すむたす買取・ウレタ等で注目されている「すむたす」のサービスの特徴や評判を紹介

すむたす買取・ウレタ等で注目されている「すむたす」のサービスの特徴や評判を紹介

2日で売れる「すむたす買取」や仲介と買取を比較検討出来る「ウレタ」など、AIを駆使した不動産買取で革新的なサービスを提供して注目を集めている「すむたす株式会社」。

新しいサービスですので、内容がよくわからない人もいらっしゃると思います。

また、評判や口コミについても知りたい方も多いのではないでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 「すむたす買取」の特徴や口コミについて知りたい
  • 「すむたす買取」と「ウレタ」の違いを知りたい
  • 「すむたす買取」以外の不動産買取サイトについて知りたい

そこで、この記事では株式会社すむたすが提供するサービスについて解説します。

株式会社すむたすの会社概要やサービスの特徴、口コミ・評判、提供する各サービスがオススメな人や利用する上での注意点についてお伝えします。

1.「すむたす」とは

運営会社株式会社すむたす
(英文社名 Sumutasu Inc.)
設立2018年1月
登録免許宅地建物取引業免許 東京都知事(1) 第102300号
所在地〒107-0052
東京都港区赤坂8丁目5−40 PEGASUS AOYAMA 507
代表取締役社長角 高広
事業内容

すむたす買取

すむたす直販

ウレタ

株式会社すむたすは、2018年1月に設立された新しい会社で、「すむたす買取」「すむたす直販」「ウレタ」等のサービスを運営しています。

株式会社すむたすは宅地建物取引業者であり、特にWebによるAI査定サービスの提供と不動産買取再販事業に強みを持っています。

不動産買取とは一言でいうと「不動産会社があなたの物件を買い取る」こと

株式会社すむたすの「すむたす買取」を利用すると、株式会社すむたすが一旦物件を買い取る形になります。

不動産買取は、直接最終消費者に売却する仲介とは異なるため、売却価格は安くなります。

買取金額は、おおよその相場として不動産仲介の70%~80%程度です。

仮に売却価格が2,000万だとすると、買取価格は1,400万~1,600万ぐらいが相場になります。

買取が仲介と比較して金額が低くなる理由は、買取再販を行う不動産会社が転売益を見込む必要があるからです。

買取金額が多少安くはなりますが、買取は査定を行った不動産会社が直接買主となることから、「早く売れる」「確実に売れる」「近所に知られずに売れる」といったメリットがあります。

そのため、離婚や借金の返済等の理由で急いで不動産を売却しなければならない人は、買取を利用する方が多いです。

買取自体は昔からあるサービスですが、「すむたす買取」は、買取の査定をAIで自動化し、最短2日で売却できるようにしました。

「すむたす買取」の特徴については、次の章で解説しています。

次に株式会社すむたすが提供しているサービスの特徴について見ていきましょう。

2.提供している3つのサービスの特徴

株式会社すむたすは、以下のサービスを運営しています。

すむたすが運営する3つのサービス

  • すむたす買取
  • ウレタ
  • すむたす直販

この章ではそれぞれのサービスの特徴について解説します。

最短2日での買取が可能な「すむたす買取」

すむたす買取

「すむたす買取」とは、AI査定によって最短2日で売却を可能とした買取サービスです。

通常の買取は早く売れるといっても、要する期間は早ければ2週間、長くて1ヶ月程度かかります。

しかし、すむたす買取」を使って買取を依頼すると、2週間を2日に縮めることができるため、革新的なサービスといえます。

通常の買取は、不動産会社が訪問査定を必ず行い、査定価格が出るまでに数日かかることが多いです。

物件を見ずに価格を出すということは、不動産会社にとって大きなリスクがあります。

本来なら3,500万円程度の物件を、4,000万円くらいで間違って査定してしまう可能性もあるわけですから、物件を見ずに査定をする買取再販業者はこれまで存在しませんでした。

ところが、「すむたす買取」では、この訪問査定のプロセスを省き、AIを利用した査定システムに切り替えたことで、圧倒的な買取スピードを実現しています。

「すむたす買取」利用の流れ

すむたす買取を利用した際の流れは以下の通りです。

「すむたす買取」利用の流れ

  1. 物件情報を入力
  2. すむたすから提示された買取価格を確認(査定完了まで最短1時間)
  3. 買取を希望する場合、すむたすに買取依頼を行う(※オーナーが日程を決める)
  4. すむたすのスタッフが、物件確認のため訪問(※30分前後で終了)
  5. 売買契約の締結日と決済日の決定(※オーナーが日程を決める)
  6. すむたすが決済日に現金を振り込む

