不動産売却の必要な期間とあらかじめ準備しておくこと

更新日:

不動産の売却期間は売主の「心の持ちよう」によって決まるというのをご存知でしょうか。

これから不動産を売却する人の中には「不動産を売却するのに要する期間を知りたい」と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事では不動産売却の必要な期間とあらかじめ準備しておくことについてまとめました。

不動産売却するまでにかかる期間や、不動産を予定通り売却するための準備、予定通りの期間に売却できなかった場合の対処法などをご紹介いたします。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

>業界をリードする大手6社だから間違いない!<
>年間利用10万件越え!最大級の一括査定サイト<

1.不動産売却するまでにかかる期間

pexels-photo-226634

最初に不動産売却するまでの期間で失敗した事例(Kさんの場合)を紹介して、それについて何がNGだったのか、具体的な対策はどのようにすればいいのかについて、順に説明していきます。

1-1.不動産売却で期間が長すぎたKさんの場合

不動産売却の期間が「心の持ちよう」で決まるとはどういうことでしょうか。まず初めに不動産売却に10ヶ月かかってしまったKさんの例をご紹介しましょう。

Kさんは親の介護をきっかけに、妻や子供たちと一緒に実家の両親と同居することになりました。

そこでKさんは住んでいたマンションが不要となったため、持っていたマンションの売却活動を開始しました。

Kさんのマンションは東京駅からJRで30分圏内の恵まれた立地にありました。

Kさんの住んで居るエリアは1970~80年代に大規模に開発された住宅地で、周辺には大型商業施設や医療モールなども整備されており、住みやすく、住宅地としても人気のあるエリアでした。

またKさんのマンションは駅から徒歩10分圏内にある築35年のファミリータイプのマンションでした。

Kさんの住んでいたエリアは市内でも屈指の人気を誇る住宅街であり、中古マンション市場も活発に動いています。

そのためKさんのマンションは売れにくい物件ではなく、むしろ売りやすいとも言える物件でした。ところがKさんはマンションの売却活動を開始してから売れるまで10ヶ月もかかってしまいました。

