マンション売却 不動産売却 家売却

マンション売却の相場/かんたんに調べられるおすすめ方法を紹介

投稿日:2016年8月9日 更新日:

マンションを売却する場合、一体いくらで売れるのかが最も気になるところです。

これからマンションを売却しようとする人の中には

  • マンションを売却したときの大よその価格(相場)が知りたい
  • 相場を手軽に調べる方法が知りたい
  • 手数料の相場はどれぐらいか知りたい

と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事ではマンション売却の相場をかんたんに調べられるおすすめ方法についてまとめました。

筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法、マンション売却を成功させるための3つの秘訣、マンション売却の流れなどをご紹介いたします。

イエイ

1.マンションを売却する場合の相場を調べる方法

startup-photos

1-1.マンションは価格を把握しにくい不動産

中古の戸建住宅に比べると、中古マンションは価格の把握しにくい不動産となります。

不動産は土地と建物から構成されますが、戸建住宅であれば土地価格を路線価からある程度の金額を推定できます。

また戸建住宅の建物も木造建築費が全国ほぼ同じですので、延床面積や築年数が分かると、ある程度の金額を推定できます。

一方で、マンションの場合、土地価格と言っても大きなマンション敷地の共有持ち分であり、建物も大きな建物の一部です。

そのため中古の戸建住宅のように単純に価格を出すということは少し難しいのです。

そこで中古マンションの価格は戸建住宅の様に土地と建物の価格から算出するというアプローチは取りません。

近隣の類似のマンション売却事例の専有床単価から算出するのが一般的です。

また類似のマンションの見極めもポイントであり、築年数や2LDKや3LDKなどの間取り、面積、駅距離、グレード感等が同等のものを選ぶことが必要となります。

1-2.マンション価格を把握するベーシックな方法

例えば、自分のマンションが「駅から5分、築20年、3LDK(80㎡)のマンション」だとします。

事例としては、駅から3~8分程度の距離にある、築15~25年の物件で3LDK(70~90㎡)程度の範囲にあるような事例を選びます。

通常、個人の方が売却の成約事例を入手することは困難です。

そのためチラシやネットから売物件の事例を集めます。売物件の単価が230千円/㎡~270千円/㎡の間にあれば、相場としては250千円/㎡前後と推定されます。

さらにマンションの場合、階数や方位によっても金額が異なります。

階数は高い方が価格も高くなります。またバルコニーの方位によっても値段が変わります。

南向きが一番高く、次に東向き、西向き、北向きの順番に価格が下がります。さらに角部屋であれば値段も高いです。

本来であれば、事例もこのような個別的要因を考慮して収集します。

自分の部屋が2階の北向きで、収集した売却事例が最上階の南東の角部屋ばかりのものであれば、事例そのものが規範性が低くなってしまいます。

このようにマンションの相場を調べるのは適正な事例を収集し、自分のマンションの階数や方位なども補正する必要があるため、ある程度の経験が必要となります。

1-2-1.自分のマンション内が売り物件が出ていたら価格推定はかんたん

そのため一般の方が通常行う相場の把握としては、自分のマンションと同じマンション内に売物件が出たら、その価格から推定することが最も簡単かつ精度も高いです。

同じマンションの売物件は、自分が売りたいと思った時に都合良く売りに出ているとは限りません。

普段からポストに入っているチラシや新聞の折り込みチラシなどを注意深く見て、自分と同じマンションの売物件が出ていたら、そのチラシはストックしておくのが良いでしょう。

ここまでマンションを売却する場合の相場を調べる方法について見てきました。

次に筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法についてご紹介します。

2.筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法

pexels-photo-226664

上述ではマンション相場を把握する古典的な方法を解説しましたが、今ではもっと簡単に一瞬で相場を把握できる方法があります。

それは「HowMA(ハウマ)」や「HOME’Sプライスマップ」、「IESHIL(イエシル)」といった不動産の価格を匿名で把握できる匿名サイトの利用です。

匿名サイトとは、不動産の一括査定サイトとは異なります。一括査定サイトは、利用すると不動産会社の営業マンから営業電話がかかってきますが、匿名サイトではそのような心配はいりません。

メールアドレス程度の個人情報は入力しますが、基本的には電話番号などは入力不要のため、利用者は匿名で不動産の価格を調べることが可能です。営業電話もかかってきません。