すむたすスタッフによる、物件確認さえ早く終わらせることができれば、最短2日での不動産買取もできる流れになっています。

次にすむたす買取の対象となる物件の詳細について見ていきましょう。

すむたす買取の対象となる物件

株式会社すむたすが、上記で説明したような買取サービスを提供できるのには理由があります。

それは、買取対象物件を以下のような物件に絞っているためです。

すむたす買取の対象となる物件

  • エリア :東京都 23区
  • 物件種別:マンション(居住用)
  • 専有面積:40㎡以上
  • 築年数 :50年以内
  • 室内状況:状況は問いません

まず、大きな特徴としては買取物件をマンションのみに限定しているという点です。

マンション買取に限っては、AI査定であっても実際の取引価格にほぼ近い価格で査定できることが知られています。

中古マンションは同じマンション内に売却事例があることが一般的であり、同じマンションの事例はかなり参考になることから、AIや人がやってもほぼ同じ金額が出るためです。

すむたす買取では、対象をマンションに絞ることによって、訪問査定と価格がずれるリスクを抑えていることになります。

また、マンション買取も東京都23区内の物件に限定しています。

たとえ株式会社すむたすが多少高い価格で買い取ってしまったとしても、東京都23区内にあるマンションであれば、一定の購入ニーズはあるため、在庫リスクはかなり抑えられていることになります。

このように、すむたす買取では対象となる物件を「東京23区のマンション」に絞っていることから、AI査定によるスピード買取といった思い切ったサービスを展開できるようになっているのです。

さらに、すむたす買取では家具や家電も無料で処分してもらえる点も特徴の一つです。

そのため、すむたす買取の申し込みの流れで、室内状況に関して「状況は問いません」と告知しており、家財道具が残っていても即売が可能です。

次にすむたす買取の対象にならない物件について見ていきましょう。

すむたす買取の対象とならない物件

すむたす買取は以下の物件は買取対象にはなりません。

すむたす買取の対象とならない物件

  • エリア :東京都 23区以外のエリア
  • 物件種別:一戸建て、土地、居住用以外の物件
  • 専有面積:40㎡未満
  • 築年数 :50年以上

一戸建てや土地、居住用以外の物件や、東京都 23区以外のマンションは利用できないことになります。

 

すむたす買取以外にも、国内にはいくつかの大手買取業者があり、リフォーム産業新聞が発表した、【2019年の買取再販年間販売戸数ランキング】では1位の「カチタス」が3,996戸、2位の「ベストランド」が2,084戸、3位の「フジ住宅」が1,470戸となっています。

すむたす買取の条件に該当しなかった方は、上記の買取業者の利用も検討してみてください。

不動産買取の詳しいメリットとデメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。

仲介買取専門家が教える!不動産の「買取」と「仲介」判断基準
不動産買取のメリット・デメリットは?仲介との違いや手順を徹底解説!

「不動産の買取ってどういう仕組み?」 「不動産買取と仲介ってどっちがいいの?」 「買取のデメリットは何があるの?」 不動 ...

続きを見る

仲介・買取を一緒に検討出来る「ウレタ」

株式会社すむたすでは、「ウレタ」というサービスも展開しています。

ウレタとは、「すむたす買取によるAIの買取価格」と「仲介による査定価格」を同時に確認できるサービスです。

即時売却を検討しているなら「すむたす買取」がオススメですが、金額によっては仲介も検討したいという方は、一度「ウレタ」を使って査定価格を調べるのをオススメします。

「ウレタ」利用の流れ

ウレタを利用してから、不動産会社を決めるまでの流れは以下の通りです。

ウレタを利用する流れ

  1. ウレタで売却予定の物件の情報を入力する(※電話番号を入力する必要なし)
  2. ウレタからきたAI見積もり価格(仲介での売却の市場平均価格とすむたす買取での買取価格)を確認する(※最短1時間で査定結果メールがくる)
  3. 査定価格を見て、仲介か買取かを検討する。(※買取の場合、「すむたす買取」と同様の手順)
  4. 仲介での売却なら、ウレタから紹介された会社に売却相談をする(※複数社に相談がオススメ)
  5. 気に入った会社と媒介契約を結び、売却活動の開始

