マンション売却 不動産売却 家売却

不動産売却で内覧を実施する前にリフォームを行うべきなのか

投稿日:2016年4月30日 更新日:

マンションや一戸建てなどの不動産を売却することになった際に、リフォームの検討をする人がいます。

  • リフォームした方が売却に有利なんだろうか?
  • どういう状態だったらリフォームした方がいいのか?
  • リフォームしないとしてもどれぐらい清掃すればいいんだろうか?

いくら大事に使っていたとしても、年数を重ねるごとにどうしても汚れてしまいます。なので、不動産を売る人が多くが上記のような悩みに直面します。

そこで今回の記事では、マンションや一戸建ての不動産売却で内覧をしてもらう前にリフォームすべきなのか否か、どれぐらいまでは最低限実施するべきなのかについて徹底的に検証して解説しています。

この記事を読むことで、不動産売却前に家に対してするべきことが分かりすっきりするでしょう。

1.売り出す前にリフォームはすべきではない

pexels-photo-196761

まず本題でもあるマンションや一戸建てなどの不動産を売却しようとした際に、売り出す前にリフォームをすべきなのかどうかについて解説します。

最初に結論から申すと「リフォームはすべきではない」と思っています。

1-1.リフォームはすべきではない理由

理由は、あなたがリフォームをしたところで、それが買主にとってはいいリフォームでは可能性が高いためです。家の大きさにもよりますが、リフォームをするとどんだけ安くても200万円は掛かります。

では、その価格分だけ買主の満足度に繋がるかというと決してそうではなく、売却金額に乗らないことがほとんどです。

じゃあ何もしなくても良いのでしょうか?決してそうではなくすべきことがあります。次に解説します。

2.売り出す前にしておくべき2つのこと

マンションや一戸建てを売りに出した際は、内覧を行うことがほとんどです。

内覧をした際に汚れているだけの状態であれば、買主側が購入した時のリフォーム後を想像するのは難しく、なかなか買い手が付かないことになってしまいます。

そこで以下2点を行うことをオススメしています。

  1. リフォーム会社にリフォーム後のイメージ図を何枚か作ってもらう
  2. 最低限の修復は行う

それぞれ詳細を説明します。

2-1.リフォーム会社にリフォーム後のイメージ図を作ってもらう

black-and-white-interior-macbook-drawing-71983

リフォームすることはありませんが、内覧に来てもらえる買主にリフォーム後を想像してもらえるようにイメージ図を用意するのは最低限やっておいてください。

リフォーム後のイメージ図を作るのが得意なのは、もちろんリフォーム会社です。

リフォームを依頼する必要はありませんが、仮にリフォームをした場合のイメージ図をいくつか作ってもらう依頼は必ずしましょう。

いくつかイメージ図を作ってもらったら、100円均一ショップなどに売っている厚紙やボードに貼り付けて、しっかり内覧で見てもらえるように置いておきましょう。

そうすることで、リフォームで200万円など掛ける必要もなく、買主にあなたの不動産(マンションや一戸建て)の魅力を見せることが出来ます。

2-2.最低限の修復は行う

長く住んでいた一戸建てやマンションはどうしても内部が痛んでおりガタがきてしまいます。

前章で紹介したようにリフォームをする必要はありませんが、最低限の修復はしておいた方が、一戸建てやマンションを高く売却できる可能性は高くなります。

少し古いアンケートにはなりますが、2007年のAll Aboutの「家選びでゆずれない点は?」によると、上から順に下記のような順位になっています。

  1. 立地
  2. 周辺環境
  3. 日照・風通し
  4. 水まわり(キッチン、バス、トイレ)
  5. 耐震性・構造
  6. 間取り
  7. 収納
  8. 価格
  9. 広さ
  10. 駐車場

1~3のものは、全て立地環境になりますので、どうしようもありません。但し、内覧会に来てもらっているという事は、ある程度はあなたの立地環境に問題ないと思っているということです。

注目頂きたいのが「4.水回り(キッチン、バス、トイレ)」ですが、これを見るとリフォームしたほうがいいじゃんと思われるかもしれませんが、そうではありません。

私が長年この業界で働いてきた経験からすると、下記のような理由が入っています。

  • 水の流れが悪い
  • トイレのドアの取っ手が壊れている
  • バズのガラスが割れている

この様な状態になっているのであれば、私の経験からすると間違いなく修復はしておいた方がいいと思います。

大したこと無い様に思えますが、このようなことがあると、「大切に使われてきていない家なんだな…」と買主は思ってしまい、急に購買意欲が萎えてしまいます。

人間はとても感情に揺さぶられる動物です。リフォームするまでは無くても、大切に使用しているのを全面に出すように心がけましょう。

内覧前に実施すべき項目や注意点については「不動産売却の内覧で失敗する2つの理由と実施しておくべき9つ」をご確認ください。

3.まとめ

いかがでしたか?不動産売却の内覧前にリフォームすべきではない理由と最低限しておくべき事を理解頂けましたか?あなたが満足する不動産売却を行うためにも、しっかり心得ておきましょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者はNTTグループが運営しており、「個人情報をしっかり管理」「NTTによる厳しい審査を通過した不動産会社のみ提携」「運営歴、利用者数がNo.1」のHOME4Uをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、HOME4Uで依頼できる不動産会社を確認する。あまり不動産会社が見つからないということであれば、少し提携不動産会社数が多いイエイイエウールも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

-マンション売却, 不動産売却, 家売却
-

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.