保育園での土地活用を検討している方必見!保育園運営のリスクとメリットとは

保育園

もしあなたが使っていない土地で何かしらの土地活用を検討しているなら、「土地活用で保育園ってできるのかな?」「土地活用で保育園を運営する場合の注意点やメリットはなんだろう」と考えたことはないですか?

そこで今回の記事では、土地活用で保育園を選ぶなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

土地活用で保育園を運営するときのポイントは!

  • 保育園で土地活用をする方法は?
  • 保育園を運営するメリットは?
  • 保育園を運営するデメリットは?

保育園で土地活用するため方法は2つある

待機児童問題の渦中として大きく取り上げられている「保育園」ですが、ご存知の通り全国的に見ても需要過多が現状です。

そのせいか、実際に多くの投資家や地主が保育園に興味をもっています

しかし土地活用の一手段としては、まだまだメジャーな方法だとは言えません。

土地活用の代表的な手段である「アパート経営」や「駐車場運営」に比べて、活用事例も少ないので、運用のためのノウハウも全然浸透していません。

おそらく読者の多くは、どうすれば保育施設を運用できるのか全くわからないことでしょう。

そこでここからは、保育園を運用するための方法についてご紹介。保育園で土地活用するための方法は、以下の2つになります。

  • 運営業者に土地を貸す
  • 自分で建物を用意する

意外とシンプルではないですか?早速それぞれ見ていきましょう。

運営業者に土地を貸す

運営業者に土地を貸す際のメリット

一般人が土地活用で保育園を行う場合、もっともメジャーなのが「運営業者に土地を貸す」方法です。

すでに保育園を運営している事業者にあなたの土地を貸して、毎月の借地代をもらいます

いわゆる「借地」と何も変わらないので、保育園の施設を建築する必要もありませんし、運営をすることもありません。

自分は何もしていないのに、土地を貸しているだけで毎月決まった額のお金が入ってくるのが、最大のメリットと言えるでしょう。

運営業者に土地を貸す際のデメリット

一方、デメリットとして挙げられるのは、「収益の低さ」でしょう。

手に入るお金は、あくまでも借地料のみ。保育園を運営する上で稼ぎだされた収益は一切手に入れることはできません。

もし借地として保育園を運営に関わりたいなら、すでに保育園を運営している事業者に問い合わせするだけでOK。

毎月の借地代と契約期間さえまとまれば、賃料が入ってくるようになります。

自分で建物を用意する

自分で建物を用意する際のメリット

土地活用の代表である「アパート経営」と同じように、自分で保育園を建てることも可能です。

自分で保育園を建てた場合、経営者兼オーナーを勤めることになるでしょう。

保育園で発生する全ての収益が自分のものになるため、それだけで生活できるほどの多額の収益を手に入れる可能性があります。

多くの利用者を確保し、安定した経営を継続できれば、恒久的な高収入を確立することができるでしょう

自分で建物を用意する際のデメリット

しかしデメリットももちろん存在します。

数千万から億単位の初期投資が必要になるのは、とてつもなく大きな弊害と言えるでしょう。

うまくいけば補助金・助成金を利用できる可能性もありますが、それでも巨額投資になることは変わりありません。

もし自分で建物を用意するなら、保育園向けの建物を施工可能な建築業者を見つけ出す必要があるでしょう。

ネットで探していてもなかなか見つからないので、不動産業者からの紹介をうまくつかって見つけ出すことをオススメします。

「保育園」で土地活用するメリット

ここまで保育園を運用するための2つの方法について紹介してきました。

初期投資を多くかける方法ほど、大きな収益を手に入れる可能性があることを理解していただけたと思います。

しかし読者の中には「方法はわかった!けれど、保育園を運用するメリットはいまいちピンとこない」という人もいるはず。

様々な土地活用の方法の中で、わざわざ保育園を選択するメリットとは一体何なのでしょうか。

結論から言いますと「社会貢献できる」ことです。

待機児童問題が大きくなっている現代において、保育園が足りないことで自らの可能性を潰してしまっている人は少なくありません。

あなたが保育園を行うことによって助かる人が多く出てくるはずです。

保育園運用は、土地活用の方法の中でも社会貢献度が高いと言っても過言ではないでしょう。

また仮に経営者兼オーナーまで務めるならば、かなり高い収益を実現できる可能性もあります。

「保育園」で土地活用する際の注意点

前章では土地活用で保育園を選んだ場合のメリットについて紹介してきました。

「社会貢献」と「高い収益」というメリットがあることを理解していただけたと思います。

