不動産売却が成功するための全知識を教えます。

不動産売却の教科書

住宅ローン

住宅ローンが辛い人がやってはいけない2点と8つの対処方法の全て

投稿日:2017年9月6日 更新日:

毎月のように支払いをしていく住宅ローン・・・辛いものがあります。

会社の給料も先輩社員のようには上がらず、当初の想定よりも苦しくなっている方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンが辛い人の中には、

  • 辛い・・・、とにかく支払いが苦しい
  • あーっ、つらい、つらい、つらい!!
  • 住宅ローンが辛いので良い対策方法を知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では「辛い住宅ローン」にフォーカスを当て、やってはいけない2点と段階的な8つの対処方法をお伝えいたします。

この記事を読むことで、あなたは自分のレベルに合わせた辛い住宅ローンに対する対処方法を知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

1.現在の日本、住宅ローンは辛いよ

1-1.変わる日本のサラリーマン像

男性であれば、子供の頃に1回くらいは「泣くな、男だろ!」と言われて育ったことがあると思います。

そうです、男性は辛くても泣いてはいけない・・・?のです。

男性は、住宅ローンを組まされ、会社ではこき使われ大変です。

あげくの果てに、浮気して離婚しようものなら、慰謝料まで取られ、残りの住宅ローンも支払わなければなりません。

家族のため、銀行のため、ハウスメーカーのために働いている男性は、悲哀に満ちている人も正直多いのが現実です。。。

自分のための人生を歩んでいない男性は多いです。

ただでさえ、会社で理不尽なことに耐えているのに、無理した金額の住宅ローンを抱えてしまうと、ほぼ奴隷と言っても過言ではありません。

現在のサラリーマンは、30年前のサラリーマンと状況が明らかに異なります。

昇給は約束されていませんし、成果主義に移行して常に成果を求められ、人事考課も厳しくなっています。

一流企業であれば、10人に1人はうつ病と言われるような状況です。

映画にある植木等の「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」の世界はとっくに終わり、サラリーマンはブラック企業の中で、必死に生き残らなければならないという状況になっています。

辛いのですが、これが現実です。

1-2.辛いのが当たり前

そんな中、さらに追い打ちをかけるのが住宅ローンです。

東京一極集中がますます激しくなる中、首都圏の住宅価格の高騰は止まりません。

2016年では首都圏の新築マンションの平均価格が5,087万円でした。

現在では、昔よりも厳しいサラリーマン生活を送っている人が、昔よりも高い住宅ローンを組んでいます。

社会学の中では、近い将来、「奥さんが専業主婦で、郊外にマイホームを購入して、2人の子供を大学まで卒業させる」ことができる男性は、1割くらいしかいなくなると警鐘されています。

