横浜で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識

更新日:

関東人であれば、一度は住んでみたい街、「横浜」。SUUMOが調査発表した関東の住みたい街総合ランキング2016では、横浜駅は堂々の3位に選ばれています。

このように人気のある横浜ですが、これから横浜で不動産を売却しようとする人の中には

  • 横浜で不動産を売却するときのおすすめ方法を知りたい
  • 横浜で不動産売却をするときに気を付けなければならないことを知りたい

と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事では横浜で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識についてまとめました。

横浜の不動産売却で注意することや、どういう不動産が高く売れる傾向にあるか、おすすめ方法、不動産売却をスムーズに行うコツなどをご紹介いたします。

ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。徹底解説していきます。

スマイスター

1.横浜で不動産を売却するときに注意すること

pexels-photo-211122

1-1.横浜は最も便利なベッドタウン

日本で2番目に大きな都市はどこかと聞かれた時、「大阪」と答える人は多いのですが、実は違います。

東京を除いて市区町村の人口で見ると、1位はなんと「横浜市」となります。

東京以外の人口では、1位の横浜市が約370万人、2位の大阪市が約270万人、3位の名古屋市が約230万人と続きます。横浜市は大阪市よりも約100万人も多い日本で2番目の大都市なのです。

横浜の人気の最大の理由は「東京のベッドタウン」であることです。

東海道本線を使うと東京駅からは27分で横浜に到着します。

また東京の西側にある横浜は、渋谷や新宿へのアクセスも良く、サラリーマンの通勤には便利です。

1-1-1.断トツに便利なベッドタウンの横浜

他にも東京のベッドタウンは「さいたま市」や「千葉市」といった政令指定都市がありますが、渋谷や新宿といった東京の西側へのアクセスを考慮すると、横浜市は断トツ便利なベットタウンと言えます。

また横浜は幕末の外国人居留地として開放された歴史もあり、街並みにもいち早く外国文化を取り入れてきました。

洗練されたハイセンスな街並みはイメージが良く、観光やデートスポットとしても人気があります。

そのため横浜には多くの市外の人たちが訪れる機会があり、「いつか横浜に住んでみたい」と思わせる街でもあります。

都内からも結婚を機に横浜へ移住するファミリーも多く、外部からの移住者も横浜市内の旺盛な住宅需要を支える要因となっています。

1-2.人気が高過ぎるが故の規制

一方で、住宅地として高い人気を誇る横浜は、マンション開発に多くの規制を設けています。

横浜市では各種建築の条例を設けており、新築マンションを建設がしにくくなっています。横浜はあまりにもマンション人気が高いため、規制をしないと街中がマンションだらけになってしまうからです。

みなとみらい周辺にはたくさんの大きな空地が残っていますが、マンションが建ち並ばないのは横浜市の規制が厳しいためと言えます。

1-2-1.新築マンションの供給が少ない

そのため横浜市は新築マンションの供給が多くありません。

例えば、国内のタワーマンションの高さランキングの中にも、トップ10の中にも横浜のマンションはありません。

トップ10の中には大阪市の物件が2つ、川崎市の物件が2つ、都内の物件が5つ、神戸市の物件が1つ入っていますが、住宅地として人気の高い横浜のタワーマンションは1つもランクインしていません。

これは横浜市がマンション建築に厳しい規制を設けているためでもあります。

1-3.横浜は中古マンションが熱い

逆に新築マンションの供給が少ないのに、住宅地として人気が高いということは、横浜は中古マンション市場がかなり活発化していると言えます。

2014年に東京カンテイが調査した中古マンションの値上がりランキングでは、首都圏で最も中古マンションが値上がりした駅はみなとみらい線の「元町・中華街」駅でした。

「元町・中華街」駅周辺の中古マンションは、10年前と比べて約1.6倍の値上がりとなっており、他の東京勢を押さえての堂々の1位となりました。

1-4.一社だけの査定には注意

このように、横浜の中古マンションは値動きが激しいということが注意点です。

売却前の査定に際しても、複数の不動産会社から査定を取ることをオススメします。

中古マンションは築年数や共用部の設備、修繕費・管理費等によって査定額も異なります。

近隣のマンションでも築年数や設備が異なれば、坪単価が違います。また同じマンションであってもバルコニーの向きや階数によっても値段は異なってきます。

タダでさえマンション査定は難しいのですが、横浜の場合はさらに値上がり要素も加わります。一社だけの査定額を妄信せず、他社の意見も聞いてみましょう。

複数の査定を依頼するオススメは「不動産一括査定サイト」を利用することです。

1-4-1.不動産一括査定のオススメは 「イエウール」「すまいValue」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

