ローコスト住宅を建てる人必見!良い住宅メーカーの探し方と注意点

更新日:

住居費が安ければ、生活はとても楽です。

これから家を建てる人の中には、なんとか家を安く建てることはできないかと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ローコストで家を建てたいと考えている人の中には、

  • ローコストで家を建ててくれる住宅メーカーを探したい
  • 平屋なら安くできるか知りたい
  • ローコストで家を建てるとどんな問題があるのか知っておきたい

等々のことを思っている人もいると思います。

そこで今回の記事では、「ローコスト住宅」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたはローコスト住宅の住宅メーカーの探し方や、ローコスト住宅の注意点を知ることができます。

HOME'S注文住宅カタログ一括比較

HOME'S注文住宅カタログ一括比較
http://www.homes.co.jp/iezukuri/

>賃貸で有名なHOME'S運営の注文住宅カタログ比較で安心!<
>全国の優良住宅メーカーから、あなたの条件にピッタリのカタログを無料で一気にGET!<

1.ローコスト住宅メーカーの探し方

ローコストで家を建てたいのであれば、まずローコストで住宅を建てることができる住宅メーカー探しから始めることが重要です。

住宅メーカー探しであれば、LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス 」が便利です。

LIFULL HOME’Sは予算別で自分が住んでいるエリアの住宅メーカーを探すことができます。

選択できる最も安い価格帯は1,000万円台になります。

全国の注文住宅の平均価格は2,700万円程度であるため、半値以下である1,000万円台はかなり安い方の住宅と言えます。

ローコスト住宅を作るためには、住宅メーカー側にもノウハウが必要です。

予算的には、もっと安くしたいという希望の方もいらっしゃると思いますが、ローコストノウハウのある住宅メーカーを見つけるのであれば、まずはLIFULL HOME’Sで十分です。

例えば、700万円台や500万円台で住宅を希望している人は、とりあえず1,000万円台のカタログ請求によって、ローコスト住宅を得意とする住宅メーカーを探してみましょう。

