マンション売却するならリフォームする?しない?相場もチェック

更新日:

マンション売却を検討中の方に多い悩みが、リフォームについてです。

  • きれいにリフォームしたほうが、高く売れるんじゃない?
  • けっこう古いマンションだから、リフォームしないと売れないかも?
  • リフォームするとしたら、費用はどれくらいかかるのかな?

こんなふうに迷っているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

住んでいればどうしても、家は傷みます。

家具をどけたら壁紙の色が変わっていた、酔ったダンナが壁に穴をあけた、水回りの設備がだいぶ旧式・・・気になるところが盛りだくさんかもしれません。

結論から言うと、リフォームは基本的に不要です。

でも、マンション売却を成功させるために、やったほうがいい「修繕」などもあります。

なにが必要で、なにが必要ないのか?今回はリフォームに焦点をあてて、マンション売却のコツをお話します。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
きれいにしたほうが、当然高く売れるでしょ?
高く売れるけど損かもしれんぞ。
フクロウ先生
フクロウ先生
ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どういうこと?

1.マンションを売却する前にリフォームは不要な2つの理由

マンションを売却する前に、リフォームは基本的に必要ありません。

むしろ、リフォームしないほうがいいというケースが多いのです。

理由は2つあります。

マンションを売却する前にリフォームが不要な2つの理由

  1. リフォーム代を売却価格に上乗せできないことが多い
  2. 買主が好きなようにリフォーム、リノベーションできない

【理由1】リフォーム代を売却価格に上乗せできないことが多い

マンションをフルリフォームするには、300万円くらい必要です。(詳細な相場は2章でご説明します。)

フルリフォームとは、システムキッチン・洗面・風呂・トイレをすべて取り換えて、全部屋の壁紙を張り替えるイメージです。

注意ポイント

300万円かけてリフォームしたとしても、300万円高く売れるとは限りません。

例えば、リフォームしないで売ると2,000万円のマンションがあるとします。

このマンションのリフォームに300万円かかったとします。

でも、リフォームしても2,200万円でしか売れなかったらどうでしょう?

2,200万円-300万円=1,900万円です。

これでは、リフォームするのは損ですね。

では、リフォーム費用の300万円を上乗せして2,300万円で売れた場合はどうでしょうか?

収支は、リフォームしてもしなくても同じ2,000万円ですね。

ただし、リフォーム期間のぶんだけ売却が遅くなりますし、リフォーム会社と打ち合わせをして発注する手間がかかります。

リフォームしない場合はもっと長い間売れなかった、という場合を除くと、あまりリフォームのメリットは感じられませんね。

このように、リフォームしてから売却する方法では、リフォーム費用を売却価格にすべて上乗せできないリスクがあるのです。

【理由2】買主が好きなようにリフォーム、リノベーションできない

中古マンションを購入する人は、大きくふたつに分かれます。

  • ひとつは、「購入したら、すぐにでも新生活をスタートしたい人」。
  • もうひとつは、「建物を購入したら、自分の好きなように設備や内装を整えて、快適な生活をスタートしたい人」。

実は、ある程度、築年数がたっているマンションを検討している人は、後者の方が圧倒的に多数派です。

建物を自分の好きなようにリフォームして、理想の我が家を手に入れたいと思っている人が多いのです。

このような購入者は、できるだけ安く、中古マンションを購入することを優先します。

どちらにしろリフォームする予定なので、壁紙や設備の傷み具合は気にしません。

前者の、すぐに新生活をスタートしたい人にとっては、リフォーム済みマンションのほうが魅力的ですね。

でも、多数派の、「自分で好きなように改装したい派」の人は、逆にリフォームしていないほうがいいのです。

だから、リフォームしないほうが逆に売りやすい、ということが起こります。

リフォーム済みで差別化して成功する場合もある

もちろん、キレイにリフォームしてから売り出せば、「すぐに新生活を始めたい人」にとっては好都合です。

そのようなニーズの購入者とタイミング良く出会うことができれば、すんなりと売ることができます。

例えば、同じマンションで何部屋も同時に中古物件が売りに出されている場合などは、リフォームして差別化した方が売りやすい、という場合もあります。

ただし、覚えておきたいことは2つです。

注意ポイント

  • リフォーム代を全額上乗せして売却できない場合も多い。
  • 「すぐに新生活を始めたい人」よりも「買ってから自分の好きなようにリフォームしたい人」のほうが多い。

つまり、リフォームしてから売るのはリスクが高い、ということを忘れないようにしましょう。

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
リフォームしたほうがいいのかな、しないほうがいいのかな、迷っちゃう・・・

リフォームするかどうかの判断基準

結論からいうと、リフォームは基本的に不要ですが、リフォームしたほうがいい場合もあります。

リフォームするかどうか、いよいよ迷ってしまったあなた!

