やっぱり気になる!住宅ローンを5つの指標の平均をチェック

投稿日:2017年11月26日 更新日:

これから住宅ローンを組もうとしている人は、普通ならどれくらいの住宅ローンを組んでいるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

はじめて住宅ローンを組む人の中には、

  • 住宅ローンは平均でいくらくらい借りているのか知りたい
  • 住宅ローンを借りる際、年収は平均でどれくらい必要なのか知りたい
  • 住宅ローンの平均の返済額はどれくらいなのか知りたい

等々のことを思っている方もいらっしゃると思います。

結論からすると、住宅ローンに関わる平均値は、非常に返済の無理のない借入数値になっています

つまり住宅ローンでいう平均値は、参考になる指標であり、借り過ぎに注意するためにも、ぜひ参考にするようにして下さい。

そこで今回の記事では住宅ローンの色々な「平均」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは住宅ローンの色々な平均を知ることができます。

モバチェックプラザ

モバチェックプラザ
【新規借り入れ】 http://mogecheck.jp/kariire/
【借り換え】 http://mogecheck.jp/karikae/

>【新規借り入れの方】全国120の銀行から住宅ローンのプロがアドバイス<
>【借り換えの方】カンタン3秒診断!住宅ローンのプロから見直し提案をGET<

1.住宅ローンの傾向

1-1.各項目の平均値

住宅ローンのざっくりとした平均値は、下表の様になります。

細かい数字は次章で解説します。

項目 エリア 平均値
住宅価格 首都圏 5,000万円
関西圏 4,000万円
平均借入年齢 全国 40歳
平均世帯収入 首都圏 900万円
関西圏 800万円
住宅ローン平均借入額 首都圏 4,000万円
関西圏 3,000万円
平均自己資金 全国 1,000万円
平均返済額 全国 月10万円

1-2.ここ数年の傾向

日銀のマイナス金利政策の導入により、ここ数年の住宅ローンは超低金利が続いています。

そのため、最近の傾向としては、全額長期固定ローンで組む人が多くなっています

平成29年9月10日時点における35年固定金利で最も多く採用されている金利は1.080%です。

金利は日々変動していますが、ここ数年の35年固定ローンの金利は1.0~1.2%の間をウロウロしています。

また、住宅ローンが組みやすくなったことにより、住宅を取得する人が増え、住宅価格そのものも価格が上昇しています。

一方で、平均年収については、下落傾向にあります。

そのため最近は連帯保証人や連帯債務を活用し、収入合算により住宅ローンを組む人が増えています。

それに伴い、共働きの世帯も増えているというのが最近の傾向です。

尚、連帯保証人や連帯債務による収入合算については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

174view
住宅ローンを組むときに要請される連帯保証人について徹底解説

一生で一番大きな買物であるマイホームを購入するときは、ほとんどの方が舞い上がっています。 マイホームの購入時は冷静な判断 ...

続きを見る

95view
連帯債務者を立てて住宅ローンを組む場合の3つのメリットと2つのデメリット

近年、住宅価格の高騰が続く中、共働き世帯が収入を合算して住宅を取得するケースが増えています。 収入合算で住宅を取得する方 ...

続きを見る

それでは次章より各種統計データに基づき、平均値を見ていきます。

2.住宅の平均購入価格

2-1.首都圏の住宅価格

最初に、近年の住宅の平均価格の推移について確認します。

下のグラフは首都圏における新築マンションと新築戸建の平均価格の推移を示したグラフになります。

青色の線はマンション価格で、赤色の線が戸建の価格になります。

住宅価格の推移

住宅価格の推移

※出典:国土交通省:平成28年度住宅経済関連データより筆者が編集

注目すべき点は、2007年以前はマンションと戸建では、戸建の方が高いという時期がずっと続いていましたが、2008年以降から逆転現象が見られるようになり、2013年以降からは完全にマンション価格の方が高くなったという点です。

2013年以降は景気が徐々に回復してマンションの土地価格が高騰したことに加え、2011年の東日本大震災の影響により内陸部の耐震性の高いマンションの人気が上がりました。