以上、ここまでローコスト住宅メーカーの探し方について見てきました。

ローコスト住宅を作るには、建築費の坪単価がいくらかということがとても重要になります。

そこで次に住宅の坪単価について解説します。

2.ローコスト住宅のキーポイントは土地

住宅の建物価格は以下の式で決まります。

住宅の建物価格

総額 = 延床面積(坪) × 坪単価

坪(ツボ)とは、不動産業界特有の単位です。

1坪は約3.3058㎡となります。

延床面積とは、全ての階の合計床面積になります。

2階建て戸建住宅なら1階と2階の合計床面積になります。

例えば、延床面積が120㎡の住宅であれば、36.3坪(≒120÷3.3058)となります。

住宅の総額が「延床面積×坪単価」であることを考慮すると、ローコスト住宅を実現するには、「延床面積を小さくする」もしくは、「坪単価を安くする」ことが必要

つまり、小さな家で仕様を低くすれば、ローコスト住宅ができるということになります。

ローコスト住宅の坪単価は約50万

一般的に戸建住宅の坪単価としては、坪62~63万円あたりが標準的になります。

一方で、ローコスト住宅となると、坪50万円程度です。

10年ほど前であれば、坪40万円台でも戸建住宅を建築することはできました。

しかしながら、残念ながら、単価は年々上がっています。

国内の建築現場では、慢性的に職人不足が続いており、建築費はずっと微増傾向にあります。

建物は材料を仕入れて建築するため、単価を安くするにしても、限界はあります。

坪40~50万円よりももっと下がるかと言えば、それはなかなか難しいです。

一方で、超高級住宅と言われる住宅でも、坪単価としては坪100万円程度です。

ローコスト住宅と超高級住宅を比較しても、坪単価の差はたった2倍程度しかありません。

土地は場所によって大きく坪単価が異なる

しかしながら、土地は違います。

土地は場所によって坪単価が大きく異なります

東京の銀座などは坪単価が1億円を超えますが、北海道には坪数十円の土地もあります。

国内の土地の最高価格と最低価格との間は1,000倍近くの差があります。

そのため、もしこれから土地を購入してローコスト住宅を建てたい人であれば、土地価格の安いところを探した方が、全体コストを下げる上で効果が高いです。

坪5万円の土地を30坪購入しても150万円ですが、坪50万円の土地30坪を購入してしまうと、それだけで1,500万円になってしまいます。

全体コストで大きな差をつけてしまうのは、土地であるということを知っておきましょう。

以上、ここまで住宅の坪単価について見てきました。

では、延床面積を小さくする方法として、平家を建てるというのはどうでしょうか。

そこで次に平屋はローコストではない理由について解説します。

3.平屋はローコストではない理由

「平屋」というのは漢字変換でも普通に出てきますが、登記上は「ヤ」は「家」と書き、「平家」の表記が正しいです。

住宅の延床面積を小さくするために、平家ならどうかという考えが浮かびます。

悪い発想ではありませんが、実は平家にしても、残念ながらコストはあまり下がりません。

例えば、50㎡の平家と、100㎡の2階建ての家を考えます。

50㎡の平家にも、100㎡の2階建てにも屋根と基礎は存在します。

50㎡の平家と100㎡の2階建てでは、屋根工事と基礎工事は同じ分量になります。

工事費単価は「平家」の方が高い

そのため、工事費単価は平家の方が割高になってしまいます。

坪50万円で建てることのできる100㎡の2階建てを、平家に変更したら半額になるのかとういと、そういうことにはなりません。

結局のところ、平家の工事費単価は2階建てよりも割高になります。

また、土地には建蔽率(ケンペイリツ)という規制があります。

その土地に対して建てられる建物の建築面積の割合を建蔽率と呼びます。

建蔽率の計算で用いる建築面積とは、建物を真上から見たときに見える範囲の面積になります。

例えば、50㎡の平家と100㎡の2階建て(1階50㎡、2階50㎡の前提)では、建築面積は同じ50㎡です。

そこで、建蔽率が50%として指定されている土地があったとします。

そのような土地で50㎡の平家を建てるために土地を購入すると、100㎡の土地が必要となります。

一方で、100㎡の2階建ての家を建てるための土地購入でも、100㎡買えば建てることができるようになります。

つまり、同じ建築面積の建物であれば、2階建ての方が1階建てよりも買う土地の広さは少なくて済むわけです。

そのため、土地から購入して平家を建てようとしている人は、ますます割高になってしまうということになります。

土地を既に持っている人は「平家」の方が安くなる

ただし、元々土地を持っている人であれば、平家の方が安くなります。

平家は2階建てよりも単価は上がりますが、それ以上に面積を落とせるため、総額を落とすことは可能です。

平家は、屋根や基礎の部分が割高になっているとしても、階段や2階の床は無くなっているため、建築費単価が2倍になるわけではありません。

それに対して、2階から平家にしたら、面積は2分の1になります。

元々土地を持っている人であれば、平家にすることによって、総額を安くすることもできるため、平家を検討してみても良いでしょう。

以上、ここまで平屋はローコストではない理由について見てきました。

ローコスト住宅を追求すると言っても、建売住宅はやはり高いです。

そこで次にローコストなら建売住宅が基本について解説します。

4.ローコストなら建売住宅が基本