10ヶ月と言えば、ほぼ1年です。Kさんは売却が決まった時、「やっと売れた」と肩の荷をなで下ろし、達成感よりも徒労感に満ちていたのです。

1-2.通常の売却期間

一般的に、不動産の売却期間は3ヶ月間と言われています。3ヶ月というのに特に根拠はありません。

売れる時は3週間程度で売れてしまいますし、売れない時はKさんのように10ヶ月以上かかる場合もあります。

3ヶ月と言うのはあくまでも一つの目安であり、誰もが3ヶ月で売却できるとは限らないのです。

1-2-1.査定は3カ月を前提に出している

不動産売却を行う前に、「査定」を行いますが、この査定額は3ヶ月程度で売却できることを前提とした金額を出しています。

一方で極端に短い期間で不動産の売却が行われるケースがあります。それは競売です。

競売は2週間以内で入札が締め切られます。競売のような短い期間の売却を前提とした価格は早期売却価格と言われます。

競売の売出価格である最低競売価格は通常価格の70%程度となっています。安い価格で売り出せば、早く売却することが可能となるのです。

1-2-2.売出価格(査定額)が高すぎると売れない

反対に、売出価格を高く設定してしまうと、なかなか買手がつきません。売却期間は3ヶ月以上かかってしまいます。

売出価格は売却期間を左右する最も大きな要因となります。

そのため、3ヶ月程度の期間で売却を終わらせるには、適正な売出価格の設定が必要となるのです。

売り出したら自然と3ヶ月で売れるのではなく、適正な売出価格を設定するから3ヶ月程度で売れるのです。

以上、不動産を売却するまでにかかる期間について見てきました。

それでは次に気になる不動産を予定通り売却するための準備について見ていきましょう。

2.不動産を予定通り売却するための準備

coffee-cup-desk-pen

不動産を適正な期間で売却するためには、適正な売出価格の設定が必要であることをお話ししました。

そこで、不動産を予定通り売却するには、大事な準備を2つ行う必要があります。

  • いくらで売れそうかを知ること
  • いくら以上なら売るかを決めておくこと

になります。

2-1.いくらで売れそうかを知ること

まず1つ目の「いくらで売れそうかを知ること」についてお話しします。

これについては事前に不動産会社から査定を取り、およその価格を知ることです。

2-1-1.一括査定を使うと便利に査定額を集めることができる

査定は不動産会社を何社か回って査定額を集めることもできますが、それよりは一括査定サイトを利用した方が便利です。

一括査定サイトでは6社くらいの査定額を一度に集めることが可能です。

各社バラバラの査定額が出てきますが、必ず一番低い価格をいくらなのかを確認して下さい。

一番低い価格は保守的に査定された価格です。売却価格の最低ラインとして認識しておいた方が良いでしょう。

2-1-2.おすすめの一括査定サイトは 「イエウール」「すまいValue」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

中でも複数かつ信頼できる不動産会社を比較できる8つのサービス(サイト)に厳選。

その中でも

  • 大手から地域密着の不動産会社を一番探すことができる イエウール
  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門の数少ない不動産会社 ソニー不動産

の3つを特オススメしています。

もちろん筆者自身も3回一括査定を利用(「 イエウール 」「 すまいValue 」「 HOME4U 」)し、とても満足しているためオススメさせてもらっています。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真です。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し見にくく、そこまでじっくり見る必要はありません。流し読みしてください。

2018提携不動産会社

2018提携不動産会社

上記表を見ると、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「センチュリー21グループ」「東急リバブル」の4社が他の不動産会社に比べて、仲介件数が一桁多いことがわかると思います。

計算してみると日本の不動産売買の仲介件数全体の38.3%をその4社で占めています。

それだけ日本の不動産売買の取引は、大手に偏っているということ。


以上のことからも、筆者としては、最低でもこれら大手に最低でも1社には依頼できないと話にならないと思っています。

欲を言うと2~3社に依頼できたほうがベターです。

そして結論からいうと、「 イエウール 」と「 すまいValue 」を特にオススメしています。


イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

筆者が「 イエウール 」をオススメしている理由は下記の通り。

イエウールは提携している不動産会社が他と比べて圧倒的に多く1,500社あります。

つまり「大手」「中堅」だけでなく、「地方・地域密着」の不動産会社にも依頼ができますので、あなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手や中堅よりも、地域密着の不動産会社の方が、特定の地域に強かったり、社長が自ら相談に乗ってくれるのでサービスが手厚かったりなど良いことも沢山ありますからね。

どうせ同じ1回に申し込みをするのであれば、なるべく多くの不動産会社に相談したほうが、成功する可能性も高いです。

でも、中には変な不動産会社がいるのでは・・・?と心配する人もいますが、安心してください。

イエウールで依頼できる不動産会社は厳重な審査を行っております。

利用者数が1,000万人と一括査定No.1の実力があるため、不動産会社をしっかり選別できているのです。

イエウールはコチラ → https://ieul.jp/

無料カンタン3分

イエウールをチェック

※利用者1,000万人の安心実績!


人口が多い都市にお住まいの方は、国内TOP4のうち3社に唯一依頼ができる「 すまいValue 」も合わせて申し込むことをオススメします。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

大手不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実です。

大手不動産会社は、人口が多い都市は非常に得意としていますので、人口がそこそこ多い都市を売却検討されている方は すまいValue も申し込むといいでしょう。

すまいValueはコチラ → https://sumai-value.jp/

無料カンタン3分

すまいValueをチェック

※超大手の不動産会社をカンタン比較

逆にいうと、すまいValueの弱点は、地方には対応していない可能性が高い点です。

その場合は、1つ目に紹介した イエウール がオススメです。


また、さらに1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で売却を検討されている方は ソニー不動産 も非常にオススメできます。

