不動産を内緒で売りたい人に必要な覚悟と内緒で売る2つの方法

更新日:

  • 近所の住民とトラブルになった
  • 離婚した
  • 商売がうまくいっていない
  • 子供がイジメに合っている

等々の理由で、不動産を内緒で売りたいと考えている方もいらっしゃいます。

不動産は内緒でも売ることは可能です。

実はお客さんの中にも、不動産を内緒で売りたいというご要望は意外と多く、不動産会社としては普通に承って対応しています。

これから不動産を内緒で売りたいと考えている人の中には、

  • 内緒で不動産を売るにはどうしたら良いのだろうか
  • 内緒で売る場合の注意点はどのようなものだろうか
  • 内緒で売る場合の流れを知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では、不動産を「内緒で売る」ことにフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは内緒で売る場合に必要な覚悟と内緒で売る方法について知ることができます。

イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

>累計利用者数1,000万人で一括査定No.1の安心実績!<
>提携不動産会社1,500社と一括査定No.1!大手・中堅~地域密着まで探せられる!<

1.不動産を内緒で売る人に必要な覚悟

不動産は内緒で売ることは可能ですが、内緒で売る場合には覚悟しておかなければならないことがあります。

それは「安くなる可能性がある」という点です。

全ての物件で絶対安くなるわけではありませんが、基本的には売却しにくくなるのは確かです。

不動産は、通常の売却方法であれば、インターネットや広告でチラシを打つことで買主を集めます。

内緒で売りたいお客様は、「近所に知られたくないので広告は打たないでください」というオーダーをする方がほとんどです。

売却においては、この「広告を打たない」という行為が、売却活動の足かせとなります。

不動産を高く買う人は意外と身近にいる可能性が高い

一般的に、不動産を高く購入する可能性のある人は、近所の人の中にいます。

例えば、近所の人が今の家が狭くて困っている場合、近所に広い家が売りに出ると購入するというようなことは良くあります。

近所の人は、既にそのエリアの良さを分かっていますし、近所の物件なら生活圏を変えずに過ごすことができるため、条件さえ合えばすぐにでも購入する傾向があります。

特に、中古マンションは近所の人が購入するケースが多いです。

最近の需要だと、親のためや娘夫婦のために、同じマンション内の人が同じマンションを購入するケースが増えています。

同じマンションに住むことで、介護がしやすいというのが理由です。

普通のマンション売却であれば、同じマンションに対してチラシを入れることは、ほぼ必須になります。

近所の人は、上客である可能性が高いですが、内緒で売るということは、最初からその上客を捨てて売却しているのと同じ

インターネット広告は買主を集める重要なツール

一方で、インターネット広告も遠方から買主を集めることができる重要なツールです。

インターネット広告は、夜間や通勤時間内でも見ることができます。

購入希望者が忙しいサラリーマンの場合、インターネット広告がないと、まず目に留まることがありません。

近年は、インターネット広告で物件を特定してから不動産会社に出向く顧客がほとんどです。

従来は、顧客が不動産屋に出向いて売り物件を紹介してもらうという流れでしたが、今ではそのような流れはほとんどありません。

インターネット広告を見てからくる顧客は、「買う気満々」という人が多いです。

インターネット広告もしないと、このような買う気満々の顧客も最初から逃していることにもなります。

