不動産売却 土地売却

条件の悪い土地を売却する際の注意点と効果的な売却方法について

投稿日:2016年12月25日 更新日:

土地を売却するにあたり、条件の悪い土地というのがあります。

土地は唯一無二の資産であり、すべての条件が全く同じ土地というものはありません。

売却しやすい良い土地もあれば、売却しにくい悪い土地もあります。

条件の悪い土地を売るコツは、知恵をたくさん出すことです。

知恵は1つの不動産会社よりも複数の不動産会社を使った方が多く集まります。

複数の不動産会社を使うのは一括査定サイトを利用するのが便利です。

今回の記事では条件の悪い土地を売却する上での知恵の一つをご紹介します。

イエイ

1.売れにくい、価値が低い6つの土地の条件

pixta_16037948_m

まず最初に売れにくい、もしくは価値が低い6つの土地の条件に付いてお伝えします。

あなたが売却しようとしている土地が下記6つに当てはまる場合は、特に売却が苦労すると思いますので、のちほど紹介する一括査定を利用して、複数社の不動産会社に相談するといいでしょう。

  1. 地形が悪い土地
  2. 狭小地は売れにくい
  3. 市街化調整区域内の土地は売れにくい
  4. 土壌汚染のある土地は売れにくい
  5. 無接道の土地は売れにくい
  6. 埋蔵文化財包蔵地に指定されている

それではそれぞれについて詳しく解説しますので、あなたに当てはまるもののみをお読みください。

それよりも早く売る解決策が知りたい場合は、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

①地形の悪い土地は売れにくい

最初に地形の悪い土地についてご紹介します。

土地には様々な形があり、細長い土地や「コの字」型の土地、風船型の土地等もあります。

地形の悪い土地は、面積が小さい程、その価値に悪影響を及ぼします。

例えばマンションが建つような広い土地であれば、多少の形が悪くても、あまり問題になりません。

マンションが建つような土地であれば、いびつな形の部分も、集会場やゴミ置き場などに有効利用できるからです。

小さくて地形の悪い土地は、売るための工夫が必要

一方で、小さくて地形の悪い土地は、利用価値が著しく劣ります。そのため高く売却するためには、工夫が必要です。

例えば、①隣地に売る、②分筆して売るなどがあります。

隣地へ売却する際、抵当権の付いていない土地であれば、不動産会社や司法書士を外して売買することも可能です。

余計なコストをかけずに売却するのも、高く売却していることと同じ効果を生み出します。

分筆して売る方法も検討する

分筆して売る方法もあります。分筆とは土地を2つ以上に分けることです。

分筆することで形の良い土地を作りだし、整形地は高く売り、残った土地は安く売ることで、トータルで高く売却することを試みます。

但し、分筆には境界確定が必要なため、境界確定費用も含めて高く売れる可能性が有るかどうか、十分に検討を行いましょう。

続いて、今回のような土地を売る解決策をお伝えしますので、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

②狭小地は売れにくい

2つ目は、狭小地についてです。

狭小地も利用価値が低いため、売却しにくい土地の1つです。

狭小地の利用方法としては、①狭小住宅を建てる、②時間貸し駐車場にするなどがあります。

狭小住宅とは木造3階建てで、狭い敷地を上手く活用した家等を指します。

狭小地は、狭小住宅を専門に建てる工務店や設計会社に声をかけてみる

狭小地は、狭小住宅を専門に建てる工務店や設計会社に声をかけてみることが第一歩です。

狭小住宅専門の工務店や設計会社には、狭小地を求めている人たちが集まっています。

特にデザイン性の高い狭小住宅は若者にも人気のため、購入希望者も多いです。

ホームページで検索してデザイン性の高い狭小住宅を手掛けている工務店または設計会社を探してみましょう。

時間貸し駐車場にするということも可能

また狭い土地でも1台から時間貸し駐車場は可能です。

狭小地は時間貸し駐車場にして収益物件として売却するのも1つの手です。

表面利回りが10%程度あると、1台でも喜んで購入する希望者が現れます。

時間貸し駐車場業者に賃貸することも検討してみましょう。

続いて、今回のような土地を売る解決策をお伝えしますので、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

③市街化調整区域内の土地は売れにくい

Old log hause in an open-air ethnography museum in Wygielzow, Poland

Old log hause in an open-air ethnography museum in Wygielzow, Poland

3つ目は市街化調整区域内の土地です。

市街化調整区域内の土地は、開発許可を受けないと、建物を建てることができません。

市街化調整区域内でも開発許可を受けられない土地は、著しく価値が劣ります。

市街化調整区域内の土地は、資材置場か駐車場にしか利用することができません。

行政により開発許可基準は異なる

行政によって開発許可の許可基準は異なります。

例えば「半径500mの範囲内に300戸以上の住宅が建っている」かつ「道路への排水が可能である」等の要件を満たすと開発許可を取得することができ、建物の建築が可能となります。