30年前であれば、多くの人が実現できた「家族像」は、今では相当難しいのです。

今のサラリーマンが「昔の普通」を実現することは、偉業を達成するのと同じです。

そのため、住宅ローンが辛いというのは、ある意味、「当たり前」になりつつあります。

以上、ここまで男は辛いよについて見てきました。

住宅ローンが辛い人は、対策をする前に、やってはいけないことを知る必要があります。

そこで次にやってはいけない2点について述べていきます。

2.住宅ローンに苦しんでいる人がやってはいけない2点

やってはいけないこと1.独立・転職してはいけない

住宅ローンが辛い方は、残念ながら今の会社を辞めてるのは相当危険です。

理由は、独立や転職をしてしまうと、多くの人が今よりも収入が下がってしまうのがほとんどだから。

実際、住宅ローンが払えなくなり、任意売却をするような人は、転職や独立がきっかけとなっている人も多い

35歳未満の人であれば、ステップアップ転職というのもが考えられます。

それでも数年は今の会社よりも給料が低くなるということもあり得ます。

住宅ローンが辛いということは、単純に今の収入と住宅ローンの支払額が見合っていないことに他なりません。

そのため、独立や転職で今よりも収入を下げてしまうことは、自殺行為です。

40歳以上の転職となると、転職先で役職は上がったのに給与が下がるということは良くあります。

転職を繰り返すたびに収入が下がるというパターンも少なくありません。

転職活動では、給与のことをなかなか聞き出せないというのも背景にあると考えられます。

日本では、大学卒業時点がその人の価値が最も高くなっています。

大学卒業時に入った会社以上に高い給料をもらえる会社に行ける人は、超少数派です。

住宅ローンの支払いがきつい人は、収入を増やすことを考えなければなりません。

現在よりも収入が減ってしまう独立や転職は、逆効果です。

現在、独立や転職を考えている人は、今の会社に留まるようにしてください。

以上、ここまで独立・転職してはいけないについて見てきました。

もう一つ、やってはいけないことがあります。

それは他からの借入です。そこで次に他から借りてはいけないについて見ていきます。

やってはいけないこと2.他から借りてはいけない

住宅ローンの支払いが辛い人が絶対にやってはいけないことが、他からお金を借りることです。

教育ローンや自動車ローンなどの他のローンを組むこともやってはいけません。

特に消費者金融からお金を借りることは、絶対に避けてください。

住宅ローンが本当に支払えなくなった場合、任意売却などを行うことがありますが、この際、債権者が複数いると債権者の調整が難航します。

任意売却では売却額を債権者へ配分することになりますが、その際、債権者が複数いると配分で揉めることが多く、任意売却の障害になってしまいます。

今の銀行以外に債権者が増えることは、問題をさらに複雑にしているだけです。

借金を借金で返すことはしてはいけません。

住宅ローンの支払いが苦しくなったら、素直に今の銀行に相談し、他から借りることは避けるようにしましょう。

仮に債権者が同じ銀行であっても、教育ローンなど新たなローンを追加することもNGです。

教育ローンは住宅ローンよりも金利が高いため、状況をさらに悪化させます。

また現時点で住宅ローンが辛い人は、将来的に教育ローンを組まざるを得ない予備軍の人たちです。

子供が高校生や大学生になったとき、今よりもお金がかかります。

そのため、子供が小さいうちは、住宅ローンを払いつつ、尚且つ、将来の教育費増に備えて貯金をしなければなりません。

また、子供が大学を卒業したら、今度は老後のために資金も貯める必要があります。

老後に貯金が全くなく、住宅ローンも残っているような場合は、最近流行りの老後破たんへまっしぐらになります。

教育資金や老後資金を考えると、本来、住宅ローンを払っている人でも貯金ができる余裕が必要です。

現時点で住宅ローンが辛い人は、将来の多重債務者予備軍です。

住宅ローンが辛い人は早めに対処するようにしましょう。

以上、ここまでやってはいけない2点について見てきました。

住宅ローンが辛い人は早めに対応することが必要です。

そこで、次に段階的な8つの対処方法について見ていきましょう。

マンション以外に住んでいる方は、3-1.は飛ばし、3-2.から読んで頂いてOKです。

3.段階的な8つの対処方法

3-1.マンションから戸建に買い替える方法

現在、マンションに住んでいて住宅ローンが辛い方は、戸建への買い替えがおススメです。

マンションでは、戸建と比較して、以下のような維持費が余計にかかっています。

  1. 管理費
  2. 修繕積立金
  3. 駐車場使用料
  4. 駐輪場使用料

マンションの管理費は首都圏では平均15,000円/月程度です。修繕積立金は築年数にもよりますが、平均すると14,000円/月程度になります。

また駐車場代を仮に10,000円/月とすると、マンションでは戸建よりも、ざっくり月4万円程度維持費が高くなります。

マンションから戸建へ買い替えをしただけで、月4万円も支払が減るのは大きいです。

戸建は修繕費用が自腹になりますが、修繕費用を加味しても戸建の方がメリットはあります。

経済的には、マンションで住宅ローンが辛い人は、戸建に買い替えるとかなり楽になります。

尚、マンションから戸建への買い替えについては、に詳しく記載しています。

マンションから戸建に買い替える際に知っておくべき全知識

都心で快適な暮らしを求める人には、マンションが人気です。 いまやマンションは戸建をしのぐ需要があります。 ところが、いざマンションに住んでみると、維持費が高く、やっぱり戸建の方が良かったのではないかと ...