広告を打たずに売却することは、基本的には自ら売りにくくしているということを理解しておく必要があります。

内緒で売る場合は、売りにくくなるため、「安くなる可能性がある」という覚悟はしておきましょう。

以上、ここまで内緒で売る人に必要な覚悟について見てきました。

では内緒に売る場合の流れとはどのようなものなのでしょうか。

そこで次に内緒で売る場合の流れについて見ていきます。

2.不動産を内緒で売る場合の流れ

内緒で売る場合は、最初に不動産会社に「近所に知られないように売りたいです」とハッキリ申し出てください。

内緒で売りたい希望をきちんと伝えないと、不動産会社は良かれと思って広告をバンバン打ってしまいます。

そのため、最初に広告は打たずに売るということを確約してもらいます。

内緒で売る場合であっても、基本的には普通の売却と変わりません。

普通の売却との違いは「買主を探してくるまでの流れ」

違いは、不動産会社が買主を連れてくるまでの流れです。

通常の売却であれば、物件広告を打ち、その広告に興味を持った人が、不動産会社に直接連絡を入れてきます。

ところが、広告を打たない場合には、このような流れを取るわけにはいきません。 

Aという物件を内緒で売りたい人の場合

内緒でAという物件を売りたい場合、不動産会社はBという物件に興味を持ってきた顧客に対し、「Aという物件もありますよ」という感じで勧めることになります。

あくまでもBに興味のある人にAを進めるという流れになります。

このとき、顧客は元々Bという物件に興味がありますので、Aに対しては反応が薄いというのが基本です。

ただ、「まぁ、一応、Aも見ておくか」という感じで、Aが当て馬にされることが良くあります。

このような流れで連れてくる顧客は、必ずAとBを内覧します。

内覧とは購入希望者に対して物件の中を見せることと言います。

元々、Bに興味のある人なので、Aを見て「やっぱりBにしよう」と決心を固める人が多いです。

Bを買うためにAを見るという感じです。 

そのため、Aの売主は内覧の対応をしても空振りするケースが非常に多いです。

Aの物件は、常に当て馬ポジションであるため、訪れる人にとっては、本命ではありません。

内緒で売る人は、売却活動期間が長引いてしまう

内緒で売却する人は、本命の人が内覧に来ないため、売却活動期間が長引く傾向にあります。

下手すると、毎週土日に内覧が続いてしまい、長引くと近所の勘の良い人に「あれ、ひょっとしたら家を売るのかな?」と思われてしまう可能性もあります。

内緒で不動産を売却する場合は、本命でない人が内覧で来るため、顧客の流れが通常の売却とは違うという点を理解しておく必要があります。

尚、内覧については、以下の記事に詳しく記載しています。

以下の記事は内緒で売ることは前提と知っていませんが、ご参考頂ければと思いま

1,116view
家の売却理由はどこまで伝える?内覧対応で伝えるべき本音と建前の基準

家やマンションは一度購入してしまうと、なかなかその環境を変えるわけにはいきません。 そのため、買主はとても慎重になります。 内覧時には売主に直接会えるため、ここぞとばかりに質問をしてきます。 その1つ ...

605view
マンションの売却は内覧を攻略しよう!準備から当日まで完全ガイド

スムーズなマンション売却のカギを握るのが「内覧」です。 内覧とは、購入希望者が物件を見に来ること ここで気に入ってもらわなければ、いつまでたっても売却できません。 内覧を成功させるためには、もちろん掃 ...

250view
住みながら家を売却するための内覧数の増やし方や対応方法を徹底解説

綺麗な新築しか購入したことのない人は、自分が住みながら家を売却することに違和感を覚える人も多いと思います。 住ながらでも、内覧数を増やし、準備をきちんとすれば家は売却できます。 これから家を売却しよう ...