そのため同じ市街化調整区域でも、全てにおいて建物が建築できない土地とは言い切れません。

開発許可が受けられる土地であれば、土地が高く売却できる可能性が有ります。

不動産会社に開発許可が取れるかどうかを調べてもらう

市街化調整区域内の土地を売却する場合は、不動産会社に「開発許可が取れる土地かどうかきちんと調べましたか?」と確認しましょう。

調整区域の売却経験の浅い業者だと、調査もせずに市街化調整区域の土地は全て建物が建築できないと結論付ける業者もいます。

そのような業者に誘導されてしまうと、本当は価値のある土地を安く売却することにもなりかねません。

不動産会社の行政へのヒアリング内容をきちんと確認することがポイントです。

続いて、今回のような土地を売る解決策をお伝えしますので、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

④土壌汚染のある土地は売れにくい

4つ目は土壌汚染の可能性のある土地です。

過去及び現在に有害物質を扱っている建物の敷地は、地歴から土壌汚染の可能性のある土地とみなされ、価値が下がります。

閉鎖謄本や古い住宅地図などにより、土地の利用履歴を調べることを土壌汚染のPhase1調査と言います。

Phase1調査は、あくまでも疑いの有無の確認だけなので、それだけをもって土壌汚染があるかどうかは判断できません。

土壌汚染の疑いがある土地は化学調査が必要

そのため土壌汚染の疑いのある土地は、実際に土をサンプリングして化学調査を行う必要があります。

表層から50cm以内の土地を採取して、土壌汚染の有無を確認することを土壌汚染のPhase2調査と言います。

土壌汚染の疑いのあるままだと、土地を高く売却することはできません。

売主の方でPhase2調査を行って、土壌汚染がないことをはっきりさせた方が、土地は高く売却できます。

仮に土壌汚染があった場合は、除去費用についても見積を取っておきましょう。

土壌汚染除去費用の金額を明示できれば、不要な値引きを避けることができます。

土壌汚染除去は、買主の方で実施し、売主は値引きで対応するのが一般的です。

続いて、今回のような土地を売る解決策をお伝えしますので、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

⑤無接道の土地は売れにくい

pixta_14454213_m

5つ目は無接道の土地についてです。

建築基準法では、原則として都市計画区域内及び準都市計画区域内においては、道路幅員が4m以上の建築基準法上の道路に、2m以上の間口で接していないと建物を建築することができません。

道路に2m以上接していない土地は、無道路地となり、その価値は著しく劣ります。

無道路地は売却が難しい

無道路地は極めて売却が難しくなります。可能性として有り得るのは、隣地への売却です。

隣地の人と十分に協議し、買ってもらいましょう。

また逆に隣地の接道している土地を、一度買い増しして、一体の土地として売却するという方法もあります。

買い増しをして、無道路地が接道した土地に生まれ変われば、価値が出てきます。隣地へは売却と購入の両方を交渉するのが良いでしょう。

続いて、今回のような土地を売る解決策をお伝えしますので、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

⑥周知の埋蔵文化財包蔵地内の土地は売れにくい

6つ目は、周知の埋蔵文化財包蔵地に指定されている場合の土地です。

土の中にある埋蔵文化財は、各市区町村の教育委員会の方で、「この辺にあるのではないか?」という予想図が保管されています。

この範囲の中に入っている土地は「周知の埋蔵文化財包蔵地」と呼ばれています。

周知の埋蔵文化財包蔵地はあくまでも「埋蔵文化財があるかもしれない」という予測です。

埋蔵文化財包蔵地に指定されていると、土地の価格が安くなってしまう

自分の土地が周知の埋蔵文化財包蔵地に指定されていると、土地の価格が安くなってしまいます。

その理由は土地を購入した人が、建物を建築する際に、埋蔵文化財が本当にあるかどうかを調査しなければならないからです。

埋蔵文化財の調査には試掘と本掘の2段階の調査があります。試掘で埋蔵文化財がないと判明されれば特に問題がありませんが、あると判明すると本掘調査により文化財の保存作業が発生します。

本掘調査には莫大な費用がかかりますので、注意が必要です。

試掘の調査費用の負担は目的に応じて変わる

試掘の調査費用は個人の住宅地の場合は行政が負担してくれますが、オフィスビルなどの事業地として活用する場合は事業者が負担することになります。

埋蔵文化財包蔵地を売却する場合は、あるかどうか分からないものまで売主が負担するのは不合理ですから、試掘費用だけは売主が値引きで負担して、本掘費用は免責事項扱いとして売却するのが現実的です。

