無駄に思える別居中の住宅ローンの注意点と解消方法について徹底解説

投稿日:2017年12月8日 更新日:

付き合っているときであれば、相手が嫌いになれば簡単に分かれることができます。

ところが、嫌いになっても簡単に分かれることができないのが「離婚」です。

なかなか離婚ができずに、住宅ローンを払いながら別居を続けている人もいます。

別居中で住宅ローンを払っている人の中には、

  • 別居中の住宅ローンの支払いが重い
  • 別居中の住宅ローンと婚姻費用の関係について知りたい
  • 離婚に関する不動産の問題の解消方法を知りたい

等々のことを思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では、「別居」中の住宅ローンにフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは別居中の住宅ローンについて理解し、離婚後に不動産の問題を残さないための対処方法を知ることができます。

HOME4U

>NTTグループが運営!利用者数500万人、2001年から運営で安心の実績!<

1.価値観が異なる場合の離婚

90%程度の離婚は夫婦の話し合いで決まります。

お互いが嫌であれば、「別れましょう」「そうしましょう」の話で離婚が成立します。

夫婦の話し合いで離婚が成立することを「協議離婚」と言います。

通常の離婚は、この協議離婚で話が終わります。

ところが離婚を切り出しても、相手が反対する場合があります。

それでもなんとか離婚したい場合は、裁判所の力を借りることになります。

1-1.裁判所を使った離婚は2種類

裁判所を使った離婚の方法としては、

  1. 離婚調停
  2. 離婚裁判

の2つがあります。

まずは離婚調停で話を付け、それでも無理な場合は離婚裁判というころになります。

この離婚裁判になった場合、争点となるのが離婚原因です。

離婚原因とは、浮気や暴力、ギャンブルなどのよる借金等があります。

相手方に離婚原因があれば、裁判所を使って離婚を成立させることができます。

既に浮気などの離婚原因がある人であれば、裁判所の手続きと進めていった方が話が早いです。

1-2.性格の不一致だけでは離婚は難しい

では、単純に相手が嫌いという場合はどうなるのでしょうか。

世間では、このような離婚原因を「性格の不一致」などと呼んだりします。

もう相手のわがままに我慢できないというのも性格の不一致に該当します。

裁判所を使った離婚の場合、単純に性格の不一致だけで離婚を成立させることは難しいのが実態です。

1-3.裁判離婚を成立させるには「婚姻関係を破綻させる」

そこで、性格の不一致で裁判離婚を成立させるためには、意図的に婚姻関係を破綻させる必要があります。

婚姻関係を破綻させることとは、つまり「別居」です。

具体的には5~10年程度の別居状態が続いていることが、裁判所が婚姻関係は破綻していると認識してくれる目安になります。

ただし、この別居期間中も養育費や住宅ローンは払い続けなければいけないという注意点があります。

このように離婚前に支払う費用のことを「婚姻費用」と呼びます。

そこで、次に気になる住宅ローンと婚姻費用との関係について見ていきます。

2.婚姻費用と住宅ローン

婚姻費用とは、離婚前に相手方に支払う費用です。

夫婦には、お互いの生活レベルが同等になるように助け合う生活保持義務があります。

そのため、別居中でも婚姻関係が続いている限り、相手方に同等の生活レベルを維持するために支払うのが婚姻費用になります。

婚姻費用は、婚姻関係が続いている限り、相手方から請求される可能性があるため、離婚訴訟中でも請求させると支払い義務が生じます。

婚姻費用は、生活費や子供の学費の他、住宅ローンなどの居住費も含まれます。

別居期間が長ければ長いほど、婚姻費用の負担も大きくなります。

別居期間が長く続くと、自分の生活も苦しくなるため、注意が必要です。

婚姻費用を滞納してしまうと、給与が差し押さえられてしまうこともあります。

別居中での住宅ローンの支払については、住宅ローンを払っている家に

  1. 自分が住んでいる場合
  2. 相手方が住んでいる場合

で考え方が異なります。

自分が住んでいる場合

住宅ローンを払っている家に自分が住んでいる場合は、基本的に婚姻費用を減額してもらえることはありません。

この場合の住宅ローンの支払いは、財産形成の一部としてみなされます。

婚姻期間に作った財産については、財産分与の際、相手方に原則、半分を渡すことになります。

この場合の住宅ローンの支払いは、財産分与するための資産をせっせと作っている行為になっていると言えます。

相手方が住んでいる場合

住宅ローンを払っている家に相手方が住んでいる場合は、婚姻費用が減額される可能性があります。

相手方が住んでいる場合は、本来相手方が支払う家賃相当額を支払っているとみなさせる可能性があるためです。

住宅ローン以外の婚姻費用をどれだけ支払うべきかについては、夫婦の個別的な事情を考慮して決定されます。

婚姻費用を減額するには、専門家に一度相談することをオススメします。

日本司法書士センター(法テラス)であれば、無料相談を受けていますので、一度、活用してみるのも良いでしょう。

以上、ここまで婚姻費用と住宅ローンについて見てきました。

では、離婚したくて始めた別居について、注意点はないのでしょうか。

そこで次に別居中の注意点について見ていきます。

3.別居中に気をつけたい注意点

離婚には、婚姻費用の他、離婚が成立すると財産分与という資産の分割問題も生じます。

さらに、追い打ちをかけて発生するのが「慰謝料」です。

慰謝料は、浮気や暴力などの有責行為があって離婚する場合、婚姻生活中に味わった精神的苦痛に対して支払われる費用

性格の不一致が原因で離婚しようとしても、結局、浮気をしてしまうと相手に慰謝料まで取られてしまうことになります。

別居中に婚姻費用を払った挙句、慰謝料まで請求され、財産分与までしなければならないということになると、踏んだり蹴ったりです。

一方で、「性格の不一致」や「価値観の相違」等、どちらか一方が悪いわけではない場合は、慰謝料の請求が認められないケースが多いです。

単純に相手のわがままが耐え切れないだけなのに、さらに浮気の汚名によって慰謝料まで請求されてしまうのは、腹立たしい限りです。

離婚が成立すれば、いくらでも自由になれますので、別居中の浮気はくれぐれも我慢するようにしてください。

以上、ここまで別居中の注意点について見てきました。

