マンション売却の相場/匿名でカンタンに調べられる厳選3サイト

投稿日:2016年8月9日 更新日:

マンションを売却する場合、一体いくらで売れるのかが最も気になるところです。

これからマンションを売却しようとする人の中には

  • マンションを売却したときの大よその価格(相場)が知りたい
  • 相場を手軽に調べる方法が知りたい
  • 手数料の相場はどれぐらいか知りたい

と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事ではマンション売却の相場をかんたんに調べられるおすすめ方法についてまとめました。

筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法、マンション売却を成功させるための3つの秘訣、マンション売却の流れなどをご紹介いたします。

HOME4U

>NTTグループが運営!利用者数500万人、2001年から運営で安心の実績!<

1.マンション売却の相場を知る前に知っておくべきこと

startup-photos

1-1.マンションは価格を把握しにくい不動産

中古の戸建住宅に比べると、中古マンションは価格の把握しにくい不動産となります。

不動産は土地と建物から構成されますが、戸建住宅であれば土地価格を路線価からある程度の金額を推定できます。

また戸建住宅の建物も木造建築費が全国ほぼ同じですので、延床面積や築年数が分かると、ある程度の金額を推定できます。

一方で、マンションの場合、土地価格と言っても大きなマンション敷地の共有持ち分であり、建物も大きな建物の一部です。

そのため中古の戸建住宅のように単純に価格を出すということは少し難しいのです。

そこで中古マンションの価格は戸建住宅の様に土地と建物の価格から算出するというアプローチは取りません。

近隣の類似のマンション売却事例の専有床単価から算出するのが一般的です。

また類似のマンションの見極めもポイントであり、築年数や2LDKや3LDKなどの間取り、面積、駅距離、グレード感等が同等のものを選ぶことが必要となります。

1-2.マンション価格を把握するベーシックな方法

例えば、自分のマンションが「駅から5分、築20年、3LDK(80㎡)のマンション」だとします。

事例としては、駅から3~8分程度の距離にある、築15~25年の物件で3LDK(70~90㎡)程度の範囲にあるような事例を選びます。

通常、個人の方が売却の成約事例を入手することは困難です。

そのためチラシやネットから売物件の事例を集めます。売物件の単価が230千円/㎡~270千円/㎡の間にあれば、相場としては250千円/㎡前後と推定されます。

さらにマンションの場合、階数や方位によっても金額が異なります。

階数は高い方が価格も高くなります。またバルコニーの方位によっても値段が変わります。

南向きが一番高く、次に東向き、西向き、北向きの順番に価格が下がります。さらに角部屋であれば値段も高いです。

本来であれば、事例もこのような個別的要因を考慮して収集します。

自分の部屋が2階の北向きで、収集した売却事例が最上階の南東の角部屋ばかりのものであれば、事例そのものが規範性が低くなってしまいます。

このようにマンションの相場を調べるのは適正な事例を収集し、自分のマンションの階数や方位なども補正する必要があるため、ある程度の経験が必要となります。

自分のマンション内が売り物件が出ていたら価格推定はかんたん

そのため一般の方が通常行う相場の把握としては、自分のマンションと同じマンション内に売物件が出たら、その価格から推定することが最も簡単かつ精度も高いです。

同じマンションの売物件は、自分が売りたいと思った時に都合良く売りに出ているとは限りません。

普段からポストに入っているチラシや新聞の折り込みチラシなどを注意深く見て、自分と同じマンションの売物件が出ていたら、そのチラシはストックしておくのが良いでしょう。

ここまでマンションを売却する場合の相場を調べる方法について見てきました。

次に筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法についてご紹介します。

2.筆者がオススメするマンション売却相場を調べる3つの方法

pexels-photo-226664

上述ではマンション相場を把握する古典的な方法を解説しましたが、今ではもっと簡単に一瞬で相場を把握できる方法があります。

それは「HowMA(ハウマ)」や「HOME’Sプライスマップ」「IESHIL(イエシル)」といった不動産の価格を匿名で把握できる匿名サイトの利用です。

匿名サイトとは、不動産の一括査定サイトとは異なります。一括査定サイトは、利用すると不動産会社の営業マンから営業電話がかかってきますが、匿名サイトではそのような心配はいりません。

メールアドレス程度の個人情報は入力しますが、基本的には電話番号などは入力不要のため、利用者は匿名で不動産の価格を調べることが可能です。営業電話もかかってきません。