続きを見る

またマンションを高く売却する方法は、下記に詳しく解説しています。

ここまでやれば高く売れる!マンション売却の内覧対応のポイント

マンションの売却をするさい、間違いなく「内覧」が発生します。内覧とは、買主候補の人に、自分の家を見てもらうことです。 マンションの売却の成功する1つに「内覧対応」があり、とても重要なことです。  いざ ...

続きを見る

居住中のマンションを高く売却する方法と注意点について徹底解説

今マンションで居住している人は下記のような悩みを持つ方が非常に多いです。 マンションを居住しているけど、売却ってそもそもできるの? 住みながら売却するときの何か注意点はないんだろうか? 出て行ってから ...

続きを見る

尚、中古マンションの価格は現在上昇中であるため、タイミングとしても今は売り時です。

中古マンションの平均価格推移

中古マンションの平均価格推移

マンションの売却のタイミングについては、「下記に詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

マンションを売却するなら今?価格のピークはオリンピック「前」説は本当かプロが解説

消費税が8%となり、懐事情が寒い中、景気が良いのか悪いのか分からない状況が続いています。  ただ、不動産に関しては価格が上昇傾向にあり、「好景気」と言っても過言ではありません。 筆者は不動産業界一筋で ...

続きを見る

不動産を売却するベストなタイミングと抑えるべき5つのポイント

「好機逸すべからず」、「鉄は熱いうちに打て」、「物にも時節」等々、古くからタイミングは大切ですよという「ことわざ」はたくさんあります。 不動産の売却も同様で、高く売るにはタイミングが重要です。 これか ...

続きを見る

以上、ここまでマンションから戸建に買い替える方法について見てきました。

他には賃貸に戻るという方法もあります。

そこで次に賃貸に戻る方法についてみていきます。

3-2.賃貸に戻る方法

マイホームを購入するとき、「借りるよりも買った方が安いですよ」と言われることがありますが、あれは嘘です。

安い賃料のところに引越せば、「買うよりも借りた方が安い」です。

住宅ローンの支払いがきつい人は、売却して安い賃貸に引越すことが最も効果があります。

店舗であれば、商売が上手くいかなければ、撤退して安いところに引越すというのは当り前です。

経済原理から言えば、住宅であっても支払いがきついのであれば引越すべきです。

賃貸ということに抵抗を持つ人もいますが、それは儒教の教えの強いアジア人の特徴です。

ヨーロッパなどでは借家は当り前です。

現在、日本は空家問題に国をあげて対策に取り組んでいます。

つまり空家があり過ぎて困っており、賃貸住宅は明らかに借手市場なのです。

以下に消費者物価指数における家賃指数を示します。

国内の賃貸住宅は供給過剰状態にあり、家賃は2003年をピークに一貫して下がり続けているのが分かります。

家賃指数の推移

家賃指数の推移

現在、賃貸住宅はかなりスペックが高く、かつ賃料も安い物件が多いため、賃貸に切り替えるのは一つの手です。

国内の賃貸住宅は、かなり住みやすくなっています。

賃貸への切り替えについては下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

不動産を売却!賃貸ライフにしたときのメリットとは?

最近では、家や車を持たない若い世代が増えてきました。 「若い世代はお金が無いからでは?」と思うかもしれませんが、理由は本当にそれだけでしょうか。  家を持たない若者が増えているということは、ひょっとし ...

続きを見る

以上、ここまで賃貸に戻る方法について見てきました。

他には節約する方法があります。

そこで次に節約する方法について見ていきます。

3-3.節約する方法

住宅ローンの支払いが辛い人は、家計の見直しを図るべきです。

一般家庭の家計の中には、毎月使途不明金が10,000円ほどあります。

このような使途不明金をなくすだけでも、節約は可能です。

また、節約で最も大きな効果を生み出すのは、車を手放すことです。

車が無くても生活できる人であれば、車を手放すことで、毎月22,000円程度を削減することが可能です。

その他、家計の見直しには以下のような観点があります。

  1. 外食を止める
  2. 婦人服の購入を控える
  3. 携帯電話の料金体系を見直す
  4. 子供の習いごとを減らす

これらの項目をがっちり遂行していくと、毎月9.2万円程度、支出を圧縮することができます。

節約はお金もかかりませんが、効果はかなり大きいです。

支出を極限まで絞る努力をしましょう。

尚、家計の節約についてはに詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

住宅ローンが払えない人向けのステップ別対応方法について徹底解説

転職やリストラ、定年退職、ギャンブル依存、離婚等々、様々な理由で収入が減り、住宅ローンを払えなくなる人たちがいます。 住宅ローンが払えない人たち、もしくはその予備軍の人たちは、 ヤバい、今月も払えない ...

