家を建てる前に知っておきたい!土地や建物を安く購入するための方法

更新日:

注文住宅を建てるには、土地を購入し、建物を安く建築する必要があります。

家は大きな買い物ですから、少しでも安く購入することは最大の関心事ではないでしょうか。

これから家を建てる人の中には、

  • 家を安く購入したい
  • 土地を安く購入するにはどうしたら良いのか知りたい
  • 建物を安く発注する方法を知りたい

等々のことを思ってる方も多いと思います。

そこで今回の記事では、家を「安く購入」することにフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは家を安く購入する方法について知ることができます。

HOME'S注文住宅カタログ一括比較

HOME'S注文住宅カタログ一括比較
http://www.homes.co.jp/iezukuri/

>賃貸で有名なHOME'S運営の注文住宅カタログ比較で安心!<
>全国の優良住宅メーカーから、あなたの条件にピッタリのカタログを無料で一気にGET!<

1.予算でハウスメーカーを探す方法

注文住宅は土地と建物を購入することになります。

その中で、建物については予算に合わせて安く購入することは比較的簡単です。

だいたいの予算が決まっている場合、その予算でどの程度の建物を建築することができるかは、カタログ請求で知ることができます。

カタログ請求に関しては、「 LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」がとても使いやすくオススメです。

予算と、自分の住んでいるエリアを選択するだけで、複数の住宅メーカーから一度にカタログを取り寄せることができます。

予算に合わせてハウスメーカーを選べますのでとても便利です。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

