【2020年版】不動産仲介ランキング決定版!オススメの大手不動産会社10社を紹介

【2020年版】不動産仲介ランキング決定版!オススメの不動産会社はどこ?

「不動産を売るなら、なるべく実績があり大手の不動産会社が良い」

これは不動産を売る多くの人が考えることです。

そこで今回は信頼できる情報源を参照に

  • 仲介件数、売上高ランキング
  • 顧客満足度ランキング

を調査。

今回の記事では、仲介ランキングで上位の会社、オリコン顧客満足度ランキングで上位の会社からおススメの不動産会社を10社紹介します。

あなたに合う不動産仲介会社選びにぜひお役立てください。

無料で使える不動産一括査定サイトのおすすめ

    • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
    • NTTグループで安心一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
    • 売り手専門のエージェント制を採用「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)
      ※東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・兵庫・奈良の方限定
    • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

    ※どのサイトも机上査定を選択すると、概算相場がメールで届きます。

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ

1.仲介件数および売上高ランキング

公益社団法人不動産流通推進センター(2019年9月発表)によると、2019年3月時点での仲介各社の売上ランキングは以下の通りです。

ランキングは売上高を基準に順位を表示しています。

No.企業名取扱高 (百万円)手数料収入 (百万円)手数料率 (%)仲介件数 (件)店舗数
1三井不動産リアルティグループ1,706,84385,0085.0%41,533281
2住友不動産販売1,326,35769,6155.2%37,643270
3東急リバブル1,245,53060,1494.8%25,570182
4野村不動産グループ767,32433,1364.3%8,92286
5センチュリー21・ジャパン676,48431,1324.6%26,787954
6三井住友トラスト不動産504,21820,6564.1%7,93572
7三菱UFJ不動産販売414,92917,5674.2%5,56948
8みずほ不動産販売384,53515,3884.0%4,12542
9三菱地所リアルエステートサービス307,3699,8713.2%1,1298
10大和ハウスグループ215,9577,0013.2%3,55268

出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2019(2019年9月発表)

では、仲介件数および売上高ランキングのうち、TOP5の会社の特徴について紹介します。

1位:三井不動産リアルティグループ

三井不動産リアルティとは、三井不動産グループの不動産仲介会社。

「三井のリハウス」名で行っている個人向け不動産仲介を事業の中心として行っています。

三井不動産は、不動産業界では名実ともにNo.1企業であり、仲介件数および売上高は長年不動の1位となっています。

三井不動産リアルティの社風としては、三井のリハウスは比較的真面目な会社です。

トップ企業であるため、品格があり、ガツガツあおるようなことはしません。

営業マンもしっかり知識があり、難しい案件でも安心して依頼することができます。

「煽られるのは嫌だ」「信頼できる不動産会社に依頼したい」という人であれば三井のリハウスはオススメ。

査定を依頼すると、三井のリハウスはそれほど高い査定額で提示してこないのが特徴です。

基本的に真面目な会社なので、売れない価格で査定して仲介の契約だけ取ろうという動きはしません。

三井のリハウスの査定額は、もっともまともな査定額ですので、三井のリハウスの査定額が「正しい答え」と思えば大丈夫です。

三井のリハウスの評判・口コミは?デメリットや弱みはないの?
三井のリハウスの評判・口コミ・強みは?デメリットや弱みはないの?

「三井不動産」の名前を知らない人は、ほとんどいないと思います。 「三井のリハウス」でおなじみの不動産仲介や、「三井のリパ ...

