福岡で不動産売却する前に読む相場や傾向と不動産会社の選び方

更新日:

九州エリア最大の都市である福岡は、地元の企業のみならず支店の街として知られており、都心部のオフィスは活況を呈しています。

女性による起業も伸びており、福岡の経済活性化に寄与しています。

それゆえ、都心部で働く人が、職場と住まいを近づける職住近接に注目が集まっています。

近年、地方における人口減少が待ったなしとなってきましたが、それでも福岡のような大都市部は人口増加傾向にあります。

こうしたなか、不動産の売却を賢くおこなうには何に気を付ければ良いのでしょうか。

これから福岡で不動産売却をする人の中には、

  • 福岡で不動産売却をするにはどういう点がポイントなのだろうか
  • 現在住んでいる家はいくらくらいで売れるのだろうか?
  • 相続で引き継いだ家の価値はどのようなものだろうか?

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では、「福岡の不動産売却」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことで、あなたは福岡の不動遺産相場や土地価格、人気のある街の特徴、不動産売却の際にターゲットとなり得る層などが分かるようになります。

>NTTグループの安心運営、2001年から運営で歴史もあり実績も抜群<

1.福岡の不動産相場

最初に福岡の都市部の最近の不動産相場を見ていきます。

全国指定流通機構連絡協議会が運営するレインズマーケットインフォーメーションよると、一般的なマンション(64㎡、2~3LDK)と戸建住宅(110㎡、3~4LDK)の相場は以下の通りです。

福岡市の年代別不動産相場の推移

※レインズマーケットインフォーメーションより筆者が編集

マンションも戸建も基本的には価格が逓増傾向になります。

マンションと戸建て住宅とで条件の違いはありますが、福岡市においては一戸建て住宅の方がマンションよりも平均成約価格が1,000万円近く高いという状況にあることがわかります。

首都圏ではマンション人気が高く、マンションよりも戸建の方が平均成約価格は高い傾向にあります。

数字からは、福岡はマンションよりも戸建の方が人気は高いと言えます。

福岡市内の住宅の売却を考えている場合は、有利な状況といえるでしょう。

以上、ここまで福岡の不動産相場について見てきました。

マンションや戸建の価格に影響を与えているのは土地の価格です。

では、土地の価格はどのようになっているのでしょうか。

そこで次に福岡の土地価格の推移についてご紹介します。

2.福岡の土地価格の推移

福岡市の地価公示の平均価格の推移は以下の通りです。

地価公示とは、国が毎年公表している1月1日時点の価格です。

福岡市の地価公示の平均価格の推移

最近10年間の坪単価平均と地価平均の推移を見ると、2008年にピークを迎え、その後2010年代初頭に下がったものの、2015年頃から再び上昇傾向に転じていることが分かります。

日銀が超低金利政策を行い、住宅ローン金利が下がった結果、住宅取得意欲が向上したため、全国的に同様の傾向が見られます。

住宅の成約価格と福岡市内の土地価格の上昇をふまえると、売却希望の人にとっては売りやすい環境といえます。

以上、ここまで福岡の土地価格の推移について見てきました。

全国の各都市にはその中に人気の街があり、売却しやすさにも差があります。

そこで次に福岡で人気の街の特徴についてご紹介します。

3.福岡で人気の街の4つの特徴

福岡で人気が高まっている街にもそれぞれ特色があります。

そうした特色を踏まえ、不動産売却のターゲットとなる人を見極めていくことができます。

ココがおすすめ

  1. 都心居住が可能な街
  2. 人気の学区・教育機関がある街
  3. 利便性の高い郊外
  4. 憧れの街

の4つに焦点を当て、売却の際のアピールポイントを見ていきます。

特徴1.都心居住が可能な街

利便性の高い都心居住なら、職住近接を求める人はもちろん、自家用車を手放しても徒歩やバスなどの公共交通機関で用事が済ませられるので安心です。

利便性の高いエリアは、利便性をもとめる単身者(単身赴任者含む)、DINKS(「Double Income No Kids」の略、共働きで子供いない夫婦のこと)、高齢者世帯などの需要が見込めます。