2-1.とても便利な匿名の査定サイト

匿名サイトの利用方法は非常に簡単です。事例を集める必要も一切ありません。

自分も住んでいるマンション名や階数、およその面積を入力するだけで価格が出てきます。

「HOME’Sプライスマップ」や「IESHIL」では価格が幅で表示されます。

「HowMA」では価格がズバッと出てきます。それぞれのサイトで多少の価格のムラはあります。

筆者がいくつかのマンションで調べてみたところ、価格は「HowMA」が一番信憑性はあります。

ただし、内見をしていないため、内部の損傷が激しい場合は、実際の価格はさらに下がる可能性はあります。

しかしながら、相場を把握する程度の利用であれば、匿名サイトの利用で十分と言えるでしょう。

逆に売ろうと思った場合は、相場の把握だけではいけません。実際に不動産会社に査定を依頼しないことには売却活動は行えません。


以上、筆者がおすすめするマンション売却相場を調べる方法について見てきました。

それでは次に気になるマンション売却を成功させるための3つの秘訣について見ていきましょう。

3.マンション売却を成功させるための3つの秘訣

3-1.値段設定

1つ目は値段設定です。高すぎる値段設定をしてしまうとなかなか売れません。

また売出価格と同時に、いくら以上なら売るという売却の意思決定ラインの値段設定もしておきましょう。

良い価格を提示してくれる買主が現れたら、チャンスを逃さず、売却の意思決定をスムーズに行ってください。

3-2.一般媒介契約

2つ目は一般媒介契約です。不動産会社と一般媒介契約をすれば、複数の不動産会社に競争をさせて売却活動を行うことができます。

専任媒介契約で1社だけに依頼するとなかなか買主を連れて来ず、ヤキモキすることが良くあります。

仲介手数料は早い者勝ちということにして、複数の不動産会社に汗をかいてもらいましょう。

ただし、複数の不動産会社を探すのは普通の人にはなかなかしんどいことです。ネットの普及にともない一括査定というサービスが出てきました。

一括査定を利用すると、あなたの不動産情報にマッチする不動産会社を自動に探してくれる優れものですので、まさに一般媒介を頼もうと思っている人に便利なサービスです。

一括査定のオススメは「HOME4U」「すまいValue」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

中でも複数かつ信頼できる不動産会社を比較できる8つのサービス(サイト)に厳選。

その中でも

  • 多くの不動産会社を比較、でも安心できるNTTグループ運営のHOME4U
  • 大手の不動産会社6社のみに査定依頼ができるすまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門の数少ない不動産会社ソニー不動産

の3つを特にオススメしています。

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し見にくく、そこまでじっくり見る必要はありません。流し読みしてください。

2017提携不動産会社

2017提携不動産会社
※出典:2017年度不動産売買仲介件数は不動産業統計集より

上記表を見ると、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「センチュリー21グループ」「東急リバブル」の4社が他の不動産会社に比べて、仲介件数が一桁多いことがわかると思います。

計算してみましたが、日本の不動産売買の仲介件数全体の38.3%をその4社で占めています。

それだけ日本の不動産売買の取引は、大手に偏っているということです。


以上のことからも、筆者としては、最低でもこれら大手に最低でも1社には依頼できないと話にならないと思っています。

そして結論からいうと、「HOME4U」を特にオススメしています。

HOME4U

筆者が「HOME4U」をオススメしているのは下記の通り。

HOME4UはNTTグループ運営である安心感はもちろん、利用者数500万人、2001年から運営と利用者、運営歴がNo.1の一括査定です。

また、HOME4Uは「中堅」や「地方」の不動産会社にも依頼ができますので、よりあなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手よりも、中堅や地方の不動産会社の方が、特定地域は強かったりしますからね。

でも、中には変な不動産会社がいるのでは・・・?と心配する人もいますが、安心してください。

HOME4Uで依頼できる不動産会社はNTTならではの厳重な審査を行っております。

HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/


人口が多い都市にお住まいの方は、大手4社中3社に唯一依頼ができるすまいValueも非常にオススメできます。

すまいValue

すまいValueは、先ほど紹介した取引実績TOP4社のうち3社に査定依頼ができる唯一のサービス。

つまり、大手不動産会社のみに特化しており、取引実績(上位4社中3社に査定依頼ができる)から見てもまず間違いないのは事実です。

大手不動産会社は、人口が多い都市は非常に得意としていますので、人口がそこそこ多い都市を売却検討されている方はすまいValueが良いでしょう。

すまいValueはコチラ → https://sumai-value.jp/

逆にいうと、すまいValueの弱点は、地方には対応していない可能性が高い点です。

その場合は、1つ目に紹介したNTTグループが運営するHOME4Uがオススメです。


また、さらに1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で売却を検討されている方はソニー不動産が非常にオススメできます。

ソニー不動産

ソニー不動産は、エージェン制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

しかも今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえます。

初めてでよく分からない不動産の売却の基礎から成功の秘訣までが学べます。

まずは気軽に相談だけでもしてみると良いでしょう。

ソニー不動産はコチラ → https://sony-fudosan.com/


少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産売却成功のシナリオ

        
  • 大手不動産会社も含めて、多くの不動産会社に相談したい!でも安心したいという方はHOME4U
  • 人口がそこそこ多い不動産を売却検討の方はすまいValue
  • 【1都3県限定】売主のことのみ考えてくれるソニー不動産

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
HOME4U 900社 全国 500万人
※2016/12時点
2001年~

