無料の家カタログを利用して後悔のない家をつくるための5つのステップ

更新日:

マイホームを建てる際、何から手を付ければいいのかわかない人も多いのではないでしょうか。

そのようなときは、無料の家カタログを取ることから始めることをおススメします。

注文住宅を建てようとしている人の中には、

  • 素敵な家を見つけたけど、どこのメーカーか良く分からない
  • 自分が希望するような家を作ってくれるメーカーはどこ?
  • ハウスメーカーの違いがよく分からない

等々のことを思っている人も多いと思います。

そこでこの記事では、「家のカタログ」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、無料の家カタログを利用して家をつくる方法について知ることができます。

1.カタログ取り寄せのメリット

無料の家カタログを取り寄せるのには、5つのメリットがあります。

無料の家カタログを取り寄せる5つのメリット

  • メリット1.自分の知らない会社に出会える
  • メリット2.写真でイメージが沸く
  • メリット3.新しい夢や希望に気付く
  • メリット4.専門的な知識も身につく
  • メリット5.各社の違いや特徴が分かる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット1.自分の知らない会社に出会える

カタログを取り寄せると、自分の知らない会社に出会えます。

工務店は大手なら知っているという人は多いですが、地元の工務店も知っている人は多くはいません。

工務店は、デザイン性や施工品質の高さが社長の個人技で決まるような部分もあるため、中小の中でも大手より優れた工務店はたくさん存在します。

このような良い工務店は、幅広くカタログを取らないとなかなか出会うことができません。

注文住宅のカタログ取得なら、「 LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」がオススメです。

建築予定地を選択すると、そこで注文住宅を建てられる複数の工務店をずらりと表示してくれます。

自分の知らない地元の工務店も知ることができますので、ぜひ利用してみてください。

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

メリット2.写真でイメージが沸く

カタログの良いところは、写真が豊富なため、住宅のイメージが沸くということです。

カタログにはきれいな写真がたくさん載っていますので、完成形をわかりやすくイメージしやすいです。

注文住宅はゼロから家を作ることになるため、最終形のイメージを持つことは重要です。

工務店を決める上でもカタログは必須のアイテムと言えます。

メリット3.新しい夢や希望に気付く

カタログによって新しい夢や希望に気付くことがあります。

最初に和風の家を作りたいと思っていたとしても、洋風の家のカタログを見ると、「こっちの方が良いかな」と思うことがあります。

カタログで自分の知らなかったタイプの家を知ると、「こういう家にしよう」という新しい夢や希望に気付きます。

カタログでは、自分の知識を超えた情報を得ることができるため、より良い家づくりに役立てることができます。

メリット4.専門的な知識も身につく

カタログを見ていると、専門的な知識も身につきます。

色々な工法や仕上げ材などが、イラストや写真によって説明されているため、カタログを眺めているだけでも自然と専門的な知識が身につきます。

注文住宅を建てるには、多少の知識は必要です。

知識があった方が、工務店の良さを引き出すことができるため、より良い家を建てることができます。

カタログは見ているだけでも飽きません。

しかも、知識も無理なく見についていきます。

注文住宅を依頼する前にパラパラとカタログを眺め、専門知識を身につけるようにしましょう

メリット5.各社の違いや特徴が分かる

カタログによって、各社の違いや特徴が分かります。

工務店には、ツーバイフォーや在来工法など、各工務店によってそれぞれ得意とする工法があります。

1つの工務店の話だと、自分たちの得意な工法のメリットしか言わないため、工法による違いやデメリットが分かりません。

得意分野の工法が異なる工務店からカタログを取ると、それぞれの特徴が見えてきます。

良い家を建てるためにも、各社の特徴を踏まえて工務店を選ぶようにしましょう。

コラム ~カタログで出会った工務店の話~

私は、「 LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」の注文住宅カタログを使って「株式会社トミオ(https://tomio.co.jp/)」という会社に出会いました。

私はセキスイハイムやタマホーム、三井ホームなどの大手の工務店は知っていましたが、地元のトミオという会社は知りませんでした。

トミオはアメリカンビンテージをコンセプトとして家づくりが得意で、私は日本にこんな家づくりをしてくれる工務店があるのかと思い、強く感動しました。

私は、元々、自然素材を使った京都風の家を建てたいと思っていましたが、トミオのカタログを見て、「こちらの方がカッコイイイ」と思いトミオに依頼することを決めました。

カタログを取る前は、アメリカンビンテージという発想はなかったため、新たな発想を得られて本当に良かったと思っています。

カタログ取得をしなかったら、自分の発想の幅を広げることができませんでしたし、新たな夢にも気づくことができませんでした。

今はおかげさまで、アメリカンビンテージの家で、満足した暮しをさせてもらっています。

カタログを見て、パッと気に入った家なので、我が家に訪れる人たちは、皆、「良い家だね、どこで建てたの」と聞いてくれます。

やはり、ほとんどの人は、中小でも良い家を作る工務店を知りません。

カタログ請求は、周囲の人がほとんど知らないような良い工務店を発見できますので、絶対おススメです。

以上、無料の家カタログを取り寄せる5つのメリットを紹介しました。

では、実際の家づくりはどのようなステップで行なうのでしょうか。

そこで次に、家づくりの5つのステップについて解説いたします。

2.家づくりの5つのステップ

家づくりの5つのステップは、

ポイント

  • ステップ1.カタログを取り寄せる
  • ステップ2.住宅展示場に行ってみる
  • ステップ3.特定の工務店の見学会やオープンハウスに参加する
  • ステップ4.プラン提案を受ける
  • ステップ5.打ち合わせを開始する

