外国籍の人が不動産を売却するときに必要な書類とその注意点について

投稿日:2017年3月31日 更新日:

日本もグローバル化が進んでいますが、外国籍の人が何かをしようとすると手続きが大変なことが多いです。

そんな大変な手続きの一つに外国籍の方の不動産売却があります。

最近では中国や台湾などのアジアの投資家が日本の不動産を投資目的で購入しています。

彼らは値上りしたタイミングで不動産を売却するため、最近では外国籍の人による売却も増えています。 

外国籍の人の不動産売却に関わっている人の中には、

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
外国籍ならではの不動産売却における特殊な手続きを知りたい・・・
ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
外国籍の人が不動産売却をする際のポイントを知りたい・・・
ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
海外に在住したまま不動産を売却するための手続きを知りたい・・・

と思っている方も多いことでしょう。

そこで今回の記事では「外国籍の人の不動産売却」にフォーカスしてお伝えいたします。

フクロウ先生
フクロウ先生
この記事を読めば、外国籍が不動産を売却するうえで必要となる特有の手続きを理解できるぞ!

ケースごとに細かく書いてあるので、あなたの悩みも解消されるぞ

>NTTグループが運営!利用者数500万人、2001年から運営で安心の実績!<

1.外国籍の方の不動産売却のポイント

1-1.登記に必要な書類

外国籍の方も日本国内で買物をすることは自由です。

不動産も同様で、外国籍の人が日本の不動産を買ったり売ったりすることは自由にできます。

しかしながら不動産の場合、売買に伴い所有権の登記移転が発生します。

この所有権移転が通常のモノの売買とは異なる部分であり、外国籍の人の不動産売買ならではの問題点が生じます。

以下に個人が不動産を売却する際、登記に必要な書類を示します。

  • 権利証または登記識別情報通知書
  • 委任状(司法書士が作成するもの)
  • 固定資産税評価証明書
  • 住民票
  • 印鑑証明書
フクロウ先生
フクロウ先生
これら必要な書類は、外国籍でなくても必ず必要なものだぞ

1-2.ポイントは住民票と印鑑証明書

ここで売主が外国籍の方の場合、「住民票」と「印鑑証明書」の入手がネックとなります。

場合によっては住民票や印鑑証明書の入手に半年以上もかかり、引渡が大幅に遅れる可能性もあります。

売買当事者が外国籍の方がいる場合は、登記必要書類を早めに集めるというのがポイントです。

登記にやたらと時間がかかることを防ぐため、登記書類の早めの確認と早めの入手を心がけましょう。

フクロウ先生
フクロウ先生
外国籍の人は何かと不都合があるので、早め早めに動こう

以上、ここまで外国籍の方の不動産売却のポイントについて見てきました。

それでは外国籍の方の住民票及び印鑑証明書の取得方法について見ていきます。

一般的に外国籍の方は、在留資格などにより

  1. 中長期在留者等、
  2. 中長期在留者等以外、
  3. 海外在住

の3つに分類されます。

2.中長期在留者等に必要な書類と取得方法

2-1.中長期在留者等とは「適法に3か月を超えて在留する外国人」

まず中長期在留者等とはどういう人たちかを見てみます。

本記事の中では、下表の人たちを「中長期在留者等」と略称することにします。

中長期在留者等は、観光などの短期滞在者等を除いた、適法に3か月を超えて在留する外国人であって、市区町村区域内に住所を有する人たちです。

分類 定義
中長期在留者 日本に在留資格をもって在留する外国人であって、3月以下の在留期間が決定された人や短期滞在・外交・公用の在留資格が決定された人等以外の人を指します。
特別永住者 「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」により定められた資格を有する人を指します。
一時庇護許可者 船舶等に乗っている外国人が難民の可能性がある場合などの要件を満たすときに一時庇護のための上陸の許可を受けた人を指します。
仮滞在許可者 不法滞在者が難民認定申請を行い、一定の要件を満たすときに仮に我が国に滞在することを許可された人を指します。
出生又は国籍喪失による経過滞在者 出生又は日本国籍の喪失により我が国に在留することとなった外国人を指します。