しかし、保育園にはメリットだけではなく、注意すべき点もあります。

保育園を選択する上で最も注意すべき点は「近隣住民との衝突」です。

保育園を建設・運営しようとすると、高確率で近隣の住民から抵抗運動を受けることになります。

「声・物音がうるさい」「今までの暮らしが変わってしまうと保育園が運用されることに対して全力で抵抗してきます。

抵抗する住民を説得するのは、非常に時間と根気が必要になります。

実際に多くの先駆者が保育園を断念してしまうほど、辛くて長い説得が待っているでしょう。相当の覚悟を持って解決に臨む必要があります。

土地活用を検討する際は様々なプランを調べよう

アパート経営や駐車場、商業テナント、老人ホームなど用途や土地に応じて最適解が変わる土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法相談先
ハウスメーカー工務店ゼネコン各種専門業者
マンション経営 
アパート経営  
賃貸併用住宅  
駐車場経営   
大規模施設(高齢者施設・保育所など)  

選択肢が多いからこそプロに相談

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

NTTデータグループ運営の一括資料請求がオススメ

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「HOME4U土地活用」が便利です。

HOME4U土地活用」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも安心のNTTデータグループが運営で、厳選した優良業者のみです。

HOME4Uの一括資料請求サービス3つの強み

  • 要望欄にメール連絡希望を記載すれば、メールのみで無料プランが最大7社からもらえる
  • NTTデータグループで安心、業界最長21年間で培われたノウハウで悪質業者は排除し優良企業のみ
  • 専門アドバイザーへの無料相談サービスあり、節税相談もできる

土地活用一括資料請求をする流れ

一括資料請求してからと言って、必ずしも土地活用をする必要はありません。

まずはどんな土地活用ができそうなのかを確認してみましょう。

  • NTTデータグループの安心運営
  • 厳選した優良企業7社のプランをチェック
  • メールでプランをもらえる

無料HOME4U土地活用 公式サイト

URL:https://land.home4u.jp/

※プランを入手するだけ、強引な営業はありません。

また、土地活用だけではなく売却も視野にいれてみるのも手です。

同じNTTグループが不動産一括査定サービスを運営しておりますので、こちらも併せて利用するのをオススメします。

一括査定サービスの仕組み

  • カンタン60秒、安心のNTTデータグループ
  • 机上査定対応でメールで査定額をチェック

無料HOME4U公式サイト

URL:https://www.home4u.jp/

※必ずしも売る必要はありません。

参考【2022年最新】不動産一括査定サイトの選び方とおすすめランキングTOP8

まとめ

以上、土地活用の手段である「保育園」について、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

保育園のメリットや注意点、どうすれば保育園ができるのか等を理解いただけたと思います。

土地活用の方法を選ぶ際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。
 

不動産の最高額をチェック

あなたの家・土地の最高額は?

机上査定も可能!
相場もすぐ分るぞ

最短1分入力で信頼できる不動産会社を探す!

都道府県を選択

市区町村を選択

※NTTデータグループが厳選した不動産会社が複数社見つかります。
※机上査定を選択すると、メールで査定額がわかります。
※入力が面倒な方はお電話で受け付け可能です。
連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)
※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

気になるワードでチェック

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント
  • この記事を書いた人

石川 貴裕

当サイトは「客観性」「中立性」をポリシーに運営しております。また、中立の立場である不動産鑑定士の方に監修に入っていただいております。 「最高のパートナー(不動産会社)に出会う」お手伝いをしたいと思っています。

-土地活用

Copyright 不動産売却の教科書 Rights Reserved.