不動産売却が成功するための全知識を教えます。

不動産売却の教科書

住宅ローン

ネット銀行の住宅ローン/金利ランキングと2つのメリット・デメリット

投稿日:2017年9月17日 更新日:

振込手数料って、何故か毎回、腹が立ちます。

そんな不満を抱えている人も多いため、ネット銀行を利用する人たちは急増中です。

ネット銀行が身近な存在になってきたことから、ネット銀行で住宅ローンを組みたいと考えている人も増えてきました。

これからネット銀行で住宅ローンを組もうとしている人の中には、

  • ネット銀行で住宅ローンを組む場合、何が良いのかを知りたい
  • ネット銀行に興味があるが、注意点も知っておきたい
  • 一番お得なネット銀行を知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では住宅ローンの「ネット銀行」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことで、あなたは自分にあったネット銀行を知ることができるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

1.国内のネット銀行と経営母体

ネット銀行は若い世代の間では身近になってきているとは言っても、まだまだ抵抗感を持っている人も多いです。

先日、筆者はある企業がコスト削減のために会社の口座をネット銀行に切り替えようとしたところ、取締役会で否決されている事例を見ました。

秘訣の理由は、「ネット銀行は怪しいから」というのが理由です。

特に50代以上の人になると、ネット銀行に対しての理解が浅く、会社ではまだまだ上層部の理解が得られないというのが実態です。

ネット銀行は、名前からは経営母体が全く分からない銀行も存在します。

ネット銀行は、全てのネット銀行で住宅ローンを取り扱っているわけではありません。

そこでまずはネット銀行の経営母体および住宅ローンの扱いの有無から紹介します。

ネット銀行名 経営母体 備考 住宅ローンの扱い
ジャパンネット銀行 三井住友銀行 Yahoo!JAPAN 2000年に設立した日本初のネット銀行です。2017年にはYahoo!JAPANの子会社になっています。 無し
大和ネクスト銀行 大和証券 大和証券グループのネット銀行です。大和証券は、証券会社としては野村証券に次ぐ2位の規模の会社です。 無し
セブン銀行 セブンアンドアイホールディングス 言わずとしれたセブンイレブンを経営しているセブンアンドアイホールディングスが経営母体です。セブン銀行は単独で東証一部に上場しています。 無し
じぶん銀行 三菱東京UFJ銀行 au(KDDI) 一番名前と母体にギャップのある銀行です。リアル銀行としては最も経営が安定している三菱東京UFJ銀行が母体になっています。またauも、さらにその母体は優良企業の京セラです。 有り
ソニー銀行 SONY 元々は電機メーカーのソニーが母体です。本体の業績は波がありますが、現在、ソニーグループはソニー生命が超優良企業であるため、グループ全体としての経営基盤は安定しています。 有り
楽天銀行 楽天 国内ネット販売最大手の楽天が運営しています。ネット銀行としての口座保有数は日本最大です。楽天の三木谷社長自身が、元々、日本興業銀行出身でもあります。 有り
住信SBIネット銀行 三井住友信託銀行 SBIホールディングス 信託銀行大手の三井住友信託銀行が運営しています。住宅ローンの金利に関しては常に最も安い金利を提供しており人気のあるネット銀行です。 有り
イオン銀行 イオン 大型商業施設を運営するイオングループが母体です。イオンの各店舗にATMが設置されており、買い物をしながら銀行手続きを済ませることができる点が特徴です。 有り
新生銀行 新生銀行 リアル店舗もありますが、ネット銀行にも力を入れている銀行です。前身は経営破たんした旧日本長期信用銀行になります。ATM手数料無料などの強みを持っています。 有り