続きを見る

2位:住友不動産販売

住友不動産販売とは、住友不動産販売グループの不動産仲介会社。

住友不動産販売は、長年業界2位の企業であり、ある意味で不動の地位を築いているといえます。

絶対的な壁である三井不動産リアルティをなかなか抜けないところもあり、社風としてはイケイケドンドンな感じ。

査定を依頼すると、わりと高めの査定額を提示する傾向にあり、仲介の契約を取るためにガッツリ勝負してきます。

査定価格の高さは業界トップクラス。

住友不動産販売は、昔からマンションよりも戸建ての売却の方が評価は高い傾向にあります。

住友不動産自体がマンション開発をあまり熱心に行っていないことから、マンション仲介の機会が少ないものと思われます。

マンションでも十分に実力はありますが、結果的に戸建ての方が評価は高くなっています。

首都圏でも、東京23区以外になると戸建てもかなり多くなってきますので、戸建ての売却を予定している人は住友不動産販売がオススメです。

3位:東急リバブル

東急リバブルとは、東急不動産グループの不動産仲介会社。

東急リバブルも、長年業界3位ですが、たまに住友不動産販売を抜かして2位のポジションに浮上します。

東急リバブルと住友不動産販売は、実力が拮抗しており、常に激しい競争が繰り広げられています。

電鉄系の会社なので、ベースの社風は品が良いです。

しかしながら、住友不動産販売と熾烈な競争を繰り広げていることから、元気な社員が多く、多少のガツガツ感はあります。

査定を依頼すると、住友不動産販売が一番高く、東急リバブルが二番目に高いといったパターンが多い傾向。

東急リバブルも仲介の契約を取るために勝負に出てきます。

東急不動産は田園調布などの開発を行っているため、東急不動産に対してあこがれを持つ一定のファン層が存在します。

東急不動産が開発した住宅街の物件を売るなら、東急リバブルが最もオススメです。

東急ファンの人たちは、最初から東急ブランドが好きで東急リバブルに物件を探しに来ますので、東急リバブルに売却依頼した方が物件は早く高く売れます。

東急リバブル
東急リバブルに悪い評判・口コミはない?調査結果から分かるサービス・営業マンの評価

関東圏の人にとっては、東急というと良いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 東急グループの中で不動産仲介を ...

続きを見る

4位:野村不動産グループ

野村不動産アーバンネット株式会社は、野村不動産グループの不動産仲介会社。

「野村の仲介+」のブランド名で仲介サービスを展開しています。

野村の仲介+は、毎年業界4位ですが、その理由は店舗数が少ないことにあります。

三井のリハウスや住友不動産販売、東急リバルルが100店舗を超える中、86店舗しか営業店がありません。

店舗数は3位の東急リバブルの半分以下ですが、売上高は東急リバブルの6割近くあります。

野村の仲介+は、業界の中では非常に評価が高く、その実力も十分です。

おそらく店舗数を増やせば、三井のリハウスさえ超えることができる会社だと思われます。

野村不動産は、マンションではプラウドシリーズを展開。

プラウドシリーズは三井不動産のパークシリーズに肩を並べるとても人気の高いブランドです。

仲介手数料TOP5の中でどこが一番オススメかといえば、筆者は野村の仲介+を推します。

野村の仲介+の売却サポートメニュー

野村の仲介+には、売却サポートという無料サービスを提供。

その内容は大手の不動産会社の中でずば抜けて良質となっています。

  • あんしん設備補修
  • ホームステージング
  • ホームクリーンアップ
  • ハウスクリーニング
  • 荷物一時預かり

野村の仲介+は、売上こそ4位ですが、サービス内容自体は間違いなくNo.1です。

野村の仲介+の営業店が近くにある人であれば、一番おススメですので、ぜひ利用してみてください。

野村の仲介+ (PLUS)ってぶっちゃけどうなの?評判や強み・オススメの人を紹介
野村の仲介+ (PLUS)ってどうなの?評判や口コミ・強みやオススメの人を紹介

総合不動産会社である野村不動産グループは、不動産仲介も得意としています。 野村不動産グループはマンションブランドのプラウ ...

続きを見る

5位:三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産とは、三井住友信託銀行グループの個人向け仲介を行っている不動産会社。

信託銀行系の不動産会社では最大の勢力となっています。

三井住友信託銀行は、2011年4月に住友信託銀行株式会社と中央三井トラスト・ホールディングス株式会社が、経営統合して誕生しています。

元々、2つの信託銀行がそれなりの規模にあったため、合併によって信託銀行系トップの不動産会社へと躍り出ました。

三井住友トラスト不動産は、住友信託銀行株式会社のガツガツした感じと中央三井トラスト・ホールディングス株式会社の真面目な感じの2つが融和しています。

合併したことで幅広いキャラクターの人材が揃い、多面性のある社風となっています。

三井住友トラスト不動産は、マンションも戸建ても顧客満足度の高い仲介会社。

銀行系の不動産会社なので、安心して利用することができます。

信託銀行系の不動産会社の中では最もオススメなので、安心できる仲介会社に依頼したい場合には、三井住友トラスト不動産を選ぶのが良いでしょう。

三井住友トラスト不動産
三井住友トラスト不動産の売上や評判や口コミ・サービスを紹介

これから不動産を売却したい人なら、三井住友トラスト不動産がオススメです。 三井住友トラスト不動産は、利用者の評判が非常に ...