都心で仕事をする女性にも訴求力があります。

具体的には、ビジネスエリアや人気の繁華街に徒歩圏となる「赤坂」や「呉服町」、「博多」があげられます。

また、博多や天神に鉄道を使って10分ほどの場所に位置する「千早」や「唐人町」、「大橋」、「西鉄平尾」は、都心の利便性をほどよい距離で享受できる街も人気です。

これらのエリアは、社会人単身者やDINKS、高齢者も買主となり得るため、比較的売却しやすいです。

特徴2.人気の学区・教育機関がある街

学齢期の子どもがいる家庭では重要なポイントとなってきます。

子育て世帯への売却の際に、学区の評判が良い場合は、学区に含まれる住所を指定して不動産を探す場合もあります。

これから子どもを持つ若い夫婦世帯にとっても、教育環境が良い街にある不動産はアピールポイントになります。

具体的には、利便性の高いエリアで公立小中学校のレベルも高いと評判の「西新」や、河川敷のそばで自然を感じられ人気の公立小中がある「室見」、学校や学区の評判がよく天神へのアクセスも良い「別府」、「藤崎」があげられます。

学区の良いエリアは、子供がいる世帯に売却しやすいと言えます。

特徴3.利便性の高い郊外

都心へのアクセスが良い郊外ならば、不動産購入にかかるコストを抑えつつ生活利便性の高い生活を享受できます。

コストを抑えたい若年層の購入者や、自家用車の利用をメインに行う人、子育て期の住環境を重視する人へのアピールになります。

また、通勤を考慮しなくても良い高齢者世帯にも、生活利便性の高い住宅地をアピールできます。

具体的には、都心へのアクセスが良い街として、生活利便性が良く緑も多い「六本松」、西鉄の特急で天神までのアクセスが良く、駅周辺の利便性と郊外の自然を拱手できる「西鉄久留米」があげられます。

「大野城」はJR快速9分で博多へアクセスでき生活の利便性も高いです。

「姪浜」は、JRと地下鉄の始発駅なので、ゆったりとした通勤・通学が叶い、生活の利便性も十分にあります。

郊外の人気エリアは、若いファミリー世帯に売却しやすいです。

特徴4.憧れの街

良い住宅地のイメージで名の通った街は、まちづくりや景観の維持にたいする住民の意識が高い場合が多く、長きにわたって高い資産価値を維持できます。

このような街は売却の際にも買い手が見つかりやすいといえるでしょう。

不動産だけではなく街そのものも付加価値になるので、終の棲家を求める人、相続の際の資産として不動産購入を考慮する人へのアピールにつながります。

具体的には、福岡市都心でなおかつ治安がよく、教育施設の評判も高い「大濠公園」、都心へは鉄道で5~6分のアクセスでありながら閑静な住宅地の「桜坂」、天神に近く利便性が高く、なおかつ緑も多い「薬院大通」、駅前の賑わいと住宅地の緑を享受できる「高宮」があげられます。

これらのエリアは富裕層への売却も可能になります。

購入する側がどのような点を重要視しているかを知ることで、売却の際のアピールポイントになります。

以上、福岡で人気の街を見てきました。

人口動向と不動産の売却は密接な関係があります。

そこで次に福岡の人口動向から見る不動産売却についてご紹介します。

4.福岡の人口動向から見る不動産売却

福岡県には、政令指定都市(人口50万人以上などの要件を満たした都市)が福岡市と北九州市の2つあります。

2015年度の国勢調査によると、福岡県全体の人口のうち、福岡市の占める人口はおよそ30%となっています。

福岡県全体人口に占める北九州市の人口はおよそ19%にすぎず、いかに福岡市に人口が集中しているかがわかります。

次に、国勢調査で設定されている人口集中地区「以下「DID」(Densely Inhabited District)と略」における2015年度の人口密度を見てみましょう。

