土地活用で有名なレオパレスの評判は?メリット・デメリット、注意点を徹底解説

土地オーナーの方の中にはレオパレスの営業マンが突然営業に訪れてきた人もいるかもしれません。

熱心な営業マンと話しているうちに、レオパレスで土地活用を検討してみようかと考えている人もいると思います。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • レオパレスってぶっちゃけどうなの?
  • 名前は有名だけど、レオパレスの強みって何?
  • レオパレスが提案してくる高齢者施設について迷っている

そこで今回の記事では、「レオパレス」による土地活用にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたはレオパレスの特徴を理解し、自分たちの土地活用に適した会社かどうか知ることができます。

1.レオパレスの特徴と注意点

レオパレスの特徴

株式会社レオパレス21は、1973年に設立された不動産会社。

東京都中野区に本社を置く東証1部上場企業でもあります。

創業時は不動産仲介業を中心にして行っていた不動産会社ですが、今ではアパートの建築請負、賃貸、ホテル事業、リゾート事業、老人ホーム運営事業等を行っています。

建設業も行っていますが、元々の創業が不動産会社だったこともあり、業種分類上は不動産会社ということになっています。

不動産会社としての売上ランキングは以下の通りです。

レオパレス21は業界7位の売上のポジションにいます。

順位企業名売上高
1位三井不動産1.7兆円
2位飯田グループホールディングス1.2兆円
3位三菱地所1.1兆円
4位住友不動産9,251億円
5位東急不動産ホールディングス8,085億円
6位野村不動産ホールディングス5,696億円
7位レオパレス215,204億円
8位大京3,253億円
9位イオンモール2,697億円
10位東京建物2,544億円