その結果、急速にマンションの価格が上昇しています。

2-2.エリア別新築マンション価格

次にマンションに絞り、首都圏と関西圏における平均購入価格を以下に示します。

青色の線は首都圏で、赤色の線が関西圏になります。

首都圏と関西圏における住宅の平均購入価格

首都圏と関西圏における住宅の平均購入価格

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

同調査によれば、2016年の新築マンションの平均購入価格は以下のようになっています。

  首都圏 関西圏
平均購入価格 5,081万円 4,094万円

首都圏や関西圏においても、新築マンション価格は徐々に上がってきており、特に2013年以降は急激に価格が上昇している傾向にあります。

住宅価格はマンションや戸建、もしくはエリアによっても異なります。

現在の傾向としては、マンション価格の方が高く、しかも首都圏と関西圏であれば平均価格に1,000万円ほどの差が見られます。

住宅価格の平均としては、4,000万円~5,000万円といったところとなります。

以上、ここまで平均購入価格について見てきました。

では何歳くらいに人が住宅を購入しているのでしょうか。そこで次に住宅購入時の平均年齢について見ていきます。

3.住宅を購入するときの平均年齢

3-1.戸建住宅の購入平均年齢

国土交通省の平成28年度住宅経済関連データによると、注文住宅、分譲住宅、中古住宅、リフォーム住宅の購入者の平均年齢は下表の様になっています。

住宅の種類 年度  三大都市圏 首都圏 中京圏 近畿圏
注文住宅 2012年度 46.0 48.8 40.4 42.7
2013年度 44.1 45.4 42.0 45.8
2014年度 44.8 46.7 42.6 44.4
2015年度 42.8 44.2 40.9 44.4
2016年度 42.7 45.0 40.2 49.4
分譲住宅 2012年度 39.0 38.8 38.5 39.7
2013年度 40.4 41.1 40.0 38.8
2014年度 41.2 41.9 40.8 40.1
2015年度 40.7 41.0 40.1 40.6
2016年度 40.7 41.6 39.4 39.3
中古住宅 2012年度 42.0 42.2 43.8 40.8
2013年度 44.0 44.1 42.6 44.7
2014年度 43.6 43.0 43.9 44.5
2015年度 45.1 44.9 43.5 46.9
2016年度 45.2 45.4 44.2 45.6
リフォーム住宅 2012年度 53.3 55.0 57.8 47.8
2013年度 56.5 55.9 58.4 56.5
2014年度 56.2 56.7 57.8 54.5
2015年度 58.8 59.1 60.4 56.7
2016年度 58.4 58.0 60.7 57.9

※国土交通省:平成28年度住宅経済関連データより筆者が編集

  • 土地から購入する注文住宅では、首都圏が45.0歳、近畿圏が49.0歳です。
  • 新築の分譲住宅は首都圏が42.2歳、近畿圏が39.3歳となっていますので、注文住宅の方が年齢は高めです。

注文住宅は、設計からこだわって建てることが多いため、結果的に分譲住宅よりも価格は高くなりがちです。

そのため、年収の高い年齢層の方が多く購買しているものと思われます。

また、中古住宅に関しては、首都圏が45.4歳、近畿圏が45.6歳と比較的、年齢層が高いです。

中古住宅に関しては、購入者の中に買い替えで2回目の住宅購入をする人も含まれています。

そのため平均としては年齢が若干高くなるという現象が見られます。

リフォームに関しては、首都圏が58.0歳、近畿圏が57.9歳になっています。

新築の分譲住宅は首都圏が42.2歳、近畿圏が39.3歳となっていますので、新築を購入してから、概ね15年程度で、一度リフォームをする人が多いものと考えられます。

3-2.マンションの購入平均年齢

また新築マンションの購入の平均年齢を以下に示します。

マンションの種類 年度 首都圏 関西圏
新築マンション 2012年 37.4 37.7
2013年 38.3 38.9
2014年 37.8 38.5
2015年 39.0 39.0
2016年 38.2 39.5

