地域別の不動産売却

奈良で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識

投稿日:2016年8月1日 更新日:

平城京の観光名所としても有名な奈良ですが、奈良県は大阪のベッドタウンとしても人気があります。

住宅地としても人気のある奈良ですが、これから奈良で不動産を売却しようとする人の中には

  • 奈良で不動産を売却するときのおすすめ方法を知りたい
  • 奈良で不動産売却をするときに気を付けなければならないことを知りたい

と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事では奈良で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識についてまとめました。

奈良の不動産売却で注意することや、どういう不動産が高く売れる傾向にあるか、おすすめ方法、不動産売却をスムーズに行うコツなどをご紹介いたします。

1.奈良で不動産を売却するときに注意すること

pexels-photo-211122

1-1.奈良は遠くて早起きが必要か

「奈良に住んだら早起きをしなければならない」と、いまだにこんな話をする人がいます。

大阪まで遠く通勤時間が長いからでしょうか。そういう訳ではありません。

かつて奈良では鹿が大切にされ、自宅の前で鹿の死がいが発見されると、その住人が三文を支払わなければならない罰則がありました。

そのため奈良に住んでいる人たちは、毎朝、自分の自宅の前に鹿が死んでいないかどうかをチェックしていたのです。

仮に死んでいた場合は、隣の家の前に移動させていました。

三文の罰則があったことと、早起きの習慣が重なり、奈良の早起き習慣が「早起きは三文の徳」の語源にもなったとも言われています。

今の時代は奈良では早起きをする必要はありません。近鉄やJRもあるため、大阪への通勤も便利なベッドタウンになっています。

但し、大阪で働いている人たちのなかでは、どうしても「奈良は遠い」というイメージを持っている人も多いです。

梅田近辺で働く人たちは、大阪の北摂エリアや、兵庫の西宮周辺から通ってくる人たちが多いです。

そのため奈良から通っている人たちは、今でも「何時に起きてはるの?」とネタで突っ込まれるということがあります。

1-2.南北で異なる売却戦略

奈良県は南北に長い県であるため、大阪のベッドタウンとして人気のあるエリアは生駒市や奈良市といった、奈良県北部の一部に限られます。

生駒市や奈良市では大阪へのベッドタウン需要が見込めますが、それ以外の市区町村では途端にベッドタウン需要が見込めません。

生駒市や奈良市以外では、地元の人が購入の中心となります。

そのため奈良県では北部とそれ以外の地域では、需要者が大きく異なるため、異なった売却戦略を持つべきということが注意点となります。

それらの戦略については、後ほど「3.奈良で不動産を売却するときのおすすめな方法」で説明しています。

以上、奈良で不動産を売却するときに注意することについて見てきました。

それでは次に気になる奈良の不動産はどういうものが人気があるのかについて見ていきましょう。

2.奈良の不動産はどういうものが人気があるのか

theme-candid-portraits-smile-woman-girl-40064

2-1.人気は近鉄奈良線沿線

奈良の人気エリアは、なんと言っても近鉄奈良線です。近鉄奈良線は奈良から大阪のミナミである難波を結ぶ主要路線です。

その他にも奈良から大阪へは近鉄けいはんな線を使って本町へも出ることができます。この主要2沿線を結ぶ接点が生駒駅になります。

そのため生駒駅周辺は住宅地としてとても人気があります。近鉄奈良線を使うと急行で生駒駅から難波駅までは20分程度の距離となります。

大阪と奈良を結ぶルートには近鉄とJRがありますが、JRは大阪から一度かなり南下してから北上する形で奈良に入るため遠回りです。

一方で近鉄は難波や本町からほぼ直線的に奈良市と大阪市を結んでいるため、距離も短いことが特徴です。

そのため通勤時間は近鉄を利用した方が圧倒的に短く、JRよりも近鉄の方が人気は高いです。

奈良市内で人気のある住宅地としては、富雄駅や大和西大寺駅、学園前駅などの駅がありますが、これらはいずれも近鉄奈良線沿線です。

特に学園前駅は奈良の中でも最も格式の高い高級住宅地です。パリの凱旋門周辺の様に放射状に開発された街並みは田園調布や軽井沢などを彷彿とさせます。

2-2.人気は戸建

また奈良ではまだまだマンションよりも戸建の方が人気は高いです。

これは一つに土地が比較的安いということもありますが、奈良は盆地のため、夏が非常に暑いといった理由もあります。

密閉性の高いマンションよりも、通気性の高い戸建住宅の方が夏は涼しく過ごせます。盆地で夏が非常に暑い奈良においては、戸建に根強い人気が残っています。

夏に湿度の高い日本では、元々、家屋は夏を中心に考えて設計されてきました。

徒然草の一説の中には、「家の作りやうは、夏をむねとすべし。」という有名な一説もあります。

