マンション売却 不動産一括査定 不動産売却 不動産査定 不動産買取 土地売却 家売却

損せず不動産査定をネットで行う!プロがオススメする厳選7サイト

投稿日:2016年11月22日 更新日:

先日、60代の男性から「ネットで不動産査定が色々あるのを知っているけど、あれって信用できるの?」という質問をいただきました。

その方は、地方に母名義の休耕田を持っているのですが、売却したいという意向があります。

「知っている業者もおらず、農地なのでいくらで売れるかさっぱり見当がつかない。けど価格は知りたい。」というニーズです。

このように遠隔地に不動産を所有しており、売却したいというニーズを抱えている方は多いと思います。

遠隔地の不動産売却で最も強力なパワーを発揮するのがネット査定です。

そこで今回は、不動産業界歴が30年になる筆者が、ネットで行える不動産査定サイトを隅々までチェックして、厳選する7サイトを紹介します。

この記事を読むことであなたは不動産のネット査定の機能を理解し、自分の事情に適したネット査定を利用することができるようになります。

イエイ

1.人工知能を使ったハイレベルな匿名査定サイト「HowMa」

how-ma

初めに、人工知能を使った匿名査定サイト「HowMaについてご紹介します。

1-1.物件の価格だけを知りたい人にオススメ

匿名査定サイトとは、査定依頼者を匿名とする形で、物件の価格だけを知りたいというニーズの方におすすめです。

一括査定サイトを使うと、不動産会社から営業電話がかかってくるため、煩わしい部分が発生します。

本気で売却を考えておらず、まだ迷っている段階の方であれば、匿名査定サイトの方が適しています。

1-2.匿名査定サイトで最もオススメは「HowMa」

匿名査定サイトで最もおすすめは「HowMa(ハウマ)」です。

ハウマは取引事例のビッグデータを元に人工知能が価格査定をしてくれるサイトです。

ハウマの優れた部分は、その査定額の正確性です。

入力事項は物件の住所や専有面積、築年月程度といった簡単な情報だけですが、驚くほどの正確性で成約ベースの価格を一瞬で表示してくれます。

査定できる物件の種類は一戸建てと分譲マンションに限られます。

自宅の売却を検討している方であれば、十分に使えます。

筆者のいくつかの匿名サイトを試しましたが、正確性はハウマが最も高いです。

https://www.how-ma.com/

2.賃貸の相場も分かる匿名査定サイト「HOME’Sプライスマップ」

homes-price-map

2つ目に紹介するのは「HOME’Sプライスマップ」です。

2-1.HOME’Sプライスマップの特徴

こちらも匿名サイトになります。HOME’Sプライスマップはマンション名だけを入力するだけで地図を表示してくれます。

その後は所在階と専有面積を入力するだけで価格が査定されます。

価格は「○○万円~○○万円」という幅で表示されます。査定できる物件はマンションのみとなります。

HOME’Sプライスマップがおすすめなのは、同時に貸したらいくらになるのか、賃料も出てくるところです。

貸したら賃料がいくらくらいになるかというのも一発で分かります。

家の売却をする方は、同時に貸したらいくらになるのかを検討する方も多いです。

売ろうか貸そうか迷っている段階の方であれば、使いやすいサイトと言えるでしょう。

http://www.homes.co.jp/price-map/

3.コアな収益物件も査定できる一括査定サイト「楽待」

rakumachi

3つ目の紹介は収益物件専門の一括査定サイトである「楽待」です。

一括査定サイトは複数の不動産が実際に物件を見て査定を行います。

楽待では最大5社まで無料で一括査定ができるサイトです。

不動産投資をされている方は、割と頻繁に不動産売買をする方が多いため、投資物件に特化した一括査定サイトの存在はありがたいでしょう。

3-1.楽待の優れているところは収益物件の種類の豊富さ

楽待の優れているところは、その収益物件の種別の豊富さです。

1Rの区分所有マンションや1棟アパートといったオーソドックスな種別はもちろん、戸建賃貸や倉庫、区分店舗、区分事務所、工場、駐車場といった様々な収益物件までカバーしてくれています。

