不動産売却 土地売却

土地の売却で詐欺にあわないための不動産売却の流れを徹底解説

投稿日:2017年2月27日 更新日:

高額な不動産を売却しようとすると、人間は身構えます。

慣れない不動産売却をしようとすると、なんか詐欺にあってしまうのではないかと思う方もいらっしゃいます。

 これから土地を売却しようとする人の中には、

  • 不動産屋に土地売却の相談をしたら騙されそうで怖い
  • 土地を売却したいけど、詐欺に遭いたくない
  • 土地の売却で詐欺に遭わないための対策を知りたい
  • 土地売却で詐欺に遭うとしたらどういうケースなのか知りたい

と思っている方も多いことでしょう。

そこで今回の記事では、土地の売却における「詐欺」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは土地の売却でありがちな詐欺について理解し、その対策を知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

イエイ

1.ほとんどの詐欺事件は買主が騙されるケース

1-1.基本はお金を払う側に人が騙される

「これは本物のダイヤですよ」と言われ、ただのガラス細工を購入してしまう・・・、詐欺とは例えばこのようなものです。

他にも幸福になれる壺やパワーが手に入る水晶など、怪しい商品であっても言葉巧みに騙されて購入してしまう人たちがいます。 

世の中の詐欺とは、基本的に「騙されて買う」人たちが被害にあうことが圧倒的に多いです。

売る人が被害に遭うということはケースとしては稀です。

1-2.不動産も騙されやすいのは買主

不動産の場合も同様で、騙されて購入するという詐欺は昔からあります。

例えば、土地の本当の所有者ではない人から購入するとか、隣地との境界が確定していると聞いていたのに確定していなかったとか等、注意不足によって買主が騙されてしまうことは枚挙にいとまがありません。 

