に物件見学です。

次に物件見学について解説します。

STEP2.物件見学

ポータルサイトで気になる物件を見つけたら、広告に書いてある電話番号へ連絡を入れます。

中古物件なら実際に物件の中を見に行くことができます。

これを物件の内覧と呼びます。

新築物件ならモデルルームに行き、営業マンの話を聞くことになります。

物件見学に行く前には、今の家の家具や家電製品の寸法を測ってから行くようにして下さい。

実際に物件にベッドやタンス、テレビ等が置けるかどうかを確認することが重要です。

物件見学では必ず「メジャー」を持参してください。

寸法を測っておくことが重要です。

その他、見学時には以下の部分をチェックします。

  1. コンセントの位置、数
  2. 建具の不具合
  3. 外壁・基礎のヒビ割れ
  4. 浴室やトイレのカビ
  5. キッチンの汚れ、換気扇の不具合
  6. 屋根や窓などからの雨漏り
  7. 床のたわみ、床鳴り
  8. 給湯器の交換時期
  9. 鉄部の錆
  10. 雨樋の損傷

また、物件だけでなくスーパーや公園等の周辺環境もしっかり確認して帰るようにして下さい。

物件が気に入れば「不動産購入申込書」を書くことになります。

以上、ここまで物件見学について見てきました。

それでは次に住宅ローンの事前審査について解説します。

STEP3.住宅ローン事前審査

住宅ローンの事前審査は、必須ではありませんが、この段階で行っておくことを強くオススメします。

本審査と住宅ローンの申し込みは、売買契約から引き渡しまでの間に行うことになりますが、その間は1ヶ月程度しか時間がないため、大変です。

また、せっかく気に入った物件が購入できてもローンの審査が通らないとまた振り出しに戻ってしまいます。

尚、住宅ローンについては、以下の記事でそれぞれ細かく解説していますので、気になるものをチェックしてください。

殿堂
住宅ローンの融資実行日はいつになる?融資実行前にするべきことは?

初めて住宅を購入する方は、住宅ローンの融資実行がいつ行われるのか気になるところです。 実際に、融資金額が口座に入金される ...

殿堂
住宅のプロが教える!適切な住宅ローン返済比率の決め方と注意点

住宅ローンを借りる前に、知っておかなければならないことがあります。 それは、あなたが「借りられる額」と、あなたが「返せる ...

6,125view
住宅ローンを35年にするか30年にするかの判断基準を徹底解説

家の購入にあたっては、家の購入の他に住宅ローンという商品も購入することになります。 住宅ローンという商品は、返済方法によ ...

以上、ここまで住宅ローン事前審査について解説いしてきました。

それでは次に売買契約の締結についてご紹介します。

STEP4.売買契約の締結

購入する物件が決まったら、いよいよ売買契約の締結です。

通常は、売買契約の前もしくは同日に不動産会社から重要事項の説明を受けます。

重要事項の説明は、その物件を買うか買わないかを最終的に判断する大切な説明です。

しっかりと内容を判断し、分からないことはきちんと質問して十分な説明を受けるようにして下さい。

売買契約では、以下のものが必要となります。

  1. 実印
  2. 印鑑証明書(3ヶ月以内)
  3. 本人確認資料(運転免許証等)
  4. 印紙代(契約書貼付用)
  5. 媒介報酬額(半額)
  6. 手付金

売買契約では手付金と仲介手数料を用意する必要があります。

手付金は売買代金の10%程度が一般的です。

また仲介手数料は売買契約時に半額支払い、引渡時に半額を支払います。

手付金と仲介手数料については、下記に詳しく記載しています。

1,383view
不動産売却で掛かる手数料の相場と注意点をシンプルに解説

不動産を売却するにあたっては、あらかじめ物件価格の相場と、諸費用の相場を知っておくと、資金繰り計画を立てやすくなります。 ...

さらに、売買契約書には普段は聞きなれない専門用語も登場してきます。

売買契約書に登場する専門用語については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

248view
不動産の売買契約書に出てくる専門用語6つを専門家が分かりやすく解説

初めて不動産を売却すると、知らない専門用語が登場してくるため、不安に感じます。 特に売買契約書の中には専門用語が頻発する ...

以上、ここまで売買契約の締結について見てきました。

それでは次に住宅ローンの申し込みについて解説します。

STEP5.住宅ローン申し込み

売買契約を終えたら、住宅ローンの申し込みを行います。

事前審査を通している人であれば、ここはかなりスムーズにクリアーできます。

ローンの申し込みには以下のものが必要です。

  1. ローン申込書
  2. 実印(共有の場合は各々)
  3. 売買契約書(原本の提示と写しの提出)
  4. 印鑑証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)
  5. 住民票(家族全員のもの)
  6. 給与証明書(源泉徴収票)
  7. 住民税課税決定通知書(住民税課税証明書)
  8. 収入印紙