仲介の査定金額は、「すむたすのAI査定」を活用した上で、「すむたすの不動産売却の専門家」が個別に物件情報や査定価格を確認した上で、見積もり価格を決定しています。

実際に仲介会社が査定しているわけではなく、金額の表現も「市場平均価格」という表記になっています。

他の一括査定サイトだと、簡易査定依頼段階で仲介会社に物件情報や個人情報を渡すので、営業電話がかかってきますが、「ウレタ」では、査定依頼時に仲介会社に個人情報が渡らないため、営業電話がくることはありません。

下記画像は、実際に「ウレタ」を利用した後の査定結果メールですが、1回目のメールで【査定確認中】の連絡がきて、2回目のメールで【査定結果】の連絡がきます。

夜18時30分くらいに査定申し込みをしましたが、査定価格の結果がきたのが19時30分くらいでした。

ウレタの査定中の画面

ウレタで査定中の画面

ウレタで査定した結果

ウレタで査定完了した画面

メールで送られてきた査定価格を確認しながら、すむたすへの買取か「ウレタ」でオススメされた不動産会社に仲介を依頼する流れになります。

「すむたす買取」でマンションを売却したい場合、ウレタからきた査定結果ページの下部にある申し込みボタンから買取相談ができます。

ウレタで買取を依頼する画面

ウレタで買取を依頼する画面

ウレタの対象物件はマンションのみとなっていますが、エリアは首都圏を対象としていますので、すむたす買取よりは幅広い条件で査定依頼ができます。

仲介の価格を気軽に知りたい方は、ウレタを利用してみることをオススメします。

物件購入検討者向けの不動産情報サイト「すむたす直販」

すむたす直販

すむたす直販とは、不動産会社が売主となっている物件を専門に扱った不動産情報サイトです。

すむたす直販では、主に株式会社すむたすが買い取った物件や、他の買取業者の直販物件が紹介されています。

直販物件とは、いわゆる不動産会社が売主となっている物件のこと

不動産会社が売主となっている物件には、以下のようなメリットがあります。

直接物件のメリット

  • 仲介手数料が無料となる。
  • 住宅ローン控除の借入限度額が最大5,000万円となる。
  • すまい給付金を利用できる可能性がある。

仲介手数料が無料

直販物件は、仲介物件ではないため、仲介手数料は発生しません。

仲介手数料については、宅地建物取引業法において不動産会社が受領できる報酬の金額の上限が定められています

不動産会社が受け取ることのできる報酬は、国土交通省の告示によりその限度額が以下のように定められています。

取引額※1(売買金額)仲介手数料の上限額(税抜きの速算式)
200万円以下5%(18万円※2)
200万円超から400万円以下4%+2万円(18万円※2)
400万円超3%+6万円

※1取引額は、物件の本体価格をいい、消費税を含まない価格を指します。
※2空き家などの現地調査が必要な取引の場合(2018年より施行 出典:国土交通省より)

また、仲介手数料は消費税の課税対象となるため、さらに消費税が加算されます。

400万円を超える不動産売買では、仲介手数料は以下のように計算されます。

仲介手数料(税込)=取引額(売却金額)×3.3%+66,000円

例えば、3,000万円の物件を不動産仲介で購入したのであれば【3,000万円×3%+6万円+消費税】で103.68万円もの手数料を支払う必要があります。

一方、不動産買取では仲介手数料を支払う必要がないため、手数料の負担を無くすことができます。

住宅ローン控除の借入限度額が最大5,000万円に

また、個人が売主の物件は買主が利用できる住宅ローン控除の対象となる借入限度額が一般的に2,000万円までですが、不動産会社が売り主の物件になると、住宅ローン控除額が最大5,000万円までに引き上がります。

不動産会社が売主の物件は、より多くの節税ができるため、個人が売主の物件よりもお得です。

住宅ローン控除については以下の記事で詳しく解説しています。

住宅ローン控除とは?控除される金額の具体例・要件について徹底解説
住宅ローン控除とは?控除される金額の具体例・要件について徹底解説

家を買うなら、住宅ローン控除の知識は必須です。 住宅ローン控除はサラリーマンにとって最大の節税対策と言っても過言ではあり ...