以上、ここまで内緒で売る場合の流れについて見てきました。

内緒で売却する場合、査定額には注意をしなければなりません。

そこで次に査定価格の前提とはについて解説します。

3.内緒で売る場合、査定価格は「広告を打つことが前提」なので安くなりがち

通常、不動産を売却する場合、不動産会社へ売却予想価格の査定を取ります。

査定で不動産会社か出す価格は、あくまでも「広告をバンバン打つ前提」での価格です。

そのため、内緒で売る場合は、基本的に査定額の売却は難しいと考えるべきです。

不動産の査定は、営業的要素が強く、そもそも普通の売却による売却額よりも高く査定される傾向があります。

最初に高く査定しておくことで、「当社ならこんなに高く売れますので、ぜひ当社に仲介を依頼して下さい」とアピールするため、高く査定される傾向が強いです。

このような査定額に引きずられてしまうと、売却活動が長期化する可能性があります。

内緒で売る場合は、たださえ売却期間が長期化しやすいですが、高い価格を設定してしまうと、さらに長期化する恐れがあります。

長期化は、近所にバレる原因にもなりかねません。

今まで、ほとんど来客が来なかった家に、毎週のようにお客さんが来れば、「何か変だな」と思われる可能性もあります。

長期化せずに売るには複数会社に査定を依頼して、一番低い価格を参考にする

これらの対策としては、複数の不動産会社に査定を依頼して、一番低い価格を参考に売却計画をたてることです。

低い価格でも、内緒で売る場合には、その価格で売れるかどうか分かりません。

査定額は妄信しないようにすることがポイントになります。

複数の不動産会社に依頼する場合は、一括査定サイトが便利です。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のオススメは 「イエウール」「すまいValue」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

中でも複数かつ信頼できる不動産会社を比較できる8つのサービス(サイト)に厳選。

その中でも

  • 大手から地域密着の不動産会社を一番探すことができる イエウール
  • 超大手の不動産会社6社に唯一依頼ができる すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門の数少ない不動産会社 ソニー不動産

の3つを特オススメしています。

もちろん筆者自身も3回一括査定を利用(「 イエウール 」「 すまいValue 」「 HOME4U 」)し、とても満足しているためオススメさせてもらっています。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真です。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

すまいValueを申し込んで3社から査定書をもらいました

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し見にくく、そこまでじっくり見る必要はありません。流し読みしてください。

2018提携不動産会社

2018提携不動産会社

上記表を見ると、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「センチュリー21グループ」「東急リバブル」の4社が他の不動産会社に比べて、仲介件数が一桁多いことがわかると思います。

計算してみると日本の不動産売買の仲介件数全体の38.3%をその4社で占めています。

それだけ日本の不動産売買の取引は、大手に偏っているということ。


以上のことからも、筆者としては、最低でもこれら大手に最低でも1社には依頼できないと話にならないと思っています。

欲を言うと2~3社に依頼できたほうがベターです。

そして結論からいうと、「 イエウール 」と「 すまいValue 」を特にオススメしています。


イエウール公式サイト

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

筆者が「 イエウール 」をオススメしている理由は下記の通り。

イエウールは提携している不動産会社が他と比べて圧倒的に多く1,500社あります。

つまり「大手」「中堅」だけでなく、「地方・地域密着」の不動産会社にも依頼ができますので、あなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

大手や中堅よりも、地域密着の不動産会社の方が、特定の地域に強かったり、社長が自ら相談に乗ってくれるのでサービスが手厚かったりなど良いことも沢山ありますからね。

どうせ同じ1回に申し込みをするのであれば、なるべく多くの不動産会社に相談したほうが、成功する可能性も高いです。

でも、中には変な不動産会社がいるのでは・・・?と心配する人もいますが、安心してください。

イエウールで依頼できる不動産会社は厳重な審査を行っております。

利用者数が1,000万人と一括査定No.1の実力があるため、不動産会社をしっかり選別できているのです。

イエウールはコチラ → https://ieul.jp/

人口が多い都市にお住まいの方は、国内TOP4のうち3社に唯一依頼ができる「 すまいValue 」も合わせて申し込むことをオススメします。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

大手不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのは事実です。

大手不動産会社は、人口が多い都市は非常に得意としていますので、人口がそこそこ多い都市を売却検討されている方は すまいValue も申し込むといいでしょう。

すまいValueはコチラ → https://sumai-value.jp/

逆にいうと、すまいValueの弱点は、地方には対応していない可能性が高い点です。

その場合は、1つ目に紹介した イエウール がオススメです。


また、さらに1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で売却を検討されている方は ソニー不動産 も非常にオススメできます。

