マンション査定シュミレーションとは?使い方やオススメサイトを解説

人工知能を使ったAI査定

世の中にはいくつかの項目を入力するだけでマンションの査定価格が出せるマンション査定シミュレーターが存在します。

しかし、マンション査定シミュレーションができるサービスは数多くあり、どれを使えばいいのか分からないという意見が多いです。

そこで今回の記事では「マンション査定シミュレーション」について解説します。どんな活用の仕方が良いか、どんな活用の仕方が良いか、どのサービスがオススメかお伝えします。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • マンション査定シュミレーションを使うと何ができるの?
  • マンション査定シュミレーションと実際の取引額に違いはある?
  • マンション査定シュミレーションはどのサイトがオススメ?

※すぐにシミュレーション相場を知りたい方はコチラ

マンション査定シミュレーションとは?机上査定との違い

マンション査定シミュレーションとは、無料で簡単にマンションの価格が出せるサービスのことです。

入力された情報を元にコンピューターが査定しますので、不動産会社が行う机上査定とは異なるのが特徴です。

机上査定とは、入力情報や下記の取引実績を元に、物件を見ずに人間が行う査定のこと。一般的に不動産会社が行います。

マンション査定シミュレーション机上査定も、インターネット上で申込ができ、物件を見ずに査定できる点は共通しています。

両者の大きな違いは、マンション査定シミュレーションはAIによって自動化されているのに対し、机上査定は人間が物件情報を見ながら査定しています。

更にマンション査定シミュレーションでは、机上査定とは異なり、電話番号などの個人情報を入力する必要がないので、不動産会社からの電話がありません。

マンション査定シミュレーションと机上査定の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 机上査定:電話番号などの個人情報が必要で営業電話が来る可能性が高い
  • マンション査定シミュレーション:電話番号が不要で営業は一切なし

両者には大きな違いがあることが分かりましたが、机上査定ではなく、マンション査定シミュレーションを使うことにどんなメリットがあるのでしょうか。

次にマンション査定シュミレーションのメリット・デメリットについてお伝えします。

マンション査定シミュレーションのメリット・デメリットを紹介

マンション査定シュミレーションの_メリットとデメリット

マンション査定シミュレーションの3つのメリット

マンション査定シミュレーションのメリットは以下の通りです。

マンション査定シュミレーションの3つのメリット

  • 簡単に相場が把握できる
  • 営業電話の心配がいらない
  • 売却以外の目的でも利用できる

簡単に相場が把握できる

マンション査定シミュレーションは、相場を簡単に把握でき、査定する物件の種類(戸建て、マンション)やマンション名だけを入力するだけで査定してくれます。

2-3分もあれば、査定結果を確認することができるので、気軽に相場を把握することができます。

営業電話の心配がいらない

マンション査定シュミレーションは基本的に個人情報を入力する必要がないため、電話番号が不動産会社に行き渡ることはありません。なので不動産会社からの営業電話もありません。

多くのシミュレーションサイトでは、個人情報を入力する必要はありませんが、ただし一部のサイトでは、名前・メールアドレスの入力だけ求められるものもあります。

メールアドレスや名前が不要なシミュレーションサイト一覧を見たい方はこちら

売却以外の目的でも利用できる

マンション査定シミュレーションは、売却以外の目的でも利用できます。

例えば、相続で引き継いだ資産を分割するための参考や、離婚で財産分与をするときの参考として「価格だけ知りたい」という場合でも利用可能です。

参考相続で遺産分割するため土地や家の売却を検討!オススメの査定方法は?

次にマンション査定シミュレーションの2つのデメリットについて紹介します。

マンション査定シミュレーションの2つのデメリット

マンション査定シミュレーションのデメリットは以下の通りです。

マンション査定シュミレーションの2つのデメリット

  • 査定価格に幅があるものが多くわかりにくい
  • 地域によって査定できないマンションもある

査定価格に幅があるものが多くわかりにくい

多くのサイトは、査定結果が「○○万円~○○万円」といった幅で表示されるため、わかりにくいサイトもあります。

査定価格の精度に関しては、人のチェックが入る簡易査定の方が高いと言えそうです。

地域によって査定できないマンションもある

都内のマンションならほとんどのマンション査定シミュレーションで査定可能ですが、首都圏のマンションでも少し東京から離れるだけで査定できないマンションも多いです。

ひよこ生徒

マンション査定シミュレーションは、気軽に査定相場を調べることができて便利だけど、地方にあるマンションには弱いんだね。査定結果が「○○万円~○○万円」といった幅で表示されるなら、どのシミュレーションサイトを使うのがいいのかな?