DIDは、1ヘクタールあたりの人口密度が40人以上の国勢調査地区が集合し、合計5000人以上になるよう設定されている地区のことです。

都市部の特徴が見られる地区と見なして差し支えありません。

福岡市全体の人口密度が4480.9人であるのに対し、福岡市のDIDの人口密度は9630.6人となっています。

福岡市の人口全体に対するDID人口を見ると、97%もの人がDID地区に居住していることになります。

つまり、利便性の高い都市部における不動産需要が見込めるといえます。

逆に、福岡市内への人口集中がこのまま続くと、一部を除いて郊外部は不動産が売りにくい状況となってきます。

郊外部でも、鉄道始発駅周辺で人気エリアになっている場所もありますが、鉄道や道路網による都心部へのアクセスが容易でない場合は、需要が見込みにくくなります。

住み替えや相続で得た不動産がある場合、それをどうするのかを早目に決めておくことが得策です。

その際、不動産会社のアドバイスを参考にすると最良の解決策が見いだせるかもしれません。

以上、ここまで福岡の人口動向から見る不動産売却について見てきました。

では、福岡の不動産会社は、どのようにして選べばよいのでしょうか。

そこで次に福岡での不動産会社の選び方についてご紹介します。

5.福岡での不動産会社の選び方

 

情報力を向上させて売却活動を行うには、大手の不動産会社と地元密着型の不動産会社を併用して使うことがお勧めです。

大手であれば大々的に広告を打ってくれるため、売却物件の認知度を上げることが可能です。

しかしながら、大手不動産会社の広告に訴求力のある層は若年層が中心となります。

一方で、地元密着型の不動産会社であれば、福岡の不動産市場に精通しており、ターゲットと成る東京の上場企業の支店勤務者に対して、適切に売物件の情報を届けることが可能です。

若年層の購買者と2次取得の購買者の両方の層に情報を届けるために、大手と地元密着型の不動産会社を併用して活用しましょう。

福岡で不動産会社を選ぶなら、大手と地元密着の2つに注目してみましょう。

大手不動産会社

福岡の大手不動産会社と言えば、「西鉄」です。

西鉄は福岡市内では店舗数が多いため、売却を依頼すれば、たくさんの営業マンが動いてくれます。

大手でありながら、半分は地元密着企業のため、大手と地元密着型企業の両面を併せ持った不動産会社と言えるでしょう

地元密着型企業

福岡の地元密着型企業としては、不動産福岡が運営するサイトである「福岡限定不動産売却専門店」のサイトを利用することがお勧めです。

サイトの構成もWebのフォームに簡単な情報を入力するだけで無料査定の依頼をすることが可能です。

またサイト内では国土交通省の土地総合情報システムから引用した相場情報も提供しており、土地価格については、ある程度相場を把握することが可能です。

6.信頼できる不動産会社を探すなら不動産一括査定

不動産売却で大事なことは、「信頼できる不動産会社を探せるか」。

不動産会社によって、得意としている不動産も異なりますし、この地域は得意・不得意などあります。

中には売却金額に数百万、数千万の差出ることも。

ただ、あなただけでの力でそのような不動産会社に出会えることは難しいと思います。

不動産会社を1社1社回って話を聞いていても、逆に迷うことになり時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。不動産一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定の流れ

えぇぇ!!!こんな便利なサービスがあるんですね!
ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒

不動産一括査定のオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  • 売り手専門のソニー不動産が唯一参加の「 おうちダイレクト
    ※東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪の方限定
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果。※少し細かいので流し読みする程度でOK

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産一括査定×不動産会社のマッチング表

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社でBIG3と言われています。

超大手不動産会社3社(BIG3)で不動産仲介の29.96%。不動産売買の3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そして上位3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社の話も聞く

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

すまいValue 」「 HOME4U 」「 おうちダイレクト 」「 イエウール 」のさらに詳細を見ていきます。


◆どの地域でも外せない「すまいValue」

超大手不動産会社3社に唯一依頼ができるのが「 すまいValue 」です。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

すまいValueは超大手の不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実

ただし、超大手の不動産会社は取引額が大きい不動産に力を入れる傾向が強いです。

次に紹介する「 HOME4U 」は大手・中堅・地域密着をバランスよく依頼が可能。合わせて申し込んでおくことをオススメします。

すまいValue公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆NTTグループの安心運営!運営歴も長く実績抜群「HOME4U」