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

新築のマンションは、首都圏が38.2歳、関西圏が39.5歳になっています。

毎年、ほぼ40歳弱というのが平均値です。

平均購入年齢に関しては、マンションや戸建、エリアによって若干の差異が見られますが、概ね40歳前後と言えます。

厚生労働省の平成27年人口動態統計によると、平均初婚年齢は夫31.1 歳、妻29.4 歳となっていますので、平均すると結婚10年目くらいに住宅を購入する人が多いということになります。

以上、ここまで平均年齢について見てきました。

ここまで、平均40歳前後の人が、平均4,000万円~5,000万円の住宅を購入していることが分かりました。

それでは、このような人たちの年収はどれくらいあるのでしょうか。

そこで次に平均年収額について見ていきます。

4.住宅を購入する人の平均年収

4-1.首都圏の住宅購入者における平均世帯年収

国土交通省の平成28年度住宅経済関連データによると、首都圏の住宅購入者の平均年収は下図のような推移になっています。

首都圏の住宅購入者の平均年収

首都圏の住宅購入者の平均年収

※国土交通省:平成28年度住宅経済関連データより筆者が編集

2011 2012 2013 2014 2015
年収(万円) 742 759 782 775 786

平均年収は、全体的には減少傾向にあります。

2004年から2009年にかけては800万円弱でしたが、2009年から2011年にかけては年収が一度下がっています。

これはリーマンショックおよび東日本大震災による影響が大きいものと思われます。

2012年以降は、平均年収が徐々に回復しており、2015年には786万円となっています。

再び、800万円弱で推移していくものと予想されます。

4-2.購入額に対する年収倍率

また、同調査の住宅価格に対する年収倍率の推移を下図に示します。

青色の線はマンションで、赤色の線が戸建になります。

住宅価格に対する年収倍率の推移

住宅価格に対する年収倍率の推移

※国土交通省:平成28年度住宅経済関連データより筆者が編集

倍率 2011 2012 2013 2014 2015
マンション 6.2 6.0 6.3 6.5 7.0
戸建 6.2 6.0 5.9 6.1 6.1

マンションであれば年収の6~7倍、戸建であれば年収の6倍前後の金額の物件を購入していることになります。

4-3.新築マンション購入者の平均世帯年収

また、株式会社リクルート住まいカンパニーでは、新築マンション購入者の平均世帯年収と共働き世帯の割合も公表しています。

2016年における新築マンション購入者の平均世帯年収と共働き世帯の割合は下表の通りです。

地域 平均世帯年収 共働き世帯割合
首都圏 900万円 55%
関西圏 774万円 51%

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

国土交通省の統計よりも、年収が高いですが、母集団を新築マンション購入者に絞っているため、高くなっていると考えられます。

新築マンションは戸建よりも価格が高いため、年収の高い世帯が新築マンションを購入しているということが伺えます。

尚、共働き世帯に関しては、2001年の調査時点と比較すると下表の様になっています。

地域 共働き世帯割合
調査年 2016年 2001年
首都圏 55% 20%
関西圏 51% 21%

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

共働き世帯に関しては、わずか15年で2倍以上に増えているのが分かります。

平均年収が減少する中、住宅価格が上昇しているため共働き世帯は必然的に増えたものと思料されます。

平均年収に関しては、エリア等によって若干の差はありますが、世帯年収の平均としては800万円程度ということができます。

以上、ここまで平均年収について見てきました。

ここまでの調査で浮かび上がった像としては、平均4,000万円~5,000万円の物件を、40歳前後で世帯年収800万円の人が購入しているとういことが分かってきました。

これらのうち、半数以上の世帯が共働きです。

では次に、このような人たちが、どの程度の住宅ローンを組んでいるのかについて見ていきます。

5.住宅ローンの平均借入額

5-1.新築マンション購入時の住宅ローンの平均額

株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より新築マンション購入時点における住宅ローンの額の推移を以下に示します。

