土地は自治体や国に売ったり寄付したりできるって本当なの?

更新日:

土地は自治体や国に売ったり寄付したりできるって本当なの?

世間話をしていると

  • 「うちのおじいちゃんの土地が新幹線が通るエリアになって国が買い取ってくれた」
  • 「地下鉄ができるから市が高く買い取ってくれたんだよね」

こんなことを耳にすることがあります。

土地は持っているだけでも固定資産税が掛かり金食い虫。

できれば売却したり処分したいと考えるのも当然です。

しかも自治体や国に売れれば、通常よりも高く売れそうな気がします。

そこで本記事では、国や自治体に土地を売る方法や寄付する方法、また売れない土地の処分方法について解説していきます。

株式会社グロープロフィット 代表取締役 竹内英二

【執筆・監修】不動産鑑定士・不動産コンサルティングマスター

株式会社グロープロフィット 代表取締役

竹内英二

日本土地建物株式会社にて、不動産鑑定や開発用地の仕入れ担当を11年間に渡り従事。オフィスビル・賃貸マンション等の開発も行っていたことから、土地活用・不動産投資の分野に強い。

資格不動産鑑定士・中小企業鑑定士・宅地建物取引士・不動産コンサルティングマスター・賃貸不動産経営管理士・不動産キャリアパーソン資格

1.いらない土地を保有し続ける3つのデメリット

売却や活用ができない土地は、持っているだけでコストが発生。

土地が「負動産」となってしまいます。

土地を保有し続けると以下のデメリットが生じます。

  1. 固定資産税がかかる
  2. 除草等の維持費がかかる
  3. 相続税が発生する

土地は持っているだけで固定資産税がかかります。

活用できないと、固定資産税が垂れ流しの状態となるため、マイナスの資産となってしまいます。

また、固定資産税だけでなく、除草等の維持費もかかります。

放っておけば隣地等からクレームが来ることもありますので、一定の管理は必要です。

さらに、資産家の人であれば、不要な土地でも相続税がかかります。

利用できない土地は、生前中に手放した方が相続税対策にもなるのです。

2.公的機関に土地を売却するなら国よりも自治体の方が売りやすい理由

国や自治体は必要のない土地は購入しません。

欲しいものを買うという点では、通常の売買と同じ。

どんな土地でも売却や寄付を受け入れるわけではなく、国や自治体が必要と認めた土地のみが売却の対象とできるのです。

では、国と自治体では、どちらが土地を欲しいと思っているのでしょうか。

土地の取得ニーズは国よりも自治体の方が圧倒的に高いです。

公的機関に土地を売却するのであれば、ターゲットは国ではなく市区町村の自治体とすべき。

国に売るということは、その土地は国有地となります。

  • 国有地:国道の土地、国立大学や国立病院等の土地等、国有地はそれほど身近な存在ではありません。
  • 市区町村の土地:市道、小中学校、公園、広域避難所、保水用の緑地、公民館、図書館等があり幅広いです。

市区町村の土地は、身近なものが多く、土地を確保したいニーズは、国有地よりも自治体の方が圧倒的に高いのです。

もちろん、財力は自治体よりも国の方がありますが、ニーズは国よりも自治体の方が高いです。

そのため、公的機関に土地を売却または寄付するなら、国ではなく自治体を中心に考えるのが良いでしょう。

3.土地を国に売るのは原則不可能

可能性は低いですが、土地を国に売る方法について紹介します。

土地を国に売る場合「国有財産法」という法律が関わってきます。

国が行うことですので、法律に基づき処理が行われます。

国有財産法によって、国が必要な土地と判断した場合のみ売却は可能です。

例えば、道路や鉄道、または公共施設など国が新たに建設する時にたまたま土地を持っていた場合、売却は可能となるわけです。

土地を国に寄付するには?

ここで、国への土地の寄付行為について、財務省の回答がありますので紹介いたします。

【質問】国に土地等を寄付したいと考えていますが、可能でしょうか

【答え】寄付の申出があった場合、土地等については、国有財産法第14条及び同法施行令第9条の規定により、各省各庁が国の行政目的に供するために取得しようとする場合は、財務大臣と協議の上、取得手続をすることとなります。

なお、行政目的で使用する予定のない土地等の寄付については、維持・管理コスト(国民負担)が増大する可能性等が考えられるため、これを受け入れておりません。

※出典:財務省「 国に土地等を寄付したいと考えていますが、可能でしょうか」より

「財務大臣と協議の上」と書いてあります。

この回答を読むだけでも国への寄付でも、かなりハードルが高い印象があります。

やはり土地は国ではなく、身近な市区町村に売却・寄付をするのが現実的と言えます。

国有地とは?

