無料でできる!夢が膨らむオススメの家のカタログ請求サービス

投稿日:

家を建てるなら、やっぱり注文住宅をお考えの人は多いのではないでしょうか。

注文住宅であれば、自分たちの想いやこだわりを反映できますし、家ができるまでの過程も楽しむことができます。

ただ、完成形が見えない注文住宅は、いくらの予算でどの程度の家が建つのか分かりにくいのも事実です。

予算と完成形をイメージ化するには、カタログ請求が一番です。

注文住宅を建てたい人の中には、

  • 自分の予算でどのような建物を建てることができるのか知りたい
  • 家のカタログ請求の方法を知りたい
  • 近くに良い工務店やハウスメーカーがないか知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では「家のカタログ請求」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは便利なカタログ請求サイトやカタログに書かれている工法の基礎知識を知ることができます。

HOME'S注文住宅カタログ一括比較

HOME'S注文住宅カタログ一括比較
http://www.homes.co.jp/iezukuri/

>賃貸で有名なHOME'S運営の注文住宅カタログ比較で安心!<
>全国の優良住宅メーカーから、あなたの条件にピッタリのカタログを無料で一気にGET!<

1.まずは予算の把握をする

注文住宅を建てるのであれば、まず自分の予算で、果たしてどれくらいの家を建てることができるのか、具体的にイメージすることが第一歩です。

そのためには、色々な住宅メーカーから一括でカタログ請求をするのが便利です。

カタログ請求に関しては、「 LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」の利用がオススメです。

だいたいの予算と、自分の住んでいるエリアを選択することで、複数の住宅メーカーから一度にカタログを取り寄せることが可能です。

ひとくちに注文住宅と言っても、各社、かなり特徴があります。

同じ予算でも住宅メーカーを変えることで、デザインや見栄え、質感が変わってきます。

HOME’Sなら家の近くで自分の知らなかった良い住宅メーカーを発掘できます。

筆者も使ってみましたが、大手住宅メーカーだけでなく、地元の人しか知らない良い住宅メーカーも登録されていたため、LIFULL HOME’Sはカタログ請求システムとして、とても良いと感じました。

人によっては、自分が想像していた以上の家も作ることができます。

夢がどんどん膨らみますので、色々な住宅メーカーのカタログを取り寄せて研究してみましょう。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

以上、ここまで予算の把握について見てきました。

注文住宅は、設計が自由なため、お金のかけ方次第で出来上がりが異なります。

そこで次にお金のかけ方のポイントについて見ていきます。

2.注文住宅はお金の「かけ方」がポイント

注文住宅を作る際、意識したいのがお金のかけ方です。

原則としては、人の目に見えるところにお金をかけると、良い家を作ることができます。

人の目に見えるところとは、外装や内装等の「仕上げ材」です。

良い仕上げ材を使うことで、良い家ができるようになります。

ホテルの建築などは、まさにこの手法を用います。

お客様の目に留まる部分にはお金をかけ、バックヤード部分や設備等、人の目に見えない部分については、極力コストをかけずに建築しています。

同じ予算で注文住宅を建てても、満足度を上げるには目に見える部分にお金をかけ、目に見えない部分はケチるという設計に徹することです。


予算は無限にあるわけではありません。

限られた予算の中で、良い家を作るには、仕上げ材にお金をかけ、目に見えない部分は安いものを採用する等、メリハリをつけた家づくりをするように心がけましょう。

以上、お金のかけ方のポイントについて見てきました。

注文住宅を作る上では、1つ注意したい部分があります。

それは空調の効率です。

そこで次に空調の効率について見ていきます。

3.注文住宅で失敗しがちな空調の効率

注文住宅の典型的な失敗例としては、空調の効率を全く無視して作ってしまった例が良くあります。

例えば、皆が集まる1階のリビングに2階まで吹き抜けの空間を作ってしまうとか、天井の一部をサンルーフのようにガラス張りにしてしまう、リビングと廊下の間に扉を作らなかった等が空調が効きにくい失敗例です。

注文住宅では、設計者と平面図を見ながら打合せを進めて行きます。

そのため、空調の効き具合まで意識する人は多くいません。

吹き抜けなどは、見た目はカッコ良いですが、天井が高くなってしまうため、空調効率が悪くなります。

また、リビングと廊下の間に扉を作り忘れると、空間が広くなり過ぎて空調効率が下がります。

空調効率が悪い家は、夏や冬のエアコン代が高くなるため、後悔する人が多いです。

間取りを決める際は、空調の聞き具合が悪くならないか常に意識しながら設計するようにして下さい。


以上、ここまで空調の効率を意識するについて見てきました。

冒頭で紹介した「 LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」では、カタログ請求時に請求したい住宅メーカーを選択することができます。