建物の建築費は全国どこでも基本的に同じです。

そのため、建物は安く購入すると言っても、限度があります。

家の購入額で大きな差をつけるのは、土地です。

そこで、次章より土地の購入方方法について詳しく見ていきます。

2.土地の広さの目安と価格の決り方

一戸建ての土地の広さとしては、40~60坪というのが一般的です。

坪(ツボ)というのは、不動産業界独特の単位ですが、1坪は約3.3058㎡

165㎡前後が戸建住宅としては標準的となります。

土地の価格は、「単価×面積」の関係で決まります。

単価は周辺によって、高くなったり安くなったりします。

一般的に、整形な敷地であれば、家そのものは40坪程度で十分に建てることが可能です。

ただし、土地が狭くなれば、その分、駐車場や庭が削られることになります。

また、戸建住宅の敷地では、道路との接道部分が狭く、奥に敷地が広がる旗竿上の敷地があります。

このような敷地のことを「旗竿地」と呼びます。

旗竿地はほとんどメリットがない

旗竿地では、竿の部分が有効利用しにくいため、多少広めの面積を購入しないと家を建てることができません。

旗竿地のような不整形地は、一般的に単価は安いですが、結局のところ広く購入しなければならないため、メリットはほとんどないです。

尚、30坪未満の土地となると、狭小地の部類になります。

狭小地は、土地価格は安くなりますが、建物建築費が高くなる可能性があるため、注意が必要です。

狭小地に建てる狭小住宅は、一般的な住宅よりも小さいため、建物のフレーム等の構造部材が規格外の小ささになります。

特注品の寄せ集めで作っていくため、結局のところ、建築費が割高となることが多いです。

ただし、土地単価が非常に高いようなエリアであれば、総額を抑えるために小さな土地を購入するのは有効です。

戸建て住宅は方位によって価格差が出る

また、戸建住宅の敷地は、方位によっても価格に多少の差が出てきます。

庭と縁側をどの方位で配置できるかが、方位の決め手です。

一般的な40~60坪の敷地であれば、玄関と庭、縁側は同方位に配置されます。

そのため、道路が敷地の南側に接道しているような土地は価格が高いです。

一方で、100坪クラスの土地となると、玄関と庭の方向を反対に配置できるようになります。

そのため、北側に道路が接道している方が、南側に庭を設けることができるようになります。

広い土地を購入する場合は、庭の配置を考えて、北側道路に接道している土地を購入するのも一つです。

また、一般的な広さの土地の場合、道路が南と東側に面している南東の角地が最も高くなります。

さらに、道路から50~100cm程度高いような土地が良い土地です。

道路より高い土地は下水本管へ排水するための排水勾配を確保することができます。

逆に、道路よりも低いような土地は、排水が難しくなるため、安くても購入は避けるべきです。

さらに、敷地の全面と背面に道路が接道している土地もあります。

このような土地は二方路地と呼びます。

二方路地は人によっては好きな人もいます。

そのため、若干、土地価格は高いです。

ただ、背面も道路だと泥棒の侵入経路を増やすような形となるため、敬遠する人も多いです。

防犯面を気にするのであれば、二方路地は避けましょう。

以上、ここまで土地の広さの目安と価格の決り方について見てきました。

土地はなかなか安く購入はできません。

そこで次に土地を安く購入する方法の一つとして、競売についてご紹介します。

3.土地を競売で安く購入する

土地を安く購入する方法としては「競売」があります。

昔のイメージからすると、競売は非常にダークな物件のような感じがしますが、現在はそんなことはありません。

競売は、かなり制度が改善されたため、今では法的なリスクはほとんどない状態で物件を購入することができます。

しかも、競売で売りに出されている土地は、戸建住宅の規模の敷地ばかりです。

競売物件には、更地や戸建、マンション等があります。

このうち、更地を購入すれば注文住宅を建てることは可能です。

ただし、競売は2週間以内で物件を購入しなければいけないため、スピードを要します。

ローンも手配しなければなりません。

安いですが、買いにくいというのも事実です。

競売の情報は「不動産競売物件情報サイト」で確認できる

競売物件は、裁判所が運営している「不動産競売物件情報サイト(通称「BIT」)」で情報公開がなされています。

興味のある方は、サイトを見てみましょう。

一方で、競売に似たようなもので、公売という土地売却制度があります。

競売は、銀行の借金が返せなくなった人の土地を売る制度ですが、公売は税金が払えなくなった人の土地を売る制度です。

競売は裁判所が売却窓口となりますが、公売は国や市区町村等の滞納税庁が売却窓口となります。

公売は競売に比べると、かなりクリーンなイメージがあります。

特に国税の滞納者の物件は、国の財務局が一旦物件を所有するため、売主は国となります。

特に関東財務局の公売物件は都内の良い物件が多くオススメです。

また入札スケジュールも競売に比べると長いため、購入しやすいです。

競売よりは高くなってしまいますが、土地を安く購入するためには有効な手段と言えます。

興味のある方は、市区町村の公売情報を調べてみましょう。

以上、ここまで土地を競売で安く購入するについて見てきました。

安く購入できると言っても、競売や公売はハードルが高いと感じる人も多いかもしれません。

普通に買う方法で安く購入するにはどうしたら良いのでしょうか。

そこで次に欲しい土地があれば一括査定サイトを利用するについてご紹介します。

4.欲しい土地があれば一括査定サイトを利用する

普通に土地を購入する場合、「安く購入する」というよりは、「高く購入しない」という視点が何よりも大切です。

つまり、まずは適正価格で購入することが高く購入しないためのコツになります。

土地は同じものが何個も売っているという商品ではありません。

そのため、同じ土地に対し、他に誰か一人でも欲しい人が登場すると、競合が発生し土地価格がすぐに高くなってしまいます。

これが土地購入で一番難しい部分です。

土地は誰とも競争せずに、コソッと買わないと安く購入することはできません。

そのため、競合が発生しにくいような物件であれば、土地は安く購入できる可能性があります。

例えば、売主が専任媒介契約をしているような物件は、仲介している不動産会社が1社であるため、競合が発生しにくい物件です。

媒介とは、不動産会社が行う仲介やあっせんのことを言います。

媒介には3種類ある

媒介契約には「一般媒介」、「専任媒介」、「専属専任媒介」の3種類があります。

  1. 一般媒介 ・・・ 依頼した業者以外の他業者に重ねて媒介の依頼をすることができる契約です。
  2. 専任媒介 ・・・ 依頼した業者以外の他業者に重ねて媒介の依頼をすることができない契約です。ただし、依頼者が自分で発見してきた相手方とは取引することができます。
  3. 専属専任媒介 ・・・ 依頼した業者以外の他業者に重ねて媒介の依頼をすることができない契約です。さらに、依頼者が自分で発見した相手方と取引することもできません。

このうち、専任媒介や専属専任媒介は、不動産会社が売主と1社契約しているため、価格交渉がしやすい物件になります。

土地を安く購入するなら、専任媒介や専属専任媒介の物件を選ぶのが基本です。

一方で、一般媒介の物件で購入したい物件がある場合、まずは適正価格を知ることが重要です。

一括査定サイトは購入希望者でも利用することが可能です。

売り物件の売出価格は、基本的に高めに設定してあります。

売出価格のまま購入してしまうと高く購入してしまうことになります。

そのため、購入の前に真の価格を知る必要があります。

一括査定サイトでは、複数の不動産会社が売り物件の本当の価格を査定してくれます。

安く購入するのであれば、一括査定サイトを使い、最も低い価格を提示してくれた不動産会社に仲介を依頼するのが良いです。

不動産会社に価格交渉をしてもらい、適正な価格で購入するようにして下さい。

一括査定サイトを上手く利用し、土地を安く購入しましょう。

一括査定サイトについては下記記事をご確認ください。

殿堂
不動産一括査定は大丈夫?利用者のリアル評判とデメリットまとめ

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

以上、ここまで購入時の一括査定サイトの利用について見てきました。

では、建物はどのようにして安く購入したら良いのでしょうか。

そこで最後に建物を安く購入する方法についてご紹介します。

5.建物は相見積もりで安く購入する

建物を安く購入するには、とにかく複数の住宅メーカーや工務店から相見積を取得するということが「絶対に必要」です。

建物価格を大きく下げることができるのは、この相見積の段階しかありません。

住宅メーカー同士を価格競争させることが、安く家を建てるコツです。

最初から住宅メーカー等を一本釣りしてしまうと、プロでも価格を下げることはなかなかできません。

住宅メーカー等は、競合がないと分かると、高めの見積を持ってきます。

住宅の見積の世界とは、そういうものです。

見積を取る際は、必ず「他社にも見積を取っています」とアピールすべきです。

「どこに取っていますか?」と聞かれる場合もありますが、それは答える必要はありません。

営業マンに、「簡単には契約を取れなさそうだ」と思ってもらうことが重要です。

建築費の減額には、相当な専門知識を要します。

知識がほとんどない一般個人の方が価格をさげるには、相見積戦法が一番有効です。

カタログ請求で知り合った住宅メーカーに声を変え、何度も相見積を取り直して価格を下げていきましょう。

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

6.まとめ

以上、家を建てる前に知っておきたい!土地や建物を安く購入するための方法について見てきました。

土地に関しては、普通に購入する場合は適正価格で購入することが重要です。

建物については、相見積戦法が重要でした。LIFULL HOME’Sの注文住宅カタログを上手く活用して、安く家を購入しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

21,088view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

21,427view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

3,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

9,182view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-家購入

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.