青色の線は首都圏で、赤色の線が関西圏になります。

新築マンション購入時点における住宅ローンの額の推移

新築マンション購入時点における住宅ローンの額の推移

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

物件価格の上昇に伴い、住宅ローンの借入額も年々上昇しています。

特に2014年以降は急激な増加傾向にあります。

住宅ローンが増えている原因としては、超低金利政策が浸透しており、借りやすくなっているためということが理由として挙げられます。

物件価格もほぼ連動して上昇しています。

5-2.新築マンション購入時の自己資金の平均額

次に、同調査より、新築マンション購入時点における自己資金の額の推移を以下に示します。

青色の線は首都圏で、赤色の線が関西圏になります。

自己資金に関しては、増減を繰り返しています。

2009年以降は、大きな流れとしては自己資金が増加傾向にあると言えます。

新築マンション購入時点における自己資金の額の推移

新築マンション購入時点における自己資金の額の推移

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

下表に、上記2つのグラフの数値を記載したものを示します。

エリア 2012 2013 2014 2015 2016
首都圏 自己資金(万円) 974 1,167 1,064 1,370 1,113
借入金(万円) 3,309 3,302 3,539 3,994 4,286
合計(万円) 4,283 4,469 4,603 5,364 5,399
自己資金割合 22.7% 26.1% 23.1% 25.5% 20.6%
関西圏 自己資金(万円) 911 1,032 928 1,065 1,109
借入金(万円) 2,685 2,704 2,885 3,098 3,424
合計(万円) 3,596 3,736 3,813 4,163 4,533
自己資金割合 25.3% 27.6% 24.3% 25.6% 24.5%

※株式会社リクルート住まいカンパニーの調査結果より筆者が編集

住宅ローンは首都圏であれば4,000万円前後、関西圏であれば3,000万円前後を借りているのが平均値です。

また自己資金に関しては、首都圏も関西圏も、概ね1,000万円程度を用意しているということが分かります。

前章で世帯年収の平均は800万円程度でしたので、住宅ローンの年収倍率は、首都圏で約5倍、関西圏で約3.8倍程度ということになります。

5-3.贈与の非課税枠

自己資金に関しては、自分で用意する場合と、親からもらう場合があります。

親からもらう場合は、片方の親から500万円ずつ受領することにより、1,000万円の自己資金を用意するようなケースが多いです。

尚、親から自己資金をもらう場合、「贈与税の住宅取得等資金の非課税制度」というものが存在します。

この制度では、一般住宅を購入する場合、平成28年1月1日から平成32年3月31日までの間に贈与を受けると、700万円までの非課税限度額があります。

そのため。マイホームを購入するために親から贈与を受けても、700万円までは贈与税は発生しません

尚、700万円の贈与の非課税制度を受けるためには、住宅の面積が50㎡以上240㎡以下とう要件がありますのでご注意ください。

首都圏の新築マンション購入者は、平均で4,000万円の住宅ローンを組んでいることが浮かび上がってきました。

4,000万円の住宅ローンを組む県に関しては、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

2,172view
プロに聞いた!4,000万円の住宅ローンを組むには年収はいくらであれば良い?

家を購入しようとすると、4,000万円という壁があります。 東京カンテイによると2016年の新築マンションの平均価格は5 ...

続きを見る

6.住宅ローンの平均返済額

6-1.住宅保有者の平均返済額

国土交通省の平成28年度住宅経済関連データによると、全国の土地・家屋借金返済のある勤労者世帯の毎月の返済額の平均値は下表の様になっています。

(単位:円/月、%)

実収入(A)[円/月] 土地・家屋 借金返済額(B)[円/月] 返済負担率 (B)/(A)[%]
1997 704,354 96,670 13.7
1998 697,879 96,808 13.9
1999 666,890 99,172 14.9
2000 653,760 101,770 15.6
2001 644,779 106,995 16.6
2002 647,108 108,167 16.7
2003 613,979 99,616 16.2
2004 624,314 102,263 16.4
2005 619,833 99,775 16.1
2006 622,014 99,960 16.1
2007 624,128 99,996 16.0
2008 622,599 104,475 16.8
2009 605,154 101,594 16.8
2010 604,723 102,069 16.9
2011 587,104 99,542 17.0
2012 598,490 94,295 15.8
2013 601,951 99,867 16.6
2014 605,760 97,850 16.2
2015 606,211 98,696 16.3
2016 609,305 92,945 15.3

