「墓地」で土地活用する場合に失敗しない方法やメリット・デメリットは?

世の中には様々な土地活用があります。

アパート経営やマンション経営、駐車場経営などは一般的ですが「墓地」を検討したことはないですか?

土地活用としてメジャーではないものの、墓地を経営するのは「霊園開発」と呼ばれる土地活用です。

今回の記事では、墓地で土地活用する前に知っておくべき必須情報やメリット・デメリットを紹介します。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用で墓地を運営する際に一番良い方法は?
  • 土地活用で墓地を運営するメリットは?
  • 土地活用で墓地を運営するデメリットは?

1.土地活用で墓地を経営する際の基礎知識

自分では使っていない土地を何かの手段で運営して利益を得ることを「土地活用」といい、代表的な方法としては、アパート・マンション・テナント経営や、駐車場経営などが挙げられます。

今回ご紹介するのは、土地活用の手段としてはあまりメジャーではない「墓地」の運営

ネガティブなイメージとして捉えられがちな墓地ですが土地活用の業界では「霊園開発」とも呼ばれ、有益な土地活用として今注目されています。

「墓地」での土地活用には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

墓地で土地活用するメリット

土地活用で墓地を選択した場合のメリットは「安定した収益を長期的に実現できること」でしょう。

墓地は一度利用されれば、他の場所に移動されることは滅多になく、敷地面積いっぱいの利用を実現できれば、長期的な高収益を手に入れることができます。

墓地は高台で風通しの良い場所などが比較的人気です。

高台はアパート経営やマンション経営など代表的な土地活用では立地的に不向きですが、墓地であれば相性がいいのもポイントでしょう。

墓地で土地活用するデメリット

次に紹介するのはデメリットです。

墓地以外に転用するのが難しい

墓地で土地活用する最大のデメリットは「転用が効かないこと」でしょう。

墓地はその性質上、ネガティブな印象をもたれやすい事業です。

そのため仮に墓地から撤退して他の土地活用を行うとしても、ずっと「墓地であった過去」が足を引っ張り続けます。

どんなに魅力的なアパートやマンションが建っても、「昔は墓地だった」と聞くと住む気がなくなる人は多いはず。

一度でも墓地にするなら、これから先ずっと墓地のままでいく覚悟をもつべきでしょう。

近隣とのトラブルのリスクも

また、墓地はどうしてもネガティブなイメージを持たれやすいためは近隣住民との軋轢を生みやすい活用方法です。

墓地を運営する前に近隣住民への説得は必須ですし、そこで反対される可能性もあります。

また運営後も定期的にクレームが入ることを覚悟してください。

2.墓地で土地活用するための具体的な方法

ここまで墓地で土地活用する場合のメリット・デメリットを紹介しました。

普段はネガティブなイメージにとらえられがちな墓地にも、「長期で安定的に貸せる」という魅力的なメリットがあることを理解していただけたと思います。

次に紹介するのは、墓地で土地活用するための具体的な方法についてです。

実は土地活用で墓地を選ぶのであれば、以下の二つの方法からどちらかを選ぶ必要があります。

墓地で土地活用するための2つの方法とは?

  • 自分が墓地のオーナーになる方法
  • 霊園事業者に土地を貸す方法

それぞれ具体的に説明していきましょう。

自分が墓地のオーナーになる方法

自分が墓地のオーナーになるためには、墓地として運用するまでに必要な費用を全て自費で負担し、各種手続きも自分で行う必要があります。

しかし墓地のオーナーになるのは、かなりハードルが高いのが実情で、以下の工程をこなしていく必要があります。

墓地のオーナーになるためにやるべきこと

墓地のオーナーになるためにやるべきこと

  • 数千万円から億単位の自己資金を用意する
  • 公益法人または宗教法人をつくる
  • 近隣に住む人達の合意を得る
  • 行政が課す基準に適合する

始めて土地活用する人にとっては高すぎるハードルであることは間違いなく、自分の一人の力で行うのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。

もし実行するのであれば、専門のサポート業者の力を借りることになるでしょう。

サポート業者を利用した場合は、自己資金を出した後は特に何もしなくても墓地を運営が開始できますし、墓地完成後の運営までサポートしてくれることも少なくありません。

霊園事業者に土地を貸す方法

一個人が土地活用として墓地を実現したいのであれば、「霊園事業者に土地を貸す方法」が最も現実的でしょう。

「借地」として自分の土地を霊園業者に貸すだけなので、自分で宗教法人をつくったり行政が課した基準を満たしたりということは何もしなくても墓地が作られます。

借地でお墓を運営する際のメリット・デメリットを見てみましょう。

借地として墓地を行う場合のメリット

土地は通常借地契約が満了すると解除することがでいますが、霊園は解除ができないと考えましょう。

そのため一度お墓にすると、継続的に借地料が手に入り続ける利点もあります。

また墓地は一般的にみてネガティブな利用用途なので、通常の賃料よりも多めの賃料を得る可能性が高いです。

借地として墓地を行う場合のデメリット

上にも述べたように、一般的な借地契約は契約満了により解除することができますが、霊園の場合は事業の性質上、もう二度と解除できません

一度霊園事業者に土地を貸したら、ずっと墓地として運用されるのを覚悟しておくべきでしょう。

このようにメリット・デメリットがありますので、しっかり理解して検討しましょう。

3.土地活用を検討するなら一括資料請求が鉄則

ここまでは「墓地で土地活用をするための方法やメリット・デメリット」をご紹介しました。

しかし土地活用を検討する際には、一般的なアパート経営なども含め、様々な方法を検討すべきです。

検討するなら土地活用のプロに相談が一番!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法相談先
ハウスメーカー工務店ゼネコン各種専門業者
マンション経営 
アパート経営  
賃貸併用住宅  
駐車場経営   
大規模施設(高齢者施設・保育所など)  
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!
フクロウ先生
フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

まとめ

以上、「墓地」で土地活用するなら、事前に知っておくべき知識を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

墓地の基礎知識はもちろんのこと、メリット・デメリットや実現するまでの方法についても理解いただけたと思います。

もし土地活用で墓地を選択するなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,945view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,467view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書