住宅ローンの審査では、「物件審査」の他、「人物審査」も行われます。

それぞれのチェック項目は以下の通りです。

【物件審査】

  1. 敷地の権利形態(所有権か借地権か等)
  2. 建築基準法の適合の有無
  3. 適正な価格か否か

【人物審査】

  1. 年齢
  2. 家族構成
  3. 勤務先
  4. 収入
  5. 健康状態
  6. 他の借入の有無
  7. 他の借入の返済状況

仮に、住宅ローンの審査に通らなかった場合は、売買契約書のローン特約により無条件で解除ということになります。

ローン特約の解除の場合、手付金や支払った仲介手数料は取り戻せることが通常です。

オススメの住宅ローンについては、下記記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

6,376view
【2018年最新版】住宅ローンの全国金融機関上位20社金利ランキングを紹介

これから新規で住宅ローンを組もうとする人や、借換を検討している人であれば、銀行を選ぶ際、まずは「金利」が一番気になるとこ ...

389view
ネット銀行の住宅ローン/金利ランキングと2つのメリット・デメリット

振込手数料って、何故か毎回、腹が立ちます。 そんな不満を抱えている人も多いため、ネット銀行を利用する人たちは急増中です。 ...

以上、ここまで住宅ローン申し込みについて見てきました。

それでは次に引渡について確認します。

STEP6.引渡

通所、引渡は売買契約から1ヶ月後に行われることが多いです。

引渡は具体的には、残金の支払いを行い、「鍵」を受領することで終了です。

引渡は、買主が住宅ローンを組む場合は、一般的に買主の銀行で行います。

引渡では大きな金額が動くため、何かトラブルが発生した場合に対処するため、午前中に行うことが多いです。

引渡は以下のメンバーが集まって行います。

  1. 売主
  2. 買主
  3. 売主側の不動産会社
  4. 買主側の不動産会社(両手仲介の場合は1社のみ)
  5. 司法書士
  6. 売主側の銀行担当者
  7. 買主側の銀行担当者

買主は以下のものが必要となります。

  1. 実印
  2. 印鑑証明書(3ヶ月以内)
  3. 住民票
  4. 抵当権等設定書類
  5. 住宅用家屋証明書
  6. 本人確認資料(運転免許証等)
  7. 残金
  8. 仲介手数料(半額)
  9. 固定資産税等の精算金

以上、ここまで引渡について見てきました。

引渡を終えれば、次は引越・入居です。

STEP7.引越・入居

引渡を終えれば、もう所有権はあなたのものとなります。

あとはいつ引越しをしても大丈夫です。

引越もお金がかかりますので、計画的に行うようにして下さい。

引越をしたら、まずはご近所さんに挨拶に行きましょう。

尚、買い替えを行う人は、売却と購入を同時に行うため引越までの流れが複雑です。

買い替えの流れについては、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

0view
売りが先?買いが先?家の住み替えを成功させる全知識

今の家から新しい家に住み替える場合、「売ると買う」の2つを同時に行います。 新しい家を探すだけでも大変なのに、そんなアク ...

542view
住宅買い替えの流れとお得な税金控除の特例と注意点

一般的に、住宅を売却する人は、ほとんどの人が買い替えを行います。 逆に、買い替えない人とは「賃貸に引越す」もしくは「実家 ...

以上、ここまで引越・入居について解説してきました。

引越を終えても、これで終わりではありません。

最後に住宅ローン控除を受けるための確定申告手続きがあります。

そこで最後に住宅ローン控除の確定申告についてご紹介します。

STEP8.住宅ローン控除の確定申告

住宅ローン控除を適用する方は、購入後、確定申告をする必要があります。

住宅ローン控除とは、金融機関から返済期間10年以上の融資を受けて住宅の取得等をした場合には、所定の手続きをとれは、自分がその住宅に住むことになった年から一定期間にわたり、居住の用に供した年に応じて、所定の額が所得税から控除される制度です。

確定申告には以下の書類が必要となります。

  1. 売買契約書の写し
  2. 土地と建物の登記事項証明書
  3. 住民票の写し
  4. 金融機関等の借入先から交付された「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
  5. 築後年数要件に該当しない場合は耐震基準適合証明書等

住宅ローン控除については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

1,224view
中古住宅を購入したときの住宅ローン控除の適用要件と必要書類一式

新築物件を購入した際は、当然のように住宅ローン控除を適用してきた人も多いと思います。 住宅ローン控除は中古住宅でも適用で ...

HOME'S注文住宅カタログ一括比較

HOME'S注文住宅カタログ一括比較
http://www.homes.co.jp/iezukuri/

>賃貸で有名なHOME'S運営の注文住宅カタログ比較で安心!<
>全国の優良住宅メーカーから、あなたの条件にピッタリのカタログを無料で一気にGET!<

9.まとめ

以上、家を購入するとき流れについて8つのステップに分けて徹底解説について見てきました。

購入の流れを掴んだら、早速に物件情報の収集から着手していきましょう。

おすすめ記事一覧

29,488view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

26,927view
不動産一括査定のイメージ図

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

345view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

5,700view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-家購入

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.