不動産会社に相談して決めれば大丈夫です。

自分一人で決める必要はない、というより、自分一人で決めるのはおすすめしません。

信頼できる不動産会社に相談して、売却の作戦を練りましょう。

どのような不動産会社に相談すればいいのでしょうか?

リフォーム費用を全て上乗せできないリスクがあるため、大手の不動産会社はリフォームしないことを勧める傾向があります。

一方、自社でリフォームも手掛けている不動産会社は、リフォームを積極的に勧める傾向があります。

リフォームするかどうかは、必ず複数の不動産会社の意見を聞きましょう。

しかも、どこの不動産会社でもいいわけではありません。

すべての不動産会社が中古マンションの販売を得意としているわけではなく、一戸建てや賃貸に注力している会社もあります。

さらに、不動産会社には得意としている販売エリアもあるので、あなたの所有マンションを最も高く販売してくれそうな不動産会社に相談することが大切です。

そのような不動産会社を簡単に見つけるには、「 イエウール 」「 HOME4U 」などの一括査定サービスが便利です。

所在地などの簡単な入力をするだけで、あなたのマンションの販売を最も得意としている不動産会社を選び出し、まとめて査定を依頼できます。

一括査定を利用して、リフォームをしなくても確実に売る力のある不動産会社を選べば、リフォームのリスクを背負う必要がなくなるので安心ですね。

同じマンション内で、すでに多数の部屋が売りに出ている場合などは、必要に応じてリフォームのアドバイスをもらいましょう。

イエウールはコチラ →  イエウールはコチラ → https://ieul.jp/

HOME4Uはコチラ →  HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/

2.マンションのリフォーム費用の相場

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
そもそも、リフォームってどれくらいかかるのかな?

マンションのリフォーム費用の平均

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「平成29年度住宅リフォーム実例調査」によると、マンションのリフォーム工事の平均値は720万円です。

ただし、この調査結果は、マンション売却前のリフォームだけではなく、中古マンションの購入者自らが行ったリフォーム工事も含まれています。

ですので、「最低限の工事費用」だけではなく、「こだわりのリフォーム」も含まれた平均値が720万円です。

例えば、キッチン設備等のグレードが高いものを選んだケースも含まれています。

また、水回りの設備以外にも、リビングの壁面収納や、オシャレな大型食器棚の費用なども含まれているケースがあります。

その他にも、壁を抜いて間取りを変更する、などの大規模な工事をしているケースもあります。

ですから、中古マンションをスムーズに売却するためのリフォームであれば、720万円まではかかりません。

実際のマンションのリフォーム費用はどれくらい?

マンションの売れ行きを良くするためにリフォームを行った場合は、どれくらいのリフォーム費用がかかるのでしょう?

システムキッチン・洗面・風呂・トイレをすべて取り換えて、壁紙を張り替えると、300~400万円くらいかかると思っておきましょう。

内訳は次の通りです。

リフォーム内容費用の目安
キッチン70~100万円
風呂70~100万円
トイレ30~40万円
洗面所20~30万円

壁紙の張り替え費用

2LDK(50平米)全部屋25~40万円
3LDK(60~70平米)全部屋30~50万円

そのほかにも、気になる部分をリフォームする必要があるかもしれません。

玄関収納の交換や、照明の一部をダウンライトに変更、扉などの建具を交換するのが定番です。

リフォーム費用は内容と選ぶ設備によってピンキリですが、500万円が上限とイメージしておけば大丈夫です。

リフォームとリノベーションの違い

ここで、リフォームとリノベーションの違いについて、説明しておきます。

かんたん説明

  • リフォームとは、古くなった建物を、新築の状態に戻すこと。
    • 具体例:老朽化したキッチン・お風呂やトイレの設備交換、壁紙の張り替えなど。
  • リノベーションとは、新築の時より設備や機能を向上させたり、使いやすくするための大規模な工事。
    • 具体例:家族の成長に合わせて広い部屋に壁を作って部屋数を増やす工事、災害に備えた耐震工事、バリアフリー工事など
  • 非常に似通った意味をもつ言葉ですが、新築時と同等程度なら、リフォーム。
  • 新築時よりも機能をアップさせるなら、リノベーション。

