ランドネットってどんな会社なの?サービスの特徴やオススメの人

更新日:

ランドネット

不動産投資を行っている人、あるいはこれから不動産投資を始めようとしている人は、「ランドネット」という会社を見聞きしたことがあるかもしれません。

ランドネットは、ワンルーム投資用物件を中心に販売している不動産投資会社です。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • ランドネットには、どのようなサービスがあるの?
  • ランドネットで扱っている投資物件って、どんな感じなの?
  • ランドネットは、どのような人におススメなの?

そこでこの記事では、「ランドネット」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、ランドネットがどのような会社であるかということや、サービスの特徴、ランドネットを利用するのにおススメの人について知ることができます。

合同会社ラビッツ 代表社員 石川貴裕

不動産売却の教科書の責任者・編集

合同会社ラビッツ 代表社員

石川貴裕

名古屋のIT企業に従事しながら、親族の不動産仲介会社にて不動産売買の実務を経験。不動産売買で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイト不動産売却の教科書を立ち上げ。

経歴不動産仲介10年、電気機器メーカー5年、電子部品メーカー2年、WEBサービス会社5年

1.ランドネットとは

ランドネットは、平成11年9月に設立された比較的新しい会社です。

東京都豊島区南池袋に本社があります。

不動産投資事業、投資用中古マンションの売買、賃貸管理、リフォームなどを行っている不動産会社です。

経営理念として、「全従業員の心物両面の幸福を追求すると同時に、人類・社会の進歩発展に貢献する。」を掲げています。

これは京セラの経営理念と同じですね。京セラの創業者である稲盛会長の有名な言葉。

有名な言葉なので「パクリ?」ではないのでしょうが、恐らくランドネットの現社長が稲森会長を尊敬しており、そのまま使っているのだと思います。

社長が稲森会長から色々なヒントを学び、ファンということであれば、きっと良い会社なのでしょう。

以上、ここまでランドネットについて見てきました。

では、ランドネットはどのような事業を展開している会社なのでしょうか。

2.ランドネットは5つの事業を展開している

ランドネットの事業

ランドネットの事業

ランドネットは主に以下の事業を手掛けています。

  1. 不動産仲介業
  2. リフォーム業
  3. 賃貸管理業
  4. 不動産投資セミナー
  5. クラウドファンディング事業

仲介は、基本的に投資用ワンルームマンションの仲介を行っています。

一部に自宅用の住まいの仲介も手掛けています。

また、リフォームと賃貸管理も行っており、投資物件の仲介と非常に相性が良いビジネスを行っています。

顧客に仲介して売却したマンションをリフォームし、さらに賃貸仲介を行えば、1つの取引で2度も3度も収益が稼げるというビジネスモデルとなっています。

もし投資用マンションの売却を考えているなら「 リガイド 」がオススメです。

リガイドは、不動産一括査定と呼ばれるサービスの一種。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

高く売るための鉄則は、「投資用マンションに強い会社を見つけること」「複数社に競ってもらうこと」です。

リガイドを使うだけでその2つが自動的に叶います。

投資用マンションの売却については下記記事でさらに詳しく解説しています。

投資用マンションを売却する際に知っておきたいポイントと高く売るコツ
投資用マンションを売却する際に知っておきたいポイントと高く売るコツ

国内の不動産市況が高騰を続けている中、投資用マンションについても今が売り時です。 特に東京オリンピック前というのもあり、 ...

続きを見る

さらにランドネットの特徴的なのが不動産投資セミナーも事業として行っているという点です。

セミナーは無料ですが、セミナーを行うことで将来の自社の顧客を育成しています。

無料セミナーを入口とし、仲介で投資物件を買ってもらい、リフォームと賃貸仲介を取るという一連の流れが確立されています。

ビジネスモデルの中に顧客を育成するという観点が入っていることから、非常に良い仕組みが構築されているものと思われます。

ランドネットは、セミナー、不動産仲介、リフォーム、賃貸管理という流れを一気通貫で事業展開している会社です。

以上、ここまでランドネットの事業概要について見てきました。

では、ランドネットではどのような投資物件が扱われているのでしょうか。

そこで次に、ランドネットの投資物件の特徴について解説いたします。

3.ランドネットの投資物件の3つの特徴

ランドネットの投資物件の特徴は、以下の3つです。

  1. 価格帯が安い
  2. ワンルームが多い
  3. 流通物件である

特徴1.価格帯が安い

1つ目の特徴として、ランドネットの物件は価格帯が安いということです。

ほとんど物件が2,000万円以下であり、23区内の物件でも中心価格帯が1,000万円前後となっています。

ダイレクト検索機能もあり、「0~100万円」という分類でも物件を検索することができます。

「0~100万円」で検索すると、ファミリータイプの投資用マンションで、「和歌山県西牟婁郡白浜町」の物件で88万円というような投資物件も登場してきます。

表面利回りも60%となっており、もはや意味不明です。

一方で、東京23区内のワンルームマンションで検索すると、500万円から3,500万円くらいの物件が検索されます。

物件としては1,000万円を下回るものも多いです。

都内のワンルームマンションというと、2,000万円が標準的な相場ですので、1,000万円未満で購入できる物件はかなり安いといえます。

例えば、都内の物件では、「東京都杉並区上荻」に595万円の物件があります。

JR中央本線「西荻窪」駅から徒歩13分の物件ですので、立地的には全然悪くはありません。

築年数は、1970年となっていますので、旧耐震基準の建物になります。

耐震基準は、

  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築確認申請を通した建物は旧耐震基準
  • 昭和56年(1981年)6月1日以降に建築確認申請を通した建物は新耐震基準

