どの土地活用方法が儲かる?利益が大きい土地活用3選と儲かるためのコツ

ちゃんと活用できる!市街化調整区域で行うべき土地活用4選

相続や譲渡で手に入れた「使う予定のない土地」であれば、どうにか土地活用したいと考えると思います。

もし、あなたが使っていない土地の活用を検討しているのであれば、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 儲かる土地活用は何がある?
  • 儲かるためのコツは何?

そこで今回の記事では、利益が大きい土地活用の方法についてくわしく紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.儲かる土地活用は「リスクをとる」方法

土地活用には様々な手段・方法がありますが、全てが同じ「儲け」を得られるわけではありません。

方法によって儲かる金額は、かなり違ってきます。

実は儲かる土地活用には共通点があり、どれも「大きなリスクをとる」ことが必要不可欠です。

リスクとは「危険」のことで、万が一土地活用が失敗した時に失うものを指します。

土地活用では様々なリスクがありますが、最も大きなリスクは「多額のお金を失う」「高額のローンを背負う」という「お金」に関するリスクでしょう。

土地活用に失敗したら死ぬなんてことは絶対にありませんが、多額のお金を失うことは本当によくあります。

儲かる金額が大きければ大きいほど、失敗した時に失うお金も膨大なものになるはず。

儲かる土地活用とは、まさしく「ハイリスクハイリターン」な方法と言えるでしょう。

土地活用でハイリスクハイリターンな「儲かる方法」は、以下の通りになります。

土地活用でハイリスクハイリターンな「儲かる方法」

  • アパート経営
  • テナントビル経営
  • 福祉施設経営

アパート経営

空き土地を整地した後アパートを建築し、賃貸人を募って家賃収入を得る土地活用が「アパート経営」です。

「アパート建築」という多大なるリスクを払うため、それ相応の儲けを手に入れることができるでしょう。

アパートを建築するための費用は、建築する会社や地域によっても異なりますが、1000万円程度で済むことは絶対にありません。

どんなに安くても3000万円以上の出費になるはずです。場合によって億単位になることも。

自己資金で多額の建築費用を賄えることはなかなかないため、アパート経営専用の「不動産投資ローン」をつかって、資金を捻出することになるでしょう。

多額の借金大きなリスクを背負う代わりに、家賃という非常に高収益かつ安定した収入を手に入れることができるのが、アパート経営の最大の魅力です。

立地や家賃設定にミスがなければ比較的儲かる確率が高いため、リスクが大きいながらも多くの人に選ばれている土地活用の代表的な方法と言えます。

アパート経営で儲かるためには、とにかく立地にこだわること

駅の近くや学校周辺の土地ならば、アパート経営で儲かる確率はかなり高いです。

アパート経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 ...

続きを見る

テナントビル経営

空き土地に小規模のビルを建てて、法人や事業者に賃貸するのが「テナントビル経営」です。

建築するのは小規模ながら「ビル」なので、初期投資に必要な資金も莫大な金額になります。

少なくても5000万円、大抵の場合は億単位になることが多いでしょう。

テナントビルは法人や事業者に貸し出す不動産なので、一般的な賃貸アパートの数十倍の賃料を得られるのが魅力。

入居時に請求する各種手数料や礼金も、賃貸アパートの数倍に設定することが可能です。

事業者や法人は拠点を変更するのに多大な労力を割くため、一度入ったテナントビルからはなかなかでないという利点もあります。

テナントビル経営で儲かるためのコツは、建築前に利用してくれる事業者または法人を獲得しておくこと。建築してから利用者を募っていては、遅すぎます。

福祉施設経営

土地活用の方法としてはまだまだ浸透していませんが、密かに注目を浴びつつあるのが「福祉施設経営」です。

空き土地に福祉施設を建築して利用者を募り、毎月の利用料によって利益を得る方法です。

昨今の高齢化問題によって、全国的に福祉施設が足りていません。

そこに注目した一部の投資家が「儲かる土地活用」の手段として、福祉施設運営を選択しています。

利用者の数を充実させることができれば、儲かる土地活用になってくれるはずです。

しかしリスクを多大に秘めている方法であるもまた事実。

福祉施設建築のための費用は億単位になることが多いですし、専用の設備や機材をそろえる必要があります。

福祉施設を儲かる事業にするためには、日ごろの事業でミスをしないことでしょう。

福祉施設における業務のミスは、事業そのものを潰してしまう「致命傷」になりますので要注意です。

2.選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

アパート経営や駐車場、テナントビル経営や福祉施設経営など、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

儲かる土地活用の方法と儲かるためのコツについて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

土地活用で莫大な利益を生み出す可能性のある方法は、どれもそれ相応のリスクをとる方法だったことを理解いただけたと思います。

今後土地活用にチャレンジする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,945view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,467view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書