続きを見る

【注意】大手仲介会社ほど両手仲介比率が高い

1点、大手仲介会社は強みを生かした様々なサービスを展開しておりますが、注意点としては両手仲介が多いということ。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと

最初に見た表を見ると、売上(取扱高)が高い会社ほど手数料率(%)が高い傾向にあるのが分かると思います。

No.企業名取扱高 (百万円)手数料収入 (百万円)手数料率 (%)仲介件数 (件)店舗数
1三井不動産リアルティグループ1,706,84385,0085.0%41,533281
2住友不動産販売1,326,35769,6155.2%37,643270
3東急リバブル1,245,53060,1494.8%25,570182
4野村不動産グループ767,32433,1364.3%8,92286
5センチュリー21・ジャパン676,48431,1324.6%26,787954
6三井住友トラスト不動産504,21820,6564.1%7,93572
7三菱UFJ不動産販売414,92917,5674.2%5,56948
8みずほ不動産販売384,53515,3884.0%4,12542
9三菱地所リアルエステートサービス307,3699,8713.2%1,1298
10大和ハウスグループ215,9577,0013.2%3,55268

出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2019(2019年9月発表)

仲介手数料は下記のように法律によって上限が決められています。

取引額※1(売買金額)速算式(上限額)
200万円以下5%(18万円※2)
200万円超から400万円以下4%+2万円(18万円※2)
400万円超3%+6万円

※1取引額は、物件の本体価格をいい、消費税を含まない価格を指します。
※2空き家などの現地調査が必要な取引の場合(2018年より施行 出典:国土交通省より)

不動産売買は400万円を超える取引がほとんど。

400万円超え取引の仲介手数料の上限は、最大で3%+6万円と決まっています。

つまり4~5%になっているということは、ほとんどの取引が両手仲介になっているということ。

両手仲介は売主に不利になる

両手仲介は、売主にとって不利になります。

理由は、不動産会社は無理でも売買契約を締結させようとする関係で、買主からの値下げ要求にも応えようとするから。

仲介手数料は、売買契約が締結して始めてもらえるお金。

売主が「やっぱり売りません!」となると、不動産会社にしてみると、1円もお金が入ってこない事になります。

買主は通常、値引き要求に応えようと、売主に値下げ要求をのむ様に交渉されることがよくあります。

もちろん、大手は買主を多く抱えているため、早く売却が完了する可能性が高くなるメリットがありますが、その分、金額が安くなりやすいというデメリットもあるのです。

このことから筆者としては、1社だけではなく、複数社に査定依頼をすることをオススメしています。

詳細は「不動産を売却するなら複数社の比較が必須」で説明しています。

また、両手仲介については下記記事でさらに詳しく解説しています。

両手仲介とは?売主が損をしてしまう理由と対処法を紹介
両手仲介とは?片手仲介との違いや不動産会社の囲い込み問題について

売主にとっては、どうしても両手仲介が問題となってしまいます。 両手仲介では、売主が囲い込みを受けやすく、損をするのは売主 ...

続きを見る

2.顧客満足度ランキング

この章では、オリコンの「不動産仲介 売却のランキング・比較 2020年度版」に基づき、顧客満足度ランキングを紹介します。

顧客満足度ランキングは、必ずしも売上高ランキングと一致していない点が特徴。

不動産会社選びの有益な情報となりますので、ぜひ参考にしてください。

順位マンション戸建て
不動産会社評点不動産会社評点
1位住友林業ホームサービス80.27点野村の仲介+76.70点
2位大成有楽不動産販売78.38点三井住友トラスト不動産76.46点
3位野村の仲介+77.98点近鉄の仲介75.50点
4位三井住友トラスト不動産77.79点東急リバブル74.95点
5位大京穴吹不動産77.27点三井のリハウス74.84点
6位三井のリハウス77.03点センチュリー2174.57点
7位東急リバブル76.78点住友林業ホームサービス74.52点
8位住友不動産販売76.37点福屋不動産販売73.93点
9位近鉄の仲介75.86点住友不動産販売73.70点
10位長谷工の仲介75.37点--