これは、家づくりは寒い冬を前提に考えるのではなく、暑い夏を「どう涼しく過ごせるか」ということを念頭に設計すべしという考えです。

奈良には世界最古の木造建築物である五重塔や正倉院の校倉造など、特殊な木造建築物もたくさんあるエリアです。

暑い奈良では日本家屋に涼しく過ごせるノウハウが蓄積されており、マンションよりも戸建住宅の方が人気の高いエリアとなっています。

以上、奈良の不動産はどういうものが人気があるのかについて見てきました。

次に奈良で不動産売却するときのおすすめ方法について見ていきましょう。

3.奈良で不動産売却するときのおすすめ方法

pexels-photo-119694

奈良では「生駒市・奈良市以外の地域」と「生駒市・奈良市」では売却戦略を変えていく必要があります。

「生駒市・奈良市以外の地域」では、従来からそれほど不動産市場が活発化しているエリアとは言えないため、売却には多少時間がかかります。

「生駒市・奈良市」ではある程度の中古不動産市場が確立されており、売買もスムーズに行うことが可能です。

3-1.「生駒市・奈良市以外の地域」の売却戦略

「生駒市・奈良市以外の地域」で不動産を売却するのであれば、まずは隣地に声をかけることが鉄則です。

これは奈良には限らない話ですが、不動産を高く売るには隣地の人に買ってもらうことが定石となります。

特に不動産市場が停滞気味のエリアであれば、隣地への売却は効果が高いです。

隣地の人が土地を購入すると、間口が広がったり、地型が改善されたりなど、隣地以外の人が購入するよりも高い効用が得られます。

そのため、他の人が買うよりも隣地の人が買う方がメリットはあり、場合によっては相場よりも高く売れるケースもあるのです。

3-2.「生駒市・奈良市」の売却戦略

「生駒市・奈良市」では他の都市部と同様、一括査定サイトを利用して不動産会社に売却を依頼するセオリーが適用できます。

一括査定サイトはいくつかありますが、奈良市で力のある不動産会社が登録されている一括査定サイトは「イエイ」です。

奈良市の物件種別の査定実績も公表しており、戸建が40%を占めています。

奈良で人気のある戸建の査定実績も豊富です。特に学園前などの高級住宅地の査定額はブレが大きくなりますので、実績の多い不動産会社に依頼することをお勧めします。

全国対応している他の一括査定サイトはありますが、奈良に限っては「イエイ」が査定会社や実績が最もバランスの取れた一括査定サイトと言えます。

不動産一括査定の詳細について知りたい方は「不動産の一括査定について」をご確認ください。

ここまで奈良で不動産売却するときのおすすめ方法について見てきました。

最後に奈良で不動産売却をスムーズに行うためのコツについて触れたいと思います。

4.奈良で不動産売却をスムーズに行うためのコツ

coins-currency-investment-insurance

戸建住宅の多い奈良では、査定を行うと新築時よりもかなり価格が下がるため、がっかりされる人も多いと思われます。

戸建の場合、建物価格が経年によってズドンと評価が下がりますので、予想以上に全体の価格が下がります。

そのため「こんなはずはない」という想いから高い価格で売却活動を始めてしまう人がいますが、高すぎる価格は売却活動の大きな障害となるのです。

何社からの査定を取ってみて、客観的な適正価格を見つめ直すことが第一歩です。

適正な売出価格で売却活動を行うことが、不動産売却をスムーズに行うコツと言えるでしょう。

複数の査定を依頼するのに便利な「不動産一括査定サイト」があります。

おすすめや選び方については、「不動産一括査定サイトの徹底比較、各サイトの強み弱み」をご確認ください。

5.まとめ

いかがでしたか?奈良で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識について見てきました。

ご参考にして頂ければと思います。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者はNTTグループが運営しており、「個人情報をしっかり管理」「NTTによる厳しい審査を通過した不動産会社のみ提携」「運営歴、利用者数がNo.1」のHOME4Uをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、HOME4Uで依頼できる不動産会社を確認する。あまり不動産会社が見つからないということであれば、少し提携不動産会社数が多いイエイイエウールも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応(田舎などは対応していない)
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の田舎では対応していないため、その場合は最初に紹介した「HOME4U」をオススメします。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

-地域別の不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.