ソニー不動産

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

ソニー不動産は、エージェン制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

しかも今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえます。

初めてでよく分からない不動産の売却の基礎から成功の秘訣までが学べます。

まずは気軽に相談だけでもしてみると良いでしょう。

ソニー不動産はコチラ → https://sony-fudosan.com/

無料カンタン3分

ソニー不動産をチェック

※今なら不動産売却の成功秘訣DVDがもらえる


何となく不安と思っている方は「 HOME4U 」がオススメです。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループ運営、2001年からサービス開始で歴史No.1と安心感抜群の一括査定。

NTTといえば、かなり審査に厳しいので有名です。NTTの看板を汚すわけにはいきませんからね。

提携不動産会社は1,000社と多くはありませんが、それだけNTTの審査が厳しくなかなか参加できないとも言えるのです。

HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/

無料カンタン3分

HOME4Uをチェック

※NTTグループ&一番の老舗で安心実績


少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産売却成功のシナリオ

  • 【ここにしておけば間違いない】大手・中堅~地域密着まで幅広く不動産会社に相談できる!一括査定の中で利用者数No.1の「 イエウール
  • 【大手のみで安心】超大手の不動産会社に唯一相談できる「 すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門のエージェント制を導入「 ソニー不動産
  • 【どうしても迷うなら】NTTグループ運営、運営歴No.1の「 HOME4U

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

サイト名提携不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
イエウール 1,500社以上全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,500社以上は一括査定No.1
運営歴が浅い
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない
ソニー不動産 ソニー不動産のみ東京・神奈川・千葉・埼玉のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化
・不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる!
一都三県のみしか対応できない
HOME4U 1,000社全国500万人
※2016/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

提携不動産会社が少なめ
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
提携不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
リアリエ パナソニック株式会社のみ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県非公開2018年~リフォームプラン付きで買主に売却提案対応地域が全国ではない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
スマイスター 1,400社全国4400万人
※2018年3月時点
2006年~・売却だけではなく、賃貸した場合の査定も可能運営会社が広告会社

