60坪の土地を活かす土地活用方法3選!マンションやアパートは難しい?

60坪の土地活用

今の時代、相続や譲渡によって、使い道のない60坪の土地を突然手に入れたが、どうすれば60坪の土地を上手く活用できるのか、頭を悩ませている人は少なくありません。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 60坪の土地の活用方法が知りたい
  • 広さが中途半端な土地でも可能な活用方法を知りたい

そこで今回の記事では、60坪の土地活用方法について紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

坪の土地を活かす方法①借地

借地とは、土地を借りること、または借りた土地をさす。未使用の土地を第三者に貸し出して、月額の賃料を手に入れることをで使われることが多いが、難しい言葉にすると「定期借地権」とも呼ばれる。

60坪の土地で借地するのであれば、マイホームを建てようとしている一般人をターゲットにするといいでしょう。

マイホームを建てようとしている人たちの中には、何らかの理由で土地を購入するのをためらう人がいます。

お金が用意できない人もいるでしょうし、購入費用を節約したい人もいますし、土地の固定資産税を納税したくない人もいるでしょう。

土地を購入せずにマイホームを建てたいと考える人は、世間で認知されているよりもずっと多く、たくさんの人が宅地用の借地を探しています。

最近では都市部・地方・田舎問わず全国各地で頻繁に見られる傾向です。

マイホーム用の住宅地であれば、坪60坪もあれば十分で、利用を求めるユーザーを探すのにも苦労しないことでしょう。

できるだけ早くユーザーを探したい場合は、不動産仲介業者を利用することをお勧めします。

借地料1か月分の仲介手数料は支払う必要がありますが、スピード感や安心感など得られるメリットと比べると、コストパフォーマンスは悪くありません。

もし実際に個人の居住地として賃貸した場合は、場合によっては100年ほどの賃貸期間になるため、短期貸しを希望している人は十分に注意してください。

借地については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

坪の土地を活かす方法②賃貸用戸建て

次に紹介するのは「賃貸用戸建て」です。

土地利用の代表でもある「アパート経営」や「マンション経営」で家賃収入を得たいと考える人は多いですよね。

60坪の土地オーナーでも、アパート経営やマンション経営ができないか考えたことが一度はあるはず。

しかし残念ながら、広大な土地が必要なマンションは活用が難しくアパートですらも土地が60坪では「コンパクトアパート経営」でなんとか活用できるレベルです。

コンパクトアパート経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考コンパクトアパート経営にはいくら必要?60坪を例に建築費などの費用を解説

とはいえ、家賃収入自体を諦めることはありません。60坪の土地であれば、「賃貸用戸建て」を行えばいいのです。

土地60坪の場合なら、3LDK戸建て住宅と2台以上の並列駐車場スペースが確保できますので、一戸建て住宅としては、十分な条件を満たすことができるでしょう。

賃貸用戸建は条件が有利に設定しやすいも特徴で、家賃もアパートやマンションよりも高額に設定できますし、入居する期間も長期にできます。

入居する家族は小学校入学前の子供がいることが多いため、5年以上の契約期間にしたとしても必ず延長を選択することでしょう。

また、初期投資額がアパートよりも安くなるのも魅力です。

初期投資額が安くなるにもかかわらず、家賃が高く設定できるので高利回りを実現できるでしょう。

さらに、建物の大きさがアパートよりもはるかに小さいので、建設時間を必要とせず、業者を選ばない利点もあります。

賃貸用の戸建住宅を請け負う業者は数多くあるため、初心者でも簡単に建築担当を探すことができるでしょう。

賃貸用戸建ては住んでいる世帯が1つだけなので、日々の管理が簡単になるのも見逃せないメリットの一つです。

坪の土地を活かす方法③モデルルーム

最後に紹介するのは「モデルルーム」です。

モデルルームとは、不動産会社などが分譲マンションの販売促進のために、完成に先立ってマンションの敷地内や現地近くに建築する「住戸の見本」のこと

分譲マンションの近くの場所に、モデルルームが別途に用意されているのを見たことありませんか?