※出典:おすすめの不動産仲介 売却 戸建てランキング2020年 オリコン顧客満足度調査:2020年9月1日更新より

マンションと戸建ての顧客満足度TOP5のうち、「仲介件数および売上高TOP5の会社の特徴」で紹介できなかった

  • 住友林業ホームサービス
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • 三菱地所リアルエステートサービス

の5社について紹介します。

住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービスとは、住友林業系の不動産会社。

主に個人を対象とし、戸建てやマンション等の仲介を行っています。

1964年にスミリン土地株式会社という名前で発足し、創業55年を迎える比較的歴史のある会社です。

住友林業ホームサービスは、比較的評価の高い不動産会社で顧客満足度TOP5の常連企業でした。

顧客満足度ランキングは、野村の仲介+が1位を取り続けていましたが、なんと2020年は住友林業ホームサービスがマンション部門でトップになっています。

住友林業ホームサービスでは、「すみかえサポート」という名称で買い替えサービスを展開しており、買い替えをする人には好評。

すみかえサポートの内容としては、「買取保証」と「つなぎ融資」の2つです。

  • 買取保証とは一定期間の間仲介を行い、その期間内に売却できなかったら最終的に住友林業ホームサービスが買い取るというサービス
  • つなぎ融資とは買い替えにおいて売却と購入の順番が逆になってしまったときに利用する融資

買取保証とは通常の仲介による売却と、買取をミックスしたサービスになります。

買取とは不動産会社が直接買い取ること

不動産売却の買取保証とは?通常の買取との違いとメリット・デメリット
不動産売却の買取保証とは?通常の買取との違いについて

不動産の売却を検討されている方は、「買取保証」という言葉を聞いたこともある方も多いともいます。 買取保証とは、不動産会社 ...

続きを見る

つなぎ融資は、買い替えを行う人にとっては便利なサービスですので、住み替えするなら住友林業ホームサービスを利用してみてください。

不動産売却のつなぎ融資メリット・デメリットとおすすめ会社
不動産売却のつなぎ融資のメリット・デメリットとおすすめ会社

不動産の売却と同時に、買い替えを行う場合、一番心配なのは資金繰りです。 先に新居を購入してから、家を売却する場合はつなぎ ...

続きを見る

住友林業ホームサービス株式会社
住友林業ホームサービス(すみなび)の不動産売却ってどうなの?2つのサービスと口コミ・評判

木造住宅で有名な「住友林業」には、「住友林業ホームサービス」という不動産会社があります。 住友林業は高級感があるブランド ...

続きを見る

大成有楽不動産販売

大成有楽不動産販売とは、大成建設グループの不動産会社。

大成建設といえば、ゼネコンの中でもトップクラスの会社です。

元々、大成建設グループには、グループの不動産事業を担う会社として有楽土地株式会社という不動産会社がありました。

有楽土地株式会社は、2012年に大成サービスと合併したことにより大成有楽不動産株式会社という会社が登場しています。

大成有楽不動産販売は、マンション売却を非常に得意とする会社。

売主向けにマンションに特化した以下のサービスを展開しています。

  1. 安心サポート
  2. マンションリペアサービス
  3. 売却保証・つなぎ融資
  4. リースバックサービス

マンションリペアサービスとは、マンションの床や壁の傷を無料で補修してくれるサービス

マンション売却では、床の傷を修繕すべきかどうか悩む人もいます。

そのような人は、大成有楽不動産販売に依頼してしまえば無償で修繕してくれるので、特段悩む必要がありません。

マンションの傷が気になるような人であれば、大成有楽不動産販売への依頼を積極的に検討してみるのが良いでしょう。

マンションの売却するとき床の修復は必要なの?修復する・しないの判断基準
マンションの売却するとき床の修復は必要なの?修復する・しないの判断基準

これからマンションを売却する人の中には、「この床の傷、どうしたら良いのだろうか」と思われている方も多いと思います。 結論 ...

続きを見る

大成有楽不動産販売
大成有楽不動産販売の特徴は?マンション売却で評判が良い理由

マンション売却を検討している人の中には、「大成有楽不動産販売」を聞いたことがあるかもしれません。 大成有楽不動産販売は、 ...