安い住宅を購入するなら、建売住宅が基本です。

建売住宅とは、不動産会社によって作られた新築戸建住宅のことを言います。

ゼロから建物を建てる住宅を注文住宅と呼びます。

一般的に建売住宅よりも注文住宅の方が高いです。

建売住宅は、不動産会社が利益を出すために、コストを抑えて建物を建築します。

ノウハウのあるプロの不動産会社が十分にコスト検証した上で、建物の発注を行っています。

仕上げ材やバス、キッチン等も大量生産された規格品の中から安くて良いものを選び、建売住宅を作り込んでいます。

最終的に不動産会社の利益を乗せて売却しても、なお注文住宅よりも安いというのが特徴です。

建売住宅で、注文住宅よりも安くするためには、建売住宅の仕様よりもさらにスペックを落とした建物を作る必要があります。

不動産会社は何棟も注文住宅を作るため、規格品を安く仕入れることができます。

一方で、注文住宅では1棟しかないため、購入力が弱く部材を安く手に入れることができないのです。

注文住宅を建売住宅よりも安く作るためには、建売住宅の仕様よりも相当に仕様を落とす必要があります。

安い住宅を購入するのであれば、まずは単純に建売住宅から検討するのが良いでしょう。

以上、ここまでローコストなら建売住宅が基本について見てきました。

世の中には、500万円台で家を建築できると標榜している住宅メーカーもあります。

500万円台となると、興味はあってもさすがに少し不安になる方も多いと思います。

そこで次に500万円の家の注意点についてご紹介します。

5.500万円のローコスト住宅の3つの特徴

超ローコスト住宅の中に500万円台の住宅があります。

このような超ローコスト住宅の特徴としては、

  1. 断熱性が悪い
  2. 気密性が低い
  3. 換気機能が弱い

等の特徴があります。

いわゆる、壁面をケチって、家全体を安くしていることが多いです。

家の断熱性が悪いと、冬場が寒く、暖房を多く使わなければなりません。

気密性が低いと夏場のクーラーの効きが悪く、空調費がかかります。

古い昔の家などが似たようなイメージですが、断熱性や気密性が劣ると、水道光熱費が多くかかります。

LED等も導入しないと想定されるため、電気代も高いです。

また換気機能も弱ければ、湿気の原因となり床の腐食等にもつながります。

新築で使用したクロス裏の接着剤の臭いもなかなか消えず、シックハウスの原因にもなります。

今どきの住宅というのは、環境配慮を重視していることから、水道光熱費が安く、家を維持していくためのランニングコストが安いという特徴があります。

ちょうど新しい車の方が燃費は良いのとイメージは似ています。

超ローコスト住宅では、初期投資は安くなっても、結局は維持費が高くなるという点に注意が必要です。

維持費の高さはボディブローのように、後から効いてきます。

超ローコスト住宅は、結局は後から高くつくということを十分に認識しておきましょう。

失敗しない注文住宅選びは、多くのカタログを見て学ぶ

注文住宅は設計次第で1,000万円で建てることもできれば、1億円で建てることもできます。

素人のあなたがあれやこれや考えても、想像が出来ないでしょう。

また、住宅メーカーにより外観の違いや得意・不得意もありますので、まずは多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せるのがベストです。

1つ1つハウスメーカーに自分の予算やイメージを伝えるのは大変面倒。

ただし、家は何度も買えるものではなく、人生で一発勝負なので、それぐらい時間を掛けるべき・・・

そこで便利なサービスが「LIFULL HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービス」です。

自分の予算や理想のイメージをネット上で入力すると、条件に合うハウスメーカーから一気にカタログ請求できます。

利用も無料でできますので、ぜひ注文住宅を考えている人は利用することをオススメします。

HOME’Sの住宅メーカーカタログ比較サービスはコチラ → http://www.homes.co.jp/iezukuri/

6.まとめ

以上、ローコスト住宅を建てる際の住宅メーカーの探し方や注意点を徹底解説してきました。

これから土地を購入する人であれば、まずは安い土地を探した方が、総額に与えるインパクトは大きいです。

また、家を安くするには限界がありますが、安過ぎる家を建てると、ランニングコストが高くなるということに注意してください。

ローコスト住宅を建てるのであれば、LIFULL HOME’の中から安くて良い建物を選ぶことをオススメします。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

26,488view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

25,227view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

245view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

4,800view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-家購入

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.