地域別の不動産売却

大阪で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識

投稿日:2016年7月4日 更新日:

意外に思われるかもしれませんが、大阪は東京・名古屋・大阪の3大都市圏の中で、最も早く人口減少を迎える都市であると予想されています。

日本で2番目の都市と思われていた大阪も、現在は苦しい状況にあります。

このような中、これから大阪で不動産を売却しようとする人の中には

  • 大阪で不動産を売却するときのおすすめ方法を知りたい
  • 大阪で不動産売却をするときに気を付けなければならないことを知りたい

と思っている方も多いことでしょう。

そこで、今回の記事では大阪で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識について、まとめました。

大阪の不動産売却で注意することや、どういう不動産が高く売れる傾向にあるか、おすすめ方法、不動産売却をスムーズに行うコツなどをご紹介いたします。

ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。

イエイ

1.大阪で不動産を売却するときに注意すること

pexels-photo-211122

1-1.オフィス街から住宅化する街

今、大阪の街が変わりつつあります。オフィス街のイメージがあった大阪市の中心部に次々とタワーマンションが建築され、中心部が住宅地化しています。

元々、大阪は東京と比較すると、職住が近接していました。それが大阪市内の中心部にタワーマンションが建つことで、さらに職住が近くなる変化を見せています。

代表的なのが、2013年に竣工した大阪駅北側の大規模開発で完成したグランフロントのタワーマンションです。

大阪駅に近くとても便利であるということもあり、売れ行きも順調でした。大阪の中心部がどんどんマンションになっていますが、その売れ行きは今のところ順調と言って良いでしょう。

1-2.オフィスは撤退が続く街

一方で、グランフロントではオフィス棟も竣工したのですが、オフィスのテナント入居集めには苦戦をしていました。

住宅市場は順調だったのですが、オフィス市場が厳しく、大阪駅至近の開発ですら、住宅地化が鮮明になってきたのです。

この背景には、大阪市内で生じているオフィスの撤退があります。

大阪市内では「北浜タワー」や「クロスタワー大阪ベイ」、「大阪ひびきの街ザ・サンクスタワー」などのタワーマンションが市内の中心部に建てられています。

これらは元々オフィスがあった敷地の後に建てられた物件も多く、オフィスが撤退後にマンションが建てられているという構図が続いています。

つまり、大阪は働く場所が少なくなり、住む場所が増えているという傾向にあるのです。

1-3.大阪中心部はブランド力はまだ低い

このように、大阪市内では好立地に次々に新しいマンションが建っているため、住宅は供給過剰になりつつあります。

また少し離れた西宮市なども、それほど高い価格帯ではないため、市内のマンションを売却しようとしても、西宮市などの周辺住宅エリアも競合対象となります。

例えば西宮市には甲子園、昭和園、甲風園、甲東園、甲陽園、苦楽園、香櫨園などの西宮七園と言われるエリアもあり、他にも芦屋市も含めると従来から大阪市よりもブランド力の高い住宅エリアが存在します。

最近の大阪市内のタワーマンションは、交通利便性こそ高いものの、西宮市や芦屋市などのブランドエリアと比較すると、優れた住環境とは言い難い部分があります。

古くから大阪に住んで居る人たちは、住みたい場所と住みたくない場所をはっきり色分けしている人も多いため、大阪市内だから中古不動産が高く売れるとは限らないのです。

1-4.注意点は価格下落が激しいこと

タワーマンションなど住宅の供給量が多く、ライバルとなる住宅地も多いことから、大阪で中古不動産を売却する場合は、新築時よりもかなり価格が下がるという点が注意点です。