と使い分けされることが一般的です。

間取りを変更するような大掛かりなリノベーションであれば、500万円以上かかる場合がほとんどです。

不動産会社の中には、中古マンションを買い取って、リフォーム・リノベーションを行ってから再度販売することを専門にしている会社もあります。

一般の人が、中古マンションをスムーズに売る目的であれば、500万円未満のリフォームをすれば十分です。

高額なリフォームをすればするほど、その費用の全額を売却価格に上乗せできないリスクが膨らんでしまいます。

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
徹底的にリフォームしようと思ったらキリがないもんね!
リフォームする場合は、不動産会社にしっかり相談して、必要最低限にしておくのじゃ。
フクロウ先生
フクロウ先生

リフォーム工事を行う場合の注意点

リフォーム工事を行う場合は、必ず相見積もりを取りましょう。

相見積もりとは、複数の業者から見積書を提出してもらい、内容や金額を比較することです。

強引にその場で契約を即決させようとする業者を回避して、良質な業者をじっくり選ぶことが出来ます。

ただし、1社1社探して見積もり取るのは非常に手間。

そこでオススメなのが「 リショップナビ 」です。

リショップナビを使えば、30秒で厳選されたリフォーム会社5社(最大)に一気に見積もり依頼ができてしまうサービス。

しかも利用は無料でできます。ぜひ利用して納得いくリフォーム会社を見つけてください。

リショップナビはコチラ →  https://rehome-navi.com/

相見積もりをする時の注意点

ポイント

  • 【予算、目的をしっかり伝えましょう】いくらの予算内でリフォームしたいのか、なぜそうしたいのか、譲れる条件、譲れない条件を明確にします。
  • 【必ず直接話を聞きましょう】どんなに忙しくても、見積書を郵送してもらう、メールしてもらう、などはやめましょう。後々のトラブルを回避する為でもあり、直接会って話すことで業者の良し悪しを感じ取れるはずです。
  • 【条件を統一しましょう】金額やサービスの内容を比較しやすくなります。

相見積もりを取った後、値引き交渉を行う為に、他の業者さんに見積書を直接見せてしまうのはマナー違反です。

あまり金額だけにこだわりすぎると、良質な業者が離れてしまい、安いだけの悪質な業者に捕まってしまいます。

内容と質、金額をよく見極めましょう。

リショップナビはコチラ →  https://rehome-navi.com/

3.リフォームよりも絶対にやるべき大事な3ポイント

マンションを高くスムーズに売るためには、基本的にリフォームは不要です。

それよりも、絶対にやっておくべきことは「内覧の徹底的な準備」と「修繕」「良質な不動産会社を探すこと」です。

ポイント1.内覧に備えた徹底的な準備

マンションを売りに出したら、購入希望者がマンションの中を見学に来ます。

この内覧に備えて、徹底的に準備することが非常に大切です。

「住まいを大切にしているんだな」という印象を与え、売り主の人柄を気に入ってもらえれば大成功です。

徹底的に掃除しましょう

掃除の優先順位が一番高いのが、キッチン、風呂、トイレです。

忘れがちですが、玄関とベランダも掃除しておきましょう。

水回りの掃除は、プロのハウスクリーニングを依頼するのもおすすめです。

モノを減らしましょう

室内に家具などの物が多いと、部屋は狭く見えます。

購入希望者は、専有面積を知っていても、現地の印象に左右されてしまいます。

内覧前に、不用品を処分するだけではなく、一時的にレンタル倉庫に移動するなどの手段を使うことも考えて、モノを減らしておきましょう。

収納も全部見せるつもりで臨みましょう

どこでも見せられるように、収納の中も整理整頓しておきましょう。

購入希望者は、遠慮してしまって「見てもいいですか」と言えないかもしれません。

売主から率先して「この収納はこんな感じで、たくさん入りますよ」と開けて見せると好印象です。

臭い対策もしておきましょう

どんな家にもそれぞれの生活臭があります。

カーテンやクッションカバーなどの布製品は、洗濯するか、消臭スプレーなどをかけましょう。

ペットやたばこを吸う人がいる場合には、特に念入りに対策し、内覧直前まで窓を開けて換気しましょう。


購入したらリフォームするつもりで見に来た購入希望者も、今の状態があまりに悪すぎると、リフォーム後が想像できません。

悪い印象が残ってしまえば、まず契約にはつながりません。

少数派ではありますが、リフォームせずにすぐに新生活を始めたい人が見学に来る可能性もありますので、わが家を最高の状態に整えて内覧に臨みましょう。

内覧準備について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

805view
マンションの売却は内覧を攻略しよう!準備から当日まで完全ガイド

スムーズなマンション売却のカギを握るのが「内覧」です。 内覧とは、購入希望者が物件を見に来ること ここで気に入ってもらわ ...

