MENU
机上査定OK!60秒で不動産最高額をチェック

HOME4U

不動産一括査定ののオススメランキング

不動産一括査定

不動産仲介会社のオススメランキング

不動産仲介ランキング

マンション売却のオススメ方法

マンション売却のおすすめ

一戸建て売却のオススメ方法

一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

土地売却のオススメ方法

土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

投資・収益物件のオススメ売却方法

投資用不動産を高く売却するために知っておきたい全知識を解説

土地活用のオススメ方法

土地活用の全てを一挙公開

すまいステップとは?株式会社Speeeが提供する新たな一括査定サイトを解説

記事内に商品プロモーションを含みます。
すまいステップとは?株式会社Speeeが提供する新たな一括査定サイトを解説

不動産一括査定サイトの一つに「すまいステップ」があります。

すまいステップは、イエウールを運営している株式会社Speeeが2020年4月1日に立ち上げた新しい不動産一括査定サイトです。

不動産売却を検討している方の中には、すまいステップはどのような不動産一括査定サイトなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで、あなたはすまいステップの特徴、メリットやデメリット、イエウールとの違いを知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • すまいステップの特徴について知りたい
  • すまいステップとイエウールの違いを知りたい
  • すまいステップ以外の不動産一括査定サイトについて知りたい
目次

すまいステップとは

すまいステップとは、無料で最大4社の不動産会社に一度に査定依頼をできる不動産一括査定サイトです。

特徴としては、査定依頼できる不動産会社が優良不動産会社に特化している点です。

ただし、その優良不動産会社がどこの会社なのか、具体的には公表されておりません。

査定対応地域に関しては、システム上、選択肢として日本全国準備されています。

ただ、一括査定サイトでは、選択肢として全国対応になっている場合でも、実際検索してみると、ヒットしないということもあり得るので、注意が必要です。

査定対応可能な物件種別は、以下のものが対象となっています。

  • マンション一室
  • 一戸建て
  • 土地
  • ビル一室
  • 店舗・事務所・倉庫
  • マンション一棟
  • アパート一棟
  • ビル一棟
  • その他

すまいステップでは、農地や山林の選択項目がないですが、【その他】の自由記入項目で農地や山林の査定も依頼することができます。

査定に関しては、訪問査定机上査定のいずれも可能です。

  • 訪問査定とは、実際に不動産会社が物件を見にきて行う査定のこと
  • 机上査定とは、入力された情報のみで不動産会社が現地確認をせずに行う査定のこと

訪問査定や机上査定の違いや、失敗しない不動産一括査定の選び方に関しては下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2024年6月】不動産一括査定サイトを比較!おすすめ人気ランキングベスト6 マンションや一戸建て、土地などを売りたい・査定相場を知りたいと考え始めたとき、インターネットで調べることが一般的になっています。 そして不動産を売るときに大事...

すまいステップの運営会社はイエウールと同じ株式会社Speee

すまいステップの運営会社は株式会社Speeeです。

株式会社Speeeは、2007年11月に代表取締役である大塚秀樹氏が創業したベンチャー企業で、2020年7月10日にJASDAQ市場に上場しています。

2021年9月期の決算公告は、売上高:12,692百万円、営業利益:1,137万円、純利益:834百万円となっています。

株式会社Speeeは、「すまいステップ」以外にイエウール」や「ヌリカエ」や「ヌリカエといったサービスを運営しています。

すまいステップに関しては、2020年4月1日に以下のようなプレスリリースがありました。

優良不動産会社に特化した不動産売却一括査定サービス「すまいステップ」をリリース
株式会社Speeeは、優良不動産会社に特化した不動産売却一括査定サービス「すまいステップ」をリリースしましたことをお知らせいたします。

すまいステップは、厳しい審査を通過した優良不動産会社のみを完全無料でご紹介する不動産売却一括査定サービスです。
今後も様々なコンテンツや機能拡充を予定しており、更なる優良不動産会社の参画拡大と業務支援を進めて参ります。

出典:優良不動産会社に特化した不動産売却一括査定サービス「すまいステップ」をリリース

株式会社Speeeはすでに「イエウール」という不動産一括査定サイトを持っているにも関わらず、新たにすまいステップを立ち上げている点が気になるところです。

恐らく、すまいステップは、登録されている不動産会社でイエウールと差別化を図っているものと思われます。

次に、公表されている情報を見ながら、すまいステップとイエウールの違いを比べていきたいと思います。

イエウールについては下記記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
イエウールの評判は最悪・怖い?途中まで入力で査定のみはOK? 不動産を高く売りたいと思い、ネットで調べていると不動産一括査定の「」が紹介されているのを目にします。 紹介されている内容を見ると、イエウールに「最悪」「怖い」...

