MENU
机上査定OK!60秒で不動産最高額をチェック

HOME4U

不動産一括査定ののオススメランキング

不動産一括査定

不動産仲介会社のオススメランキング

不動産仲介ランキング

マンション売却のオススメ方法

マンション売却のおすすめ

一戸建て売却のオススメ方法

一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

土地売却のオススメ方法

土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

投資・収益物件のオススメ売却方法

投資用不動産を高く売却するために知っておきたい全知識を解説

土地活用のオススメ方法

土地活用の全てを一挙公開

不動産一括査定サイト「イエイ」の悪い評判や口コミはある?強みと弱みを徹底比較

記事内に商品プロモーションを含みます。
不動産一括査定サイト「イエイ」の評判は?イエイの強みと弱みを徹底比較

不動産を高く売りたいと思い、ネットで調べていると不動産一括査定の「イエイ」が紹介されているのを目にします。

しかも紹介されているのは、イエイだけではないことも多いです。筆者の結論を先にお伝えすると、「イエイ」の利用はオススメできます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 不動産一括査定サイトは色々あるけど、イエイは何が良いんだろうか…
  • 不動産一括査定サイトって、そもそも信用できるんだろうか…
  • 自分に合った一括査定サイトはイエイなんだろうか?それとも別?

そこで、今回の記事では、不動産一括査定サイトの中で、「イエイ」について詳しくご紹介いたします。

この記事を読むことで、あなたはイエイの特徴と強みを理解し、イエイが自分に合った一括査定サイトかどうかを判断することができます。

本記事のポイントまとめ

  • イエイは、2008年から運営しており、不動産一括査定の中でも歴史があり、登録している不動産会社数が多い
  • イエイを運営している会社は、株式会社セカイエ
  • イエイは、登録不動産会社が多い分、マナーの悪い業者が一部残ってしまっていることがある
  • イエイをオススメする人は「初めて利用する人と法人」
    ※詳細は「イエイをオススメする人は「初めて利用する人と法人」に解説しています。
目次

不動産一括査定サイト「イエイ」の特徴

まず最初にイエイの特徴をお伝えします。イエイの特徴を上げると下記4点になります。

  • 2008年から運営しており、不動産一括査定の中でも歴史がある
  • 登録している不動産会社数が多い
  • 査定できる物件種別が多い
  • サポート体制が充実している

イエイは不動産一括査定サイトの中でも、2008年から運営開始と歴史が古く、登録業者数や査定ができる物件種別も多い国内最大級の一括査定サイトです。

規模や機能面は最も充実しているサイトと言えます。

イエイは不動産一括査定サイトの中では、トップクラスで実力No.1の大企業的な位置づけのサイトです。

特徴としては、「何でもできます!」と言ったところでしょうか。

また、イエイの中でも特に際立った特徴は、サポート体制にあるといえます。

専任スタッフによるサポート体制では「なんでも相談」「お断り代行サービス」「査定後のフォロー」があり、ここまでサポート体制が充実している一括査定サイトは他にありません。

後ほど他の不動産一括査定サイトとの比較は説明いたします。

イエイの基本情報

サービス開始時期 2007年
利用者数 400万人
対象エリア 全国
提携会社数 1,700社以上
同時依頼数 6社
運営会社 セカイエ株式会社

イエイの2つの強みと1つの弱み

イエイの2つの強み

イエイの特に強みは前章と一部繰り返しにはなってしまいますが、

  1. サポート体制
  2. 物件種別の豊富さ

です。

サポート体制が充実しているため、初心者の方でも安心して利用が可能です。

また物件種別においても店舗・事務所・工場・倉庫などの事業用不動産の査定も可能であり、プロも十分に利用できます。

イエイは初心者からプロまで幅広い方が満足に利用できるサイトと言えます。

イエイの1つの弱み

イエイの弱みは、老舗であるがゆえに、登録業者数が多いのですが、その中にまだマナーの悪い業者が一部残ってしまっているという点です。

イエイは、一括査定サイトの黎明期から運営を行っているため、恐らく一括査定サイトの認知度の低かった時代に、無理に登録業者を集めた可能性があります。

登録業者数が多いことはメリットですが、多過ぎると悪徳業者の混じる可能性も高まるため、一部に悪徳業者の弊害があるようです。

一方でイエイでは、悪徳業者のパトロールも徹底して行っています。

悪徳業者の排除の活動も、他の一括サイトと比較すると、最も徹底しています。

そのため、イエイは悪徳業者は遠からず完全に排除される方向にありますし、ほとんどの人は当たる可能性が低いためそこまで心配する必要はありません。

>> イエイで査定相場をチェック

ここまでは、業界人から見たイエイに対しての本音の意見です。

次からは実際に利用した人の声から、イエイの評判を客観的に見てみましょう。

イエイの評判は良いの?悪いの?