ポイント2.やるべきは「修繕」

「修繕」は故障した設備の交換や、傷の補修などを指します。

すぐに直せる傷は、できる限り直しましょう。

壁に大きな穴があったり、網戸のやぶれなどがあると、部屋全体がくたびれた印象になってしまいます。

長年住んでいると、小さなガタつきが出てくるものです。

でも、「このくらい我慢できる、慣れてしまえば平気」と思える程度は人によって違います。

買主は少しでも費用を抑えたいもの。

状態が悪いことを理由に、値引き交渉されてしまうかもしれません。

たいていの場合、値引きするよりは、修理費用のほうが安く済みます。

修繕してから売るかどうか、迷う部分があれば、不動産会社に相談してみましょう。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
迷うことがあれば、なんでも不動産会社に相談すればいいのね♪
そのためにも、マンション販売を得意としている不動産会社を見つけることが大切じゃ。
フクロウ先生
フクロウ先生

ポイント3.良質な不動産会社を探す

不動産を売却うえで大事なことは、「売却予定の不動産に強く、信頼できる不動産会社を探せるか」です。

不動産会社によって、買い主に対してアピールする広告手法も違えば、説明の仕方も違います。

また、不動産会社によって、得意としている不動産、苦手としている不動産、この地域は得意ではないなど、実力の差が大きく、結果的に売却金額に数百万、数千万の差が出ます。

では、あなたは売却予定の不動産を得意としている不動産会社を探すことはできますか?

正直なところ、知人や親戚が不動産関係でもない限り、そう簡単に見つけることができません。

あなた自身が探そうにも、不動産会社を1社1社回っていては、時間ばかりが過ぎてしまいます。

そこで筆者がオススメしているのが「不動産一括査定サービス(サイト)」です。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のオススメは「イエウール」「すまいValue」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

中でも複数かつ信頼できる不動産会社を比較できる8つのサービス(サイト)に厳選。

その中でも

  • 大手から地域密着の不動産会社を一番探すことができる イエウール
  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門の数少ない不動産会社 ソニー不動産

の3つを特オススメしています。

もちろん筆者自身も3回一括査定を利用(「 イエウール 」「 すまいValue 」「 HOME4U 」)し、とても満足しているためオススメさせてもらっています。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真です。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し見にくく、そこまでじっくり見る必要はありません。流し読みしてください。

2018提携不動産会社

2018提携不動産会社

上記表を見ると、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「センチュリー21グループ」「東急リバブル」の4社が他の不動産会社に比べて、仲介件数が一桁多いことがわかると思います。

計算してみると日本の不動産売買の仲介件数全体の38.3%をその4社で占めています。

それだけ日本の不動産売買の取引は、大手に偏っているということ。


以上のことからも、筆者としては、最低でもこれら大手に最低でも1社には依頼できないと話にならないと思っています。

欲を言うと2~3社に依頼できたほうがベターです。

そして結論からいうと、「 イエウール 」と「 すまいValue 」を特にオススメしています。


イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

筆者が「 イエウール 」をオススメしている理由は下記の通り。

イエウールは提携している不動産会社が他と比べて圧倒的に多く1,500社あります。

つまり「大手」「中堅」だけでなく、「地方・地域密着」の不動産会社にも依頼ができますので、あなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手や中堅よりも、地域密着の不動産会社の方が、特定の地域に強かったり、社長が自ら相談に乗ってくれるのでサービスが手厚かったりなど良いことも沢山ありますからね。

どうせ同じ1回に申し込みをするのであれば、なるべく多くの不動産会社に相談したほうが、成功する可能性も高いです。

でも、中には変な不動産会社がいるのでは・・・?と心配する人もいますが、安心してください。

イエウールで依頼できる不動産会社は厳重な審査を行っております。

利用者数が1,000万人と一括査定No.1の実力があるため、不動産会社をしっかり選別できているのです。

イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
不動産査定・売却なら「イエウール(家を売る)」
不動産査定・売却なら「イエウール(家を売る)」