上表のように、ネット銀行の多くは現在の国内の優良企業が母体となっていることが分かります。

ネット銀行は、全体的に自己資本比率が高い銀行が多く、リアル銀行よりもむしろ安全な銀行も多いくらいです。

経営が不安視される地方銀行よりは、むしろネット銀行の方が安全な銀行であるということもできます。

以上、ここまで国内のネット銀行と経営母体についてご紹介しました。

では、ネット銀行の金利はどのような水準なのでしょうか。

そこで次にネット銀行の金利ランキングについてご紹介します。

2.ネット銀行金利ランキング【2017年9月版】

金利について、2017年9月末時点で筆者が調査したものを示します。

リアル銀行との違いも明確にするため、リアル銀行も含めた金利ランキングを下表に示します。

変動金利ランキング

変動金利のランキングについては、以下のようになっています。

順位 銀行名 ネット・リアル 金利
1位 住信SBIネット銀行 ネット銀行 0.444%
2位 ソニー銀行 ネット銀行 0.499%
3位 楽天銀行 ネット銀行 0.507%
4位 三井住友信託銀行 リアル銀行 0.525%
5位 イオン銀行 ネット銀行 0.570%
6位 三菱UFJ信託銀行 リアル銀行 0.575%
7位 りそな銀行 リアル銀行 0.595%
8位 埼玉りそな銀行 リアル銀行 0.595%
9位 横浜銀行 リアル銀行 0.600%
10位 新生銀行 ネット銀行 0.600%

変動金利については、顕著な傾向があります。

上位5行のうち、4行がネット銀行です。

1位は住信SBIネット銀行です。

トップファイブの中の唯一のリアル銀行は三井住友信託銀行ですが、三井住友信託銀行は住信SBIネット銀行の経営母体でもあります。

変動金利に関しては、ネット銀行に完全に軍配が上がっていると言えます。

10年固定金利ランキング

10年固定金利について見ていきます。

順位 銀行名 ネット・リアル 金利
1位 岐阜信用金庫 リアル銀行 0.600%
2位 三菱UFJ信託銀行 リアル銀行 0.610%
3位 愛媛銀行 リアル銀行 0.640%
4位 住信SBIネット銀行 ネット銀行 0.650%
5位 イオン銀行 ネット銀行 0.690%
6位 武蔵野銀行 リアル銀行 0.700%
6位 三井住友信託銀行 リアル銀行 0.700%
6位 香川銀行 リアル銀行 0.700%
6位 きのくに信用金庫 リアル銀行 0.700%
10位 伊予銀行 リアル銀行 0.730%

10年固定金利となると、ランキング上位のメンバーがガラッと変わってきます。

ベスト10の中に、多くの地方銀行がランクインしてきます。

10年固定金利では、ネット銀行だと住信SBIネット銀行の金利が最も安いです。

住信SBIネット銀行は変動金利でもNo.1であったため、ネット銀行の中でもかなり金利の安い銀行になります。

20年固定金利ランキング

20年固定金利について見ていきます。

順位 銀行名 ネット・リアル 金利
1位 日本住宅ローン ノンバンク 1.000%
2位 住信SBIネット銀行 ネット銀行 1.010%
3位 ARUHI ノンバンク 1.020%
4位 みずほ銀行 リアル銀行 1.040%
4位 りそな銀行 リアル銀行 1.040%
4位 埼玉りそな銀行 リアル銀行 1.040%
4位 楽天銀行 ネット銀行 1.040%
4位 イオン銀行 ネット銀行 1.040%
4位 北海道銀行 リアル銀行 1.040%
4位 みちのく銀行 リアル銀行 1.040%

20年の長期固定ローンになると、リアル銀行やネットバンクの他、日本住宅ローンARUHIといったノンバンクが上位にランクインしてきます。

都市銀行であるみずほ銀行が4位に入っています。

住信SBIネット銀行は相変わらず金利が低いです。

その他、楽天銀行イオン銀行が同率4位につけており、健闘しています。

35年固定金利ランキング

最後に最も気になる35年固定金利について見ていきます。

順位 銀行名 ネット・リアル 金利
1位 日本住宅ローン ノンバンク 1.000%
2位 ARUHI ノンバンク 1.020%
3位 十六銀行 リアル銀行 1.060%
4位 みずほ銀行 リアル銀行 1.120%
4位 りそな銀行 リアル銀行 1.120%
4位 埼玉りそな銀行 リアル銀行 1.120%
4位 楽天銀行 ネット銀行 1.120%
4位 住信SBIネット銀行 ネット銀行 1.120%
4位 イオン銀行 ネット銀行 1.120%
4位 北海道銀行 リアル銀行 1.120%