ソニー不動産

ソニー不動産公式サイト
https://sony-fudosan.com/

ソニー不動産は、エージェン制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

分かりやすく言うと、売主に特化しているという点です。

他の不動産会社と違い、ソニー不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

しかも今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえます。

初めてでよく分からない不動産の売却の基礎から成功の秘訣までが学べます。

まずは気軽に相談だけでもしてみると良いでしょう。

ソニー不動産はコチラ → https://sony-fudosan.com/

何となく不安と思っている方は「 HOME4U 」がオススメです。

HOME4U

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

HOME4UはNTTグループ運営、2001年からサービス開始で歴史No.1と安心感抜群の一括査定。

NTTといえば、かなり審査に厳しいので有名です。NTTの看板を汚すわけにはいきませんからね。

提携不動産会社は900社と多くはありませんが、それだけNTTの審査が厳しくなかなか参加できないとも言えるのです。

HOME4Uはコチラ → http://www.home4u.jp/

築年数が古いボロボロの家やマンションを売却検討の方は「 リアリエ 」がオススメです。

リアリエ

リアリエ公式サイト
https://www.rearie.jp/

リアリエは家電で有名なパナソニック株式会社が運営するサイト。

最大の特徴は、リフォームプラン付きで買主に提案するため、築年数が古いボロボロの家やマンションでも魅力的に伝えて売却の可能性が上がることです。

古い家やマンションをお持ちの方はぜひ「 リアリエ 」も一緒に申し込んでみましょう。

リアリエはコチラ → https://www.rearie.jp/

少し長くなりましたので、再度まとめます。

不動産売却成功のシナリオ

  • 【ここにしておけば間違いない】大手・中堅~地域密着まで幅広く不動産会社に相談できる!一括査定の中で利用者数No.1の「 イエウール
  • 【大手のみで安心】超大手の不動産会社に唯一相談できる「 すまいValue
  • 【1都3県限定】売主専門のエージェント制を導入「 ソニー不動産
  • 【どうしても迷うなら】NTTグループ運営、運営歴No.1の「 HOME4U
  • 【古い家やマンションの方はココも!】リフォームプラン付きの売却提案をしてくれる「 リアリエ

上記で紹介した不動産一括査定以外にもありますので、ネット上でよく比較される不動産一括査定サイトの特徴を一覧でまとめました。

サイト名提携不動産会社対応地域利用者数運用歴強み弱み
イエウール 1,500社以上全国1,000万人
※2017/02時点
2013年~・利用者数が1,000万人とNo.1の安心実績
・参加不動産会数1,500社以上は一括査定No.1
運営歴が浅い
すまいValue 6社(超大手会社のみ全国
※人口の少ない都市は未対応
10万人以上/年2015年~超大手の不動産会社のみで安心
仲介件数TOP3に査定依頼が行える唯一の一括査定
地域密着の不動産会社は探せられない
ソニー不動産 ソニー不動産のみ東京・神奈川・千葉・埼玉のみ非公開2014年~国内唯一のエージェント制を導入で売手に特化
・不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる!
一都三県のみしか対応できない
HOME4U 900社全国500万人
※2016/12時点
2001年~

2001年から運営と一括査定で一番歴史あり
・NTTグループ運営だから安心!

提携不動産会社が少なめ
リガイド 600社全国
非公開2006年~一度の申し込みで最大10社を比較できる唯一のサイト
・旧SBIグループが運営、収益物件に強い不動産会社が多数参加
提携不動産会社が少なめ
HOME’S売却査定 1,549社全国420万人2004年~賃貸で有名なHOME'Sが不動産会社を厳しくチェック
・地域密着の不動産会社が多く参加している
大手不動産会社が参加していない
マンションナビ 非公開全国
※マンション専用
360万人2011年~売却だけではなく賃料査定も同時に行える査定が可能なのはマンションのみ(土地などは不可)
リアリエ パナソニック株式会社のみ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県非公開2018年~リフォームプラン付きで買主に売却提案対応地域が全国ではない
イエイ 1,000社全国300万人
※2016/02時点
2007年~悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
スマイスター 1,400社全国4400万人
※2018年3月時点
2006年~・売却だけではなく、賃貸した場合の査定も可能運営会社が広告会社