一方で、「国に売る」と考えている人の中には、以下の写真のような土地を見て、「土地は国に売れるのか?」と勘違いしてしまう人もいると思います。

国有地

街でたまに「国有地」と書かれた売却地を見かけることがありますが、これは相続で物納された土地。

相続税は現金納付が原則ですが、現金で支払うことができない場合、例外的に「物納」によって納税をすることが可能です。

しかしながら、国は土地をもらってもしょうがないので「公売」という形で売却することで、物納された土地を現金に換えています。

公売対象の土地は、不要な土地を国に売りつけて、国が代わりに売却している土地ではありません。

国が売っている土地は、物納されてしまった土地をしかたなく売却しているだけなのです。

4.自治体に売る方法と流れ

次に自治体に売る方法について解説します。

自治体に土地を売る場合は、「公有地の拡大の推進に関する法律(以下、「公有地拡大推進法」と略)」がかかわ手tきます。

公有地拡大推進法とは、公共用地にする土地を買い取る機会を市区町村などの自治体に与える法律

街をより良く発展させ、計画的に整備していくためには、道路・公園などの公共用地の確保が必要となります。

自治体は国よりも土地のニーズが高く、自治体が土地を取得しやすくするために、わざわざ法律まで整備されているのです。

自治体に土地を売るときの流れ

自治体に土地を売るときの流れは以下のようになっています。

公有地拡大推進法による土地売却の流れ

公有地拡大推進法による土地売却の流れ

自治体に土地を売る場合も国に売る場合と同じく、自治体が必要とする土地のみが売却対象となります。

ただし、自治体には、公園課や緑地課、道路課、土木課、下水道課、教育委員会等、土地を必要としている部署が多いので、国よりも遥かに売却できる可能性は高いです。

自治体には、届出窓口がありますので、買取を希望の人は「土地買取申出書」に記載して提出します。

土地買取申出書は自治体によってフォーマットが異なりますが、例えば以下のような形式のものがあります。

土地買取希望申出書(サンプル)

土地買取希望申出書(サンプル)

買取希望価格については、相続税路線価を用いて計算した金額を記載するのが無難です。

相続税路線価とは土地の相続税評価額を計算するために国が定めている土地単価(千円/㎡)

相続税路線価は、国が定めて公表している単価ですので、自治体は文句を言いません。

また、相続税路線価は、市場価格の80%程度で設定されており安めです。

自治体は税金で土地を購入するため、あまり高い土地価格で土地を購入すると他の納税者から批判を受けることになります。

そのため、安めの価格である相続税路線価であれば、市民には「安く買いました」と説明できるため、自治体としても買いやすいのです。

自治体に土地を売る場合には、「引き取ってもらったらラッキー」程度に考えて、あまり欲張らずに値段設定するのがコツとなります。

相続税路線価については下記記事で詳しく解説しています。

路線価とは?路線価図の見方と目安と相続性評価の計算例

路線価とは、相続や贈与時の土地の評価額を求めるために道路(路線)に付された価格 路線価とは、一般的に国税庁のホームページ ...

続きを見る

5.自治体に土地を寄付する流れ

自治体では、土地の寄付を受け付けるケースもあります。

土地の寄付も自治体側にニーズがある場合に限ります。

自治体に寄付す場合、特にルールはありませんが、一般的な寄付の流れとしては以下のようなものがあります。

  1. 担当の窓口への相談
  2. 自治体による調査の実施
  3. 必要と判断された土地であれば手続きを進める
  4. 寄付の完了

土地の寄付例は、自治体によってはホームページに公表しているケースがあります。

例えば、千葉県柏市では、「5,300平方メートルの土地の寄附」を公表しています。

自治体に寄付をした事例

柏市ホームページに実際に寄付をした事例が載っています。

「この地域は、昔の開拓地で広い農地が広がっていたが、時代とともに宅地化が進み子どもたちが自由に遊べる場所もなくなってしまった。出来るなら、このまとまった土地を子どもたちが自由に色々な活動ができる場所として末永く残しておきたい」という気持ちから市に寄附をすることに思い至ったそうです。