中でも複数かつ信頼できる不動産会社を比較できる8つのサービス(サイト)に厳選。

その中でも

  • 大手から地域密着の不動産会社を一番探すことができる イエウール
  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門の数少ない不動産会社 ソニー不動産

の3つを特オススメしています。

もちろん筆者自身も3回一括査定を利用(「 イエウール 」「 すまいValue 」「 HOME4U 」)し、とても満足しているためオススメさせてもらっています。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真です。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し見にくく、そこまでじっくり見る必要はありません。流し読みしてください。

2018提携不動産会社

2018提携不動産会社

上記表を見ると、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「センチュリー21グループ」「東急リバブル」の4社が他の不動産会社に比べて、仲介件数が一桁多いことがわかると思います。

計算してみると日本の不動産売買の仲介件数全体の38.3%をその4社で占めています。

それだけ日本の不動産売買の取引は、大手に偏っているということ。


以上のことからも、筆者としては、最低でもこれら大手に最低でも1社には依頼できないと話にならないと思っています。

欲を言うと2~3社に依頼できたほうがベターです。

そして結論からいうと、「 イエウール 」と「 すまいValue 」を特にオススメしています。


イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

筆者が「 イエウール 」をオススメしている理由は下記の通り。

イエウールは提携している不動産会社が他と比べて圧倒的に多く1,500社あります。

つまり「大手」「中堅」だけでなく、「地方・地域密着」の不動産会社にも依頼ができますので、あなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手や中堅よりも、地域密着の不動産会社の方が、特定の地域に強かったり、社長が自ら相談に乗ってくれるのでサービスが手厚かったりなど良いことも沢山ありますからね。

どうせ同じ1回に申し込みをするのであれば、なるべく多くの不動産会社に相談したほうが、成功する可能性も高いです。

でも、中には変な不動産会社がいるのでは・・・?と心配する人もいますが、安心してください。

イエウールで依頼できる不動産会社は厳重な審査を行っております。

利用者数が1,000万人と一括査定No.1の実力があるため、不動産会社をしっかり選別できているのです。

イエウールはコチラ → https://ieul.jp/

無料カンタン3分

イエウールをチェック

※利用者1,000万人の安心実績!


人口が多い都市にお住まいの方は、国内TOP4のうち3社に唯一依頼ができる「 すまいValue 」も合わせて申し込むことをオススメします。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

大手不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実です。

大手不動産会社は、人口が多い都市は非常に得意としていますので、人口がそこそこ多い都市を売却検討されている方は すまいValue も申し込むといいでしょう。

すまいValueはコチラ → https://sumai-value.jp/

無料カンタン3分

すまいValueをチェック

※超大手の不動産会社をカンタン比較

逆にいうと、すまいValueの弱点は、地方には対応していない可能性が高い点です。

その場合は、1つ目に紹介した イエウール がオススメです。


また、さらに1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で売却を検討されている方は ソニー不動産 も非常にオススメできます。

ソニー不動産

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

ソニー不動産は、エージェン制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

しかも今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえます。

初めてでよく分からない不動産の売却の基礎から成功の秘訣までが学べます。

まずは気軽に相談だけでもしてみると良いでしょう。

ソニー不動産はコチラ → https://sony-fudosan.com/

無料カンタン3分

ソニー不動産をチェック

※今なら不動産売却の成功秘訣DVDがもらえる


何となく不安と思っている方は「 HOME4U 」がオススメです。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループ運営、2001年からサービス開始で歴史No.1と安心感抜群の一括査定。

NTTといえば、かなり審査に厳しいので有名です。NTTの看板を汚すわけにはいきませんからね。

提携不動産会社は1,000社と多くはありませんが、それだけNTTの審査が厳しくなかなか参加できないとも言えるのです。

HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/

無料カンタン3分

HOME4Uをチェック

※NTTグループ&一番の老舗で安心実績


少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産売却成功のシナリオ

  • 【ここにしておけば間違いない】大手・中堅~地域密着まで幅広く不動産会社に相談できる!一括査定の中で利用者数No.1の「 イエウール
  • 【大手のみで安心】超大手の不動産会社に唯一相談できる「 すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門のエージェント制を導入「 ソニー不動産
  • 【どうしても迷うなら】NTTグループ運営、運営歴No.1の「 HOME4U