続きを見る

すまい給付金も利用できる可能性あり

さらに、不動産会社が売主の物件では、一定の要件を満たしているとすまい給付金を利用することもできます。

すまい給付金とは、物件購入時に最大50万円をもらうことができる制度のこと

個人が売主の物件はすまい給付金の対象にはなりえませんが、不動産会社が売主の物件はすまい給付金の対象となるため、お得になります。

すまい給付金については以下の記事で詳しく解説しています。

不動産売却で発生する仲介手数料の相場は?値引きや無料にするのは可能?
不動産売却で発生する仲介手数料の相場は?値引きや無料にするのは可能?

不動産を売却する際、不動産会社に依頼する買主探しの仕事を「仲介」と言います。 はじめて不動産を売却する人にとっては、「仲 ...

続きを見る

 

このように不動産会社が売主の物件には様々な特典があるため、人気が高いですが、通常の不動産ポータルサイト(SUUMOやアットホームのこと)では不動産会社が売主の物件を探しにくくなっています。

しかし、すむたす直販なら、全ての物件は不動産会社が売主の物件であるため、お得な物件ばかりの中から好きな物件を選ぶことができるメリットがあります。

中古物件を購入する人にとって、すむたす直販は大変良いサービスとなっていますので、一度物件を探してみることをおススメします。

これまで、株式会社すむたすが提供しているサービスの特徴について見てきましたが、次にすむたす買取の口コミについて紹介します。

3.「すむたす」の口コミ・評判

すむたすはまだ新しいサービスのため、TwitterやYahoo!知恵袋等に口コミ・評判はありませんでした。

ただ、1つだけアメブロに「すむたす買取」の口コミがありました。

相場の3~4割引きになってしまうという噂が広まっていたのでもう少し安いと思ってましたがケースバイケースのようです。

アメブロの口コミではHowMaで「4,196万円」と査定された物件をすむたすで査定したら「3,780万円」だったという結果を示しています。
HowMaは仲介による売却価格になりますが、その査定精度は極めて高いため、ほぼ仲介による売却価格といえます。
すむたすの査定結果は、仲介の価格の1割減程度ということです。

出典:「すむたす」 & 査定結果 | 趣味でやる投資 (株式/不動産/etc.)

一般的に、不動産買取の価格は仲介の価格の2割減程度が相場ですので、すむたすの買取価格は高いといえます。

買取価格が高い理由としては、買取対象の物件を東京23区内のマンションに絞っていますので、ある意味、当然の結果かもしれません。

上記の口コミを見る限り、すむたすを使っても極端に買取価格が安くなることはなさそうですので、買取価格については問題ないものと思われます。

4.「すむたす」のサービスはこんな人にオススメ

「すむたす買取」は、とにかく急いで物件を売却したい人にオススメです。

一般的な買取はどんなに早くても2週間程度はかかりますので、2日で売れるすむたすのスピード感は大きな魅力となっています。

事情があって、1週間以内にまとまったお金が必要という人ならば、すむたすを利用するのが良いでしょう。

これにプラスして、金額によっては仲介も検討したい方には「ウレタ」がオススメです。

他にも、仕組み上、営業電話があり得ないサービスなので、自分の持っている物件のおおよその価格知りたいだけという方にもおすすめ。

5.「すむたす」を利用する上での注意点

すむたすを利用する上で、リフォーム済み物件等の高額で売れる可能性のある物件は、念のため他の買取業者の査定価格を取った方が良いという点が注意点になります。

理由としては、リフォームの状況は実際に見てみないと価値がわからないことが多いからです。

すむたすでは、一応、リフォームに関しても価格に反映してもらえます。

すむたす買取のホームページQ&Aによると、リフォームに関しては以下のようになっています。

Q:リフォームした部分は査定に考慮されますか?

