リフォームの相場はどれぐらい?相場の決まり方と費用を抑える2つのコツ

更新日:

 築年数が経ってきて傷みや汚れが目立つ自宅をそろそろリフォームしようかなと考えた時、まず気になるのがリフォームにかかる費用です。

工事の内容によって金額が変わるというイメージは何となくついたとしても、いわゆる相場がどれくらいなのかが分からないまま検討を進めるのは不安…という人は多いのではないでしょうか。

リフォームの費用の相場は、住宅の種類や築年数による経年劣化の程度、工事内容などさまざまな条件によって異なります。

とはいえ、近い条件の相場を事前に知っておけば見積書のチェックやリフォーム業者の決定時に参考になるものです。

そこでこの記事では、リフォーム工事関係の費用の内訳と条件による相場をつかんだ上で、リフォーム費用を抑えるポイントについて解説します。

1.リフォームの費用はどう決まる?

リフォームにかかる費用の相場を知るには、基本的な知識としてリフォームの費用にはどういった項目があるのかを知っておく必要があります。

まずはリフォームの費用の内訳をつかんでおきましょう。

ポイント

  • リフォーム工事にかかる費用:材料費、施工費、諸経費
  • リフォーム工事以外にかかる費用:設計費用、仮住まいの費用、確認申請の費用

ではひとつずつ詳しく見ていきます。

リフォーム工事にかかる3つの費用

1.材料費

工事をする箇所に設置する材料本体の費用です。

キッチンであればキッチン本体や食器洗い機、加熱機器、吊戸棚、化粧パネルなど、浴室であれば浴槽や水栓金具、タオル掛けやカウンターなどの部材といった部分です。

内装リフォームであれば壁紙やフローリング、畳、ドアなど、外まわりのリフォームであれば屋根材や外壁材がこれにあたります。

2.施工費

リフォーム工事で使う材料を設置・施工する費用です。

給排水設備の配管や電気設備の配線、断熱工事の断熱材充填など作業にかかる費用のことで、いわゆる職人の人件費と考えると分かりやすいでしょう。

3.諸経費

リフォーム工事は材料と職人がそろっていればできるというものではありません。

工事の日程を調整したり現場の進捗状況をチェックする現場管理にかかる費用や、材料を運搬したり資料を作成したりするのにかかる費用が諸経費として加算されます。

スムーズにリフォーム工事を進めるためには不可欠な費用です。

リフォーム工事以外にかかる3つの費用

1.設計費用

比較的規模の大きなリフォーム工事では、間取りを変更するケースが多いことから設計作業が必要になります。

無駄がなく生活動線を考えた間取り、適切な収納スペースの広さなど、プロでなければ判断できない部分は設計してもらわなければいけないため、その費用がかかります。

2.仮住まいの費用

リフォーム工事が住宅の半分以上の範囲に及ぶ場合は、家財道具を他の部屋に移動させながらひとつずつリフォームするというわけにはいきません。

かといって家財道具をトランクルームなどに預けると日常生活に支障が出ますから、工事期間中は仮住まいをするほうが何かとスムーズです。

ウイークリーマンションやマンスリーマンション、ホテルなどで仮住まいするとなると、利用料や宿泊費が必要です。

3.確認申請の費用

リフォーム工事の中でも増築を行う場合は、建築確認申請を提出する義務があります。

申請にかかる資料の準備や窓口への申請はリフォーム業者に依頼することになりますから、そのための費用がかかります。

ではここで再度まとめておきます。

ポイント

  • リフォーム工事にかかる費用:材料費、施工費、諸経費
  • リフォーム工事以外にかかる費用:設計費用、仮住まいの費用、確認申請の費用

これ以外にも工事請負契約の際の印紙代、材料の搬入出用のトラックや職人の車をとめるための駐車場代などがかかることも覚えておきましょう。


以上、ここまでリフォームやそれに付随してかかる費用の種類について見てきました。

どんな費用があるのかをつかむことで、リフォームの費用の概要が理解できたと思います。

そこで気になるのは、リフォームの費用の相場でしょう。

工事によってどれくらいの費用がかかるものなのかを把握しておけば、リフォームの見積を検討する上で便利です。

次の章では、リフォームの費用の相場について見ていきます。

2.リフォームの費用の相場

リフォーム工事の費用は、さまざまな項目にかかる費用の積み上げであることは理解できたと思います。

その上で、費用の相場をつかむには次の2点をポイントとして考えていくといいでしょう。

ポイント

  1. 戸建かマンションか
  2. リフォームを行う箇所

ではひとつずつ詳しく見ていくことにします。

ポイント1.戸建かマンションか

同じリフォームを行うとしても、戸建とマンションとでは自分でできるリフォームの範囲や内容の制限など条件が異なるため、相場も同じではありません。

戸建とマンション、それぞれの費用の相場はどのようになっているのでしょうか。

戸建のリフォーム費用の相場

戸建住宅は施主が100%所有権を持っているため、基本的にどの部分でもリフォームを自由にできます。

住宅設備や内装の交換といった小規模なものから間取り変更などの中規模なもの、住宅内部に加えて屋根や外壁といった外まわりも対象とする大規模なものまでリフォーム工事の範囲はさまざまです。