 ※出典:Ullet不動産業売上高より

レオパレスで土地活用をする注意点

レオパレスは木造アパートを中心に土地活用を推進してきたことから、一部に悪い評価もあるのも事実

木造アパートはコストパフォーマンスが良いのですが、鉄骨造と比較した場合、施工の質が劣るため、入居者の評価が悪くなりがちです。

例えば、レオパレスのアパートは壁が薄い等の評判をよく目にしますが、木造アパートであれば、どのハウスメーカーも基本的に壁は薄いです。

そのためアパートを検討するのであれば、鉄骨造も得意とする他のハウスメーカーも含めて検討することをオススメします。

土地の活用などの投資を考えるなら一括資料請求がオススメ

土地の活用などの不動産投資を考えるなら、とにもかくにも自らどういった活用方法があるのかを知って吟味すべきです。

まずは勉強も兼ねて、HOME4U土地活用 」を使って、多くのプランを見て検討するのが、一番成功への近道

中には変な会社からしつこい営業の売り込みがあるのではないの?と思う方がいると思いますが、心配も無用です。

HOME4U土地活用で提案してもらえる会社は、NTTグループならではの厳重な審査をしているため、安心して利用できます。

約60秒、しかも無料で利用・土地を持っていなくても利用できますので、まずは多くのプランを見て吟味してみましょう。

一方で、アパートだけではなく、レオパレスならではの土地活用の優位性というのも存在します。

そこで次章より、もう少し専門的な見地から、レオパレス21の土地活用の強みについて掘り下げていきます。

2.レオパレスの強み

特徴的なのは賃貸併用住宅と高齢者住宅の提案

レオパレスの土地活用提案メニューとしては、

  • 賃貸アパート
  • 賃貸併用住宅
  • 店舗・商業施設
  • 高齢者施設

があります。

レオパレスの他社とは異なる特徴として、「賃貸併用住宅」と「高齢者施設」の提案メニューを持ち合わせているという点です。

土地活用を行う上では、自分の保有している土地でどのような建物が建築できるのか知っておく必要があります。

土地の上で建築できる建物用の制限を定めたものに、都市計画法の用途地域というものが指定されています。

用途地域とは、ここは住宅しか建ててはいけないとか、ここは店舗を立てて良いとか等の規制

一定以上の規模の市であれば指定されています。

用途地域には、住居系・商業系・工業系で合わせて12種類あります。

住居系の用途地域の中で最も規制が厳しいのが、第一種低層住居専用地域と呼ばれる用途地域です。

一般的な戸建住宅地域では、第一種低層住居専用地域に指定されていることが多いです。

第一種低層住居専用地域は、低層住宅に係る良好な住居を保護するための地域ですが、その一方で建築可能な建物用途も少ないことが特徴です。

建築可能な用途が少ないということは、それだけ土地活用の選択肢が狭く、土地活用が難しい土地ということも言えます。

第一種低層住居専用地域で可能な土地活用

第一種低層住居専用地域で建築可能な建物用途は、以下のものになります。

神社、寺院、教会、巡査派出所、診療所、公衆浴場、保育所、住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿、住宅に付随する店舗・事務所、老人ホーム、身体障害者福祉ホーム、幼稚園、小学校、中学校、高等学校

第一種低層住居専用地域の中で、一定の賃貸需要があり、土地活用として検討できるものは、「保育所」「共同住宅」「老人ホーム」くらいです。

共同住宅と言っても、第一種低層住居専用地域では高層マンションは建てられないため、第一種低層住居専用地域の共同住宅はアパートに限定されます。

よって、第一種低層住居専用地域の土地をお持ちの方は、現実的な土地活用方法としては、アパート、老人ホーム、保育所の3つになります。

賃貸併用住宅も建築が可能です。

レオパレス21では、土地活用の提案メニューとして、アパート(賃貸併用住宅を含む)と老人ホームの2つを持っており、土地活用が難しい第一種低層住居専用地域の土地をお持ちの方でも強力なパートナーになることができます。

なぜ第一種低層住居専用地域にこだわるかと言うと、第一種低層住居専用地域は、例えば東京や神奈川の大都市では最も広い面積の用途地域だからです。

全国で見ると第一種低層住居専用地域は、第一種住居地域に次ぐ2番目の広さになります。

そのため、多くの個人の地主は、土地活用の難しい第一種低層住居専用地域の土地活用で悩んでいます。

レオパレスでは、第一種低層住居専用地域の土地活用の悩みに応えることができる強みを持っています。

用途地域については下記記事でさらに詳しく解説しています。

用途地域とは?定義から種類・調べ方・建築制限一覧表・価値の高い土地の条件

用途地域とは、エリアごとに建築可能な建物の用途を定め区分けした地域のこと こんな悩みをスッキリ解消! 用途地域とは何だろ ...

続きを見る

第一種低層住居専用地域については下記記事で詳しく解説しています。

第一種低層住居専用地域は制限が厳しい!建築可能な用途一覧表
第一種低層住居専用地域でコンビニは建てられる?建築可能な用途一覧表

土地活用が難しいエリアの一つに第一種低層住居専用地域があります。 第一種低層住居専用地域は一番厳しい用途制限を受けており ...

続きを見る

以上、ここまでレオパレスの強みについて見てきました。

レオパレスの提案メニューには賃貸併用住宅と高齢者施設があります。

そこで、次章よりレオパレスによる賃貸併用住宅と高齢者施設のそれぞれの特徴について見ていきます。

3.賃貸併用住宅の特徴とメリット・デメリット

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅とは、1つの建物で自宅と賃貸アパートを兼ねた住宅

賃貸併用住宅は、住宅ローンでアパートを造ることができるメリットがあります。

通常、アパートを建築する場合、住宅ローンよりも金利の高いアパートローンを借りて建築することになります。

安い金利のローンでアパートを建てることができ、なおかつ、自宅部分の住宅ローンの返済原資もアパート収入から一部賄うことが可能になるというメリットがあります。

入居者との距離も近く、入居者とオーナーが顔の見える関係になり、安心感を与えることもできます。

入居者との人間関係は、機械によるセキュリティよりも価値の高い安心・安全を入居者にもたらします。

敷地に余裕があり、なおかつ駅からも近く賃貸需要の高い土地であれば、賃貸併用住宅を検討する余地は十分にあります。

賃貸併用住宅のデメリット

ただし、賃貸併用住宅は、入居者が埋まらなくなった場合、リスクが顕在化します。

不用意に大きな建物を建てているため、自分の給与の中から自宅に加えて賃貸部分のローンまで返さなければなりません

また賃貸併用住宅では、常にオーナーに監視されているような感じになるため、賃貸併用住宅には住みたくないという人も多いです。

加えてレオパレスの木造アパートの評判の悪さを考慮すると、賃貸併用住宅は慎重に検討した方が良いでしょう。

賃貸併用住宅については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

賃貸住宅は住宅ローンでも借りれる?賃貸住宅4つのメリットと2つの注意点
賃貸住宅は住宅ローンでも借りれる?賃貸住宅4つのメリットと2つの注意点

自分だけの家を建てるには広すぎる土地を持っている人は、住宅ローンを使って賃貸併用住宅を建てるという方法があります。 こん ...