大量の新築供給が続いているため、今のところ、新築は順調に価格帯を維持しています。

しかしながら、消費者としては新築の選択肢の幅が広がっているため、中古市場は価格が安くないと、消費者を引き付けられない状況となっているのです。

以上、大阪で不動産を売却する際の注意点を見てきました。

それでは大阪の不動産はどういうものが人気があるのかを見ていきましょう。

2.大阪の不動産はどういうものが人気があるのか

pexels-photo-95916

2-1.高く売れやすい物件の共通点

次々と新築供給が続く大阪市内の中で、比較的、人気のある物件は共用部の充実しているマンションです。

特にタワーマンションの多い大阪市内では共用部の充実度が価格の下落を防いでいます。

ゴージャスなエントランスロビーやラウンジなどは高級感を与えてくれます。また有人のフロントサービスもポイントは高いです。

またフィットネススタジオやライブラリーなどは、仮に使う予定が無くても購入者に夢を与えてくれます。

マンションの1階にコンビニが入っている物件も人気があります。コンビニは食材だけでなく、コピーや公共料金の支払、ATMの利用などもでき、便利です。

マンションの中から傘をささずに買い物ができるマンションは大きな魅力です。

コンビニが入っていなくても、近隣にスーパーなどの生活利便施設がある物件は人気が高い傾向にあります。

2-2.高く売れるエリアは地下鉄御堂筋線沿線

また大阪で人気のある住宅エリアとしては、梅田、千里中央、なんば、江坂、天王寺などがあります。これらは全て地下鉄御堂筋線沿線となります。

以前は大阪のど真ん中である梅田には住宅はほとんどありませんでした。

しかしながら、最近ではグランフロントを始めとして、梅田にも大量の住宅が供給され始めてきたことから、住宅地としての人気が一気に高まってきたと言えます。

以上、ここまで大阪の不動産はどういうものが人気があるのかを見てきました。

それでは次に気になる大阪で不動産を売却するときのおすすめ方法について見ていきます。

3.大阪で不動産売却するときのおすすめ方法

pexels-photo-28462

3-1.売却前にしっかりとした査定を

大阪の様に、新築時からの価格下落が激しいエリアでは、売却前にしっかりと査定を行うことをおすすめします。

買い替えを行う場合には、売却予想額を立てることで、次の物件の購入資金の目途が付くからです。

結果的に高く売れればラッキーですが、高く売れなかった場合は、大幅に計画を見直す必要もあります。そのため、査定はある程度、保守的に行っておく必要があります。

おすすめの方法としては、売却額の最低ラインを押さえ、余裕を持った買い替え計画をたてることです。

買い替えには先に物件を購入してしまう買い先行と、売却してから買う売り先行があります。

買い先行を希望するのであれば、固めの資金計画が必須になります。

3-2.最低売却額を知る方法

固めの資金計画を立てる方法としては、不動産業者に買取金額をヒアリングし最低売却価格を知るという方法があります。

大阪では、株式会社フォローウィンドコーポレーション株式会社エルイーディーオフィスといった会社が買取サービスを行っています。

この2社は無料査定も行っていますので、このような買取業者に買取金額をヒアリングしておけば、最低価格を押さえておくことができます。

不動産会社の買取金額であれば、最低でもその資金は確保されることが約束されるため、資金計画も明確にすることができます。

3-3.それらを同時に探せる一括査定を利用してみる

ネットの普及にともない一括査定というサービスが出てきました。

一括査定を利用すると、あなたの不動産情報にマッチする不動産会社を自動に探してくれる優れものです。

3-3-1.一括査定のオススメはイエイ

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の5つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやオウチーノも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 800社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ 電話での査定依頼も可能 運営会社が広告会社
オウチーノ 500社 全国 非公表 2003年~ ・運営が不動産会社で安心
・運営履歴が一番長い、安心の実績
査定会社が大手に偏っている
リガイド 400社 全国 非公表 2006年~ 登録企業を全て公開 登録企業が少ない
一番のおすすめ「イエイ」はコチラ → https://sell.yeay.jp/
イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

cvbutton3
イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

cvbutton3
スマイスターはコチラ → https://www.sumaistar.com/
スマイスター

スマイスター公式サイト
https://www.sumaistar.com/

cvbutton3

ここまで大阪で不動産を売却する時のおすすめ方法について見てきました。

最後に、大阪で不動産をスムーズに売却するためのコツについて紹介していきます。

4.大阪で不動産売却をスムーズに行うためのコツ

pexels-photo-119694

大阪でスムーズに不動産を売却するためには、売却期間を十分に確保しておくことです。

通常、個人の住宅を売却する場合は、3ヶ月程度を要します。あまりにも短い期間で売却してしまうと、売り急ぎという現象が発生し、価格が安くなってしまいます。

ある程度時間をかけることで、不動産会社にたくさんの広告を打ってもらい、多くの買主の目に触れることが重要です。

物件の露出度を多くし、焦らずじっくり売ることが、スムーズに売るコツと言えます。

5.まとめ

以上、大阪で不動産を高く・スムーズに売却するための全知識について見てきました。

まずは固めの資金計画と固めの売却期間など、最低ラインのシナリオを作ることをお勧めします。

不動産の売却は、備えあれば憂いなしと言えるでしょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-地域別の不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.