続きを見る

以上、節約する方法について見てきました。

節約の効果は高いですが、よほどの自制心がないと続きません。

そこで次に金利を引き下げる方法について見ていきます。

3-4.金利を引き下げる方法

金利を下げる方法には、

  1. 今の銀行に交渉して下げる方法
  2. 別の銀行に借換して下げる方法

の2種類があります。

現在借りている銀行と交渉して下げるのであれば、ほとんど手数料はかかりません。

銀行は顧客の引き留め工作に必死であるため、他行への借換をちらつかせれば、今よりも金利を下げてくれる可能性はあります。

ただし、銀行に交渉して金利を下げる場合、今の市場金利まで下げることはなかなか難しいです。

そのため、住宅ローンが辛い人にとって見ると、大した効果はありません。

そこで、今の市場金利に変更したい場合であれば、思い切って他行へ借り換えるという手があります。

ただ、借換には30万円~100万円程度の費用が発生してしまいます。

借換費用を払ってでも借換の効果があるような人は、以下のいずれかの条件を満たす人たちです。

【条件】

  • ローン残高が1,000万円以上ある人
  • ローン残存期間が10年以上ある人
  • 借換の前後で金利差が1%以上の差がある人

上記3つの条件を1つでも満たしている可能性のある人は、借換を検討してみましょう。

以上、ここまで金利を引き下げる方法について見てきました。

では次に毎月の返済元本を下げる方法であるリスケジュールする方法をご紹介します。

3-5.リスケジュールする方法

住宅ローンがきつくなり、本格的に支払いが難しくなってきた人は、「リスケジュール」という方法があります。

リスケジュールというのは、返済スケジュールを伸ばし、「再スケジュール化」することで毎月の返済額を減らすことを指します。

通称、「リスケ」と呼ばれます。リスケは返済総額そのものが減ることはありません。

ローン期間を延長することで、返済額を薄く延ばします。

但し、リスケジュールは、ずっとリスケジュールができる訳ではありません。

3年間程度、一時的に減額を認めてもらい、その後、従来通りの返済ペースに戻すというのが一般的です。

リスケジュールは、本来、「病気やけがで入院した人」や「失職してしまった人」等が生活を立て直すために一時的におこなう措置です。

リスケでは、リスケジュール終了後に今まで通りの住宅ローンが払えるようになっていることが本体の姿です。

せっかく銀行からリスケジュールを勝ち得たにもかかわらず、今の生活を何も変えない人がいます。

このような人は、リスケジュール終了後、再び住宅ローンが辛くなり任意売却や競売になる人たちがいます。

リスケジュールをした場合、その間になんとか収入を上げられるよう、知恵を絞って対応することが必要となります。

リスケを勝ち取った後は、「その後どうするか?」を考え、生活を立て直すことがポイントになります。

以上、ここまでリスケジュールする方法について見てきました。

サラリーマンの場合、リスケ中に副業でもしない限り収入を上げるのは難しいです。

そこで次にグレーゾーンで売却する方法について見ていきましょう。

3-6.グレーゾーンで売却する方法

住宅ローンが辛くなり始めた場合、早期に売却してしまうことが最も得策です。

住宅ローン残債が売却額よりも大きい場合をオーバーローン、住宅ローン残債が売却額よりも小さい場合をアンダーローンと言います。

アンダーローンであれば、迷わず売却です。

オーバーローンであっても、残債をなんとか返せるようであれば、思い切って売却してしまうのも一つの手です。

尚、オーバーローンのときの売却では、お得な税制特例があります。

下記記事に詳しく記載していますので、是非ご参照ください。

居住用財産の買換えに係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例について徹底解説

アメリカ人は一生のうち3回は家を買い替えると言われていますが、日本でも住宅を買い替える人が増えてきました。  住宅は価値が落ちやすく、買換えでは損が発生しやいのですが、特例を活用すると、その損によって ...