すまいステップとイエウールとの違い

すまいステップとイエウールの違いをまとめると下表の通りです。

比較項目 すまいステップ イエウール
運営歴 2020年4月~ 2014年1月~
登録不動産会社の質 優良不動産会社のみ 大手不動産会社から中小まで幅広いため質はバラバラ
対応エリア 全国 全国
登録企業数 非公表 1,900社以上
一括依頼社数 最大4社 最大6社
机上査定の有無 あり あり
査定可能な物件 マンション一室
一戸建て
土地
ビル一室
店舗・事務所・倉庫
マンション一棟
アパート一棟
ビル一棟
その他
分譲マンション
一戸建て
土地
一棟アパート・一棟マンション
区分マンション(収益)
一棟ビル
区分所有ビル(ビル一室)
店舗・工場・倉庫
農地
その他
問い合わせ窓口 なし メールによる問い合わせ

すまいステップは、まだ情報がほとんど公開されていないため、良く分からないといったところが実態です。

査定可能な物件に関しては、イエウールが農地も査定できるのに対し、すまいステップは農地が査定できないことになっています。

また、すまいステップには問い合わせ窓口が一切ありませんが、イエウールには、メールによる問い合わせ窓口が備わっています

問い合わせ窓口がない以上、すまいステップは何かトラブルが発生した時点で、利用者は泣き寝入りすることになります。

すまいステップを利用する際は、問い合わせ窓口がないということを十分に理解した上で使うようにしましょう。

すまいステップの2つのメリット

すまいステップのメリットは、主に以下の2点です。

すまいステップのメリット

  1. 優良不動産会社に売却を依頼できる可能性がある
  2. 株式会社Speeeのノウハウを享受できる

1つ目は、優良不動産会社に売却を依頼できる可能性があるという点です。

すまいステップは、恐らくイエウールの運営時の課題点を改善したサイトと思われます。

イエウールは提携業者が多いため、評判の悪い会社が紛れている噂がありましたが、悪徳業者が排除された不動産一括査定であれば、利用者にとっては有益なサービスであると思われます。

2つ目は、株式会社Speeeのノウハウを享受できるという点です。

株式会社Speeeは、少なくともイエウールを6年以上運営していますので、それなりの実績があります。

イエウールの改良版と考えれば、サービス利用のしやすさ等のメリットはあると思います。

すまいステップの2つのデメリット

すまいステップのデメリットは、主に以下の2点です。

すまいステップのデメリット

  • 実態はまだよくわからない
  • 問い合わせ窓口がない

1つ目は、実態はまだよくわからないという点がデメリットです。

すまいステップは、公表されている情報があまりにも少な過ぎて、どのようなサイトなのかよくわかりません。

特に、最大の売りである「優良不動産会社に特化」という点が不明です。

会社名が公表されているわけでもなく、何社が登録されているのも開示されていないため、本当に優良不動産会社が登録されているのかわからない状況となっています。

2つ目のデメリットは、問い合わせ窓口がないという点です。

すまいステップは優良不動産会社が登録されているらしいので、今のところ、それを信じて利用するしかありません。

問い合わせ窓口がないので、仮に悪徳不動産会社が紛れ込んでいたとしたら、訴える先がないということは知っておく必要があります。

すまいステップはまだ立ち上がったばかりなので、少し怖いと感じる人は無理に使わないようにしましょう。

すまいステップ以外のオススメ一括査定サイト

不動産一括査定サイトは似たようなサイトが多くかなり乱立しています。

その中でも信頼性や実績から下記4つをオススメしています。

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「すまいValue
  • 賃貸サイトで有名で大手から地域密着の不動産会社を探せる「SUUMO
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「イエウール

筆者は何度も不動産一括査定を利用しています。

下記は「すまいValue」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所の住まいリレー」より、査定結果をもらった写真です。

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度で大丈夫です。

2023年の不動産仲介会社における仲介件数と不動産一括査定サイトの提携表

これを見ると、上位4社がずば抜けているのが分かると思います。

正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3強ということです。

不動産売買は超大手に偏っている

「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「すまいValue」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

不動産仲介会社によって得意不得意がある

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額を送付してください」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

メールで査定額を送付してください

どの不動産一括査定が「机上査定」「メール要望」が可能かの早見表は下記の通りです。

不動産一括査定サイト名 机上査定が対応 メール要望
すまいValue
SUUMO
HOME4U
イエウール × ×
SRE不動産(※旧ソニー不動産) ×

不動産一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2024年6月】不動産一括査定サイトを比較!おすすめ人気ランキングベスト6 マンションや一戸建て、土地などを売りたい・査定相場を知りたいと考え始めたとき、インターネットで調べることが一般的になっています。 そして不動産を売るときに大事...

まずはどこか1-2社の査定依頼でOKという方は、下記の大手2社がオススメです。

評判がいい不動産仲介会社のおすすめランキングについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年決定版】不動産仲介のおすすめランキングTOP36!不動産を売るならどこがいい? 「不動産の仲介をお願いするなら実績がある大手の不動産会社が良い」 これは多くの人が考えることです。 そこで今回は「不動産売買の仲介売上や件数」「顧客の評判」を...

まとめ

すまいステップは、比較的新しいサイトなので、もっと情報が開示されてから利用することをオススメします。

  • すまいステップは新しくリリースしたばかりで、公開情報が少なく、登録されている不動産会社を含め、実態が分からない
  • 不動産一括査定は、「すまいValue」「SUUMO」「HOME4U」を使えば、信頼できる不動産会社を探すことができる
目次