 

以上、ここまで査定価格の前提について見てきました。

では内緒で売るのに効果的な方法なないのでしょうか。

そこで次に内緒で売る方法についてご紹介します。

4.内緒で売るときに知っておきたい2つのこと

内緒で売る時のコツとして、下記2つは頭に入れておいてください。

  1. 専任媒介契約で売る
  2. 買取で売る

それぞれ見ていきましょう。

方法1.専任媒介契約で売る

内緒で売る方法の一つに、専任系媒介で売るという方法があります。

媒介とは不動産会社と締結する仲介契約のことです。

この仲介契約には、

 

  1. 専属専任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約

 

の3種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

特徴一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他業者への依頼重ねて依頼ができる重ねての依頼ができない重ねての依頼ができない
自己発見取引認められる認められる認められない

専属専任媒介や専任媒介(以下、「専任系媒介」と略)は、他の不動産会社に重ねて依頼できないという特徴があります。

つまり仲介を独占できるという意味です。

売主側としては、専任系媒介契約としてしまうと、売却機会のチャンスを狭めることになるため、リスクがあります。

売却時は一般媒介を選択するのが基本的なセオリーです。

専任媒介契約だと不動産会社がやる気が出る

一方で、不動産会社からしてみると、自社で買主を連れてきた場合、売主と買主の両方から仲介手数料を取れるチャンスになります。

これを両手仲介と呼びます。

専任系媒介となると、両手仲介が取れるチャンスができるため、不動産会社はやる気を出します。

そのため、例えばA物件を内緒で売ろうとしても、B物件が本命で来た顧客に対し、強くA物件を勧めてくれるようになります。

B物件が本命の顧客でも、不動産会社がA物件を強くプッシュすれば、A物件になびく可能性が高くなります。

不動産会社もA物件へ誘導することで、仲介手数料が倍になるメリットがあります。

専任媒介契約は安くなるけど早く売却しやすいためバレるリスクを減らせられる

専任系媒介契約は、不動産会社が両手仲介を狙って無理矢理話をまとめようとするため、価格が安くなるリスクがあります。

しかしながら、元々、内緒で売る場合は価格が安くなるリスクはあるため、それを考慮すれば不動産会社に頑張って話をまとめてもらうことは、早く売却できるメリットがあります。

仲介で第三者へ売却するのであれば、専任系媒介契約で売却するのが良いでしょう。

方法2.買取で売る

2つ目の方法としては、買取による売却です。

買取は、不動産会社が転売するための下取りであるため、価格が安くなります。

買取の価格目安としては、仲介による売却の80%程度です。

ただし、即売・即金が可能であるため、内緒の状態ですぐに売却することが可能です。

離婚等で近所に知られずに早く売却する方は、比較的、買取を利用する人も多いです。

尚、買取であっても、無料の一括査定サイトを使うと、買取業者同士で価格比較ができるため、普通に買取をするよりは高く売却できます。

もし、買取で売却するのであれば、必ず一括査定を使うようにして下さい。

買取については、以下の記事で詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

殿堂
不動産売却の「買取」とは?知っておくべき2つのデメリットと対処法の全て

突然ですが、あなたは不動産買取の仕組みをしっかりと理解しているでしょうか。 仕組みといわれると難しい感じがしますが、不動産は車やブランドバッグのように、会社そのものが買うことが少ないです。 いわゆる「 ...

5.まとめ

以上、不動産を内緒で売りたい人に必要な覚悟と内緒で売る方法を徹底解説してきました。

内緒で売る場合、広告ができない点がかなりの足かせとなります。

専任系媒介や買取等を駆使して、内緒の売却を実現させましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

21,088view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

21,427view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

3,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

9,182view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.