登録している査定会社も収益物件を専門に扱っている不動産会社が多いです。

そのため新たな物件情報も入手しやすく、投資家にとって非常に魅力的なサイトと言えます。

http://www.rakumachi.jp/

4.農地・畑・田んぼの査定できる一括査定サイト「イエイ

イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

4つ目にご紹介するのは、農地・畑・田んぼ・山林も査定ができる一括査定の「イエイ」です。

イエイは農地等だけでなく、マンションや一戸建て、土地も、もちろん査定が可能です。

その他、ビル一棟や工場・倉庫なども査定対象となっており、対応できる物件の幅が幅広いのが特徴です。

4-1.農地・畑・田んぼ・山林を扱っているのはイエイだけ

他にも農地を査定できる一括査定サイトはありますが、「農地・畑・田んぼ・山林」と幅広く扱っているのはイエイだけです。

農地は売買に伴って農地法の許可を要します。

慣れていない不動産会社は扱うことが難しく、専門性が高い物件売買の1つとなります。

農地を農地として売却する場合は、農業員会の許可、農地を宅地として売却する場合は、都道府県知事の許可が必要となります。

農地の取引は都心の不動産会社は経験のない会社も多いです。

そのため農地等の査定を依頼するのであれば、地元の不動産会社も登録している査定サイトが望ましいです。

イエイは全国対応しており、登録業者数も1,000社以上あります。

様々なジャンルに対応できるサイトです。農地や山林等の査定はイエイが最もおすすめです。

https://sell.yeay.jp/

5.マンションに特化した一括査定サイト「マンションナビ

5つめとしてはマンションの査定に使えるサイトです。

マンションの査定においては、「マンションナビ」と「不動産価格.net」の2つがおすすめです。

5-1.マンションナビの特徴

マンションナビ

マンションナビはマンションに特化した一括査定サイトであり、マンション名を入力するだけで、査定画面に進みます。

査定画面では住所や築年数などがあらかじめ記載されており、操作性が抜群に楽なのが特徴です。

また査定会社も最大9社まで取ることができ、他の一括査定サイトは通常は6社のため、たくさんの査定額を取得することが可能です。

https://t23m-navi.jp/

5-2.不動産価格.netの特徴

fudousankakaku

不動産価格.netはマンションに特化しているサイトではありませんが、おすすめしたい機能が付いています。

不動産価格.netには賃貸ダブル査定という機能が付いています。

賃貸ダブル査定では、「売ったらいくらで売却できるか」、「貸したらいくらで貸せるか」の両方を査定してくれます。

資産を持っている方は、売却のみならず、賃貸の可能性も探る方は多いです。

賃貸ダブル査定機能は、今のところ不動産価格.netだけにしかないサービスなので、利用する価値があります。

http://www.fudousankakaku.net/

6.倉庫・工場も査定できる一括査定サイト「イエイ

イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

6つ目に紹介するのは、倉庫や工場などの事業用資産も査定ができるサイトです。

こちらもやはり「イエイ」がおすすめです。

イエイでは、工場・倉庫の他、店舗・事務所、ビル一棟、ビル一室、など様々な事業用資産の査定をすることが可能です。

他にも工場や倉庫を査定できるサイトはありますが、これだけ豊富な物件種別を査定できるのはイエイだけです。

6-1.イエイは事業用不動産も豊富

倉庫や工場は、事業者が購入する確率が高いです。イエイは事業用不動産を豊富に取り扱っています。

そのため法人間売買を得意とする不動産会社もたくさん登録しています。

倉庫や工場は、個人の住宅ばかり扱っている不動産会社には高く売却できません。

事業用不動産であれば、イエイで査定依頼をするのが良いでしょう。

https://sell.yeay.jp/

7.買取の査定も出来る一括査定サイト「不動産買取ドットコム」

不動産買取.com

最後に紹介するのは買取の一括査定サイト「不動産買取ドットコム」です。

買取一括査定サイトとは仲介のような売却予想額の査定ではなく、買取業者が直接買い取ってくる金額を複数の不動産会社から入手できる便利なサイトです。

簡単に買取業者同士をオークションできるため、買取でも高く売却することができます。

買取の一括査定サイトは「不動産買取.com」がおすすめです。

エリアも全国対応しており、登録業者数も100店舗も超えています。

買取で一括査定ができるサイトはまだまだ少ないです。

そのなかでも不動産買取.comは買取だけを専門に扱ったサイトで、実績も豊富です。買取を検討している方は、不動産買取.comを利用するのが良いでしょう。

http://www.fudousankaitori.com/

8.まとめ

以上、今時のネット不動産査定紹介について見てきました。

不動産の売却は、それぞれ個別事情が異なるため、自分の物件に即して適正な一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

適切な一括査定サイトを使えば、信頼できる結果が得られますが、不適切な一括査定サイトを使ってしまうと、「これって信用できるの?」で終わってしまいます。

自分の事情に合った一括査定サイトを選んで使いましょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-マンション売却, 不動産一括査定, 不動産売却, 不動産査定, 不動産買取, 土地売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.