です。

旧耐震基準でも、東日本大震災などは乗り切っていますので、割り切って購入するというのも考え方の一つです。

当該物件の表面利回りは12%を超えています。

郊外にある築30年くらいの一棟モノのアパートの表面利回りは10%くらいですので、それよりも高い利回りになっています。

特徴2.ワンルームが多い

投資物件の種類としては、ワンルームが多いのが特徴です。

ランドネットでは、「ワンルーム」「ファミリータイプ」「一棟マンション」「一棟ビル」「土地・店舗」のジャンルの物件を扱っています。

そのうち、7割くらいの物件がワンルームです。

元々、ワンルームは価格が安いため、それも伴ってランドネットの扱っている物件の価格は総じて安くなっています。

会社としても中古のワンルーム投資のセミナーなどを主体としており、激安中古ワンルームマンションが多いのがランドネットの特徴となります。

特徴3.流通物件である

ランドネットの扱っている物件は、ほとんどが市場で流通している流通物件です。

仲介物件がほとんどですが、たまに買取転売を行っている物件もあり、ランドネット自身が売主となっている物件もあります。

流通物件の中でも、築年数が古く、立地条件の悪い物件も含まれているので、不動産投資の初心者には難しい物件が多いという心象があります。

ランドネットは、リスクが高くて価格の安い物件を多く扱っていますので、物件を購入する際は、投資家として目利きを養った上で検討することが必要です。

不動産投資の会社の中には、ちゃんと自分たちで新築物件を開発して世の中に提供している会社もあります。

例えば、 REDS という不動産投資会社は、しっかりと投資物件を自分たちで開発して世の中に供給しています。

価格は高くなりますが、新築で、入居者や管理もきちんと整備された状態の物件を購入できるため、初心者の方は開発された新築物件を購入することをオススメします。

流通物件は、言い換えると他の投資家が「捨てた物件」ですので、流通物件ばかり取り扱っている会社と、自社開発まで手掛けている会社では、提供している物件の質は全く異なります。

少しリスクを感じるなと思われる人は、自社で物件を開発している不動産投資会社で物件を探した方が良いでしょう。

プロパティエージェントについては、下記記事に詳しく記載しています。

プロパティエージェント
不動産投資会社「プロパティエージェント」はどんな会社?強みや特徴は?

芸能通の方ならご存知かもしれませんが、不動産投資会社のプロパティエージェントという会社が一時期話題となりました。 プロパ ...

続きを見る

以上、ここまでランドネットの投資物件の特徴について見てきました。

では、ランドネットはどのような人におススメなのでしょうか。

そこで次に、ランドネットがおススメの人について解説いたします。

4.ランドネットがオススメの人

ランドネットがオススメの人は、以下のような人たちになります。

  1. リフォームも管理もトータルで任せたい人
  2. 勉強しながら安全な投資を始めたい人

オススメな人1.リフォームも管理もトータルで任せたい人

ランドネットはリフォームや賃貸管理も手掛けている会社です。

そのため、購入した物件のリフォームと管理を一気通貫で任せることができます。

管理会社というのは、普段から入居者の不満の声を聞いています。

また、空室の募集時には、入居希望の条件を聞いており、入居者のニーズを直接知り得る立場にいます。

ランドネットは、自社で管理もリフォームも行っているため、入居者ニーズを反映した的確なリフォームをすることが可能です。

よく、リフォーム専門の会社にリフォームを依頼してしまうと、入居者ニーズを知らないため的外れなリフォームとなってしまうことがあります。

デザイン性にこだわり過ぎて、使いにくいリフォームとなり、リフォーム工事費用だけ高くて失敗することもあります。

ランドネットなら、的外れのリフォームも少なく、コストも最小限に抑えることができるため、リフォームも管理もトータルで任せたい人にはオススメです。

オススメな人2.勉強しながら安全な投資を始めたい人

ランドネットは、不動産投資セミナーも熱心に行っています。

そのため、勉強しながら安全な投資を始めたい人もランドネットはオススメです。

ただし、ランドネットが中心的に扱っている物件は、リスクの高い物件が多いため、必ずしもランドネットで物件を購入する必要はないと思われます。

せっかくセミナーで勉強したのであれば、その知識を活かし、自分で投資物件を見極めることが重要となってきます。

いずれにしても、不動産投資を始めるのであれば、何らかの勉強は必ず必要となってきます。

そのきっかけは、ランドネットのセミナーであっても構わないと思います。

まずはしっかりと勉強し、不動産投資の基礎知識を身に着けた上で、スタートするようにしてください。

5.まとめ

ランドネットがどのような会社であるかということや、サービスの特徴、ランドネットを利用するのにオススメの人について見てきました。

マンション投資を始めたいと考えている人には、セミナーから受けてみるのが良い取組です。

ランドネットは入口としてのセミナーを用意していますので、気になる人は参加してみるのも良いでしょう。

不動産投資のセミナーについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

家売る時期やタイミングはいつが良い?季節や築年数・税金のポイント
騙されるな!不動産投資で怪しいセミナーを見破る3つの売り文句

初めて不動産投資をするのであれば、セミナーに参加して勉強するのは良いことです。 ただし、最初の先生を間違ってしまうと、不 ...

続きを見る

本当に実力がつく不動産投資セミナー2選と行くべきではない4選
本当に実力がつく不動産投資セミナー2選と行くべきではない4選

ところで、あなたは良い物件を見極める自信がありますか? ずばり言います。不動産投資で一番重要なのは「物件選び」です。 物 ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

49,427view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

58,288view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

9,245view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,463view
土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

更地は不動産の中でも最も売却しやすい物件です。 ただし、更地は不動産会社等のプロが購入者となる場合も多く、売主に対して厳 ...

-不動産会社

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.