2-2.中長期在留者等の住民票

中長期在留者等のように合法的に日本に3か月以上滞在できる人たちは、日本人と同じように住民登録ができます。

以前は外国人登録証という身分証明書がありましたが、平成25年に住民基本台帳法が改正された以降は住民票を作成できることになっています。

そのため、中長期在留者等の方たちであれば、住居地を届け出た市区町村の窓口へ住民票の申請を行うことで、外国人用の住民票をすぐに取得することが可能です。

フクロウ先生
フクロウ先生
まずは外国籍の人が中長期在留者等に該当するかどうかを確認することじゃ

2-3.中長期在留者等の印鑑証明書

また中長期在留者等のように、在日の外国人であれば、その住居を届け出た市区町村に印鑑を登録することができます。

よって印鑑証明書を登録している外国人であれば、印鑑証明書もすぐに取得することが可能です。

しかしながら、海外の多くの国はサインの文化であるため、外国籍の方は印鑑をあまり使用されません。

そのため実態としては印鑑証明書を登録している外国人は少数派です。

フクロウ先生
フクロウ先生
中長期在留者等の確認ができた後は、次に印鑑証明書を登録しているかどうかを確認しよう

印鑑証明書を登録していない場合の措置については、後述します。

以上、ここまで中長期在留者等について見てきました。

それでは次に中長期在留者等以外の外国人について見ていきます。

3.中長期在留者等以外の必要書類と取得方法

3-1.中長期在留者等以外とは「日本に入国している中長期在留者等以外の外国人」

ここでいう中長期在留者等以外の外国人とは、日本に入国している中長期在留者等以外の外国人を指します。

3-2.中長期在留者等以外の住民票

中長期在留者等以外の外国人は、そもそも住民票を登録できません。

日本に住所がないことになっているため、本国の住所を証明する書類が住民票に変わる代替書類となります。

具体的な住民票の代替書類としては、「その国の公証人の認証のある住所に関する宣誓供述書」があります。

住所の宣誓供述書とは、あらかじめ依頼者から本国の住所を聞いたものを宣誓供述書の形式にしておき、それにその国の所属公証人の認証を得たものを指します。

また「在日の当該大使館領事部で認証された宣誓供述書」でも住所を証する代替書類として扱えます。

ただし、大使館によって対応が異なるため、あらかじめ大使館領事部に住所の宣誓供述書の発行の可否を確認しておいた方が良いでしょう。

また、その外国人の本国の住民票のようなもの、つまり「官公署で発行する住所を証する書面(住民登録証明書)」も代替書類となります。

ただし、その書類が本当に住所を証明するものであるかの判断するのに時間がかかるため、実際にあまり用いられることはありません。

フクロウ先生
フクロウ先生
中長期在留者等以外の外国人の場合は、住民票は「住所の宣誓供述書」を早めに準備をしよう

3-3.中長期在留者等以外の印鑑証明書

一方で、中長期在留者等以外の外国人は住所登録ができないため、そもそも印鑑証明書も登録できません。

そのため後述する印鑑証明書を登録していない場合の措置に該当します。

以上、ここまで中長期在留者等以外の外国人について見てきました。

それでは次に海外在住の外国人について見ていきます。

4.海外在住者の必要書類と取得方法

4-1.海外在住者とは「日本に入国しておらず、日本の不動産を所有している外国人」

海外在住の外国人とは、日本に入国しておらず、日本の不動産を所有している外国人を指します。

4-2.海外在住者の住民票

海外在住の外国人は、当たり前ですが国内に住んでいないため、住民票はありません。

そのため、海外に実際に住んでいる住所の証明書類が必要となり、対応としては「中長期在留者等以外の外国人」と同じになります。

海外在住の外国人も「その国の公証人の認証のある住所に関する宣誓供述書」や「在日の当該大使館領事部で認証された宣誓供述書」が住民票に代替する書類となります。

もしくは証明に時間がかかりますが「その国の官公署で発行する住所を証する書面(住民登録証明書)」も住民票の代替書類となります。

フクロウ先生
フクロウ先生
とにかく、住民票に変わる代替え書類が必要というわけじゃな

4-3.海外在住者の印鑑証明書

また印鑑証明書についても登録できないため、印鑑証明書を登録していない場合の措置となります。

以上、ここまで海外在住の外国人の場合について見てきました。

それでは次に気になる印鑑証明書を登録していない場合の措置について見ていきましょう。

5.印鑑証明書を登録していない場合の措置

印鑑証明書を登録していない場合の措置としては、次の2つのいずれかの書類が代替書類となります。

  • 当該国の在日大使館または本国の官憲によるサイン証明書
  • 登記委任状に当該国の在日大使館の認証を受けた書類

実際には、後者のパターンで事前に司法書士に登記委任状を作成してもらい、売主である外国人が当該国の在日大使館において認証を受けることによって印鑑証明書の代替書類とすることが多いです。

また外国人が来日していない場合には、「司法書士が事前に作成した宣誓供述書を現地公証人に署名の認証をしてもらった書類」または「本国の官憲が発行するサイン証明書」が印鑑証明書の代替書類となります。

司法書士については下記記事に詳しく解説していますので、合わせてご確認ください。

家を売却する際の司法書士の役目と金額目安について

家を売却する際は、司法書士に登記の変更を依頼します。 普段、司法書士に依頼するようなことはないため、不動産売却によって初 ...

続きを見る

6.まとめ

以上、外国籍の人が不動産を売却するときに必要な書類とその注意点について見てきました。

ポイントは登記必要書類の住民票と印鑑証明書の準備です。

外国人の滞在資格や印鑑証明の登録の有無に従い、適切な対応を行いましょう。

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービス

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社をきちんと比較できるサイトを厳選して紹介します。

中でも筆者はNTTグループが運営しており、「個人情報をしっかり管理」「NTTによる厳しい審査を通過した不動産会社のみ提携」「運営歴、利用者数がNo.1」のHOME4Uをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

不動産売却成功のシナリオ

  • まずはHOME4Uで申し込みをして、信頼できる不動産会社に相談をする
  • HOME4Uでは依頼できない大手不動産会社もしくは大手不動産会社のみでOKという方はすまいValueに申し込む(※ただし、地方は対応していない可能性があります。)
  • 売却ではなくて、賃貸も同時に検討したい方は、売却査定と賃料査定を同時に行えるマンションナビも申し込む(※マンション限定のサービスです。)

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約550社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応(田舎などは対応していない)
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。最初に紹介した「HOME4U」をオススメします。

【マンション専用】売却だけではなくて「賃料査定」も行えるマンションnavi

マンションnavi
  • 売却だけではなくて賃料査定も行える唯一のサイト
  • 売却した方全員に10万円のギフトがもらえる!【2017年11月まで】
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携店舗数:2,500店舗

※マンション専用になります。家や土地などは、実績No.1の「HOME4U」をオススメします。

おすすめ記事一覧

1

不動産を売りたいと考えていてインターネットで色々なサイトを見ていると「不動産一括査定」や「不動産売却の一括査定」がよく紹 ...

2

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

3

これから土地を売却しようとする人の中には、土地の価格がどのようなポイントの基づき査定されているのか知りたい方も多いと思わ ...

4

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動 ...

-不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.