試掘費用に関しては教育委員会の方で教えてくれますが、本掘費用については絶対に教えてくれません。

事業者に売却する時は、試掘費用だけを値引きし、本掘費用は買主のリスクとして買ってもらうことが、現実的に最も高く売却できる方法と言えるでしょう。

続いて、今回のような土地を売る解決策をお伝えしますので、「【対策】売れにくい土地は一括査定で解決」に進んでください。

【対策】売れにくい土地は一括査定で解決

pixta_14269479_m

上記で説明したような土地を売るさいは、最初にもお話しした通り、複数の不動産会社に相談、つまり知恵をもらうのが一番いいでしょう。

筆者は年間で数百件の不動産売却案件に携わっておりますが、実際に一括査定を利用することで、「たまたま近隣に土地を欲しいと思っている人がいた」「ちょうど、駐車場を作ろうと思っていた人がいた」などが起こりえます。

まずは兎にも角にも多くの不動産会社に当たってみることです。

便利な一括査定を利用しよう

ネットの普及にともない一括査定というサービスが出てきました。

一括査定を利用すると、あなたの不動産情報にマッチする複数の不動産会社を自動に探してくれる優れものです。

一括査定のオススメはイエイ

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の5つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやオウチーノも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

サイト名 提携不動産会社 対応地域 利用者数 運用歴 強み 弱み
イエイ 1,000社 全国 300万人
※2016/02時点
2007年~ 悪徳な不動産会社を徹底的に排除している
・サポート体制が充実
お役立ち情報が少ない
イエウール 1,400社 全国 450万人
※2015/03時点
2013年~ ・比較できる不動産会社がNo.1
・利用者数が多い安心の実績
運営歴が浅い
スマイスター 800社 全国 350万人
※2015/12時点
2006年~ 電話での査定依頼も可能 運営会社が広告会社
オウチーノ 500社 全国 非公表 2003年~ ・運営が不動産会社で安心
・運営履歴が一番長い、安心の実績
査定会社が大手に偏っている
リガイド 400社 全国 非公表 2006年~ 登録企業を全て公開 登録企業が少ない
一番のおすすめ「イエイ」はコチラ → https://sell.yeay.jp/
イエイ

イエイ公式サイト
https://sell.yeay.jp/

cvbutton3
イエウールはコチラ → https://ieul.jp/
イエウール

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

cvbutton3
スマイスターはコチラ → https://www.sumaistar.com/
スマイスター

スマイスター公式サイト
https://www.sumaistar.com/

cvbutton3

まとめ

以上、ここまで条件の悪い土地を売却する際の注意点と効果的な売却方法について見てきました。

他の不動産会社は、この記事で紹介した内容以外の知恵を持っている可能性が有ります。知恵の数は不動産会社を増やせば増やすほど集まります。

イエイなどの一括査定サイトを使って、たくさんの不動産会社と知恵を出し合いながら売却活動をするのが良いでしょう。

不動産のプロが徹底比較!一括査定のおすすめランキング

 

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは、インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。

不動産売却の一括査定サイトはいくつかありますが、複数の不動産会社がきちんと比較できる以下の3つのサイトがおすすめです。

中でも筆者は悪徳な不動産会社を徹底的に排除している、不動産会社への断りも代行してもらえるイエイを利用することをオススメしています。

不動産売却を成功させるカギが「信頼できる不動産会社」を見つけられるかです。

まずは、イエイで依頼できる不動産会社を確認する。依頼できる不動産会社が少ないor今一であれば、イエウールやスマイスターも同時に利用することをオススメします。

下記が主流なサイト一覧と各サイトの特徴です。

※入力項目に「延床面積」と「土地面積」があります。延床面積の目安として、「4人家族/一戸建て/4LDK」で40坪(130㎡)が平均です。

悪徳不動産会社を徹底排除「イエイ」

イエイ
  • 悪徳の不動産会社を徹底排除
  • サポート代行によるお断りサービスあり
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 累計利用者数:300万人以上
  • 提携不動産会社:1,000社以上

提携している不動産会社No.1「イエウール」

イエウール
  • 提携不動産会社数No.1の1,400社
  • 累計利用者数:450万人
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 運営が2013年~と少し浅め

 

一括査定で一番の老舗「スマイスター」

スマイスター
  • 不動産の売却ではなく、賃貸、購入などメニューが豊富
  • 2006年~運用と歴史があり安心
  • 入力約3分でのかんたん一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社:700社

-不動産売却, 土地売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2017 AllRights Reserved.