土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識

土地活用×福祉施設

土地活用には様々な手段がありますが、昨今注目されつつある「福祉施設」に目を付けている人もいるはず。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 福祉施設で土地活用できるのか知りたい
  • 土地活用で福祉施設を選ぶメリットを知りたい
  • どうすれば福祉施設で土地活用できるのか知りたい
  • 福祉施設で土地活用する際の注意点を知りたい

そこで今回の記事では、土地活用で福祉施設を選ぶ際なら絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

1.増えつつある福祉施設の土地活用

すでに使わなくなった土地になんらかの運用を施す「土地活用」。

メジャーな方法としては駐車場やアパートの経営が挙げられますが、昨今注目されつつあるのが「福祉施設」です。

歯止めのかからない高齢化とともに、福祉施設に対する需要は急速に増えており、地域によっては施設の数がまったく足りてないという事態にまでなっています。

福祉施設を土地活用として選択すれば収益はもちろんのこと、社会貢献にまでなるということから、投資家はもちろんのこと、今まで土地活用をしたことがない初心者にまで注目されています。

先述したように高齢化は加速を続けているため、今後も福祉施設の需要は高まり続けていくでしょう。

長期的に安定した収益が求められる土地活用では、福祉施設の運用がもっとも適していると考えている人も少なくありません。

これまで土地活用としての福祉施設について見てきましたが、次に福祉施設で土地活用する方法についてお伝えします。

2.福祉施設で土地活用する3つの方法

福祉施設で土地活用をする方法は以下の通りです。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地を貸す
  • 自費で建物まで建てる
  • 建物を改装する

土地を貸す

土地活用で福祉施設を行う際、もっとも選ばれている方法が「土地を貸す」だけの方法です。

すでに福祉施設を運営している団体にあなたの土地を貸して、毎月の借地代をもらうという流れになります。

「土地を貸す」方法の最大のメリットは、手出しするお金が1円も必要ないこと

通常の土地活用では、なんらかの手出し金が必要になるのが通例です。

駐車場であれば舗装費用、アパート経営であれば建物の建築費用などなど・・・場合によっては数千万円以上の初期投資が必要になります。

土地を貸すだけの方法だと、自分で建物を建てるわけではないので初期投資費用なしで定額の収入を得ることが可能なのです。

デメリットを挙げるとするならば、「収益の低さ」が挙げられるでしょう。

手に入るのはあくまでも借地料だけで、福祉施設経営で稼いだ収益を手に入れることは一切できませんので注意してください。

仮にこの方法を選択するのであれば、すでに福祉施設を運営している団体にアプローチするだけで、貸地代さえまとまれば、わりとカンタンに話をまとめることができます。

自費で建物まで建てる

土地活用の代表ともいえるアパート経営と同じように、自分で福祉施設を建てる方法です。

建てる建物がアパートから福祉施設に切り替わっただけ、と言っても過言ではないでしょう。

自分で建物を建てる最大のメリットは「オーナーになれる」ことです。

福祉施設のすべてが自分のものになるので、多くの収益が手に入れることが可能になります。

多くの入居者を募り、安定した経営を続けることができれば恒久的な収入な手に入るはずです。

デメリットとしては、初期投資の高さが挙げられます。

福祉施設は通常のアパート経営と違って、専用の器具や機材も必要になるので、建築費プラスアルファの出費も多く、かなりの出費が必要不可欠。

数千万から億単位の初期投資を覚悟するべきでしょう。

場合によっては補助金や助成金を活用することもできますが、それでも自費での投資は巨額になります。

投資というよりもひとつのビジネスを立ち上げるといった意味合いのほうが強くなるので、失敗しないためには経営者的始点と知識も必要になるでしょう。

今まで会社経営を経験したことのある人ならいいですが、未経験の人はかなり難しい戦いを強いられるはずです。

また、もし自費で建物を建てて福祉施設にするなら、そこらの建築業者では建てることすらできません。

ネットや知り合いの伝手等を利用して、福祉施設を建築可能な建築業者を見つけ出す動きが必要になります。

建物を改装する

福祉施設といっても種類は多岐にわたり、大型の施設から小さな施設まであります。

もし空き家付きの土地を福祉施設として活用するなら、改装するのもいいかもしれません。つまり既存の建物を改装して、福祉施設にするのです。

もともと建っていた建物を最大限活かして福祉施設にするので、初期費用をかなり抑えられるというメリットがあります。

福祉施設自体は自らのものになるので、小規模ながらオーナーになれるというのも利点でしょう。

初期投資金額が低くなるので参入障壁がだいぶ軽くなりますが、経営者的視点を持つことが依然として必要です。

お金を出したあとは、不動産会社にまかせっきりでも大丈夫なアパート経営とは全然違いますので要注意です。

建物を福祉施設に改装するのも、どこの建築業者でもできるというわけでもありません。工事が可能な業者を探すのも一苦労するはず。

業者によっては改装の手配から運営まで行うので、お金だけ投資してくださいという場合もあります。

「経営的視点がない」「工事業者が見つからない」という人には、ベストの選択かもしれません。

これまで福祉施設で土地活用する方法について見てきましたが、次に福祉施設で土地活用を行うメリットについてお伝えします。

3.福祉施設で土地活用するメリット

土地活用において福祉施設を選択するメリットとは、何が挙げられるのでしょうか。

土地を福祉施設として活用する最大のメリットは、やはり「社会貢献できる」という点でしょう。

また仮にオーナーまで務めるとなった場合、アパート経営よりも高い収入を実現できる場合もあります。

アパート経営と違って需要過多の現場なので、空室リスクのような収入減の要因もありません。

一度利用者が充実すれば、長期的な安定収入を確定することが可能です。

アパート経営では駅からの距離や近隣の買い物施設の有無などアクセス性や利便性に大きく左右されますが、福祉施設では郊外であろうと関係ありません。

立地の悪い土地でも問題なく運営できるというのも、大きなメリットでしょう。

メリットについて見てきましたが、次に福祉施設で土地活用を行う注意点についてお伝えします。

4.福祉施設で土地活用する際の注意点

福祉施設を選択する上で最も大きな注意点は、「失敗した時の売却ができない」という点です。

福祉施設は重要過多なので失敗するリスクもそこまで高くないですが、強力なライバルの出現や運営上のトラブルやミスで、失敗に陥る可能性もゼロではありません。

アパート経営は失敗した場合、次のオーナーに手放すことは比較的カンタン。

しかし、一度失敗した福祉施設の場合は、次のオーナーを見つけるのは容易ではありません。

失敗する可能性が低いと思われている福祉施設で「すでに失敗していると」いう事実によって、買い手がみつからないはずです。

第三者に売却できないと投資した分の費用が回収できないため、再スタートを切ることもできず、手詰まりになってしまうでしょう。

低リスクで福祉施設に関わりたいなら、「借地」での土地活用をオススメいたします。

5.選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

土地活用のひとつの手段である「福祉施設」をついて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

福祉施設を選ぶ上でのメリットや、どうすれば福祉施設で土地活用できるか理解いただけたと思います。

土地活用をする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,945view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,567view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用
-

© 2021 不動産売却の教科書