大手・中堅・地域密着にバランスよく依頼したい。そんな人は「 HOME4U 」がオススメ。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループが運営、2001年からサービス開始で運営実績No.1と安心感抜群の一括査定。

NTT系は審査が厳しいことで有名。不動産会社をしっかりチェックして厳選しています。NTTの看板を汚すわけにはいきませんからね。

とりあえず迷ったらHOME4Uにしておけば間違いないでしょう。

入力が面倒な方は、お電話にて代行入力が可能です。

連絡先:0120-444-529(受付時間:平日10時30分~18時)

※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

HOME4U公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆【東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪】中堅・地域密着、ソニー不動産に依頼ができる「おうちダイレクト」

1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)、大阪で売却を検討されている方は、 おうちダイレクト で中堅・地域密着の不動産会社に依頼しましょう。

(大阪以外の関西地域や愛知、札幌も対応しておりますが、1社しか出てこない可能性が高く申し込む意味がありません。)

おうちダイレクト

おうちダイレクト公式サイト
https://realestate.yahoo.co.jp/direct/

おうちダイレクトは、ヤフー(Yahoo)とソニー不動産が共同運営しているサービス。

中堅どころの不動産会社だけでなく、国内では数少ないエージェント制を採用している「ソニー不動産」が唯一参加している一括査定が「 おうちダイレクト 」。

エージェント制とは分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

また、おうちダイレクトはYahooの巨大なネット広告を駆使して、多くの購入検討者を捕まえることができます。

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪の人は おうちダイレクト を使ってソニー不動産と中堅会社に依頼しましょう。

おうちダイレクト公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆【地方や田舎に強い】中堅・地域密着に数多く依頼ができる「イエウール」

上記で紹介した一括査定を使っても、不動産会社が1社しか見つからない・・・そんな時は「 イエウール 」を使ってみてください。

イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

イエウール 」は参加している不動産会社が1,900社と一括査定No.1となっています。

つまりあなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

特に地域密着の不動産会社は、小さい会社というのもあり、社長自身が担当になることが多く、手厚いサポートが受けられることができます。

イエウール公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。


少し長くなりましたので、再度まとめます。

【まとめ】不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

※もし迷われるようでしたら、お問い合わせフォームよりお気軽に連絡ください。適切なサービスを紹介させていただきます。

サイト名参加不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない可能性あり
HOME4U 1,300社全国700万人
※2018/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

入力項目が少し多い
おうちダイレクト 不明
ソニー不動産を含む大手、中堅、地域密着の不動産会社
関東:東京・神奈川・千葉・埼玉
関西:大阪府
非公開2018年~国内で数少ないエージェント制を採用しているソニー不動産が参加
・Yahooの巨大広告を駆使して購入検討者を多く捕まえられる
関東:1都3県、関西:2府2県のみしか対応できない
イエウール 1,900社全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,900社は一括査定No.1
運営歴が浅い
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
参加不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない

7.まとめ

以上、福岡で不動産売却をするためのいくつかの情報を見てきました。

土地価格や、不動産成約時の価格、人口動向から、福岡市における不動産の需要が見込めることが明らかになりました。

円滑な不動産売買を目指すには、まずは不動産会社選びからはじめてみましょう。

合わせて読まれている記事

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。不動産一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • HOME4U :NTTグループの安心運営、一括査定を最初に始めた老舗で実績抜群
  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

NTTグループの安心運営!一括査定で一番歴史がある「HOME4U」

HOME4U
  • 2001年から運営と一括査定で一番の実績と歴史あり
  • NTTグループが運営だから安心感抜群
  • 提携不動産会社1,300社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,300社

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウール
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,700社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,900社

おすすめ記事一覧

47,888view
マンション売却の流れと早く高く売るコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

39,927view
不動産一括査定サイトのロゴ一覧

不動産一括査定のオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多 ...

3,445view
一戸建て

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

500view
土地(更地)

この記事では、はじめて土地を売る方でも失敗しないように、土地売却の流れ・あらかじめ知っておきたい注意点について分かりやす ...

-地域別の不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.