動かない部下を「動かす・やる気にさせる」には?元人材コンサルが秘訣を紹介

投稿日:2016年8月20日 更新日:

部下を持つ上司としては、様々なタイプの部下と付き合っていかなければなりません、自分が扱いやすい部下ばかりならば何も問題はありません。例えば

  • どうして部下は注意しても響かないのか
  • 何を言ってもやる気がない部下をどうすればいいのか
  • そもそもどういう教育をしていけばいいのか
  • 任せると放置、どういう風に接するのがいいのか

など悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。しかし、何も問題のない部下ばかりと言うのは、組織として膠着しているか、組織としての考えが偏っている、上司としてのあなたが既に期待されていない等と言った恐れもあります。言葉を代えれば問題がある部下がいる組織の方が健全と言えるかもしれません。

ただし、組織の成果最大化のために、そのような部下をどうやる気にさせるのかと言う点は必ず解決したいところです。

今回は部下の中でも「やる気がない部下にはどう対応するか?」について、元コンサルティングの筆者が秘訣を紹介します。ここに書いてある内容をしっかり理解すれば、きっと解消されるでしょう。

部下が動かない原因の分析

まず、注意しても動かない原因は何でしょうか?この点が非常に重要です。注意し、部下に行動を促した場合には以下2つのパターンが考えられます。

  1. そもそも無知でやり方がよく分かっていない
  2. 上司が言っていることに腹落ちできていない

この1.2どちらのパターンになるのかをまずはよく考えましょう。

教育が重要

まず、1から考えてみましょう。この場合には上司のあなたに対する反抗心はありません。あえて言えば仕事の処理能力が低い為に「やり方を知らないだけ」です。

その為、解決法は非常に単純であり促した行動が出来る様に「行動を分解し、できる様にする」ことです。又は、その行動が出来る部下にやり方を教えさせるのも良い手でしょう。つまり、部下を「教育する」ことが最重要になります。

信頼を構築することが最重要

一方、2を考えてみましょう。この場合は基本的に上司としてのあなたのマネジメント力不足でしょう。マネジメント不足の為に、部下があなたに「反抗心」を持っていることが原因です。これには基本的に2つの解決策があります。

対策①:強制力を使う

1つ目は上司としての「力」を使うことです。早い話が「強制力」であり、「やらなければ査定に響かせる」「人事権を駆使して首にするぞ」と言った強制力です。

既にお分かりだと思いますが、あまりにも多用しすぎると「パワハラ」として訴えられるだけでなく、部下の気持ちは益々あなたから離れていくことでしょう。よってこの方法はお薦めしません。

しかし、敢えて書いたのは「注意では一向に改善が見られない」「仕事を完全に放棄している」等と言った見込みのない部下に対しては、この様なアプローチをとる必要があります。

基本的になめられているのでこういった強制力を時折示すことで効果を発揮することがあります。ただし、あくまで非常用であり多用はしないでください。

対策②:部下の心をつかむ

もう一つのやり方は、離れてしまった部下の心をもう一度掴むことです。何か自分に思い当たることはありませんか?例えば下記のようなことが思い当たる人は黄色信号です。

  • 部下を育成していない
  • 部下に常に命令ばかりしている
  • 部下を尊重していない
  • 部下の提案に聞く耳を持たない

あなた自身の普段の行動の積み重ねで部下の心が離れていってしまったことを自覚しましょう。基本的に部下と上司の間で、「確固たる信頼感」がある場合には、部下は「注意しても働かない」等ということはありません。

欠けているのは「信頼感」です。信頼感を失うことは簡単ですが、獲得するには非常に多くの時間を要します。まず、先程記載したような行動を自分がとっていないか振り返ってみましょう。

人間として信頼に値できない上司は、どれだけ頑張っても部下からの信頼を勝ち取ることは出来ません。まず自分が信頼するに値する人間になることが重要です。

部下からの信頼を得る方法

信頼を獲得する為には、その部下と向き合うことが必要です。先ず、あなたは部下のことをどれくらい知っていますか?「年齢、出生地、価値観、婚約・子供の有無、趣味等」にどれ位答えられますか。

仕事上だけの関係なのに何故これらが必要かと言うと、これらは基本的に相手に関心があればおのずとわかる情報だからです。

関心を持って接すれば「部下の本当の姿」が見えてくるでしょう。よって、先ずは常日頃から部下に関心を持って接しましょう。上司から部下への声かけも効果的です。

ただし、仕事のことは極力避けましょう。これは会話に上下関係が出来てしまうからです。友人とするような普通の会話で構いません。「最近寒くなってきたな」「休日はゆっくり休めたか」「子供の発表会どうだった」「疲れている様に見えるから無理はするなよ」等、他愛もないない会話で構いません。

こういった会話を日常的に積み重ねていくと部下への関心も高まり、又部下もあなたに心を開くようになります。時間は掛かりますが確実に部下が動いてくれるようになります。これらの行動は絶対に行って下さい。

しかし、今直面している行動をとらせるには自分が一歩下がって、「これをやってくれないと困るのだが何故動けないんだ。困ったことがあったら協力するからすぐに始めてほしい」と優しく伝えましょう。スタンスは動かない理由」ではなく、「動けない理由」を聞くことです。

もちろん、「動けない理由」等ないかもしれません。しかし、この様に上司が一歩下がったアプローチをとると、部下は動かざるを得ません。万が一、「動けない理由」を相談された時は、お互いの信頼感を高めるチャンスなので是非活用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?部下のマネジメントを悩んでいる人は本当に多いです。何よりも大切なのは「部下の心をつかむ」ことです。そのためには、よく部下とコミュニケーションをとることです。

どうしても忙しくなると飛ばしがちになりますが、3日1回は30分強制的に時間を取るなど、意地でもやるようにしましょう。

また、マネジメント力を鍛える本を下記で紹介しています。是非参考にしてください。

1,528view
300冊を読んでわかった「マネジメントに悩んでいる人」におすすめ良書20冊

憧れの先輩に手取り足取り教えてもらいながら「社会人ってこんなに大変なんだ…と思っていたビギナー期を終えた社会人のみなさん ...

続きを見る

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも複数の不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • HOME4U:運営している会社がNTTグループで不動産会社を厳しくチェック、一括査定で一番の歴史、実績を誇る
  • すまいValue:他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産:売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

安心のNTTグループ運営、実績・歴史No.1「HOME4U」

HOME4U
  • 安心のNTTグループ運営、個人情報をしっかり管理
  • 2001年から運営と一括査定でNo.1の老舗
  • 累計利用者数:500万人以上で一括査定No.1
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:約900社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「HOME4U」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

1,625view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

1,011view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろ ...

607view

不動産売却の準備段階において、売値の目安を決めるため不動産査定を行います。 初めて不動産を売却する人の中には 不動産査定 ...

1,227view

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動 ...

-仕事

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 All Rights Reserved.