また、寄附の申出書を提出したのが、震災の直後だったこともあり、「こうした空地が残っていれば、災害の時の避難場所としても使えることだし、地域のためにも役に立つでしょう」と話されていました。

柏市では、この意思を尊重し、市民、特に子どもたちにとって、様々な活動に利用できる広場として整備していく考えです。まだ、具体的な内容やスケジュール等は決まっていませんが、色々なご意見を伺いながら整備方針等を検討し、計画的に事業を進めていきます。

※出典:柏市「5,300平方メートルの土地の寄附を受けました」より

上記の例を見ると、寄付する人に「この土地を市のために役立ててもらいたい」という想いがあり、また受け取る市側に「市民のために必要である」という判断があるのが分かります。

寄付は、単純に要らない土地を捨てるために市に渡すのでは成立しません。

「役立ててもらいたい」という想いと、「自治体の必要性」が合致して、はじめて成立するのです。

6.今後は不要な土地は国に寄付が可能になる?

2019年11月現在、国は全国各地で相続放棄される土地が増えている状況を踏まえ、土地や建物を国に寄付できる新制度をつくる検討に入っています。

国内には所有者不明土地と呼ばれる所有者が分からない土地が九州の面積以上あるとされており、問題となっていることが理由です。

所有者不明土地の詳細については下記記事でさらに詳しく解説しています。

土地(更地)
所有者不明土地とは?円滑化法でどう変わるか?審議中の内容も紹介

国が抱える大きな問題の一つに「所有者不明土地」があります。 所有者不明土地の面積は2016年の地籍調査の時点で九州の面積 ...

続きを見る

新制度では、土地や建物を寄付によって集め、民間の仲介業者も活用して近隣の民間事業者らに売却したり貸し出したりできるようにすることが構想されています。

ただし、今度は国に土地が集まり過ぎると、国の管理費用もかさみ、市区町村の固定資産税の収入も減ってしまうことから、一定の条件を備えた土地のみが寄付できる方向性です。

例えば、劣化した家屋が残っている土地や道路などインフラが整っていない土地は寄付できないであろうとされています。

新制度の実施時期や具体的な内容はまだ不明ですが、政府が2020年に土地放棄対策の実現を目指しているため、近い将来に国への寄付が可能となる方向です。

7.土地を処分する5つの方法

最後に、売却や寄付ではありませんが、その他の処分方法について解説します。

  • 方法1.相続放棄
  • 方法2.物納
  • 方法3.空き家バンクの登録
  • 方法4.低廉な空き家等の売却
  • 方法5.土地活用する

方法1.相続放棄

相続放棄とはプラスの財産もマイナスの財産も相続しないで、相続の権利を全て放棄すること

相続放棄をすると、その人は最初から相続人でなかったものとみなされます。

残念ながら「不要な土地だけ」を放棄することはできませんが、相続放棄をすれば土地を手放すことは可能。

相続放棄には「相続の開始を知った日から3ヶ月以内」という期限があります。

相続放棄は、資産のうち大半が不要な土地である場合や、資産よりも借金の方が多い場合に有効です。

方法2.物納

土地を手放す方法として、相続時の「物納」も考えられます。

物納とは、相続税を現金でも延納でもしはらうことが出来ない場合に現物で相続税を納めること

まず、物納は相続税の納税義務がある人が利用する制度なので、そもそも相続税の納税義務のない人は利用できません。

相続税の納税義務がある人は、全体の8%程度の人であり、92%の人は物納できないことになります。

また、相続税の納税義務がある人でも、全ての人が物納を利用できないことになっています。

物納をするには「延納によっても金銭で納付することを困難とする事由があり、かつ、その納付を困難とする金額を限度としていること」等の要件があり、現金を持っている人は物納できないことになります。