の順になっています。

ステップ1. カタログを取り寄せる

まずはカタログを取り寄せます。

カタログは、地元の良い会社もきちんと登録されている「 LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」がオススメです。

LIFULL HOME’Sは、工務店側にとっても認知度が高く、信頼できるサイトであるため、多くの優良企業が登録しています。

ほとんどの大手の工務店はLIFULL HOME’Sに登録しています。

その中に、キラリと光る地元の工務店も入っていますので、ダイアモンドの原石を探すつもりで、良い工務店を探してみてください。

ステップ2.住宅展示場に行ってみる

注文住宅を建てる際は、必ず住宅展示場に行ってみることをオススメします。

住宅展示場は、家が展示してありますので、家の雰囲気や質感がよく分かります。

お目当ての工務店ではなくても、一度行ってみると、勉強になりますし、気分も高まります。

住宅展示場も、行くのであれば、複数の工務店が一同に出店している集合型の住宅展示場の方が良いです。

各社の違いがよく分かり、工務店を選ぶきっかけにもなります。

ただし、住宅展示場は、各社が最高スペックの住宅を展示していることが多いです。

予算が少ないと、住宅展示場の家とは全く異なる家ができてしまうことがあります。

住宅展示場の家は、かなり良い家であると割り切って眺めるようにしましょう。

ステップ3.特定の工務店の見学会やオープンハウスに参加する

工務店では、住宅展示場とは別に自分たちが手掛けた家や竣工間近の家を見せてくれる見学会やオープンハウスを企画しています。

工務店を最終決定する前に、できれば見学会やオープンハウスは見に行くようにしてください。

実際の土地の上に建てられている家を見ることで、最終的なイメージを掴むことができます。

また、工務店の従業員とも話ができるため、疑問や不安も解消することができます。

気になる工務店があったら、どんどん見学に行くようにしましょう。

ステップ4.プラン提案を受ける

依頼してみたい工務店が決まったら、まずはプラン提案を受けます。

工務店によっては、これから土地を探す人でも提案してくれますので、ますは依頼の意向を伝え、相談してみてください。

プラン提案ではおよその予算に応じた家をざっくりと提案してくれます。

プラン提案によっておよその間取や建築費が見えてくるため、建てられる家が具体化します。

ステップ5.打合せを開始する

依頼したい工務店が決まったら、具体的に打ち合わせを開始します。

打合せの部分が注文住宅を作る上で一番楽しいところです。

家族の意見を交え、夢や希望を伝えるようにして下さい。

ただし、打合せで要望を出し過ぎると、すぐに予算が膨らみます。

打合せでは、常に「予算内で変更してください」と伝えることがポイントです。

新たな追加要望が発生したら、それに相応する減額要素も検討する必要が生じます。

減額に関しては、頼むと設計者に提案してくれます。

注文住宅は予算のコントロールが難しいので、設計者には一貫して予算を守ることを伝えましょう。

以上、ここまで家つくりの5つのステップを見てきました。

では、家づくりで後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで次に、後悔しない家づくりのポイントについて解説いたします。

3.後悔しない家づくりの3つのポイント

後悔しない家づくりのポイントは3つあります。

ポイント

  • ポイント1.自分らしさは何かを決める
  • ポイント2.施工実績を実際に見て決める
  • ポイント3.十分ヒアリングをしてくれる会社に依頼する

それぞれ見ていきましょう。

ポイント1.自分らしさは何かを決める

後悔しない家づくりをするためには、自分らしさを決めることがポイントです。

自分らしさとは「シンプルに暮らしたい」、「家族がいつでも顔を見合わせる空間を作りたい」、「静かな場所で暮らしたい」等のメインコンセプトです。

設計者はコンセプトを伝えると、それに応じた家づくりを一生懸命考えてくれます。

コンセプトを伝えないと、設計者も方向がズレてしまうため、満足のいく家づくりができません。

工務店に依頼する前に、どういう家に住みたいか、しっかりとコンセプトを固めるようにしましょう。

ポイント2.施工実績を実際に見て決める

工務店に依頼する前に、見学会やオープンハウスに行っていると思いますが、各工務店の施工実績は必ず見ることをおススメします。

見る物件は、できれば築10年を過ぎた物件を見るのが望ましいです。

施行の質が悪い家だと、築10年を過ぎると外壁のひび割れ等がかなり目立ち始めます。

質の悪い家は後悔しますので、施工実績を見て良い工務店を選ぶようにして下さい。

ポイント3.十分ヒアリングをしてくれる会社に依頼する

工務店は、検討の段階から、しっかりとこちらの意向を十分に聞いてくれる会社を選ぶことがポイントです。

注文住宅は、素人の要望をプロがアレンジして家を完成させます。

満足できる家を作るには、こちらの要望を伝えきることが重要です。

会話をしてみて、話しやすい設計者や営業マンがいる工務店を選ぶようにして下さい。

話をしにくい工務店だと、予算オーバーとなったり、要望していたものと違うものができたり等のトラブルが発生しやすいです。

注文住宅の建築には、双方の会話がとても大切ですので、こちらの意向を十分に聞いてくれる工務店を選ぶようにしましょう。

4.まとめ

以上、ここまで、無料の家カタログを利用して後悔のない家を作るための5つのステップについて見てきました。

カタログは、理想の家づくりに向けた第一歩です。

積極的に活用して、良い工務店を見つけましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

35,788view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

30,927view
不動産一括査定のイメージ図

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

1,045view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

8,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-家購入

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.