35年ローンを見ると、日本住宅ローンとARUHI、十六銀行を除くと、ほとんどの銀行が1.120%を採用しています。

35年ローンとなると、楽天銀行と住信SBIネット銀行、イオン銀行の差はなくなりました。

ネット銀行の中でもこの3つの銀行は常にトップ10にランクインしており、総じて金利が安い銀行と言えます。

ネット銀行の中で、金利については住信SBIネット銀行が最も安いと言えます。

以上、ここまでネット銀行金利ランキングについて見てきました。

では金利以外にネット銀行にはどのような費用がかかるのでしょうか。

そこで次に住宅ローンの諸費用について見ていきます。

3.住宅ローンの諸費用一覧

以下に、住宅ローンを借りるときに発生する費用を示します。

費用項目 説明
団体信用生命保険料 住宅ローン返済中に、死亡や高度障害になった場合、住宅ローンが支払われる生命保険です。
事務手数料 住宅ローンの手続きのために銀行に支払う手数料です。事務手数料には、定額で固定型と融資額に応じてパーセンテージで支払う変動型があります。
保証料 保証会社の保証を受けるための対価として保証会社に支払う費用になります。
繰上返済費用 繰上返済を行うために銀行へ支払う手数料になります。

住宅ローンは金利だけではなく、これらの費用が発生するため、金利の他、諸費用がどの程度かかるのかを把握する必要があります。

以上、ここまで住宅ローンの諸費用について見てきました。

ではネット銀行でこれらの諸費用がどの程度かかるのか、次に紹介いたします。

3-1.ネット銀行比較の諸費用一覧

住宅ローンを扱っているネット銀行について、団信保険料や事務手数料、保証料を比較すると、以下のようになります。

ネット銀行名 団信保険料 事務手数料(税込) 保証料 繰上返済手数料
住信SBIネット銀行 込み 2.16% 無し 無し
楽天銀行 別途費用 1.08% 無し 無し
イオン銀行 込み 2.16% 無し 無し
じぶん銀行 込み 2.16% 無し 一部無料
新生銀行 込み 108,000円 無し 無し
ソニー銀行 込み 2.16% 無し 無し