別居を継続して、晴れて離婚が成立すると、その後には財産分与の壁が待ち受けています。

不動産を財産分与する場合、別居中に財産分与するか、もしくは離婚後に財産分与をするかで考え方が異なります。

そこで次に別居と不動産の財産分与について見ていきます。

4.別居と不動産の財産分与

離婚をする際は、原則として不動産は売却することがベストです。

しかしながら、相手方がそのまま今の家に住み続けたいという条件があり、それを飲まざるを得ない場合もあります。

相手方に不動産を財産分与する場合、①別居中に財産分与する場合と、②離婚後に財産分与する場合の2通りが考えられます。

別居中に財産分与する場合

離婚成立前の別居中に相手方に不動産を財産分与することは、夫婦間の贈与になります。

例えば、夫が妻に不動産を贈与すると、もらった妻の方に贈与税が発生します。

ただし、婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われる場合、最高2,110万円までは贈与の非課税枠があります。

20年以上の夫婦であれば、贈与を使った方が得になる場合があります。

離婚後に財産分与する場合

離婚後に財産分与をすると、今度は逆に不動産を譲った方に譲渡所得税が発生する可能性があります。

例えば、夫が妻に財産分与すると、夫に譲渡所得税が発生する可能性があります。

離婚後に、夫名義の不動産を妻に分与すると、時価で売却したものとみなされます。

その時価が、購入額よりも高く、売却益が出ていると判断されると、その売却益に対して所得税及び住民税が発生します。

そのため、時価が購入額よりも高くなっている場合は注意が必要です。

尚、財産分与であっても、マイホームの分与に関しては3,000万円特別控除という特例が使えます。

この特例を使うと、ほとんどの場合所得税は発生しません。

3,000万円特別控除を使いながら、財産分与の譲渡所得税を回避するようにしてください。

3,000万円特別控除については、下記に詳しく記載していますのでぜひご参照ください。

1,543view
3,000万円特別控除とは?不動産を売却しても税金を払わなくてもいい理由

個人の方が不動産を売却しやすくするため、国は様々な税政策を実施しています。 不動産を売却した時は下記5つの特例があります ...

続きを見る

以上、ここまで別居と不動産の財産分与について見てきました。

離婚を前提に別居している場合、ぜひ検討したいのが賃貸への切替です。

そこで次に賃貸の切替について見ていきます。

5.離婚を前提に別居する場合は「賃貸」への切替を考える

離婚時に注意をしたい点は、住宅ローンの組み方です。

①妻が連帯保証人の場合や②夫と妻が連帯債務の場合は、離婚をしてもこの関係が解消されるわけではありません。

連帯保証や連帯債務については、今の住宅ローンを完済しない限り続きます

離婚によって自動的に解消されません。

離婚後も連帯保証や連帯債務が続くと、離婚後に住宅ローンの支払いができなくなるような事態が発生した場合、連帯保証人や連帯債務者に債務の返済義務が生じてしまいます。

そのため、このような状態を解消しておくためには、別居中に不動産を売却して住宅ローンを完済しておくことがベストです。

保有している家は売却し、2人とも賃貸に切替ておくことをオススメします。

近年は住宅価格が高騰しており、不動産を売却してもローン残債を完済できる可能性があります。

不動産を売却して現金化しておけば、財産分与の際、簡単に分けられるというメリットもあります。

離婚での不動産売却については、下記記事に詳しく解説しています。

171view
不動産売却で離婚した場合の財産分与について徹底解説

「もうこの人とは一緒に住めない、嫌だ」となったときに多くの人が取る手段として離婚があります。 ただし、家などを大きな資産 ...

続きを見る

別居中に不動産を売却してしまい、連帯保証や連帯債務の問題も解消しておくことが望ましいです。

尚、離婚と住宅ローンについては下記に詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

1,543view
3,000万円特別控除とは?不動産を売却しても税金を払わなくてもいい理由

個人の方が不動産を売却しやすくするため、国は様々な税政策を実施しています。 不動産を売却した時は下記5つの特例があります ...

続きを見る

6.まとめ

以上、無駄に思える別居中の住宅ローンの注意点と解消方法について徹底解説してきました。

別居は婚姻関係を破綻させるためには必要です。

余計な婚姻費用や慰謝料の発生には注意し、できれば別居中に不動産を売却してしまいましょう。

HOME4U

>NTTグループが運営!利用者数500万人、2001年から運営で安心の実績!<

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも複数の不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • HOME4U:運営している会社がNTTグループで不動産会社を厳しくチェック、一括査定で一番の歴史、実績を誇る
  • すまいValue:他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産:売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約900社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「HOME4U」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

1,625view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

1,010view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

604view

不動産売却の準備段階において、売値の目安を決めるため不動産査定を行います。 初めて不動産を売却する人の中には 不動産査定 ...

1,227view

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動 ...

-住宅ローン

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.