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

サイト名提携不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
イエウール 1,500社以上全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,500社以上は一括査定No.1
運営歴が浅い
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない
ソニー不動産 ソニー不動産のみ東京・神奈川・千葉・埼玉のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化
・不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる!
一都三県のみしか対応できない
HOME4U 1,000社全国500万人
※2016/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

提携不動産会社が少なめ
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
提携不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
リアリエ パナソニック株式会社のみ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県非公開2018年~リフォームプラン付きで買主に売却提案対応地域が全国ではない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
スマイスター 1,400社全国4400万人
※2018年3月時点
2006年~・売却だけではなく、賃貸した場合の査定も可能運営会社が広告会社

以上、横浜で不動産を売却する時の注意点について見てきました。

次に横浜ではどういう不動産に人気があるのかについて見ていきます。

2.横浜の不動産はどういうものが人気があるのか

pen-idea-bulb-paper

2-1.横浜で人気エリアは東急東横線~みなとみらい線沿線

横浜での人気のエリアは東急東横線~みなとみらい線沿線です。中でも人気のある駅は「日吉」駅です。

「日吉」駅は自由が丘や中目黒といった都内のオシャレスポットへのアクセスも良く、また慶応大学の日吉キャンパスもあることから住環境にも優れています。

横浜方面にも近いため、休日には横浜ベイエリアの散策も楽しめることが出来ます。

2-1-1.「桜木町」駅周辺も根強い人気がある

またJR沿線ではJR京浜東北線の「桜木町」駅周辺も根強い人気があります。少し中心街に近すぎる部分はありますが、横浜や品川など周辺へのアクセスが抜群です。

桜木町は昔から知名度があり、ショッピングモールや遊園地も整備され、住んで楽しい街となっています。

その他にも横浜には人気の住宅地がたくさんあります。

横浜市内の区としては港北区、都筑区、青葉区といった北側の区も人気があります。

他の沿線としては田園都市線沿線もブランド力の高い街であると言って良いでしょう。

以上、横浜の不動産はどういうものが人気があるのかについて見てきました。

次に横浜で不動産売却するときのおすすめ方法についてご紹介します。

3.横浜で不動産売却するときのおすすめ方法

pexels-photo-95916

横浜は新築マンションの供給が少ないため、中古マンションは売り方次第では高く売れる可能性が有ります。

逆に不動産会社からしてみると、横浜では中古マンションは売りやすい物件であるため、是非とも専任媒介契約で自社だけで仲介を行いたいとも言えます。

不動産会社にしてみれば、売りやすい物件ほど、専属専任媒介契約や専任媒介契約によって独占的に不動産仲介を行いたがるのです。

一方で、売主にとってみると、売却しやすい物件は、不動産会社を1社だけに絞る必要はありません、

A社なら高く売れて、B社では安くしか売れなかったというケースもあり得ます。

横浜の中古マンションは高く売れる可能性も含んでいるため、一般媒介で複数の不動産会社に依頼をし、チャンスを広げましょう。

横浜で中古マンションを売るときのオススメの方法としては、最初から一般媒介で貫き通すという方法があります。

一般媒介は不動産会社をたくさん見つけなければいけません。前章でも紹介した不動産一括査定、中でもおすすめの イエイ を使って効率よく不動産会社を見つけましょう。

ここまで、横浜で不動産売却するときのおすすめ方法について見てきました。それでは最後に、横浜で不動産売却をスムーズに行うためのコツについて触れます。

4.横浜で不動産売却をスムーズに行うためのコツ

black-and-white-people-bar-men

横浜では市内からの買い替えではなく、市外から憧れを持って横浜に移ってくる人たちも多くいます。

そのような人たちは、横浜での生活を夢見ている一方で、多少の不安も抱いています。

このような人たちに対しては、住んで分かる横浜の魅力や、近くのオシャレなスポット、子供に人気な遊び場などの情報を伝えてあげましょう。

憧れを持っている人たちであれば、最後に元住民から背中を押してもらうことが、購入の意思決定に繋がるのです。

5.まとめ

いかがでしたか?横浜で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識について見てきました。

憧れの街、横浜は今後も益々発展していくことが期待されます。新たに横浜に住む人を快く迎えてあげましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

26,588view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

25,227view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

245view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

4,900view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-地域別の不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.