続きを見る

本当に住宅ローンが払えなくなり、住宅ローンの滞納が3ヶ月以上続くと、ブラックリストに名前が載ってしまいます。

ブラックリストとは、信用機関の事故情報リストに名前が掲載されることを言います。

信用機関とは、以下の3つです。

カテゴリー 機関名 略称
銀行系 全国銀行個人信用情報センター JBA
信販・クレジット系 株式会社シー・アイ・シー CIC
消費者金融系 株式会社日本信用情報機構 JICC

ブラックリストには5~10年間、名前が掲載されます。

ブラックリストに名前が掲載されている期間は、クレジットカードが使えなくなります。

また新規のローンも組めなくなります。

一昔前は、クレジットカードが使えなくなることは、それほどデメリットではありませんでした。

ところが、現在はネット社会になり、ありとあらゆるものが、クレジットカードの支払いへと変わりつつあります。

このような状況の中、ブラックリストに載り、クレジットカードが使えなくなることは、想像以上に大きなデメリットです。

住宅ローンの滞納前であれば、ブラックリストには載らず、グレーの状態です。

この状態での売却をグレーゾーン売却と言います。

グレーゾーン売却といっても、やることは普通の売却です。

グレーゾーン売却では、できるだけ高く売るというのが、なによりもポイントになります。

不動産を高く売却する方法については、下記記事に記載しています。

不動産売却のコツ/プロが教えるスムーズに高く売る秘訣を紹介

プロがやっている当たり前の方法を、個人レベルだと行っていないという話は良くあります。その1つに不動産の売却方法があります。 これから不動産を売却しようとしている人の中には、 不動産売却のプロが使ってい ...

続きを見る

不動産の売却価格を高くする建物インスペクションの基礎を徹底解説

最近、インスペクションという言葉を新聞等でも徐々に見かけるようになってきました。 SUUMOなどの不動産ポータルサイトでも物件の検索条件の中に「インスペクション済み」のような項目も登場しています。 イ ...

続きを見る

ぜひご参照ください。

以上、ここまでグレーゾーン売却について見てきました。

では次にブラックゾーンに入ってしまった場合の対応方法として、任意売却や競売を選択する方法を見てきます。

3-7.任意売却や競売を選択する方法

住宅ローンの滞納が3ヶ月以上続くと、ブラックリストに名前が掲載されます。

その次に、銀行から「期限の利益」を喪失した旨の通知が届き、住宅ローンの一括返済を迫られることになります。

期限の利益とは、「ゆっくり長い時間(期限)をかけて返せば良い」という利益です。

住宅ローンを滞納したということは、当初の約束違反であるため、期限の利益は無くなってしまい、その代わりに一括返済が求められます。

一括返済を求められた後は、自主的行う任意売却か、強制的な競売を選択し、いずれにしても売却という形をとります。

もし、このまま今の家に住み続けたいという人であれば、任意売却がおススメです。

一方で、自己破産を検討せざるを得ない人であれば、競売を選択するのがおススメです。

任意売却と競売に違いについては、下記に詳しく解説しています。

競売と任意売却の違いと競売に向いている人・任売に向いている人を解説

住宅ローンが返せなくなると、競売か任意売却かを選択してローン残債を一括返済することになります。 競売と任意売却には、それぞれメリットとデメリットがあり、向いている人と向いていない人も分かれます。 本来 ...

続きを見る

今の家に住み続けたい人向けの情報は、下記記事に詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

任意売却や競売の後も今の家に住み続けたい人向けのノウハウを徹底解説

住宅ローンが払えなくなっても、細部までこだわって作った注文住宅などであれば今の家に住み続けたいと願う方も多いと思います。 結論からすると、任意売却を使えば今の家に住み続けることは可能です。 また競売に ...

