不動産投資ローンの基礎知識と重要なキャッシュフローの考え方

投稿日:

これから不動産投資を行おうとしている人であれば、不動産投資ローンについて気になる方も多いと思います。

不動産投資ローンを検討している人の中には、

  • 不動産投資ローンについて基本的なことを知りたい
  • 住宅ローンとの違いについて知りたい
  • 全額ローンを組んでしまって良いか知りたい

等々のことを思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、「不動産投資ローン」についてフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは不動産投資ローンについての基本的なことを理解し、またキャッシュフローの知識についても知ることができます。

アイケイジャパン

アイケイジャパン
http://aikenjapan.jp

>多数のメディアに取り上げられ実績豊富!今なら無料DVDがもらえる<

1.不動産投資ローンと住宅ローンの6つの違い

不動産投資を行う場合、銀行から借りるローンのことを不動産投資ローンと言います。

個人の方は、ローンと言えば住宅ローンが最も馴染みのあるローンです。

そのため、不動産投資ローンについて、住宅ローンと比較しながらその特徴を確認していきます。

違い1.前提条件の違い

住宅ローンですが、住宅ローンは国が国民に住宅を取得しやすくするための施策の上に成り立っているローンです。

そのため、住宅ローンは借りる人にとても優しく、最も借りやすいローンという位置づけになります。

住宅ローンは金利がとても安く、また長期に借りることも可能で、審査要件も比較的緩いというのが特徴

また住宅ローン控除などの税制特例もあり、住宅ローンを借りることで恩恵を受けられる仕組みも整っています。

住宅は人々の生活の基盤であり、国としても住宅金融支援機構などの組織を使って、多くの人に住宅ローンを借りやすくできるような状況にしています。

住宅ローンは国策的な要素が強いローンです。

そのため住宅ローンは銀行によって多少の金利差はあるものの、基本的な審査項目や融資条件はどの銀行もほぼ同じです。

一方で、不動産投資ローンは、国の後ろ盾はありません。

不動産投資は、基本手金は「金持ちの道楽」という位置づけであるため、「借りたい人が勝手に借りればいい」という世界です。

銀行にとっては、不動産投資ローンは完全にビジネスです。

不動産投資ローンは、それぞれの銀行の独自の商品設計を行っており、各行によって金利や融資条件、審査項目等はさまざま

違い2.金利の違い

金利に関しては、不動産投資ローンは住宅ローンよりも高いです。

国の後押しがない分、銀行も相応のリスクを取ることになるため、金利を高く設定せざるを得ません。

2017年10月現在では、住宅ローンの35年固定金利は最頻金利が1.360%です。

一方で、不動産投資ローンは2.5~4.5%程度となっています。

不動産投資ローンは住宅ローンの金利よりもプラス1~3%程度高いというイメージです。

住宅ローンの場合、金利は銀行が同じであれば、誰が借りても金利は同じです。

それに対して、不動産投資ローンの場合、金利は、同じ銀行でも借りる人によって異なる場合もあります。

例えば資産家の人であれば金利は低いです。

違い3.融資可能額の違い

融資可能な対象についても、建物投資額にしか融資しない銀行や、土地と建物の価格の70%までしか融資しない銀行など、さまざまです。

当然のように土地建物の全額の融資を受けられる住宅ローンとは異なります。

融資可能額については、銀行によって融資可能枠が異なります。

限度額は概ね1億円~3億円と設定しているところが多いです。

住宅ローンの場合、融資可能額が年収の8倍までとしている銀行が多いです。

不動産投資ローンでは、年収倍率という概念はあまり存在しませんが、仮に年収が1,000万円だとしたら、1億円~3億円を借りる場合、年収倍率は10~30倍となります。