ネット銀行の特徴としては、事務手数料が融資額の2.16%とする金融機関が多いです。

ネット銀行は事務手数料が高いのが特徴です。

その分、団信保険料や保証料、繰上返済手数料がかかりません

保証料や繰上返済手数料もなく、かつ事務手数料が固定型の新生銀行は、諸費用に関しては割安と言えます。

4.ネット銀行の2つのメリット

メリット1.変動金利や保証料が安い

変動金利に関しては、ネット銀行は安いです。

一方、固定金利に関しては、ネット銀行が特に安いという傾向はありません。

ネット銀行は、変動金利が安いというメリットがあります。

また、ネット銀行は団信保険料や保証料、繰上返済手数料が安いというメリットがあります。

ただし、ネット銀行の事務手数料はパーセンテージで受領する変動型が多いです。

そのため、イニシャルコストはネット銀行の方が高くなる傾向があります。

ネット銀行は、ランニングの諸費用も安いというメリットがあります。

メリット2.来店不要で契約できる

ネット銀行は全て書類のやり取りやメールだけで住宅ローンを借りることができます。

仕事で忙しい人や、平日休めない人にとっては、ネット銀行はメリットがあります。

またネット銀行では、メールや電話でのサポートにも力を入れています。

そのため、初めてネット銀行を利用される方でも、安心して利用することがかのうです。

以上、ここまでネット銀行のメリットについて見てきました。

ネット銀行にはメリットもあれば、デメリットも存在します。そこで次にネット銀行のデメリットについてご紹介します。

6.ネット銀行の2つのデメリット

デメリット1.窓口相談ができない

ネット銀行は来店不要というメリットがあると同時に、対面による窓口相談ができないというデメリットがあります。

細かい要望や疑問などは、対面の窓口相談ができるところでないと、解消できません。

電話やメールだけだと、なんとなく腑に落ちない部分もあります。

電話やメールのやり取りだけだとイライラする、不安だ等の方は、来店不要のネット銀行はデメリットになります。

デメリット2.融資実行が遅い

ネット銀行の最大のデメリットは審査から融資実行までが遅いということがあります。

審査から融資実行までは1.5~2ヶ月程度かかります。

融資実行が遅いと、例えば困るのが中古住宅の売買です。

中古住宅では売買契約すると、引渡の時期が確定してしまうため、引渡までに融資が実行できないというリスクがあります。

以上、ここまでネット銀行のデメリットについて見てきました。

ネット銀行のメリットとデメリットを踏まえ、次にネット銀行を利用する際の注意点について見ていきます。

6.中古物件をネット銀行の住宅ローンで購入する際の注意点

6-1.中古物件の購入の流れ

ネットバンクは手数料が安いため、総じてメリットがありますが、融資実行が遅いというのがデメリットです。

融資実行が遅いというデメリットが、特に顕著に現れてしまうのが、中古物件の購入です。

以下に、中古物件の購入の流れを簡単に示します。

ステップ 項目 内容
1 情報収集をする 自分たちの予算や希望条件を固め、中古物件の情報収集を行います。 通常は、SUUMOやアットホームなどのポータルサイトを利用して売物件を探します。 物件情報には、取り扱っている不動産会社の連絡先が書いてあります。気になる売物件が見つかれば不動産会社へ問合せを行います。
2 現地を見に行く 不動産会社へ連絡した後は、実際に物件を見せてもらいます。これを内覧と言います。内覧は、必ず行うことをお勧めします。 他の人に先に買われてしまうかもしれませんので、候補を複数物件用意しておく必要があります。 内覧は売主が立ち会ってくれる場合もありますので、しっかり質問を準備して臨むようにして下さい。
3 契約の準備をする 購入したい物件が決まったら、価格をもっと下げることができないかを交渉します。 また破損部分等について、そのまま容認するか、売主に修繕してもらうか等の取決めを行います。 尚、適正な価格を知るには買主も不動産の一括査定サイトを使うのが便利です。
4 売買契約を締結する 書面で売買契約書を締結します。 この際、不動産会社から重要事項の説明を受けます。 売買契約と同時に、売主へは手付金を支払います。手付金は売買金額の10%が一般的です。 また不動産会社へ仲介手数料の半額を支払います。
5 住宅ローンの申込を行う 通常は、売買契約から引渡までの間に住宅ローンの申込を行います。この期間は約1ヵ月です。 売買契約書の中には、通常、ローン特約が締結されており、仮に審査に通らなかった場合はノーペナルティで契約を解除できるようになっています。
6 引渡・残金の支払いを行う 引渡のタイミングで残金を全て支払います。住宅ローンの融資は引渡と同時に実行されます。 引渡では、売主から鍵を受領することにより成立します。 また司法書士に依頼し、所有権移転と住宅ローンの抵当権設定登記を行います。

上表のステップの中で、特に重要なのが、ステップ6の住宅ローンの申込を行う部分です。

通常であれば、売買契約から引渡までの間に行います。

売買契約と引渡までの間は、通常1ヵ月ですが、実際は2週間程度でローン審査を通し、引渡までに融資の実行をする必要があります。

ネット銀行で住宅ローンを組む場合、融資の実行が引渡のタイミングに間に合うかどうかが課題となります。

6-2.ローン特約について

ここで住宅ローンを組んで、中古住宅を購入する場合のローン特約についてご紹介します。

ローン特約とは、売買契約後、買主が住宅ローンの審査に通らなかった場合、売買契約を無条件で解除できるという特約です。

売買契約時には、一般的に売買金額の10%程度の手付金を売主へ納めます。

通常、買主が原因で契約を解除する場合は、この手付金は没収されます。

ところが、ローンの審査に通らなかった場合においては、ローン特約という別の特約が優先されるため、手付金は没収されずに契約が解除できます。

そのため、ローン特約による解除はノーペナルティになります。

中古住宅の購入では、このローン特約があるために、「とりあえず物件を抑えておく」ということが可能です。

6-3.中古住宅購入で使いやすいネット銀行

中古住宅は、気に入った物件が出てきても、もたもたしていると誰かに先に購入されてしまうという難しさがあります。

そのため、ネット銀行を前提にしても大丈夫とも言えますが、ローン特約で解除ばかりを繰り返していると、いつまでたっても気に入った物件が購入できないという状態が続きます。