これから各サイトの特徴や査定精度を比較しながら紹介するぞ!実際に試した結果、オススメのサイトがあるので見てほしいんじゃ。

フクロウ先生

マンション査定シミュレーションサイトの特徴を紹介

この章では、各シミュレーションサイトの特徴について解説します。

マンション査定シミュレーションサイトの比較表

マンション査定ができるシミュレーションサイトの特徴をまとめたものを比較表にしました。

サイト毎に【メールアドレスの有無】【査定できる物件の種類】を整理していますので、参考にしてください。

サイトマンション査定戸建て査定電話番号名前メールアドレス
HowMA(ハウマ)いらないいらない必要
プライスマップ:HOME’S×いらないいらないいらない
IESHIL(イエシル)×いらないいらないいらない
マンション売却シミュレーター:SUUMO×いらないいらないいらない
大京穴吹不動産:QUICK×いらない必要必要
センチュリー21:マンション自動査定×いらないいらないいらない

また実際に売却されたマンションの売買価格をもとに、各サイトでシミュレーションを行ってみた感想も紹介していますので、利用するサービス選定の参考にしてください。

各サイトの査定額比較調査の結果はこちら

HowMA(ハウマ)

HowMA(ハウマ)

HowMA(ハウマ)は、株式会社コラビットが運営する人工知能を使ったシミュレーションサイトです。

後ほど詳しく紹介しますが、HowMAの査定精度は驚くほど高いです。

シミュレーションサイトはマンション限定で対応しているものが多いですが、HowMAは戸建てにも対応しています。

ただし、戸建ての精度はそれほど高くありません。

一般的なシミュレーションサイトは、価格を「○○万円~○○万円」のように幅で出しますが、HowMAは「○○万円」と特定値で答えを出してくれます。

他のシミュレーションサイトに特にこだわりがなければ、HowMAが最もオススメです。

参考HowMa(ハウマ)のAIによる不動産査定を実際に使ってみて分かった向き不向きの物件

HOME’Sプライスマップ

HOME’Sプライスマップ

HOME’Sプライスマップは、不動産ポータルサイトのHOME’Sが提供しているシミュレーションサイトです。

マンション名を入れるだけで査定価格が「○○万円~○○万円」のように幅で表示されます。

操作性がとても簡単なのが特徴で、価格は幅で表示されますが、査定価格の上限値が高めに出てしまうのがデメリットです。

HOME’Sプライスマップの査定結果は、査定価格の下限値が概ね実態に合っています。

IESHIL(イエシル)

IESHIL

IESHIL(イエシル)は株式会社リブセンスが運営する都内のマンションを中心に査定ができるシミュレーションサイトです。

首都圏でも査定できないマンションは多く、東京以外の人は使いにくいサイトとなっています。

査定価格はマンションによって「幅で表示されるケース」と「特定値で表示されるケース」に分かれます。

査定価格の特徴としては、やや低めで実際の価格よりも1割くらい低く査定される印象にあります。

SUUMOマンション売却シミュレーター

SUUMOマンション売却シミュレーター

SUUMOマンション売却シミュレーターは、不動産ポータルサイトのSUUMOが提供しているシミュレーションサイトです。

マンションを特定して査定できないため、操作性はHOME’Sプライスマップよりもかなり劣ります。

また、表示される価格の幅も広過ぎて、特に下限値の価格が2割以上も低く出てしまうことから、信頼性はかなり低いです。

参考スーモ(SUUMO)の一括査定を使って不動産売却する際の注意点、口コミ・評判まとめ

大京穴吹不動産QUICK

穴吹不動産QUICK

QUICKは、ライオンズマンションなどで有名な大京穴吹不動産が提供しているシミュレーションサイトです。

シミュレーションサイトでありながら、入力項目が多過ぎて、使いにくくなっています。

価格については幅で表示されますが、1割程度の誤差があります。

参考大京穴吹不動産の評判・口コミは大丈夫?どんな特徴がある会社なの?

