マンション売却 不動産売却 家売却

不動産売却の内覧で伝えるべき5つのメリット

投稿日:2016年5月2日 更新日:

マンションや一戸建てなどの不動産の売却を検討している際、誰でも自分の持っている不動産のメリットを伝えたいと思うはずです。

ただし、あれもこれも伝えていても多すぎてしまうので、ポイントを絞って伝えた方が良いのですが、そのポイントが分からない人も多いのではないでしょうか。

本記事では、内覧会時の売主に対して、どういうポイントでメリットを伝えた方が良いのかについて、5つのポイントで分かりやすく解説しています。最後までご覧いただけると幸いです。

1.不動産売却のメリットで伝える5つのポイント

A photo by Scott Webb. unsplash.com/photos/dQ_S4d_UCN0

まず最初に本題でもある「あなたの不動産のどの点に絞ってメリットを伝えればいいのか」について箇条書きで説明します。下記5つがポイントです。

  1. 近隣にどんな人が住んでいるのか
  2. 近所との関係
  3. 生活のしやすさ
  4. 小学校や中学校の環境
  5. マンションの管理体制(※一戸建ては除く)

それらは不動産会社の人から伝えるよりも、実際に住んでいるあなたから伝えた方がよりリアルで買主にとっても有り難い情報です。それぞれ詳細を説明します。

1-1.近隣にどんな人が住んでいるのか

一戸建てを売ろうとしている人は、隣にどんな住人の人が住んでいるのか、マンションを売ろうとしている人は、上下左右がどんな人が住んでいるのかということになります。

マンションを借りた経験がある人にはわかると思いますが、上下左右の住人により生活のしやすさが格段に変わります。騒音を立てる住人であれば、まず快適な睡眠をとることが出来ません。

一戸建ての人であれば、隣の住民がマンションに住んでいる人は上下左右の人がどんな人が住んでいるのかしっかりと伝えましょう。例えば「老夫婦が住んでいて非常に静かな環境」「ファミリーでたまに鳴き声が聞こえてきますが、夜はとても静かです」などなど。

無音が当たり前と思っている人は意外と伝え忘れたりしますので、しっかり伝えて買主を安心させましょう。

1-2.近所との関係

一戸建ての人であれば、同じ組の人がどんな人が住んでいるのか、マンションの人であれば、同じマンションの人がどんな人が住んでいるのかを「1-1.近隣にどんな人が住んでいるのか」と合わせて伝えましょう。

中古の家のメリットは、既に近所とのネットワークが出来上がっていることです。新居の場合は、入居するまでなかなか分からなく、ある意味リスクがあります。

既にあなたが住んでいる環境である為、その点はしっかり伝えられることが出来ると思います。近所に感じのいい人が多い場合や付き合いの良い方がいる場合は、しっかりと伝えておきましょう。

1-3.生活のしやすさ

pexels-photo-112571

あなたがよく買い物をする場所や公園の場所、市区町村の役場、駅、コンビニなどを買主様に教えてあげましょう。そうすることで、買主も購入して実際に住んだ時のイメージを膨らませることができます。

よく買い物に行くスーパーでもしっかり特徴を伝えるとよりイメージを膨らませることができます。例えば「歩いて5分ぐらいでスーパーがある」ではなく「朝の7時~夜の11時まで営業しているスーパーで、野菜が新鮮でとても重宝している」など、伝え方もより具体的にしてください。

1-4.小学校や中学校の関係

中古の一戸建てやマンションを購入する人は、子供が産まれて広い家に住み替えるなどの理由の人が多くいます。

当然、気になるのが「小学校や中学校の環境」です。環境とは具体的に荒れた学校ではないか、進学率はどうなのかです。特に荒れた小学校、中学校で無ければ、しっかりと伝えておきましょう。

1-5.マンションの管理体制(※一戸建ては除く)

マンションの管理体制は、住んでいる人の声がとても重宝されます。例えば「管理人がそのマンションの住人なのか」「定期的に管理人が巡回してくれるのか」など、管理体制がどうなのかを具体的に伝えてあげましょう。

住人の全体的なモラルが高く、管理体制が行き届いているマンションであれば、ゴミ捨て場がきっちり整理されていたり、自転車を駐輪場以外に止める人がいなかったりと管理レベルが高くなります。

管理体制がしっかりされているマンションであれば、しっかりと伝えておきましょう。

以上が不動産売却時に伝える5つのポイントです。当たり前だと思っていて意外と伝えない人が多いのも事実ですので、しっかりと確認して伝えるようにしましょう。

2.まとめ

いかがでしたか?不動産売却におけるあなたの不動産のメリットの伝え方を解説しましたが、理解できましたか?伝えられそうでしょうか?

住んでいると当たり前だと思っていることも、買主にとっては貴重な情報です。しっかりと伝えられる準備をしておきましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービス

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社をきちんと比較できるサイトを厳選して紹介します。

中でも筆者はNTTグループが運営しており、「個人情報をしっかり管理」「NTTによる厳しい審査を通過した不動産会社のみ提携」「運営歴、利用者数がNo.1」のHOME4Uをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、HOME4Uで依頼できる不動産会社を確認する。

あまり不動産会社が見つからないということであれば、リガイドも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応(田舎などは対応していない)
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の田舎では対応していないため、その場合は最初に紹介した「HOME4U」をオススメします。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

おすすめ記事一覧

1

不動産を売りたいと考えていてインターネットで色々なサイトを見ていると「不動産一括査定」や「不動産売却の一括査定」がよく紹介されていると思います。 そこであなたも下記「ひよこ生徒」のような疑問や不安があ ...

2

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 色々調べていると、不動産査定が行えるサイトはたくさんあります。 あなたもきっと下 ...

3

一生の中でマンションを売却する機会はそう多くありません。 つまり多くの人は、マンションの売却には慣れておらず、そもそも何から始めたらいいのか分からない人がほとんどです。 あなたも上記のひよこ生徒のよう ...

4

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動産は車やブランドバッグのように、会社そのものが買うことが少ないです。 いわゆる「 ...

-マンション売却, 不動産売却, 家売却
-

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.