さらに、築年数や立地、周辺環境などによって住宅の劣化の程度は違いますから、費用の変動は大きいと言えるでしょう。

とはいえ一般的な費用の相場はあります。

間取り変更を行うほぼ住宅全体のリフォーム工事の場合、費用の相場は400~600万円前後と言われています。

戸建は建て替えかリフォームかによって費用が変わる

屋根や柱、基礎といった構造体を既存のまま生かして内部だけを全面的に作り変える工事を全面リフォームというのに対して、既存部分をすべて解体して一から作り上げていく工事を建て替えと言います。

建て替えになると1,000万円を超えるケースは少なくありません。

予算を抑えながらリフォームしたい場合は、既存部分を上手に生かしながら部分的にリフォームすることも検討したいものです。

マンションのリフォーム費用の相場

マンションのリフォームの場合は、自分でリフォームできる範囲が限定されているので注意が必要です。

マンションの建物部分は専有部分と共有部分とに区分されていて、リフォームできるのは専有部分のみです。

専有部分とは居住している住戸の内部をさしますが、玄関ドアや窓サッシ、バルコニーなどは自分たち家族だけが使っていても共有部分なのでリフォームはできません。

リフォームできる専有部分を全面リフォームする場合の相場は300~500万円と言われています。

マンションは管理規約に注意

マンションはあくまでも共同住宅ですから、たとえ専有部分であっても自己判断で勝手にリフォーム工事を進めることはできません。

たとえばガスコンロをIHヒーターにするリフォーム工事をしたい場合、IHヒーターに必要な200ボルトの電源工事が必要です。

ただし、マンション全体で200ボルト電源を追加配線できる容量は決まっているため、まず200ボルトの電源を増設していいかどうかを管理会社に確認した上でOKが出れば工事ができるという流れになります。

こうした確認はマンションそれぞれに決められている管理規約に沿って行われますから、リフォーム工事を検討する際はまず管理会社に確認を取ることが必要です。

ポイント2.リフォームを行う箇所

次にチェックしたいのはリフォーム工事を行う箇所です。

リフォーム工事の内容だけでなく、劣化の程度や配管・配線設備の有無などによっても変わりますが、おおよその費用の相場をまとめました。

水まわり

キッチンや浴室、洗面室、トイレなどの水まわりは、使用頻度が高いこともあって劣化が早い箇所です。

また新築時から時間が経つと、ライフスタイルと既存の住宅設備の機能とがリンクしにくくなってくることもあって、リフォーム工事を行う箇所の代表と言えます。

キッチンだと100~150万円が相場ですが、設備交換とそれにともなう内装の補修であれば100万円以内におさまることも多いでしょう。

浴室はユニットバスからユニットバスへ設備交換するだけなら60~80万円前後、在来浴室からユニットバスに変えるなら80~100万円前後です。

洗面室やトイレは一般的な設備交換だけなら30~50万円が相場と言えます。

外まわり

外壁の塗り替えや貼り替えは60~90万円前後が相場とされています。

屋根の場合は塗り替えだけなら80万円前後、葺き替えや重ね葺きであれば既存の屋根材の処理費用を含めて100~130万円が相場です。

内装

リビングや個室、水まわりなどの床や壁紙を貼り替える内装リフォーム工事は、施工の手間は同じなので材料のグレードによって費用が上下します。

20畳程度の部屋で標準のグレードの材料を使ったリフォームなら、相場は30~40万円あたりです。

住宅全体(間取り変更)