詐欺はお金をだまし取りたいから、何か買おうとする人をだますのです。

このため宅地建物取引業法も騙されやすい立場にある買主を守るというのが基本です。

不動産会社が行う売却時の重要事項説明も買主が騙されないようにするための対策に他なりません。 

一方で、不動産を売る側の売主は、お金をもらう立場の人ですので、基本的に騙されにくい立場にはいます。 

そのような中で、次に売主が騙されるケースとはどういう場合かについて見ていきましょう。

2.入金詐欺について

2-1.お金がもらえないケース

お金をもらう側の売主が騙されるケースとしては、「もらえるはずのお金がもらえなかった」というパターンが考えられます。

但し、通常、ほとんどの不動産売買では売主がこのような入金詐欺に会うようなケースはありません。 

「お金がもらえなかった」という詐欺は、入金を確認する前に、権利証や登記識別情報通知書を先に買主へ渡してしまうという特殊なケースと言えます。 

入金を確認する前に権利証や登記識別情報通知書を渡してしまうと、勝手に登記変更されてしまう可能性があります。

すると買主は無権利者のままあたかも自分が所有者のようにふるまい、すぐさま転売して他の人からお金をだまし取るということはあり得ます。 

2-2.入金詐欺に遭わないための絶対的な鉄則

不動産の売買では、売主がこのような詐欺にあわないためにも、引渡では入金を確認してから権利証や登記識別情報通知書を買主に渡すことが通常です。

土地の売買は、

  1. 売買契約
  2. 引渡

の2段階で行われます。

売買契約時点では、あくまでも書面による合意だけであり、そこで権利証や登記識別情報通知書を渡してしまうことはあり得ません。 

権利証や登記識別情報通知書は最後の引渡時点で、残金の入金と引き換えに渡します。

通常の売買では、最後の引渡の時は

  1. 売主
  2. 買主
  3. 不動産会社
  4. 銀行
  5. 司法書士

といった複数の人間が一同意に介します。 

引渡とは大の大人が雁首揃えた状態で行われます。

このような状況の中で売主が入金を受けずに騙されて権利証や登記識別情報通知書を渡してしまうようなことは考えにくいのです。 

そのため売主は通常の不動産売買を行う上では、入金詐欺にあうようなケースは稀であると言えます。 

以上、ここまで入金詐欺について見てきました。

それでは他にどのような詐欺が考えられるかについて、見ていきます。

3.売主が騙されるケース

売主はお金を支払う側ではないため騙されにくいと書きましたが、それでも騙される可能性はまだ残っています。 

それは「騙されて安く売ってしまう」ということです。

土地を安く購入したい人たちはたくさんいます。

土地を安く買うことができれば、その後、転売すれば儲かりますし、また賃貸アパートを建てても他よりも高利回りの物件にすることもできます。

土地を安く買うというのはとてもメリットがあることなのです。

そのため売主を言葉巧みに騙して、相場よりも安く売らせるという詐欺には会う可能性はあります。

但し、騙されたと言っても、安く売るようなケースの場合、入金もきちんとされるため、本人が納得いっていれば、特に問題はありません。

これを詐欺ととらえるかどうかは本人次第の問題となります。

以上、ここまで騙されて安く売るケースについて見てきました。

さらに次に不動産会社による詐欺についてみていきます。 

4.「高く売れますよ」詐欺

4-1.きっかけは高い査定額

次に考えられる詐欺のケースとしては、「高く売れますよ」という不動産会社による詐欺です。

詐欺というよりは、詐欺まがいの行為です。 

土地を売却する場合、最初に査定を行います。最近では無料の一括査定サイトもありますので査定はとても便利になってきました。 

そこで、各社に査定を依頼した場合、たまに「弊社ではこんなに高く売って見せますよ」という会社がいます。

非常に高い査定額を言ってくる不動産会社には特に注意が必要です。

「高く売れますよ」というお誘いには、騙される人は多いです。

本当に高く売ってくれるのであれば、問題ないのですが、中には次のような悪質なケースもあります。 

4-2.買取業者に流すための詐欺

それは、このように高い査定額を出す不動産会社が買取業者と最初から組んでいるようなケースです。 

高い査定額を提示した不動産会社は、専任媒介契約か専属専任媒介契約を強要してきます。

専任媒介契約をしてしまうと、他の不動産会社に依頼することはできません。

詐欺まがいの行為では、一度契約をした後、ろくに売却活動は行われません。

その後、売主が焦り始めたところで、買取業者を紹介してきます。

売主はこのまま売れないのではないかと諦めかけていたため、安くても買取業者に売却することで、胸をなでおろしまいます。

結局のところ、「騙されて安く売った」ことになるのですが、入口は「高く売れますよ」という言葉に引っかかってしまったのです。 

この詐欺まがいのケースでは、「高く売る」と見せかけて「安く売らせる」という複合技と言えます。

自分は騙されないと思っていても、複合技で手がこんでくると、騙されていること自体が分からなくなるため、気を付けましょう。 

以上、高く売れるという詐欺についてみてきました。

ではこのような詐欺に遭わないためにはどのようにしたら良いのでしょうか。次に具体的な対策について見ていきます。 

5.対策するなら一括査定サイト

土地売却の詐欺に有効なのは、やはり不動産一括査定サイトの利用です。

「査定額を高く出す会社がいるので使わない方が良いのでは?」と思われる方もいると思いますが、そうではありません。 

一括査定サイトでは、6社程度の不動産会社から同時に査定額を受領できるため、逆に高すぎる怪しい不動産会社を見抜くことが可能となります。 

また一度に複数の不動産会社とコンタクトが取れるため、1社に絞って専任媒介契約を結ぶ必要もありません。

同時に複数の不動産会社と一般媒介契約を締結すれば、1社だけの悪い不動産会社に騙されるということは避けられるのです。

一括査定サイトでは、複数の不動産会社から査定額を受領できるため、査定額を客観的にみることが可能です。

また同時に一般媒介契約をすることも可能なため、怪しい不動産会社を牽制することもできます。 

一括査定サイトは、土地売却の詐欺対策としてはうってつけの存在と言えます。

5-1.一括査定サイトのおすすめはイエイ

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の5つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやオウチーノも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 800社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ 電話での査定依頼も可能 運営会社が広告会社
オウチーノ 500社 全国 非公表 2003年~ ・運営が不動産会社で安心
・運営履歴が一番長い、安心の実績
査定会社が大手に偏っている
リガイド 400社 全国 非公表 2006年~ 登録企業を全て公開 登録企業が少ない
一番のおすすめ「イエイ」はコチラ → https://sell.yeay.jp/
イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

cvbutton3
イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

cvbutton3
スマイスターはコチラ → https://www.sumaistar.com/
スマイスター

スマイスター公式サイト
https://www.sumaistar.com/

cvbutton3

6.まとめ

以上、土地の売却で詐欺にあわないための不動産売却の流れを徹底解説してきました。

安く売却してしまう詐欺にあわないためにも、一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-不動産売却, 土地売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.