あなたの土地が今後建設されるマンションの近く、または広大な土地の近くに立地しているなら、もしかするとモデルルームとして運用できるかもしれません。

今までのモデルルームは完成したマンション内の部屋の一つを使用して行われていましたが、近年事情が異なりつつあります。

同時に商談スペースなどを併設するために、マンション以外の別の場所にモデルルームを建設することが主流になってきたのです。

別の場所にモデルルームを建設することができれば、建設前から購入者を確定できる利点もあります。

マンションデベロッパーにとって都合のいいことばかりなので、今後もマンションとは別の場所にモデルルームを建てるのが主流になるはず。

モデルルームはメーカーが一押しする1タイプを再現するだけなので、60坪の土地も十分に再現可能です。

仮にモデルルーム建設現場として採用された場合は借地契約が結ばれて、通常の2倍以上の賃料を受け取ることができます。

ただし契約期間はマンション建築から全部屋が成約するまでのため、かなりの短期間になるので要注意。2年以上の契約期間になるのは非常に稀です。

モデルルームとして運用している間に、次の土地活用を決めておく必要があるでしょう。

土地活用を検討するなら一括資料請求で多くの可能性を探るのがコツ

検討するなら土地活用のプロに相談が一番

アパート経営や駐車場、商業テナント、老人ホームなど用途や土地に応じて最適解が変わる土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法相談先
ハウスメーカー工務店ゼネコン各種専門業者
マンション経営 
アパート経営  
賃貸併用住宅  
駐車場経営   
大規模施設(高齢者施設・保育所など)  

選択肢が多いからこそプロに相談

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

NTTデータグループ運営の一括資料請求がオススメ

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「HOME4U土地活用」が便利です。

HOME4U土地活用」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも安心のNTTデータグループが運営で、厳選した優良業者のみです。

HOME4Uの一括資料請求サービス3つの強み

  • 要望欄にメール連絡希望を記載すれば、メールのみで無料プランが最大7社からもらえる
  • NTTデータグループで安心、業界最長21年間で培われたノウハウで悪質業者は排除し優良企業のみ
  • 専門アドバイザーへの無料相談サービスあり、節税相談もできる

土地活用一括資料請求をする流れ

一括資料請求してからと言って、必ずしも土地活用をする必要はありません。

まずはどんな土地活用ができそうなのかを確認してみましょう。

  • NTTデータグループの安心運営
  • 厳選した優良企業7社のプランをチェック
  • メールでプランをもらえる

無料HOME4U土地活用 公式サイト

URL:https://land.home4u.jp/

※プランを入手するだけ、強引な営業はありません。

また、土地活用だけではなく売却も視野にいれてみるのも手です。

同じNTTグループが不動産一括査定サービスを運営しておりますので、こちらも併せて利用するのをオススメします。

一括査定サービスの仕組み

  • カンタン60秒、安心のNTTデータグループ
  • 机上査定対応でメールで査定額をチェック

無料HOME4U公式サイト

URL:https://www.home4u.jp/

※必ずしも売る必要はありません。

参考【2022年最新】不動産一括査定サイトの選び方とおすすめランキングTOP8

まとめ

60坪の土地を有効活用するために、事前に知っておくべき必要知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

あなたが持つ60坪の土地では、何の土地活用を行うべきなのか理解いただけたと思います。

もしまだ60坪の土地の活用方法が決まっていないのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

不動産の最高額をチェック

あなたの家・土地の最高額は?

机上査定も可能!
相場もすぐ分るぞ

最短1分入力で信頼できる不動産会社を探す!

都道府県を選択

市区町村を選択

※NTTデータグループが厳選した不動産会社が複数社見つかります。
※机上査定を選択すると、メールで査定額がわかります。
※入力が面倒な方はお電話で受け付け可能です。
連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)
※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

気になるワードでチェック

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント
  • この記事を書いた人

石川 貴裕

当サイトは「客観性」「中立性」をポリシーに運営しております。また、中立の立場である不動産鑑定士の方に監修に入っていただいております。 「最高のパートナー(不動産会社)に出会う」お手伝いをしたいと思っています。

-土地活用
-

Copyright 不動産売却の教科書 Rights Reserved.