不動産売却・不動産査定をするならイエウール(家売る)【完全無料】で不動産会社に一括査定ができます。

続きを見る


人口が多い都市にお住まいの方は、国内TOP4のうち3社に唯一依頼ができる「 すまいValue 」も合わせて申し込むことをオススメします。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

大手不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実です。

大手不動産会社は、人口が多い都市は非常に得意としていますので、人口がそこそこ多い都市を売却検討されている方は すまいValue も申し込むといいでしょう。

すまいValueはコチラ → https://sumai-value.jp/
不動産・マンションの売却・一括査定|家を売るなら【すまいValue】
不動産・マンションの売却・一括査定|家を売るなら【すまいValue】

【三井のリハウス】【住友不動産販売】【三菱地所ハウスネット】【小田急不動産】【野村の仲介+】【東急リバブル】の大手6社が ...

続きを見る

逆にいうと、すまいValueの弱点は、地方には対応していない可能性が高い点です。

その場合は、1つ目に紹介した イエウール がオススメです。


また、さらに1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で売却を検討されている方は ソニー不動産 も非常にオススメできます。

ソニー不動産

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

ソニー不動産は、エージェン制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

しかも今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえます。

初めてでよく分からない不動産の売却の基礎から成功の秘訣までが学べます。

まずは気軽に相談だけでもしてみると良いでしょう。

ソニー不動産はコチラ → https://sony-fudosan.com/
不動産を高く売却するならソニー不動産|ソニー不動産
不動産を高く売却するならソニー不動産|ソニー不動産

不動産を高く売却するならソニー不動産 あなたの自宅、今いくら?不動産売却のプロであるソニー不動産のエージェントが無料査定 ...

続きを見る


何となく不安と思っている方は「 HOME4U 」がオススメです。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループ運営、2001年からサービス開始で歴史No.1と安心感抜群の一括査定。

NTTといえば、かなり審査に厳しいので有名です。NTTの看板を汚すわけにはいきませんからね。

提携不動産会社は1,000社と多くはありませんが、それだけNTTの審査が厳しくなかなか参加できないとも言えるのです。

HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/
不動産売却・不動産査定ならHOME4U
不動産売却・不動産査定ならHOME4U

家や土地を売りたい方は、まずは査定価格の比較からスタートしましょう。HOME4U(ホームフォーユー)は、あの大手不動産会 ...

続きを見る


少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産売却成功のシナリオ

  • 【ここにしておけば間違いない】大手・中堅~地域密着まで幅広く不動産会社に相談できる!一括査定の中で利用者数No.1の「 イエウール
  • 【大手のみで安心】超大手の不動産会社に唯一相談できる「 すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門のエージェント制を導入「 ソニー不動産
  • 【どうしても迷うなら】NTTグループ運営、運営歴No.1の「 HOME4U

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

サイト名提携不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
イエウール 1,500社以上全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,500社以上は一括査定No.1
運営歴が浅い
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない
ソニー不動産 ソニー不動産のみ東京・神奈川・千葉・埼玉のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化
・不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる!
一都三県のみしか対応できない
HOME4U 1,000社全国500万人
※2016/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

提携不動産会社が少なめ
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
提携不動産会社が少なめ
HowMaスマート不動産売却 非公開全国非公開2015年~営業電話なし、不動産会社とのやり取りがチャットでできる
・不動産会社との媒介契約がネット上で出来るのはココだけ
参加している不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
リアリエ パナソニック株式会社のみ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県非公開2018年~リフォームプラン付きで買主に売却提案対応地域が全国ではない
住まいのミカタ 株式会社フィルライフ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県非公開2018年~不動産のプロがあなたの要望に合わせて不動産会社を紹介してもらえる対応地域が全国ではない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
スマイスター 1,400社全国4400万人
※2018年3月時点
2006年~・売却だけではなく、賃貸した場合の査定も可能運営会社が広告会社

まとめ

それではおさらいです。中古マンションの購入者は、自分の好きなようにリフォームしたい人が多数派です。

リフォーム費用をすべて上乗せできず、損をするリスクもあるので、リフォームは基本的に不要です。

ただし、マンション販売を得意とする不動産会社に相談してから決めましょう。

おすすめ記事一覧

31,988view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

28,227view
不動産一括査定のイメージ図

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

645view

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

6,500view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です ...

-マンション売却, 不動産売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.