※国土交通省:平成28年度住宅経済関連データより筆者が編集

年収は住宅の購入者ではなく、住宅を保有している人全体の平均値であるため、上述してきた年収の平均値とは若干異なります。

住宅を保有している人の平均年収は600万円程度になります。

住宅を保有している人たちが、毎月返済している住宅ローンの額は2016年においては、92,945円になります。

過去の推移をみると、概ね10万円程度が平均的な返済額となります。

返済比率は15.3%が平均になります。

平成29年9月時点では、35年の長期固定ローンは1.080%が主流です。

仮に首都圏の人が、4,000万円全額を35年の固定ローン(1.080%、ボーナス返済無し)で借りた場合、返済額は毎月114,441円になります。

また同じ条件で、関西の人が3,000万円を借りた場合、返済額は毎月85,808円となります。

毎月の返済額としては首都圏がやや高く11万円強となり、関西圏が8.5万円程度になります。

全国的には平均値として毎月10万円程度を返済していることになります。

首都圏の人が、年収800万円で毎月約11.4万円を返済した場合、返済比率は17.1%です。

理想的な返済比率は20%以内ですので、年収800万円の人が11.4万円を返済しても無理はありません。

尚、適切な返済比率については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

508view
住宅のプロが教える!適切な住宅ローン返済比率の決め方と注意点

住宅ローンを借りる前に、知っておかなければならないことがあります。 それは、あなたが「借りられる額」と、あなたが「返せる ...

続きを見る

6-2.年間平均返済額

また国土交通省の平成28年度住宅経済関連データでは、住宅ローンの年間返済額の平均値も公表しています。

エリアごと、住宅の種類ごとの年間返済額の平均値は下表の通りです。

住宅の種類 年度 三大都市圏[万円] 首都圏[万円] 中京圏[万円] 近畿圏[万円]
注文住宅 2012年度 118.5 124.7 106.5 123.4
2013年度 128.9 125.9 114.0 197.1
2014年度 122.7 131.5 116.3 116.4
2015年度 158.8 242.1 113.7 87.2
2016年度 120.7 107.9 113.1 140.8
分譲住宅 2012年度 111.9 113.6 100.2 118.1
2013年度 120.2 124.9 105.3 118.5
2014年度 118.2 129.2 103.4 106.3
2015年度 115.4 119.0 100.3 116.4
2016年度 124.7 131.8 113.6 114.9
中古住宅 2012年度 95.2 106.4 73.3 89.0
2013年度 97.2 103.2 80.7 93.4
2014年度 95.9 105.4 83.1 83.2
2015年度 106.7 115.2 112.5 79.7
2016年度 97.0 104.9 76.7 88.6

※国土交通省:平成28年度住宅経済関連データより

2016年度の三大都市圏において、年間返済額は注文住宅なら120.7万円、分譲住宅なら124.7万円になっています。

このデータからも、月額返済額の平均値は概ね10万円ということになります。

7.まとめ

以上、やっぱり気になる!住宅ローンを5つの指標の平均をチェックしてきました。

平均値は、返済に無理のない借入になっています。

平均値を参考にしながら、無理のない住宅ローンの借入を行いましょう。

モバチェックプラザ

モバチェックプラザ
【新規借り入れ】 http://mogecheck.jp/kariire/
【借り換え】 http://mogecheck.jp/karikae/

>【新規借り入れの方】全国120の銀行から住宅ローンのプロがアドバイス<
>【借り換えの方】カンタン3秒診断!住宅ローンのプロから見直し提案をGET<

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも複数の不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • HOME4U:運営している会社がNTTグループで不動産会社を厳しくチェック、一括査定で一番の歴史、実績を誇る
  • すまいValue:他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産:売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約900社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「HOME4U」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

1,625view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

1,010view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

606view

不動産売却の準備段階において、売値の目安を決めるため不動産査定を行います。 初めて不動産を売却する人の中には 不動産査定 ...

1,227view

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動 ...

-住宅ローン

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.