2-2.いくら以上なら売るかを決めておくこと

次に2つ目の「いくら以上なら売るかを決めておくこと」についてです。

実はこれは1つ目の「いくらで売れそうかを知ること」よりも重要なことになります。

上述の売却に10ヶ月もかかってしまったKさんは、この「いくら以上なら売るかを決めておくこと」をやっていませんでした。

Kさんの場合、買い替えではなく、親の介護のため同じ市内の実家に戻るという状況でした。そのため新居は「タダ」であるため、新たな出費は引越代程度でした。

資金的にも時間的にも「焦り」がないのですが「目標」もない状態です。Kさんは売却を実家に移り住んでからゆっくりと開始しました。

Kさんは、単純に高く売れればそれで良いという想いがあったため、一番高い査定額を提示した不動産会社に依頼しました。

いつまでに売りたいという目標もなかったため、当然、値下げにも応じません。高い価格設定のまま、ズルズルと売却活動が続きました。

Kさんのマンションは人気のある住宅街にあったため、ポツポツと買手が順調に現れました。

しかしながら買主の提示してくる価格は、相場並みの価格ではありましたが、自分たちの高い希望価格まで追いつきませんでした。

そうこうしている内に、半年が過ぎ、Kさんは徐々に自分の売出価格が高過ぎることに気付き始めます。

買主の内覧対応もだんだんと面倒臭くなり、9ヶ月目に入り値下げに踏み切りました。

Kさんの方は、既に買主がいくらくらいを提示してくるのが分かっていたため、値下げ後の価格は適正価格となりました。

Kさんも売却活動をもう終わらせたいという想いがあったため、次に現れた買主で売却する決意をしました。

結局、最終的には相場程度の価格で売却できましたが、その価格は最初の3ヶ月間の間に買主から提示された価格と変わりがありませんでした。

結果的には3ヶ月で売却を終わらせても、10ヶ月で売却を終わらせても売却価格に変わりは無かったということになります。

2-3.マーケットの外部事情と売主自身の内部事情

pexels-photo-28462

このようにKさんの売却期間が長引いた原因は、「いくら以上なら売るかを決めておくこと」をしていなかったためです。

このハードルを決めるのは売主自身の内部事情になります。一方で、「いくらで売れそうかを知ること」はマーケットの外部事情になります。

外部事情は自分で決めることは出来ませんが、内部事情は自分で決めるしかないのです。

「いくら以上なら売るか」というのは、売主の個人的な内部事情になります。内部事情は売主それぞれによって異なります。

自分の貯蓄や次の新居に必要な頭金などによっても金額が変わってきます。Kさんのように実家に戻る人であれば頭金を必要としない人もいます。

もちろん、どのような内部事情であっても高く売りたいというのは共通の想いです。

しかしながら、「いくら以上なら売るか」はマーケットの外部事情を把握しないと決定できません。

高く売りたくても、マーケット価格を逸脱したハードルを設定することは出来ないからです。

ここまで不動産を予定通り売却するための準備について見てきました。

最後に予定通りの期間に売却できなかった場合の対処法についてご紹介します。

3.予定通りの期間に売却できなかった場合の対処法

予定通りの期間に売却できなかった場合の対処方法としては、

  1. 値段を下げる
  2. 不動産会社を変える
  3. 「①値段を下げると②不動産会社を変える」

のミックスを行うという3通りの対処法が考えられます。それぞれ詳しく解説します。

3-1.値段を下げる

初めに「①値段を下げる」についてお話しします。

多くの場合、実際の売却額は不動産会社の査定額よりも低くなるケースが多いです。そのため、ほとんどの売主の方が最終的に値下げという行為を行っています。

それは不動産会社が「弊社ならこの金額で売却できますよ」と高い査定額だけを提示し、実際にはその金額では売れないというケースが多いためです。

そもそも売主の判断を誤らせるような高い査定額を提示する不動産会社も悪いのですが、それを盲目的に鵜呑みにしてしまう売主にも多少問題はあります。

結局のところ、不動産価格は「この不動産欲しい!」と思う買主が2人以上競合しない限り値段が吊り上がることはありません。

入札形式を取らない個人の不動産売却においては、基本的に相場よりも高い金額で売却をするのは難しいのです。

売出価格が少し高いかなと感じている人であれば、まずは相場程度に価格を見直す必要があります。

価格を下げることが早期に売却する最も効果的な対策となるのです。

3-2.不動産会社を変える

pexels-photo-119694

次に「②不動産会社を変える」についてお話しします。

不動産会社と専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約を結んでいる人は、通常、3ヶ月間の契約を締結している方が多いです。

3ヶ月以降は、この専任媒介契約は当然に更新される訳ではありません。

3ヶ月間、不動産会社に売却をさせてみて、結果が出ないようであれば、不動産会社を変えましょう。

この際、新たに不動産会社と契約する場合は、複数の会社と一般媒介契約を締結することをオススメします。

各社に「いくら以上であれば、早い者勝ちです」という条件を伝えておけば、その中でやる気のある会社は頑張って買主を見つけてくれます。

不動産会社にとってみれば、仲介手数料も早い者勝ちのため、買主探しも急がなければならない理由が生じるのです。

不動産会社を何社も見つけるには、前章でも紹介した一括査定サイトを使うといいでしょう。オススメはHOME4Uになります。

イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

以上、売却がうまくいかなかった人向けの対処法です。

まとめると「①値段を下げると②不動産会社を変える」で、これらをミックスを行えば、さらに効果は高まるでしょう。

4.まとめ

いかがでしたか?不動産売却の必要な期間とあらかじめ準備しておくことについて見てきました。

大切なことは、「いくら以上なら売るか」を決めておくという「心の持ちよう」です。査定をしてみて、最低ラインのハードルを決めることから始めましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

26,588view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

25,227view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

245view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

4,900view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.