不動産売却 不動産査定

不動産鑑定士による有料査定/不動産鑑定や不動産査定書の相場を徹底解説

投稿日:2016年11月18日 更新日:

この記事を読む方は、仕方なく不動産鑑定士による不動産査定を取らなければならない人だと思われます。

そもそも不動産鑑定士という資格を初めて知り、査定額を取るのにわざわざ費用がかかるということに驚きを感じている方も少なくないでしょう。

通常の不動産会社による無料査定ではダメなのでしょうか?

そこで今回の記事では不動産査定にかかる「費用」に言及してお伝えいたします。

この記事を読むことであなたは不動産査定の費用がいくらくらいかかるかを理解し、また無料査定の代用可能性についても知ることができることをお約束します。

イエイ

1.不動産鑑定の必要性と費用の相場

coins-currency-investment-insurance

不動産鑑定または不動産査定を依頼される方は、税理士さんまたは弁護士さんに「不動産鑑定士による鑑定評価書を取ってください」と言われて、しょうがなく不動産鑑定を取る方が多いです。

例えば、会社の代表者が自分と会社の間で不動産を売買する時などのケースが多く、不動産鑑定士による鑑定評価書が必要となります。

税理士さん自身も不動産鑑定士の知り合いがいないため、自分で一から不動産鑑定士を探さなければならない方も少なくありません。

不動産鑑定事務所は、ほとんどが個人企業であり、ホームページを持っている会社がそもそも少ないのが実態です。

さらにホームページを持っている会社でも、価格までは提示している事務所は多くないです。

そのため査定費用が探しにくいことに加え、さらに価格も高いイメージがあり、うかつに査定を依頼できないという部分もあるのです。

1-1.不動産鑑定の費用相場

不動産鑑定士による不動産鑑定は、「鑑定評価額」と「類型(不動産の種類)」によって異なるのが基本です。

類型とは、更地や、建物と土地、マンションなどの区分所有建物、借地権、地代・家賃など鑑定評価の対象となる不動産の種類こと言います。 

ここでは典型的なパターンである「更地」と「建物と土地」、「マンション」について、評価額と不動産鑑定士にお願いしたときの費用の相場について示します。

鑑定評価額 更地 建物と土地 マンション
~1,000万円以下 20万円弱 25万円前後 30万円強
~5,000万円以下 25~30万円 30~50万円 60~70万円
~1億円以下 30~40万円 50~60万円 70~85万円
~2億円以下 50~60万円 60~75万円 85~95万円