続きを見る

以上、ここまで賃貸併用住宅の特徴について見てきました。

それでは次に高齢者施設について見ていきます。

4.高齢者施設の特徴とメリット・デメリット

高齢者施設のメリット

保有している土地が、第一種低層住居専用地域の土地で、駅から遠い場合、アパートの選択肢は絶望的と言えます。

駅から10分以上ある場合は、アパートや賃貸併用住宅の選択は避けるべきです。

新築当初は埋まったとしても、駅から遠い物件は、築年数が経つとすぐに埋まらなくなります。

アパートができないとなると、残るまともな選択肢としては、老人ホーム等の高齢者施設になります。

高齢者施設は、駅距離はあまり気にしません。最寄りのバス停からの距離を気にします。

週末に家族が会いに来る際、最寄りのバス停から歩ける距離であれば良いのです。

立地条件としては、近くにバス停があり、そのバス停から徒歩5分以内であればOKです。

老人ホーム等の高齢者施設では、賃借人は老人ホーム等を運営する介護事業者1社になります。

そのため、空室はなく賃料も安定しているというメリットがあります。

また、老人ホームは行政の認可事業であるため、テナント属性としても安定した優良テナントになります。

建物は一棟貸となるため、建物管理も介護事業者が行うことになります。

賃料が安定しており、空室もなく、かつ、管理の手間がかからないという点で、高齢者施設はとても有効な選択肢と言えます。

ただし、老人ホーム等はアパートよりも建築費が高めで、賃料も安いというデメリットがあります。

そのため、駅から近い土地であれば、わざわざ老人ホーム等を選択する必要はありません。

老人ホーム等は駅から遠くで活用の難しい土地であれば、有効な活用方法となります。

高齢者施設のメニューが豊富

レオパレスでは、レオパレス自身が「あずみ苑」というシルバー事業を行っています。

ただ、レオパレスで老人ホームを造った場合、必ずテナントが「あずみ苑」になるわけではないというメリットがあります。

レオパレスでは、あずみ苑で培ったネットワークより、適材適所で最適な事業者をマッチングしてくれます。

そのため、レオパレスと運命共同体になってしまうわけではなく、最適な介護事業者がテナントとして選べることが可能です。

レオパレスでは、高齢者施設の中で

  • 介護付き有料法人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム
  • デイサービス・ショートスティ

の提案が可能です。

これだけの提案メニューがあるメリットとしては、土地の広さへの対応力です。

例えば、介護付き有料法人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では敷地の広さが300坪以上を推奨しています。

ただ、グループホームであれば150坪から検討が可能になります。

300坪も無くて介護付き有料法人ホームが無理な人でも、グループホームであれば検討ができる可能性があります。

自分の保有している土地の大きさに合わせて最適な高齢者施設を選べるのがレオパレス21を使った土地活用のメリットになります。

土地活用の基本は、複数社からの様々な提案からベストを探すこと

ここまでは、土地活用で人気のレオパレスについて詳しく見てみました。

当たり前ですが、どこの会社にも強みもあれば弱みもあります。

土地活用を検討する際には「ここ!」と決めてしまわずに、色々な会社から色々なプランの提案を受けてみてください。

「こんなプランがあったんだ」という新しい出会いが待っているかもしれませんよ。

土地の有効活用は素人には難しい!

「使っていない土地を持っている」と言うと、贅沢な悩みに思われがちですが、土地は所有しているだけで固定資産税が掛かり、負の遺産になっていきます。。。

持っている土地でどうにかお金を生めないのか」と考えるのは当然のことです。

しかし、素人が独学で土地活用を始めるのはとても危険です!