マイページ内の任意項目の追加から、リフォーム情報をご入力いただくことで、買取価格に反映されます。

またお部屋の写真をアップロードしていただくことで、より正確な査定が行えるため、買取価格が高く算出できる傾向があります。

出典:よくある質問【すむたす】

一応、リフォーム部分も価格に反映してもらえますが、それでも不安が残るという方は、他の買取業者に訪問査定してもらいましょう。

ただし、他の買取業者に見てもらっても、すむたすより買取価格が低くなる可能性もあるため、すむたすの査定価格の方が高ければ、すむたすへ売却するようにしましょう。

いずれにしても価格について不安な方は、他の買取業者にも査定を依頼して比較検討することをおススメします。

6.不動産売却検討なら一括査定サイトを使うのがオススメ

不動産買取ではなく、仲介での不動産売却を検討している方は、ウレタ以外の不動産一括査定サイトの利用を検討してみることをオススメします。

理由としては、ウレタはサービス提供が開始されてからまだ日が浅く、仲介を行う不動産会社の質や量がまだ見えてこないからです。

実績や信頼性、提携不動産会社の質など、総合的に判断すると筆者は下記の3つをオススメします。

一括査定サイトのオススメ3選

  1. 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「 すまいValue
  2. NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「 HOME4U
  3. 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「 イエウール
  4. ※番外:一括査定と合わせて使うことで効果を発揮する「 SRE不動産(※旧ソニー不動産)

実績や信頼性はもちろんですが、上記3サイトは、机上査定での査定依頼が出来る点も大きなポイントになります。

机上査定とは、依頼時に入力した物件の基本情報を基に算出する査定方法で、不動産会社の担当者に物件を見てもらう必要もなく、家に居ながら気軽に査定額を知ることが可能です。

依頼時にメールで査定額を提示して欲しい旨を備考欄で伝えておけば、査定結果や担当者とのやり取りはメールで進むので、営業電話にも悩まずにやり取りすることも可能です。

オススメの一括査定サイトの併用が鉄則

一括査定サイトごとに提携会社の性質は異なる為、売却を成功するためには、複数の一括査定サイトの併用がオススメです。

サイト選びのポイントとしては、売却物件のエリアに応じて、下記のような使い分けがいいでしょう。

所在地別地域毎のおすすめ

対象物件種別

おすすめポイント

物件所在地に応じたおすすめの使い方

不動産一括査定は、各社の特徴を活かして、複数社への査定依頼がおすすめです。

都心(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良)の場合

一括査定サイトの他にも、売主専門の不動産仲介会社SRE不動産への相談がおすすめ

県庁所在地など比較的人口が多い都市の場合

すまいValueで大手へ、HOME4Uで地元密着から大手へ査定依頼することで漏れなくチェック

田舎など人口が少ない都市の場合

地方の提携企業も多いHOME4Uとイエウールの併用使いがおすすめ

査定対象の物件種別を比較

  • ◎特化してる
  • ○対応している
  • △要相談
  • ×対応していない
サイト名戸建マンション土地投資物件農地
○○○△△
○○○△△
○○○△○
○○○○×
○○○××
×◎×××
○○○△○
○○○△△
サイト名戸建マンション土地投資物件農地

提携会社数・特徴

サイト名提携会社数特徴公式サイト
大手不動産6社
※小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウス
・大手不動産6社にまとめて査定依頼できる
※この6社に依頼できるのはすまいValueのみ
公式サイト
1,300社以上・NTTグループで安心、実績も抜群
・フリーダイヤルの相談窓口あり
・大手、中堅、地域密着の会社にバランスよく依頼できる
公式サイト
1,600社以上・地方や田舎に強い公式サイト
1,800社以上・匿名査定対応
・地方含めて対応エリアが広い
公式サイト
2,000店舗以上・不動産メディア認知度No.1
・最大10社から一括査定可能
・不動産会社の特徴で選べる
公式サイト
2,500店舗以上・マンションに特化
・賃貸も同時査定可能
公式サイト
1,700社以上・サポート体制が充実
・様々な物件種別に対応
公式サイト
約700社以上・収益物件に特化
・最大10社から一括査定可能
公式サイト

まとめ

すむたす買取は、東京23区の居住用マンションを買取してもらい場合に役立つサービスです。

AI査定によって、最短1時間でのマンション査定、最短2日での買取&入金を実現できています。

東京23区内のマンションの早期買取を希望している方は、すむたす買取の利用を検討してみてください。

おすすめ記事一覧

62,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,088view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,645view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

19,467view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-マンション売却, 不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2020 All Rights Reserved.