センチュリー21マンション自動査定

センチュリー21マンション自動査定

センチュリー21マンション自動査定は、センチュリー21が提供しているシミュレーションサイトです。

HOME’Sプライスマップと同じで、マンション名のみで査定が可能です。

査定価格に関しては実際の価格より低く、マンションによっては実態とかけ離れた価格が出てしまうので注意が必要です。

参考センチュリー21の評判や口コミを見ると悪質な内容が多いけど大丈夫?

4.マンション査定シュミレーションの査定額を比較

実際に売却されたマンションの取引事例、2件をもとに、各サイトでシミュレーションを行った結果を紹介します。

マンションAの実際の取引価格

物件所在実際の売却価格概要
マンションA東京都江東区4,400万円築17年・2LDK・約65㎡

マンションAのシュミレーション結果

マンションAの査定結果

マンションBの実際の取引価格

物件所在実際の売却価格概要
マンションB東京都中央区4,950万円築36年・2LDK・約70㎡

マンションBのシュミレーション結果

マンションBの査定結果

マンションAとマンションBを実際の成約価格を参考に各サイトの査定額をシミュレーションしましたが、HowMAが1番精度が高い結果となりました。

各サイトの査定内容の評価

実際に査定調査をしてみた結果をまとめると、以下の通りです。

サイト評価査定精度

HowMA(ハウマ)

HowMA(ハウマ)

誤差率4%未満

プライスマップ)

プライスマップ:HOME’S

×上限値が高過ぎて回答幅も広い

IESHIL(イエシル)

IESHIL(イエシル)

価格は低め、回答幅は狭い

マンション売却シミュレーター:SUUMO

マンション売却シミュレーター:SUUMO

×下限値が低い、回答幅は広い

大京穴吹不動産:QUICK

大京穴吹不動産:QUICK

回答幅は狭い

センチュリー21:マンション自動査定

センチュリー21:マンション自動査定

×価格は低い、回答幅は狭い

多くのサイトは、幅で表示されており、下限値が2割以上も誤差がありました。

HowMAは、マンションAはやや高め、マンションBはやや低めに査定されましたが、いずれも誤差は4%以内であり、査定額の精度がとても高いことが分かりました。

実際に試して結果、マンション査定シミュレーションを利用するなら、HowMAが一番オススメとなります。

まとめ

マンション査定シミュレーションは、匿名で簡単に査定ができるインターネットサービスです。自分が所有しているマンション価格を気軽知りたいという方とっては便利なサービスです。

ただし、査定価格の精度や、対応範囲はサービスによって異なるので各サービスの特性を理解した上で使いましょう。オススメは精度の高い「HowMA(ハウマ)」です。

シュミレーション後に「この価格だったらマンション売却してもいい」と思った方は、マンションを査定して売却できる不動産一括査定サイトを使ってみてください。

参考【2022年最新】不動産一括査定サイトの選び方とおすすめランキングTOP8

不動産の最高額をチェック

あなたの家・土地の最高額は?

机上査定も可能!
相場もすぐ分るぞ

最短1分入力で信頼できる不動産会社を探す!

都道府県を選択

市区町村を選択

※NTTデータグループが厳選した不動産会社が複数社見つかります。
※机上査定を選択すると、メールで査定額がわかります。
※入力が面倒な方はお電話で受け付け可能です。
連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)
※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

気になるワードでチェック

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント
  • この記事を書いた人

石川 貴裕

当サイトは「客観性」「中立性」をポリシーに運営しております。また、中立の立場である不動産鑑定士の方に監修に入っていただいております。 「最高のパートナー(不動産会社)に出会う」お手伝いをしたいと思っています。

-基礎知識・用語

Copyright 不動産売却の教科書 Rights Reserved.