イエイに対しては、口コミを見てみましょう。

なかなかネット上を探しても、本当かどうかよく分からない口コミサイトが多いのですが、今回は「クチコミランキング」というサイトを参考にしました。

理由は、運営元がしっかり記載されている点、不動産査定以外も多くの口コミがあり、またしっかりと悪い口コミも掲載されているためです。

イエイに対して高評価(良い)の口コミ

不動産の無料査定を一括でできるサイトはオウチーノ、リビンマッチ(旧スマイスター)、イエイと一通り使ってみたが、個人的にはイエイが一番使いやすかった。不動産会社によっては被るところもあり、ここしか取り扱っていないところもあるのでどこを使うかは好みだと思う。

個人的には不動産投資が初めてでイグジットした経験がない方は、できるだけ高い査定から順に問い合わせていくと思うが、それはやめておいたほうが良くて、大手と地元で大きな不動産会社を中心に、仲介実績豊富な会社とじっくり話し合ったほうが結果的に短期間で売却できます。(39才・男・会社役員)

イエイの口コミは、基本的には好評価が多いです。一方で、以下のようなネガティブな評判もあります。

イエイに対して低評価(悪い)の口コミ

多分参加している不動産会社の数でいえばここが一番。ただその分だけマナーのない不動産業者もいるのが現状。何度か利用した事があるが、しつこい営業をする不動産会社がいて閉口した事がある。

大手業者としてサービスを提供するのであればそういう業者を除外するなどの仕組みを作ってしかるべき(42才・男・マンション経営)

イエイでは、このような声もあるため、悪徳業者排除のための「イエローカード制度」を設けています。

もし悪徳業者だと思われたら、イエローカード制度をしっかり利用して訴えましょう。

ちなみに、利用者からの申し入れで悪徳業者を排除できる仕組みを持っているのはイエイだけです。

悪徳業者の見極め方の詳細が知りたい方は、下記記事をご参考ください。

あわせて読みたい
不動産売却で失敗しないための仲介業者選びのポイントと注意点 「不動産は大きなお金が動くし悪い業者も存在しそう」 「信頼できる良い業者を選びたい」 そんな風に感じている方も多いと思います。ほとんどの方が人生に1~2度しか不...

イエイが査定できるもの12種類と多い

イエイでは以下12種類の物件種別が査定できます。

これは他の一括査定サイト比べても一番多い数となっています。

  1. 分譲マンション
  2. 一戸建て
  3. 土地
  4. 農地・畑・田んぼ
  5. 山林
  6. ビル一室
  7. マンション一棟
  8. アパート一棟
  9. ビル一棟
  10. 店舗・事務所
  11. 工場・倉庫
  12. その他

ここまで豊富な物件種別を査定できるサイトは他にありません。

不動産投資家や法人、個人富裕層、農家等、不動産を保有しているすべての方に利用可能です。

>> イエイで査定相場をチェック

イエイをオススメする人は「初めて利用する人と法人」

イエイをオススメする人は、正直、「全ての人」です。しかしながら、あえて言えば下記2つです。

  • 初心者の人
  • 法人の人

イエイはサポート体制が最も充実している一括査定サイト。

そのため初心者の人が安心して使えるようになっています。

一方で、査定できる物件種別が豊富なのもイエイの特徴です。

事業用不動産の物件種別が充実しており、法人の方でも十分に利用ができます。

一括査定サイトのオススメは「すまいValue」「SUUMO」「HOME4U」

不動産一括査定サイトは似たようなサイトが多くかなり乱立しています。

その中でも信頼性や実績から下記4つをオススメしています。

  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる「すまいValue
  • 賃貸サイトで有名で大手から地域密着の不動産会社を探せる「SUUMO
  • NTTグループで安心、一番歴史があり実績抜群の「HOME4U
  • 地域密着の不動産会社にも数多く依頼ができる「イエウール

筆者は何度も不動産一括査定を利用しています。

下記は「すまいValue」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所の住まいリレー」より、査定結果をもらった写真です。

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度で大丈夫です。

2023年の不動産仲介会社における仲介件数と不動産一括査定サイトの提携表

これを見ると、上位4社がずば抜けているのが分かると思います。

正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」の3強ということです。

不動産売買は超大手に偏っている

「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井のリハウス」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「すまいValue」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

不動産仲介会社によって得意不得意がある

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額を送付してください」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

メールで査定額を送付してください

どの不動産一括査定が「机上査定」「メール要望」が可能かの早見表は下記の通りです。

不動産一括査定サイト名 机上査定が対応 メール要望
すまいValue
SUUMO
HOME4U
イエウール × ×
SRE不動産(※旧ソニー不動産) ×

不動産一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2024年6月】不動産一括査定サイトを比較!おすすめ人気ランキングベスト6 マンションや一戸建て、土地などを売りたい・査定相場を知りたいと考え始めたとき、インターネットで調べることが一般的になっています。 そして不動産を売るときに大事...

まずはどこか1-2社の査定依頼でOKという方は、下記の大手2社がオススメです。

評判がいい不動産仲介会社のおすすめランキングについては下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年決定版】不動産仲介のおすすめランキングTOP36!不動産を売るならどこがいい? 「不動産の仲介をお願いするなら実績がある大手の不動産会社が良い」 これは多くの人が考えることです。 そこで今回は「不動産売買の仲介売上や件数」「顧客の評判」を...

まとめ

不動産一括査定サイトの「イエイ」を詳しく紹介、その特徴と強みとはについて見てきました。

イエイはサポートセンターが一番充実している一括査定。

よく分からなければ、とりあえず「イエイ」で査定というのも良いでしょう。

目次