利用者実績、運営歴ともにNo.1
・NTTグループ運営だから安心!
・3位の「東急リバブル」に依頼ができるHOME4U(他依頼が行えるのはすまいValueのみ)

提携不動産会社が少なめ
すまいValue 6社(超大手会社のみ) 全国
※人口の少ない都市は未対応
非公開 2015年~ 超大手の不動産会社のみで安心
・仲介件数1位の「三井不動産」2位の「住友不動産」に査定依頼が行える唯一の一括査定
地元密着の不動産会社は探せられない
ソニー不動産 非公開 東京・神奈川・千葉・埼玉のみ 非公開 2014年~ 国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化
・不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる!
一都三県のみしか対応できない
リガイド 600社 全国
非公開 2006年~ 一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、厳選に不動産会社をチェックしている
提携不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社 全国 420万人 2004年~ 賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開 全国
※マンション専用
360万人 2011年~ 売却だけではなく賃料査定も同時に行える
・最大9社からの査定結果を比較できる
査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 1,200社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ ・売却だけではなく、賃貸した場合の査定も可能 運営会社が広告会社

【一番のオススメ】一括査定の利用者数、運営歴No.1「HOME4U」

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

cvbutton3

HOME4U公式サイト:https://www.home4u.jp/

超大手の不動産会社のみに相談するなら「すまいValue」

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

cvbutton3

すまいValue公式サイト:https://sumai-value.jp/

【関東限定】売手にとにかく特化!「ソニー不動産」

ソニー不動産

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

cvbutton3

ソニー不動産公式サイト:https://sony-fudosan.com/

一度の申し込みで最大10社が比較できる唯一のサイト「リガイド」

リガイド

リガイド公式サイト
http://www.re-guide.jp/

cvbutton3

リガイド公式サイト:http://www.re-guide.jp/

提携会社が最も多い!地域密着の不動産会社が見つかる「HOME'S売却査定」

HOME'S売却査定

HOME'S売却査定公式サイト
https://www.homes.co.jp/satei/

cvbutton3

HOME'S売却査定公式サイト:https://www.homes.co.jp/satei/

【マンション限定】売却だけではなくて「賃貸査定」も行えるマンションNavi

マンションnavi

マンションnavi
https://t23m-navi.jp/

cvbutton3

リガイド公式サイト:https://t23m-navi.jp/

不動産一括査定についてさらに詳細が知りたい方は下記記事をご確認ください。

1,052view
不動産一括査定は大丈夫?利用者のリアル評判とデメリットまとめ

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

続きを見る

3-3.内覧対応

pexels-photo-77931

3つ目は内覧対応です。特に住みながら売却する場合は、事前に部屋の掃除を行い、スリッパも用意するなど、丁寧な「おもてなし」を心がけてください。

また内覧中はお子さんや旦那さんは外で待機してもらって、奥様だけで対応することが無難です。

内覧の際は、近所のスーパーの情報など、買主の奥様が喜びそうな情報も提供してあげましょう。

内覧対応についてさらに詳細が知りたい方は、下記をご参照ください。

76view
ここまでやれば高く売れる!マンション売却の内覧対応のポイント

マンションの売却をするさい、間違いなく「内覧」が発生します。内覧とは、買主候補の人に、自分の家を見てもらうことです。 マ ...

続きを見る

ここまでマンション売却を成功させるための3つの秘訣について見てきました。

最後にマンション売却の流れについて説明します。

4.マンション売却の流れを説明

匿名サイトで相場を把握した後は、実際に不動産会社とコンタクトを取りましょう。

不動産会社に合う前に相場を把握しておけば、騙されることもありません。

専任媒介契約を取るために色好い話をしてくると思いますが、気にせず複数の会社と一般媒介契約を行ってください。

仲介手数料は「売却価格の3%+6万円」が相場で、これは成功報酬となります。

複数の不動産会社と一般媒介契約をしたら、買主を内覧させます。

内覧時は、買主は興味を持っていますが、迷っている状態で来ています。

不動産会社に任せきりにするのではなく、売主であるあなたが最後に買主の背中を押してあげましょう。

背中を押すのは「ここに住んだらこんな楽しいことがありますよ」という情報を与えてあげるのが良いです。

買主が決まったら、売買契約を行い、引渡をして完了となります。

5.まとめ

いかがでしたか?マンション売却の相場をかんたんに調べられるおすすめ方法を紹介いたしました。

まずは匿名サイトによる価格の把握からです。簡単に出来ますので、是非、サイトを見てみましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも複数の不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • HOME4U:運営している会社がNTTグループで不動産会社を厳しくチェック、一括査定で一番の歴史、実績を誇る
  • すまいValue:他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産:売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約900社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「HOME4U」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

1,724view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

1,052view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

632view

不動産売却の準備段階において、売値の目安を決めるため不動産査定を行います。 初めて不動産を売却する人の中には 不動産査定 ...

1,282view

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動 ...

-マンション売却, 不動産売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.