そこで中古物件の購入においては、ローン審査や融資実行の速いネット銀行を選ぶ必要があります

中古住宅の購入を検討している人は、自分が使いたいと思っているネット銀行の融資実行までの期間をあらかじめ確認しておきましょう。

以上、ここまで中古住宅購入の際の注意点について見てきました。

審査スピードの遅いネット銀行は中古住宅の購入には馴染みません。

但し、中古住宅購入後なら使える可能性が十分にあります。そこで次に借換について見ていきましょう。

7.ネット銀行は借換が有効

ネット銀行は諸経費が安く魅力的ですが、融資実行が遅く、中古住宅の購入のスピード感についていけないというデメリットがあります。

中古住宅の購入では、引越等もあり、実際かなりバタバタするため満足のいく住宅ローンの選定をすることができません。

そこで、腰を据えてじっくりネット銀行を選びたいという人は、借換でネット銀行を選定することがオススメです。

借換であれば自分のペースで無理なくネット銀行を利用することができます。

但し、借換には事務手数料等の費用が30万円~100万円程度発生します。

そのため、以下のいずれかの条件を満たす人であれば、借換費用を払ってでも借換の効果が見込めます。

  1. ローン残高が1,000万円以上ある人
  2. ローン残存期間が10年以上ある人
  3. 借換の前後で金利差が1%以上の差がある人

尚、近年は変動金利と固定金利の差が0.5%程度しかないため、変動リスクを取ってあえて変動金利を選ぶ人が少なくなってきました。

最近では、借換をきっかけに、全額固定金利で借り換える人たちも増えてきています。

借換を行う際には、「どこの銀行を選ぶか」に加え、「変動と固定の割合の見直し」もするようにしましょう。

8.まとめ

以上、ネット銀行で住宅ローンを組む場合のメリデメと注意点について徹底解説してきました。

ネット銀行は、ランニングコストは安いですが、融資実行までのスピードが遅いのがネックです。

借換など、時間に余裕のある融資で、ネット銀行のメリットを最大限に活かすのがお勧めの利用方法です。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービス

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社をきちんと比較できるサイトを厳選して紹介します。

中でも筆者はNTTグループが運営しており、「個人情報をしっかり管理」「NTTによる厳しい審査を通過した不動産会社のみ提携」「運営歴、利用者数がNo.1」のHOME4Uをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、HOME4Uで依頼できる不動産会社を確認する。

あまり不動産会社が見つからないということであれば、リガイドも同時に利用することをオススメします。

また、売却か賃貸にするのか迷っている方は、売却査定と賃料査定を同時に行えるマンションナビがオススメです。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応(田舎などは対応していない)
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の田舎では対応していないため、その場合は最初に紹介した「HOME4U」をオススメします。

一度の申し込みで最大10社に査定依頼「リガイド」

リガイド
  • 2006年から運営で「HOME4U」に次いでNo.2の運営実績
  • 1回の申し込みで最大10社を比較できる唯一の比較サイト(他サイトは最大6社)
  • 旧SBIグループが運営、不動産会社を厳選チェック
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

おすすめ記事一覧

1

不動産を売りたいと考えていてインターネットで色々なサイトを見ていると「不動産一括査定」や「不動産売却の一括査定」がよく紹介されていると思います。 そこであなたも下記「ひよこ生徒」のような疑問や不安があ ...

2

一生の中でマンションを売却する機会はそう多くありません。 つまり多くの人は、マンションの売却には慣れておらず、そもそも何から始めたらいいのか分からない人がほとんどです。 あなたも上記のひよこ生徒のよう ...

3

これから土地を売却しようとする人の中には、土地の価格がどのようなポイントの基づき査定されているのか知りたい方も多いと思われます。 ただし、単純に土地を売りたいといっても、そうそうカンタンに売れるもので ...

4

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動産は車やブランドバッグのように、会社そのものが買うことが少ないです。 いわゆる「 ...

-住宅ローン

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.