国は物納されてもしょうがないので、物納の要件を厳しく定めています。

詳しくは国税庁のホームページ「物納の要件」をご参照ください。

方法3.空き家バンクの登録

空き家バンクとは、居住者のいない空き家を活用し、地域振興などにつなげるために市町村等の自治体が空き家を紹介する制度

空き家バンクは全ての自治体にあるわけではありません。

空き家バンクは、簡単に言うとSUUMOアットホーム等のような不動産ポータルサイトの自治体版です。

SUUMOやアットホーム等のような不動産ポータルサイトは「すぐ貸せる・すぐ売れる」という物件しか載せることができません。

一方、空き家バンクは片付けができていない物件や、親が健在で「将来、売却したい」という未来の物件も載せることができるのが特徴です。

つまり、不動産会社が仲介したがらない物件でも載せることができますので、売却のチャンスを多少広げることはできます。

空き家バンクは「アットホーム」から一覧を調べることが可能です。

方法4.低廉な空き家等の売却

2018年1月1日以降より、400万円以下の低廉な空き家等の取引については、不動産会社は媒介報酬に加え、現地調査等の費用を受領することができるようになりました。

この制度変更に伴い、国や自治体への売却ではなく、通常の売却も再度トライしてみる価値は出てきています。

不動産会社は仲介手数料に現地調査等の費用を加えることができ、最大18万円まで受領することが可能。

低廉な空き家等と書かれていますが、この制度は土地のみでも適用されます。

仲介手数料は取引額に応じて、その上限額が以下のように決まります。

取引額 (売買金額)速算式(上限額)
200万円以下5%
200万円超から400万円以下4%+2万円
400万円超3%+6万円

地方の土地は、売却額が400万円以下となることが多く、上記の上限額だと受領可能な仲介手数料の総額はあまりにも低いため、不動産会社の協力が得られないという問題がありました。

そこで、不動産会社が最大18万円まで手数料を受領できるようにしたことで、不動産会社の協力が得やすくなるようになりました。

18万円を払うことで、多少なりとも不動産会社のやる気はアップしました。

制度主旨を理解し、18万円を払うことを快諾して、不要な土地をなんとか売却することを試みてみましょう。

複数の不動産会社に相談して売ってくれるところを探す

まずとにかく売ってくれそうな不動産会社を見つけるのが大事です。

そんな時に便利になるのが一括査定サイト。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

一括査定サイトを使うと、複数社を見つけることができるためやる気がある不動産会社を見つけやすくなります。

まず国や自治体に売る前に不動産会社に査定相談してみましょう。

一括査定サイトのオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
知名度がある大手に依頼すれば問題ないですか?
売却を成功させるなら大手・中堅・中小を幅広く依頼した方がいいぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額提示を希望」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どの一括査定なら「机上査定」「メール要望」が使えるんですか?
下記に比較してまとめてみたぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
一括査定机上査定備考欄
すまいValue
HOME4U
イエウール  
SRE不動産(※旧ソニー不動産)

一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

不動産一括査定
不動産一括査定サイトは怪しくない?利用者のリアル評判とデメリット

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

続きを見る

方法5.土地を活用する

処分する方法ではないですが、土地は何も売却や寄付だけではなく活用するという方法があります。

例えば、コンビニに貸したり駐車場にしたりして運用をするということ。

土地活用をするには、まず不動産会社を探さなければなりません。

ただ、なかなか探すのが難しいのが現実的なところ。

そこでオススメなのが「 HOME4U土地活用 」を使うことです。

HOME4U土地活用を使うと、自宅に土地活用プランが複数社から届きます。

しかもHOME4U土地活用はNTTグループが運営しているため、不動産会社を厳重審査しています。

無料で利用、しかも資料が自宅に届くだけなのでとってもお手軽です。

どんな活用方法があるんだろうと眺めているだけでも面白いです。

ぜひ、少しでも土地活用を考えているのであれば、利用してみましょう。

まとめ

土地を自治体や国に売ることについて解説してきました。

土地は、国へは国有財産法、自治体へは公有地拡大推進法によって売却できる可能性があります。

また、不動産会社に相談していない人は一度 「 すまいValue 」「 HOME4U などの一括査定サイトを使って売却をトライしてみてください。

おすすめ記事一覧

49,227view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

58,188view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

9,145view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,463view
土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

更地は不動産の中でも最も売却しやすい物件です。 ただし、更地は不動産会社等のプロが購入者となる場合も多く、売主に対して厳 ...

-土地売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.