続きを見る

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産とは、株式会社大京の不動産部門におけるグループ会社。

大京と言えば、あの「ライオンズマンション」を手掛けているディベロッパーとなります。

マンションランキングで5位に入っていますが、大京系列なのでやはりマンション売却が得意です。

大京穴吹不動産では「設備保証・24時間駆けつけサービス」を行っています。

24時間駆けつけサービスとは戸建てとマンションのいずれにおいても、売却後、1年間、設備に不具合があった場合、大京穴吹不動産が24時間対応で駆けつけてくれるサービス

さらにマンションでは「設備保証サービス」もついています。

設備保証サービスとはマンションの売却後、1年間、設備に不具合があった場合にその修繕費を保証してくれるサービス

住宅の売却では、設備に関するトラブルが一番多くなっています。

設備に関しては、売主の瑕疵担保責任を免責しているにもかかわらずクレームになることも多く、売却で一番厄介なのが設備トラブルなのです。

築年数が古く、住宅の設備に不安を感じている人であれば、大京穴吹不動産がオススメとなります。

大京穴吹不動産
ライオンズマンションで有名な大京穴吹不動産の売却のリアルな評判・口コミ

不動産の売却で、大京穴吹不動産が気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。 「大京」と言えば、ライオンズマンシ ...

続きを見る

近鉄不動産

近鉄不動産は、大正5年から操業されている大変歴史のある会社で、創業103年を迎えており、100年企業の1つとなっています。

近鉄の仲介は戸建てランキングで3位となっています。

マンションよりも戸建ての方が評価の高い会社。

近鉄不動産は、関西圏と中部圏を中心に営業展開している会社となります。

名古屋と大阪を繋ぐ鉄道会社である近鉄は、関西圏と中部圏において抜群に知名度が高いです。

関西圏や中部圏で戸建てを売却する人は、近鉄不動産がオススメとなります。

近鉄不動産
評判がよい近鉄不動産(近鉄の仲介)のサービスの特徴とオススメな人

私鉄で日本一の営業距離を誇る近鉄には、近鉄不動産という不動産会社があります。 近鉄は関西圏と中部圏を結ぶ鉄道であり、近鉄 ...

続きを見る

長谷工の仲介

長谷工の仲介を運営している長谷工リアルエステートとは、長谷工コーポレーションのグループ企業であり、主に不動産の仲介サービスを提供している不動産会社。

1976年6月に長谷工コーポレーションの仲介部が分離独立し、現在に至っています。

当初は長谷工販売株式会社という会社でしたが、その後、いくつかの変遷を経て2012年7月に現社名の「株式会社長谷工リアルエステート」に変更されています。

長谷工の仲介の特徴として、長谷工リアルエステートは取引後のアフターサービスに注力しているという点。

長谷工リアルエステートでは、「仲介アフターサポート」という名称のサービスを展開しており、なんと中古なのに10年の建物保証を付けてくれるサービスがあります。

築25年未満で長谷工グループが3年継続して管理するマンションであれば、最大10年分の建物保証を受けることも可能ですので、条件を満たす方は長谷工リアルエステートがおススメです。

長谷工の仲介
長谷工の仲介を展開している長谷工リアルエステートの特徴と評判・口コミ

マンション建築で有名なゼネコンに長谷工コーポレーションがあります。 長谷工コーポレーションは、「長谷工リアルエステート」 ...

続きを見る

3.不動産を売却するなら一括査定サイトがオススメ

不動産会社にを仲介依頼する方法は2つ

不動産会社に売買仲介を依頼する時の方法は以下の2つです。

  • 不動産会社に直接依頼
  • 一括査定サイトを使って複数社に依頼

①不動産会社に直接依頼

1つ目は、不動産会社に直接依頼する方法です。

大手の不動産会社であれば、各社のホームページ上で査定の依頼ができたり、最寄り駅近くに店舗があるので、仲介の依頼自体は難しくありません。

自分のペースで動くことができますが、複数社の査定額を比較しようとすると、同じような査定依頼を繰り返す必要があるため、時間がかかります。

②一括査定サイトを使って複数社に依頼

手間をかけずに複数の不動産会社に査定依頼したいなら、「一括査定サイト」を使った依頼方法が一般的です。

一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

不動産会社が出した査定額をまとめて比較をすることができるので、売買の相場感や最高評価額を把握することができます。

一括査定サイトについては次の章で詳しく解説しています。

仲介依頼は一括査定サイトの利用が便利

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

一括査定サイトを使うと、あなたの不動産に強い会社が自動的に複数社見つかります。

近所にある不動産会社に1軒ずつ回って査定依頼するよりも簡単なので、ぜひ利用して満足した不動産売却を実現してください。

一括査定サイトのオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • 【1都3県・大阪・兵庫・京都・奈良】売主専門の数少ない不動産会社「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