住宅メーカーの選択欄には、コンセプトと工法、企業名が書かれています。

工法には主に「木造軸組(在来)工法」「ツーバイフォー・ツーバイシックス工法」「鉄骨系プレハブ工法」の3つが登場してきます。

そこでこれら次に3つの工法の特徴について解説します。

4.注文住宅には3つの工法がある

前章でも紹介したように住宅には大きく下記3つの工法があります。

住宅の3つの工法

  1. 木造軸組(在来)工法
  2. ツーバイフォー・ツーバイシックス工法
  3. 鉄骨系プレハブ工法

工法1.木造軸組(在来)工法とは

木造軸組工法とは、古くからある木造戸建て住宅の最も典型的な構造

在来工法とも呼ばれています。

木造軸組工法は、柱と梁(ハリ)で建物が支えられているのが特徴です。

梁とは柱と柱の間に通っている横の骨組みの木のことを言います。

在来工法とも呼ばれているくらいなので、木造軸組工法は古来より伝わる日本の気候や風土にあった工法です。

柱と梁で空間の大きさを決めていくため、設計の自由度が高いのが特徴です。

発注者の要望する間取を叶えやすいため、注文住宅で最も用いられえている構造になります。

コストについても比較的安いというのが特徴となります。

また、柱と柱の間は、壁面となりますが、壁面は建物を支える役割を果たしていないため、壁面に大きな窓や扉なども作ることができるというメリットがあります。

部屋に光を多く取り入れたいというような人であれば、向いています。


尚、木造軸組工法で、柱のない大きな空間を作るのが苦手です。

ある程度の間隔で柱を入れないと、空間を支えられなくなってしまいます。

また部屋の中に、柱が四隅に出るため、すっきりした形の部屋を作ることが苦手です。

また、現場で大工さんが施行するため、施工精度が職人の腕に左右されてしまうという欠点もあります。

工期も長くかかるというのが特徴です。

木造軸組工法は、間取りやデザインを自由に作りたい人や、コスト抑えたい人、スケジュールに余裕のある人等に向いています。

以上、ここまで木造軸組について見てきました。

それでは次にツーバイフォー・ツーバイシックス工法とはについてご紹介します。

工法2.ツーバイフォー・ツーバイシックス工法とは

ツーバイフォー工法やツーバイシックス工法とは、壁と床の面で建物を支える構造

ツーバイフォーは壁面が2インチ×4インチの用材枠組を使用するのに対し、ツーバイシックスは2インチ×6インチの用材枠組を使用します。

両者は壁の厚さが異なります。

木造軸組工法が、まず「割り箸」で家を組み立てていくイメージであるのに対し、ツーバイフォー等は、いきなり「まな板」を使って家を組み立てていくイメージです。

そのため、ツーバイフォー・ツーバイシックス工法では、柱や梁は基本的に出てきません。

壁で建物を支えていくため、壁が厚く、気密性や断熱性、耐火性、耐震性に優れます。

また、壁を組み立てて家を建てるため、工期も短くあっという間に家ができます。

現場で組み立てる部分が少ないため、施工精度も高いです。

さらに、部屋の内側に柱や梁が飛び出てこないため、スッキリした形状の部屋ができるというメリットもあります。


壁は工場で作られてくるため、規格が決まっています。

そのため、間取りやデザインの自由度は低く、自由な設計がしにくいという欠点があります。

また壁で建物を支えなければいけないため、大きな窓や扉を作りにくく、増改築もしにくいというデメリットがあります。

壁の厚さはツーバイフォーでは89mm、ツーバイシックスでは140mmとなります。

ツーバイシックスの方が壁は厚くなるため、断熱性と耐震性が向上します。

ただし、工事費もツーバイシックスの方が高くなります。

ツーバイフォー・ツーバイシックス工法は、工期を短くしたい人や、耐火性・耐震性に優れた家に住みたい人に向いています。

日本は夏が蒸し暑いため、気密性が高過ぎるツーバイフォー・ツーバイシックス工法は向いていないと言われます。

しかしながら、現代では夏場はクーラーを使うことが一般的なため、気密性の高いツーバイフォー・ツーバイシックス工法は、普通に住みやすいです。

以上、ここまでツーバイフォー・ツーバイシックス工法について見てきました。

それでは次に鉄骨系プレハブ工法について見ていきましょう。

工法3.鉄骨系プレハブ工法とは

鉄骨系プレハブ工法とは、木造軸組の鉄骨版

柱や梁が木ではなく、軽量鉄骨が使われます。

鉄骨系プレハブ工法では、鉄の厚さが6mm未満の軽量鉄骨と呼ばれる鋼材を使うのが一般的です。

プレハブというと、工事現場に建っている青い現場事務所のような建物をイメージする人もいますが、現場事務所のような薄っぺらい建物を建てるわけではありません。

プレハブとは、プレファブリケーションの略です。

プレとは、事前にとか前もってという意味で、ファブリケーションとは、製造、組立という意味になります。

鋼材を事前に工場で製造してくるため、「プレ」「ファブリケーション」と呼ばれます。

木造軸組の鉄骨版ですが、工場であらかじめ部材を作ってくるため、現場で大工さんが施行する部分は少なくなります。

そのため工期は短いです。

また大工さんの力量によるところも少なく、施工精度が高く、品質は一定です。


一方で、部材が工場で作られる規格品であることから、設計の自由度が少ないというデメリットがあります。

柱と梁で建物を支えるという意味では木造軸組も鉄骨系プレハブも同じですが、現場で作る部分と工場で作る部分の分量の違いから、メリットとデメリットは異なってきます。

鉄骨系プレハブ工法は、工期を短くしたい人や、耐火性・耐震性に優れた家に住みたい人に向いています。

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

5.まとめ

以上、無料でできる!夢が膨らむおススメの家のカタログ請求を紹介について見てきました。

注文住宅を建てるなら、まずは予算と完成形のイメージを一致させることが第一歩です。

お金をかけるべき部分を意識し、空調効率も考慮しながら、良い家を作りましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

21,288view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

21,527view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

3,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

9,482view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-家購入

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.