これらはあくまでも目安です。

鑑定評価書の作成費用は法律上の決まりはないため、各社バラバラです。

裁判用の資料となると、上記の価格にさらにプラス料金がかかる会社も多いです。

費用の傾向としては、大手の鑑定会社は高い傾向にあり、個人の鑑定事務所は安い傾向にあります。

1-2.不動産査定書の料金相場

また鑑定評価書ではなく、査定書が欲しいという方もいると思います。

不動産査定書は、不動産の査定額によって料金を変えているというような会社はあまりありません。

不動産査定書については、以下の金額が概ねの相場です。

  更地 建物と土地 マンション
不動産査定書費用 10~15万円程度 15~20万円程度 15~20万円程度

以上、ここまで鑑定評価書と査定書の相場について見てきました。

それでは次に気になる鑑定評価書と不動産査定書の違いについて見ていきましょう。

2.鑑定評価書と不動産査定書の違い

people-apple-iphone-writing

不動産鑑定評価書と不動産査定書は目的が大きく異なります。

  • 不動産鑑定評価書は、税務署や裁判所に対外的に提出するための資料
  • 不動産査定書は、社内や身内だけで利用するための資料

それぞれの書類をもう少し詳しく見てみましょう。

2-1.不動産鑑定評価書とは

不動産鑑定の世界では、「不動産鑑定評価書」と「不動産査定書」は全く意味が異なります。

不動産鑑定評価書は、国が定めている不動産鑑定評価基準に基づき不動産の評価を行います。

鑑定評価書は高いと感じるかもしれませんが、国が定めている基準に則り、評価手順を踏まなければならないため、手間も時間もかかってしまいます。

不動産鑑定士がオリジナルの評価方法でサクッと評価ができる訳ではないため、なかなか価格を下げられないというのが本音の部分でしょう。

2-1-1.不動産鑑定評価書は不動産鑑定士しか作れない

不動産鑑定評価書と名前の付くものは、不動産鑑定士しか書くことが許されておらず、不動産鑑定士の独占業務となっています。

国が認めている評価方法ということもあり、鑑定評価書は、税務署や裁判所に提出する証拠資料として正式に採用されます。

例えば、法人と会社の代表者の間でも鑑定評価書の基づいた価格で取引されると、適正な価格で取引されたと税務署が認めてくれます。

それは逆に不動産鑑定評価書が国の定めた評価基準に基づいているため、いい加減な価格が出せないことの裏返しでもあるのです。

2-2.不動産査定書とは

不動産鑑定評価書以外に「不動産査定書」というものが存在します。

不動産鑑定士が作成する不動産査定書は、国の定めた評価基準に正式に則っていないことを意味しています。

2-2-1.不動産査定書は不動産鑑定書の簡易版

不動産査定書は不動産鑑定評価書の簡易版に相当します。

不動査定書は、大企業が工場や大型倉庫、商業施設、ゴルフ場、ホテルなどの売却を検討する際、取得するニーズがあります。

街の不動産会社では工場などの特殊物件は、普段扱っていないため、適正価格がなかなか分かりません。

しかしながら鑑定評価書を依頼してしまうと、非常に費用が高額であるため、簡易な鑑定評価書である不動産査定書を取りたいというニーズがあります。

そのため不動産鑑定士による有料の不動産査定書というものが存在するのです。

以上、ここまで鑑定評価書と査定書の違いについて見てきました。

わざわざ有料の不動産鑑定書や不動産査定書を作る必要がないケースが大半です。

次に無料査定でも良いケースについて見ていきましょう。

3.不動産会社の査定は無料

woman-smartphone-girl-technology

不動産鑑定とは別に、世の中には不動産会社による無料査定が存在します。

無料査定は一般化してきていることから、そもそも不動産査定に費用がかかること自体、驚く方も多いです。

不動産鑑定は不動産鑑定士による独占業務のため、逆に言うと不動産の鑑定や査定でお金を取ることは、不動産鑑定士以外は禁じられています。

そのため不動産会社は逆に査定を行ってもお金が取れないため、不動産会社による査定は無料となるのです。

3-1.国に出す証拠資料や特殊物件以外は無料査定で十分

税務署や裁判所への証拠資料用の査定や、特殊物件の査定以外であれば、不動産会社による無料査定で十分と言えます。

不動産の価格を知りたい場面としては

  1. 売却したい時
  2. 相続人間で遺産分割協議をする時
  3. 隣地や知人同士の売買で適正価格を知りたい時

と大きく3つのケースがあります。

相続人間で遺産分割協議をする時は、身内で利用するだけなので、無料査定で十分と言えるでしょう。

また隣地や知人同士で不動産を相対で取引する時も、無料査定を取得して客観的な価格指標があると話がスムーズになります。

以上、ここまで無料査定でも良いケースについて見てきました。

それでは次にネットの普及に伴い利用者が急拡大している「無料不動産一括査定サイト」について見ていきましょう。

4.使える無料不動産一括査定サイト

smilies-bank-sit-rest-160739

身内や知人同士で不動産の時価を知りたい場合は「無料の一括査定サイト」を使うのが便利です。

査定で一番問題となるのが、査定額に客観性・妥当性があるのかという点です。

不動産鑑定士による鑑定評価では、鑑定評価基準と言うルールがあるため、一定の信頼性があります。

しかしながら、不動産会社による無料査定はルールがなく各社独自に査定を行っているため、査定のプロセスには何ら保証がありません。

4-1.複数の不動産会社から査定書を取得することに価値がある

そのため不動産会社による無料査定を利用する際は、複数の不動産会社から査定書を取得することで客観性を上げる必要があります。

複数の不動産会社から査定書を受領するには不動産の一括査定サイトを利用するのが便利です。

一括査定サイトでは、約6社の不動産会社から査定を無料で取ることが可能です。

また誰かからお金をもらって査定する訳ではないため、意図的に発注者に偏った価格を出すようなこともありません。

6社の査定額を見比べることができるため、無料査定でも客観性・妥当性を維持することができるのです。

4-1-1.不動産一括査定のオススメはイエイ

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の5つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやオウチーノも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 800社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ 電話での査定依頼も可能 運営会社が広告会社
オウチーノ 500社 全国 非公表 2003年~ ・運営が不動産会社で安心
・運営履歴が一番長い、安心の実績
査定会社が大手に偏っている
リガイド 400社 全国 非公表 2006年~ 登録企業を全て公開 登録企業が少ない
一番のおすすめ「イエイ」はコチラ → https://sell.yeay.jp/
イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

cvbutton3
イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

cvbutton3
スマイスターはコチラ → https://www.sumaistar.com/
スマイスター

スマイスター公式サイト
https://www.sumaistar.com/

cvbutton3

5.まとめ

いかがでしたか?不動産鑑定士による書類を作ってもらった場合の料金相場をお伝えしました。

必ずしも不動産鑑定士に頼む必要はなく、無料査定でOKなケースがほとんどです。本記事をよく理解頂き、正しい不動産査定をしてもらいましょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-不動産売却, 不動産査定

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.