2-1.とても便利な匿名の査定サイト

匿名サイトの利用方法は非常に簡単です。事例を集める必要も一切ありません。

自分も住んでいるマンション名や階数、およその面積を入力するだけで価格が出てきます。「HOME’Sプライスマップ」や「IESHIL」では価格が幅で表示されます。

「HowMA」では価格がズバッと出てきます。それぞれのサイトで多少の価格のムラはあります。

筆者がいくつかのマンションで調べてみたところ、価格は「HowMA」が一番信憑性はあります。但し、内見をしていないため、内部の損傷が激しい場合は、実際の価格はさらに下がる可能性はあります。

しかしながら、相場を把握する程度の利用であれば、匿名サイトの利用で十分と言えるでしょう。

逆に売ろうと思った場合は、相場の把握だけではいけません。実際に不動産会社に査定を依頼しないことには売却活動は行えません。

以上、筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法について見てきました。

それでは次に気になるマンション売却を成功させるための3つの秘訣について見ていきましょう。

3.マンション売却を成功させるための3つの秘訣

pexels-photo-187041

3-1.値段設定

1つ目は値段設定です。高すぎる値段設定をしてしまうとなかなか売れません。

また売出価格と同時に、いくら以上なら売るという売却の意思決定ラインの値段設定もしておきましょう。

良い価格を提示してくれる買主が現れたら、チャンスを逃さず、売却の意思決定をスムーズに行ってください。

3-2.一般媒介契約

2つ目は一般媒介契約です。不動産会社と一般媒介契約をすれば、複数の不動産会社に競争をさせて売却活動を行うことができます。

専任媒介契約で1社だけに依頼するとなかなか買主を連れて来ず、ヤキモキすることが良くあります。

仲介手数料は早い者勝ちということにして、複数の不動産会社に汗をかいてもらいましょう。

ただし、複数の不動産会社を探すのは普通の人にはなかなかしんどいことです。ネットの普及にともない一括査定というサービスが出てきました。

一括査定を利用すると、あなたの不動産情報にマッチする不動産会社を自動に探してくれる優れものですので、まさに一般媒介を頼もうと思っている人に便利なサービスです。

3-2-1.一括査定のオススメはイエイ

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の5つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやオウチーノも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 800社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ 電話での査定依頼も可能 運営会社が広告会社
オウチーノ 500社 全国 非公表 2003年~ ・運営が不動産会社で安心
・運営履歴が一番長い、安心の実績
査定会社が大手に偏っている
リガイド 400社 全国 非公表 2006年~ 登録企業を全て公開 登録企業が少ない
一番のおすすめ「イエイ」はコチラ → https://sell.yeay.jp/
イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

cvbutton3
イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

cvbutton3
スマイスターはコチラ → https://www.sumaistar.com/
スマイスター

スマイスター公式サイト
https://www.sumaistar.com/

cvbutton3

3-3.内覧対応

pexels-photo-77931

3つ目は内覧対応です。特に住みながら売却する場合は、事前に部屋の掃除を行い、スリッパも用意するなど、丁寧な「おもてなし」を心がけてください。

また内覧中はお子さんや旦那さんは外で待機してもらって、奥様だけで対応することが無難です。

内覧の際は、近所のスーパーの情報など、買主の奥様が喜びそうな情報も提供してあげましょう。

内覧対応についてさらに詳細が知りたい方は「不動産売却の内覧で伝えるべき5つのポイント」をご確認ください。

ここまでマンション売却を成功させるための3つの秘訣について見てきました。

最後にマンション売却の流れについて説明します。

4.マンション売却の流れを説明

匿名サイトで相場を把握した後は、実際に不動産会社とコンタクトを取りましょう。

不動産会社に合う前に相場を把握しておけば、騙されることもありません。

専任媒介契約を取るために色好い話をしてくると思いますが、気にせず複数の会社と一般媒介契約を行ってください。

仲介手数料は「売却価格の3%+6万円」が相場で、これは成功報酬となります。

複数の不動産会社と一般媒介契約をしたら、買主を内覧させます。

内覧時は、買主は興味を持っていますが、迷っている状態で来ています。

不動産会社に任せきりにするのではなく、売主であるあなたが最後に買主の背中を押してあげましょう。

背中を押すのは「ここに住んだらこんな楽しいことがありますよ」という情報を与えてあげるのが良いです。

買主が決まったら、売買契約を行い、引渡をして完了となります。

5.まとめ

いかがでしたか?マンション売却の相場をかんたんに調べられるおすすめ方法を紹介いたしました。

まずは匿名サイトによる価格の把握からです。簡単に出来ますので、是非、サイトを見てみましょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-マンション売却, 不動産売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.