なぜなら、土地活用には、プロでないと判断できないポイントがあまりにも多いから。

土地活用の難しいポイント

  • 土地の条件(立地・形状・用途地域)によって向き不向きがある
  • アパートやコンビニなど、本当に集客できるかどうかのマーケティングが重要
  • 運営費や手間、収益性が活用方法によって多種多様

素人判断で何千万ものお金を注ぎ込んで、自分の土地にアパートを建てたものの入居者ゼロ。

そんな恐ろしいことだってあり得るのが土地活用です。

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
有効活用のつもりが負担になってしまうこともあるんですね。。。。

検討するなら土地活用のプロに相談が一番!

そもそも、土地活用を検討する際の相談相手はどんな会社になるのでしょうか?

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、活用方法も多種多用な土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法相談先
ハウスメーカー工務店ゼネコン各種専門業者
マンション経営 
アパート経営  
賃貸併用住宅  
駐車場経営   
大規模施設(高齢者施設・保育所など)  
実績と知識を持ったそれぞれのプロに相談することが大切じゃ!
フクロウ先生
フクロウ先生

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を!

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも、提携会社は「積水ハウス」や「大東建託」、「旭化成ホームズ」、「三井ホーム」など、全国の優良企業が勢ぞろいしています。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

「HOME4U」利用時の注意点と対策

HOME4U土地活用 」のメリットばかりを紹介しましたが、注意点もあります。

しっかりと、注意点と対策を理解した上で、あなたの土地活用に活かしていきましょう。

HOME4U利用時の3つの注意点

  1. 個人情報が入力必須で匿名での依頼は不可
  2. エリアや活用方法によって企業が見つからない可能性もある
  3. 沢山のプランを提案されてどれがベストか分からなくなってしまう
1.個人情報が入力必須で匿名での依頼は不可

実際に資料を郵送してもらうことになるので、匿名依頼ができない点は分かりやすいかと思います。

個人情報を渡すサービスになるので、やはり信頼と実績のある「 HOME4U土地活用 」がオススメでしょう。

2.エリアや活用方法によって企業が見つからない可能性もある

条件によって企業がヒットしない可能性は他のプラン請求サイトでも同様です。

単純に提携会社数だけで見ると「 HOME4U土地活用 」よりも多くの会社と提携しているサイトも存在しています。

それは「 HOME4U土地活用 」が独自の審査基準で優良企業のみに提携会社を厳選していることが大きく影響しています。

土地活用プラン一括請求サイト提携会社数特徴
HOME4U土地活用55社業界最長19年の実績とNTTグループの安心感
イエカレ400社以上提携会社数が他社に比べ抜群に多い
タウンライフ土地活用200社以上しつこい営業も「お断り代行サービス」あり
リビンマッチ土地活用150社以上地元の不動産会社に強い
土地活用の窓口 75社専属相談員が企業とのマッチングまでサポート

※各サイト、提携会社数は2020年12月調べ

まずは、筆者オススメの「 HOME4U土地活用 」を使ってみて、該当企業がない場合は、他のサイトでも試してみることをオススメします。

HOME4U土地活用 」が提携会社数が少ないのは、それだけ信頼・実績のある会社のみに厳選しているということです。

他の資料請求サイトを使う際は、しつこい営業電話が続く業者など、質の低い業者と繋がってしまう可能性もあるので、その点を理解した上で活用していきましょう。

3.沢山のプランを提案されてどれがベストか分からなくなってしまう

最大7社に一括資料請求すると各社からプランを提案されます。

さらに、魅力的な土地であれば、1社が提案してくれるプランの数も増えます。

想定以上の選択肢に悩んでしまうこともあると思いますが、土地活用の目的や優先順位を定め、しっかりと相談をした上で納得できる決断をしていきましょう。

注意点も確かにあるものの、「HOME4U」はオススメできるサービスだぞ
フクロウ先生
フクロウ先生
ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
確かに初めての人だと、相談先すら分からないから、一括請求は助かるね!
もっと詳しく知りたい方

HOME4U紹介ページ

簡単無料資料請求する方

HOME4Uの入力画面

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

5.まとめ

土地活用でレオパレスに依頼した場合の強みと注意点について解説してきました。

レオパレスは駅から離れた第一種低層住居専用地域の土地活用では強力なパートナーになり得ます。

アパートの土地活用が難しい場合は、レオパレス21にも声をかけて、土地活用を検討してみましょう。

おすすめ記事一覧

63,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,945view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,567view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書