不動産売買は超大手に偏っている

1.仲介件数および売上高ランキング】の章で各社の売上高を紹介しましたが、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額提示を希望」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どの一括査定なら「机上査定」「メール要望」が使えるんですか?
下記に比較してまとめてみたぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生

一括査定机上査定備考欄
すまいValue
HOME4U
イエウール  
SRE不動産(※旧ソニー不動産)

一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

不動産一括査定
不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

続きを見る

一括査定サイト利用後の流れ

次に、一括査定サイトで申し込みを行った後の具体的な流れと注意点について解説していきます。

具体的な流れとしては以下の通りです。

一括査定利用後の流れ

  1. 申し込みした不動産会社からメールで連絡が届く
  2. メールでやり取りをした後、机上査定の結果が届く
  3. 複数社からの机上査定の結果を比較検討し2〜3社程度に厳選
  4. 厳選した会社に対して訪問査定を依頼
  5. 訪問査定の結果をもとに最終的に依頼する不動産会社を決める
  6. 契約を決めた不動産会社と一緒に売却活動を開始

ここでは、不動産会社から査定書が届いてからの注意点や不動産会社選びのポイントについて解説していきたいと思います。

不動産会社選びのポイント

一括査定サイトを使って、実際にお世話になる会社を絞り込んでいくわけですが、その際のポイントについて解説していきます。

まず、複数社の査定金額を比較した際に、明らかに高額な会社がある場合は、信頼性に欠けるため、除外としましょう。

そのうえで、残った会社の査定金額も鵜呑みにせず、査定金額の根拠を直接担当者に聞いてみましょう

明確な根拠を出せない不動産会社は信頼性に欠けると判断してよいでしょう。

例えば、下記は筆者が一戸建てを査定してもらった際に「東急リバブル」からもらった査定額の根拠です。

東急リバブルの建物の査定書

東急リバブルの建物の査定書

東急リバブルの土地の査定書

東急リバブルの土地の査定書

一戸建ての査定書

上記の査定書で書かれているように、査定額には根拠があります。

「競合物件の売出価格」を聞いて、競合物件と比較した上での査定額なのか確認してみてください。

また、価格面以外にも不動産会社の担当者で選ぶのもひとつの選定基準となります。

担当者のメール・電話のやり取り、実際に対面した際の振る舞いやビジネスマナー等も不動産仲介を任せる上で重要な選定基準です。

不動産売却に向けて一緒に行動する必要があるため、「この人と一緒に不動産売却の仕事を進めていきたい」と思えるような担当者に依頼できるのがベストです。

一括査定サイトを使って、複数の不動産会社に見積もりをもらい、査定書の内容含めて安心して仕事を任せることができる担当者を見つけましょう。

不動産会社の選び方の細かいポイントについては以下の記事で詳しく解説しています。

不動産売却の良い業者・悪い業者の判断は3つのポイントで見極められる
不動産売却の良い業者・悪い業者を判断するポイント、業者の選び方

「不動産は大きなお金が動くし悪い業者も存在しそう」 「信頼できる良い業者を選びたい」 そんな風に感じている方も多いと思い ...

続きを見る

まとめ

不動産仲介ランキングについて紹介してきました。

面白いことに売上高ランキングと顧客満足度ランキングは必ずしも一致しません。

選ぶとしたら、売上高ランキングと顧客満足度ランキングともに上位にランクインしている野村の仲介+あたりが最もオススメといえます。

ただし、不動産を売却するなら複数社の比較は必須。

すまいValue 」「 HOME4U を使えば、評判が良い不動産会社にまとめて依頼できるので利用してみましょう。

まとめとして、仲介売上ランキング・オリコン顧客満足度ランキングから抜粋したおススメの不動産会社を再度紹介します。

【仲介売上ランキング】

  • 三井不動産リアルティグループ
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村不動産グループ
  • 三井住友トラスト不動産

【オリコン顧客満足度ランキング】

  • 住友林業ホームサービス
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • 長谷工の仲介

おすすめ記事一覧

61,427view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

68,488view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,145view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

19,067view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-不動産会社, 不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2020 All Rights Reserved.