住宅全体の間取りを変更するリフォームとなると、一般的な住宅設備や内装の交換作業に加えて既存部分の解体や水まわりの配管移動、電気設備の配線移動なども発生します。

少なくとも120~150万円程度はかかるでしょう。通常は200~300万円前後が相場です。

では最後にもう一度まとめておきます。

ポイント

  1. 戸建かマンションか
  2. リフォームを行う箇所

リフォームの費用の相場はあくまでも参考です。

自分が希望するリフォーム工事の内容や既存の劣化の程度など、さまざまな条件を総合的に判断してリフォーム工事の費用が妥当かどうかをチェックしていくことが大切です。


以上、ここまでリフォームの費用の相場を建物の種類や工事箇所によって見てきました。

具体的にリフォームを検討している人も、リフォームをしたいけれど内容が絞り切れていない人も参考になったのではないでしょうか。

費用の相場を知って高いと思ったら、工夫して費用を抑えたいと考えるのは自然なことです。

次の章では、リフォームの費用を抑えるポイントについて解説します。

3.リフォームの費用を抑える2つのコツ

ここまでは、リフォームの費用の内訳と相場について見てきました。

リフォーム工事を行う上でどのような費用がかかるのか、どれくらいの費用がかかるのかをつかんでおくと、予算を立てやすく見積書のチェックにも役立ちます。

さらにここからは、リフォームの費用を抑えるポイントをつかんでおきましょう。

リフォームの費用を抑えるには、次の2つのポイントをもとに考えていきます。

ポイント

  1. 材料費を抑える
  2. 施工費を抑える

ではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

コツ1.材料費を抑えるためには

リフォームのプランを考えていく際に、商品を選ぶのは楽しいものです。

しかし希望やこだわりを優先しすぎるとグレードの高い商品ばかり選んでしまい、材料費が跳ね上がってしまうというケースは少なくありません。

特に機能性については、多機能であればいいかというと必ずしもそうではなく、必要な機能が搭載されていれば標準グレードの商品でも十分使い勝手に満足できます。

デザインや機能、サイズなどが希望に近いかをよくチェックして、現実の生活に即したグレードの商品を選ぶと費用を抑えやすくなります。

また、どうしても妥協できない、妥協したくない住宅設備や内装材があるなら、それは我慢せずに採用するのがおすすめです。

その代わり、あまりこだわりがない部分の材料は安価なタイプにするという選択のメリハリをつけるといいでしょう。

コツ2.施工費を抑えるためには

施工費を抑える方法としてもっとも簡単なのは、できるだけまとめて工事を行うという方法です。

なぜかというと、現場の養生費用や撤去した材料の処分費用、職人の人工代などをその都度一から積算する必要がなくまとめて1回で対応できるからです。

複数の工事を分けて契約すると、一見ひとつひとつのリフォーム工事費用は安く見えますが、こうした重複する費用を都度支払うことになりますから結果的に割高になってしまいます。

複数のリフォーム工事があるなら、できるだけまとめて施工することを考えましょう。

また、住宅の内部も外部も、劣化の進行を防ぐために定期的なメンテナンスをしっかりしておくことが重要です。

既存部分の状態がよければ補修や交換が不要になりますから、リフォーム工事の費用を抑えやすいです。

さらに、施工時期も検討する余地があります。

気候がいい春や秋はリフォーム工事が増えることから職人を確保するのが難しく、施工費が上がりやすくます。

工事の開始時期を前後に少しだけずらすだけで、同じリフォーム内容でも施工費を抑えられると知っておくと便利です。

リフォームの費用を抑えるこの2つのポイントを意識しながらリフォームを検討するといいでしょう。

リフォームをするなら必ず相見積もりを取る

リフォームとなると、小規模な工事から大規模な工事まであります。

対象の工事内容に合わせて材料の数量や人工代などの見積り方が少し変わるだけでも、差額が出やすい規模です。

「知り合いの工務店に依頼するから」と他社に見積を取るのを迷うケースは少なくありませんが、1社だけの見積ではそれが相場の金額なのかを判断することは難しいでしょう。

大きなお金が発生するリフォームをするわけですから、相場金額や工事内容を比較するためにも2~3社に相見積もりを取るのが一般的です。

業者によって提案力や施工力は違いますから、同じ要望を伝えても提案プランが異なるのはよくあること。

大きな金額を住宅に投資するのですから、必ず比較検討して選択していくようにしましょう。

概算段階で気に入った見積やプランを提案してくれたリフォーム業者には、現場調査をしてもらった上で正式見積を出してもらいます。

この時に一緒に平面図や展開図、矩計図といった各種図面が提示されますから、見積と照らし合わせながら内容を精査するようにしましょう。

複数社の相見積もりはリショップナビがオススメ

複数社の相見積もりを取るなら「 リショップナビ 」がオススメです。

リショップナビは、厳選された全国1,800社が参加しており、あなたのリフォーム内容に合うリフォーム会社が自動的にマッチングされて相見積もりが取れるサービス。

リフォーム会社によって、リフォームの質、値段は全然違います。

必ず「 リショップナビ 」で相見積もりを取りましょう。

リショップナビはコチラ →  https://rehome-navi.com/

まとめ

リフォームの費用はさまざまな条件の組み合わせで上下します。

しかし、せっかくリフォームするのですから、希望をしっかりかなえて満足度の高いリフォームをしたいですね。

この記事を参考にリフォームの費用の相場をつかみ、より費用対効果の高いリフォームを進めましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

36,488view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

31,027view
不動産一括査定のロゴ一覧

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

1,245view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

8,100view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-リフォーム

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.