また、既に住宅ローンを借りている人は、住宅ローン残債が借入可能額から控除されます。

例えば不動産投資ローンを1億円借りられる銀行で、住宅ローン残債が3,000万円残っている人であれば、7,000万円しか借りることができないのが通常です。

違い4.融資期間の違い

融資期間についても住宅ローンと不動産投資ローンでは異なります。

住宅ローンの場合、重要となるのが本人の年齢です。

住宅ローンへ返済最終年齢を80歳としていることが多いため、45歳の人までであれば35年のローンを組むことは可能です。

一方で、不動産投資ローンでは重視されるのは建物の残存耐用年数です。

耐用年数は、木造なら22年、鉄骨造なら34年、鉄筋コンクリート造なら47年と決まっています。

融資期間はあくまでも銀行によって異なりますが、建物の残存耐用年数を超えた融資期間は設定しないとする銀行も多いです。

例えば、築20年の鉄筋コンクリート造のマンションの購入を検討するとします。

鉄筋コンクリート造の法定耐用年数は47年であるため、残耐用年数は27年となります。

この場合、融資期間は27年までとする銀行が多いです。

不動産投資ローンでは住宅ローンのような長期固定ローンを簡単に組めない場合もあるということを知っておく必要があります。

違い5.審査項目の違い

住宅ローンは、返済原資が本人の給与であるため、審査の対象は原則、債務者本人のことを審査します。

本人の勤務先や職種、年齢、健康状態、勤続年数等が審査項目です。

住宅ローンでは、勤務先が大企業や役所等で、給与が安定してしっかりともらえそうな人であれば審査に通りやすいです。

それに対してフリーターやパート社員など、給与が不安定になり得る職種の人は審査に通りにくくなります。

一方で、不動産投資ローンでは、返済原資が投資する物件の収益になります。

そのため、審査の対象は物件のことが中心となりますが、それに加えて本人の資産状況等も審査の対象となります。

物件の審査項目としては、立地や築年数、利回り、賃料、価格、用途等です。

また本人の審査項目としては、年収や勤務先に加え、他に持っている資産の状況や不動産投資の経験の有無等も審査対象になることがあります。

不動産投資ローンの本人審査は、勤務先等ではなく、他にどれくらい資産を持っているか、または投資経験などが重視されます。

不動産投資ローンの本人審査は、住宅ローンの本人審査とは少し、趣が違います。

違い6.適正な借入額の違い

住宅ローンの場合、適正な借入額は、本人の年収が基準となって決まります。

適正な借入額としては、年収の5倍とするのが一般的です。

また返済比率に関しては、年収の20%以内です。

一方で、不動産投資ローンの場合、適正な借入額というよりは、適正な自己資金に重きを置きます。

不動産投資の場合、一般的には自己資金は物件価格の3割程度用意します。

そのため、適正な借入額は物件価格の7割ということになります。

しかしながら、投資経験が浅い場合は自己資金5割を目指して用意することをオススメします。

リーマンショック後に一時、銀行の間で不動産融資が冷え切った時期がありました。

そのような時代でも銀行は物件価格の5割までは融資していました。

逆に言えば、最悪の状況になっても借入が5割くらいであれば、色々なリスクは回避できる水準とも捉えることができます。

安心して不動産投資をするのであれば、自己資金を5割は用意し、残り5割を借りるようにしましょう。


以上、ここまで不動産投資ローンと住宅ローンの6つの違いについて見てきました。

不動産投資ローンを組む場合、利益とキャッシュフローの違いを知っておく必要があります。

そこで次に利益とキャッシュフローの違いについてご紹介します。

2.不動産投資における利益とキャッシュフローの考え方

1.利益の考え方

不動産投資は、別の言い方をすると不動産賃貸業になります。

個人が不動産賃貸業を行うと、不動産所得が発生します。

不動産所得とは、賃料から経費を差し引いた利益のことを指します。

不動産所得は、他の給与所得等と合算され、最終的には所得税が課されることになります。

不動産所得つまり利益を式で表すと、以下のようになります。

不動産所得(利益) = 賃料収入 - 費用

費用は、土地建物固定資産税や建物保険料、修繕費、管理委託料、入居者募集費用、建物維持管理費、減価償却費等です。

ここで、重要なポイントとしては、借入金の元本返済は、経費にならないという点です。

借入金の元本返済は、お金は発生しますが費用にはならないため、全く節税効果を生まないということを知っておく必要があります。

お金を借りてもそれは売上にはなりません。

それと同じ考えで、お金を返しても費用にはならないということになります。

一方で、費用の中の減価償却費は実際に支出が発生しない会計上の費用です。

これは費用であるため、節税効果があります。

2.キャッシュフローの考え方

不動産投資ローンを組んだ場合、キャッシュフローは以下のようになります。

キャッシュフローとは、実際に手元に残るお金です。

キャッシュフロー = 不動産所得 + 減価償却費 - 税金 - 借入金元本返済

借入金元本返済は、税引後の利益に減価償却費を足したものの中から返済することになります。

不動産投資では、以下のような関係になってしまうと、キャッシュフローがマイナスとなってしまうため、要注意です。

キャッシュフローがマイナスとなる場合

(不動産所得 + 減価償却費 - 税金) < 借入金元本返済

ここで、重要なのが減価償却費です。

減価償却費が大きいと、節税効果が高く税金も少なくなります。

そのため、(不動産所得+減価償却費-税金)は大きくなります。

一方で、減価償却費が小さいと、節税効果が低く税金が多くなります。

そのため、(不動産所得+減価償却費-税金)が小さくなります。

この減価償却費は、建物の躯体と設備に分かれて計算されます。

設備に関しては法定耐用年数が短いため、減価償却費は築浅物件では大きいですが、築古物件では小さくなります。

そのため、(不動産所得+減価償却費-税金)の金額は、築年数が古い物件では小さくなります。

築年数が古い物件でもまだ不動投資ローンが残っていると、借入金元本返済よりも(不動産所得+減価償却費-税金)が小さくなり、キャッシュフローがマイナスとなる事態が発生することがあります。

不動産投資では、理屈の上で、築年数が古くなっていくと、返済がきつくなるということが明らかです。

築浅のときは返済が楽ですが、築古になると、どんどん返済が厳しくなっていきます。

この点は、給与が上がって返済がだんだん楽になっていく住宅ローンとは大きく異なる点になります。

不動産投資ローンは、後半戦ほど返済が厳しいです。

不動産投資ローンは全額借りるようなことはせず、くれぐれも借り過ぎには十分に注意するようにして下さい。

3.まとめ

以上、不動産投資ローンの基礎知識と重要なキャッシュフローの考え方について見てきました。

投資は自己責任になりますが、不動産投資ローンを組む場合は、必要以上に借りることは避けるようにしましょう。

アイケイジャパン

アイケイジャパン
http://aikenjapan.jp

>多数のメディアに取り上げられ実績豊富!今なら無料DVDがもらえる<

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも複数の不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • すまいValue:他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • HOME4U:運営している会社がNTTグループで不動産会社を厳しくチェック
  • ソニー不動産:売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「HOME4U」をオススメします。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約900社

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産会社に支払う「仲介手数料」も実際にかかった人件費のみしかかからない
    ※通常は取引金額に応じて、仲介手数料がかかります。(物件売却価格×3%+6万円が通常の仲介手数料)
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

1

不動産を売りたい!と考えていてインターネットで色々なサイトを見ていると「不動産一括査定」や「不動産売却の一括査定」がよく ...

2

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

3

これから土地を売却しようとする人の中には、土地の価格がどのようなポイントの基づき査定されているのか知りたい方も多いと思わ ...

4

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動 ...

-不動産投資, 土地活用

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.