続きを見る

買戻し特約を付けて任意売却で今の家に住み続ける方法について徹底解説

住宅ローンが払えなくなっても今の家に住み続けたい場合、買受人を選べる任意売却を選択する場合が多いです。 親や投資家に今の家を任意売却し、そのまま借りて住む形をセールスアンドリースバックと呼びます。 セ ...

続きを見る

以上、ここまで任意売却や競売を選択する方法について見てきました。

それでは最終手段として、最後に自己破産をする方法について見ていきましょう。

3-8.自己破産を選択する方法

最終手段としては、自己破産という方法もあります。

自己破産では借金を全てチャラにできます。

自己破産のメリットとデメリットは下表の通りです。

メリット デメリット
①免責が得られれば、借金がなくなる(税金等は除く)。
②精神的に楽になれる。
③過去の負債が合法的にリセットできる。
④負債を相続人に残さないですむ。
⑤最低限の生活は守られる。
⑥債権者からの連絡等はすべて弁護士が受けるので督促等を受けなくてすむ。
①クレジットカードが使用できなくなる。(ブラックリストに掲載される期間)
②新規のローンが組めなくなる。(ブラックリストに掲載される期間)
③官報の名前と住所が掲載される。
④家などを手放さなければならない。
⑤一定の仕事に就くことができない。
⑥連帯保証人に迷惑がかかる。

自己破産は最終手段ですが、借金に苦しむ人を助け、経済的な再生のチャンスを与える法的な制度です。

本当に辛い場合は、決して悪くない選択です。

尚、自己破産では弁護士費用が発生します。

弁護士費用については下記に詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

任意売却は弁護士に依頼するものなの?依頼した場合の相場観は?

困ったことが起きた時に助けてくれるのが弁護士です。 ところが、住宅ローンの返済に困っている人は、弁護士に相談したいけど、費用が高いのが怖くて相談できない人も多いのではないでしょうか。 これから任意売却 ...

続きを見る

4.まとめ

以上、住宅ローンが辛い人のやってはいけない2点と段階的な8つの対処方法について見てきました。

今回ご紹介した方法は、必ずしも1つだけ行えば良いというわけではありません。

節約や金利を下げる等の方法は、「併せ技」にすることによって高い効果を発揮します。

辛いレベルに合わせて自分に合った方法を選択してください。

住宅ローンが辛くなったら、早めの対応をするようにしましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービス

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社をきちんと比較できるサイトを厳選して紹介します。

中でも筆者はNTTグループが運営しており、「個人情報をしっかり管理」「NTTによる厳しい審査を通過した不動産会社のみ提携」「運営歴、利用者数がNo.1」のHOME4Uをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、HOME4Uで依頼できる不動産会社を確認する。

あまり不動産会社が見つからないということであれば、リガイドも同時に利用することをオススメします。

また、売却か賃貸にするのか迷っている方は、売却査定と賃料査定を同時に行えるマンションナビがオススメです。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応(田舎などは対応していない)
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の田舎では対応していないため、その場合は最初に紹介した「HOME4U」をオススメします。

一度の申し込みで最大10社に査定依頼「リガイド」

リガイド
  • 2006年から運営で「HOME4U」に次いでNo.2の運営実績
  • 1回の申し込みで最大10社を比較できる唯一の比較サイト(他サイトは最大6社)
  • 旧SBIグループが運営、不動産会社を厳選チェック
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

おすすめ記事一覧

1

不動産を売りたいと考えていてインターネットで色々なサイトを見ていると「不動産一括査定」や「不動産売却の一括査定」がよく紹介されていると思います。 そこであなたも下記「ひよこ生徒」のような疑問や不安があ ...

2

一生の中でマンションを売却する機会はそう多くありません。 つまり多くの人は、マンションの売却には慣れておらず、そもそも何から始めたらいいのか分からない人がほとんどです。 あなたも上記のひよこ生徒のよう ...

3

これから土地を売却しようとする人の中には、土地の価格がどのようなポイントの基づき査定されているのか知りたい方も多いと思われます。 ただし、単純に土地を売りたいといっても、そうそうカンタンに売れるもので ...

4

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動産は車やブランドバッグのように、会社そのものが買うことが少ないです。 いわゆる「 ...

-住宅ローン

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.