スーモを使って売却査定する際に意識すべき2つのこと

更新日:

suumo売却査定

不動産の情報サイトと言えば、やはりスーモ(SUUMO)です。

スーモのような情報サイトのことをポータルサイトと呼びます。

ポータルサイトには、他にアットホームHOME’S等がありますが、スーモは見やすさや使いやすさ、情報量等から、他のポータルサイトよりも一つ頭抜けている印象があります。(完全に筆者の主観です。)

スーモで不動産売却をしようとしている人の中には、

  • スーモの不動産売却ってぶっちゃけどうなの?
  • スーモで不動産売却するメリットは何?
  • スーモで不動産売却すると高く売れるの?

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では「スーモによる不動産売却」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたはスーモを使った不動産売却でメリットを最大限発揮できるようになります。

SUUMO売却査定はコチラ → https://suumo.jp/baikyaku/

1.スーモ(SUUMO)とは

スーモとは、あのリクルートが運営している不動産系の情報サイトです。

スーモ自体は不動産屋ではなく、あくまでサイトの名称になります。

リクルートは他にも、「ホットペッパービューティー」や「じゃらん」「リクナビ」「とらばーゆ」「ゼクシィ」等々の数々の有名サイトを運営しています。

誰しもが、一度はリクルートが運営しているサイトを見たり、利用したりしたことのある人は多いのではないでしょうか。

SUUMOは、そんなリクルートサイトの中で、住宅・不動産部門における重要なサイトの位置づけです。

リクルート社は、情報の見せ方やサイトの設計が上手く、ユーザーからのサイトの評価も高いです。

SUUMOのサイトの中では、以下のように顧客満足度1位であったことを公表しています。

2017年10月2日に発表された「オリコン日本顧客満足度ランキング」の「賃貸情報サイト」において昨年に続き、 第1位の評価いただきました。「サイトの使いやすさ」「付帯サービス」「物件情報の充実度」「検索のしやすさ」の4項目で第1位の評価を獲得しました。

※出典:SUUMO公式サイトより

ユーザーからの評価が高いということは、多くの買主がSUUMOを利用しているということになります。

今やSUUMOは賃貸や購入だけでなく「不動産売却」において欠かせない存在と言えるでしょう。

以上、ここまでSUUMOについて見てきました。

ここからは、「 SUUMO売却査定 」にフォーカスして説明していきます。

2.SUUMOは売却の査定依頼も可能

SUUMOでは、売却のための査定を依頼することも可能です。

SUUMOは広告掲載で圧倒的なパワーを有していることから、かなり多くの不動産会社が広告掲載の媒体として利用しています。

提携している不動産会社は相当数におよぶため、査定サービスを利用すると、査定依頼をできる不動産会社が数十社以上、登場してきます。

例えば、東京都千代田区で査定依頼をしたときは、なんと47社も見つかりました。

SUUMOで東京都千代田区を査定依頼した時の不動産会社数

SUUMOで東京都千代田区を査定依頼した時の不動産会社数

どれも地元の不動産会社ばかりですので、見たころある不動産会社も多いと思います。

通常、無料の一括査定サイトを使っても、同時に査定できるのは最大でも7社であるため、数十社となると、かなり多いです。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

ただ、SUUMOの不動産査定では、「条件を絞り込む」という機能があるため、条件を付加して不動産会社を絞ることが可能です。

SUUMOの売却査定をする際にチェックしたい項目2つ

2018年6月時点においては、SUUMOの不動産会社絞込機能は、以下のような選択肢となっています。

特徴選択肢
安心して任せられる地元の実績多数
開店10年以上
店舗10店舗以上
経験10年以上のベテランに相談可
不動産コンサルティングマスター
専門的な相談ができる相続の相談可
税金・法務相談サービス
ファイナンシャルプランナー
賃貸サポート可
任意売却
サービスが充実している買い取り制度あり
瑕疵保証あり
インスペクション相談可
ハウスクリーニング

ここで「サービスが充実している」のうち「インスペクション相談可」というものがあります。

インスペクションというのは、建物状況調査のことです。

2018年4月以降は、不動産会社から「インスペクションしませんか?」と必ずあっせんを受けることになります。

インスペクションについては、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

244view
不動産の売却価格を高くする建物インスペクションの基礎を徹底解説

最近、インスペクションという言葉を新聞等でも徐々に見かけるようになってきました。 SUUMOなどの不動産ポータルサイトでも物件の検索条件の中に「インスペクション済み」のような項目も登場しています。 イ ...

100view
家の売却でインスペクションを行うときに注意したい5つのポイント

2018年4月より家の売却では不動産会社からインスペクションのあっせんを受けるようになりました。 インスペクションという言葉を聞いたことすらない人も多いかと思います。 これからマイホームを売却する人の ...

また、ハウスクリーニングは、購入希望者に部屋の中を見せる内覧前に行うと効果的です。

「サービスが充実している」のうち「ハウスクリーニング」という選択肢がありますが、ハウスクリーニングをしたい場合には、対応できる不動産会社を選ぶのが良いでしょう。

ハウスクリーニングについては、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

281view
マンション売却査定の前にハウスクリーニングは必須?どこを行うべき?

家を専門業者によって綺麗にするサービスにハウスクリーニングがあります。 年末の大掃除などで依頼した経験を持つ方もいると思います。 また、ハウスクリーニングはアパートや賃貸マンションのオーナーさんが、入 ...

1,082view
家を売却で引渡前にハウスクリーニングをすべきかの判断基準

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があります。家を売却が決まった後、引渡前にハウスクリーニングをして買主へ物件を引き渡すべきなのでしょうか。 家を売却することになったけど、しっかりとクリーニング業者に頼む ...

SUUMO売却査定はコチラ → https://suumo.jp/baikyaku/

以上、ここまで売却の査定依頼も可能について見てきました。

SUUMOを使う前に、一つ知っておくべきことがあります。

それはエリアによってポータルサイトの強さは違うという点です。

そこで次にエリアで異なるポータルサイトの強さについてご紹介します。

3.エリアで異なるポータルサイトの強さ

SUUMOで売却査定を行うメリットは、SUUMOと提携している不動産会社に査定を依頼するため、その物件広告がSUUMOに掲載されるということです。

SUUMOはとても影響力のあるサイトですので、SUUMOに広告が載っているかどうかでも、不動産の売れ行きは左右されます。

ただし、SUUMOも全てのエリアや全ての物件種別(マンション、戸建、土地等)に強いわけではありません。

インターネットの広告で重要な点は、検索をした際、そのサイトが検索結果の上位に表示されるかどうかという点です。

例えば、さいたま市で戸建住宅を探しているような人は、「さいたま市 戸建」と入力する可能性があります。

2018年6月時点では、グーグルで「さいたま市 戸建」と検索すると、以下のような順番で表示がされます。

1位:SUUMO
2位:HOME’S
3位:アットホーム

一方で、グーグルで「和歌山市 戸建」と検索すると、以下のような順番で表示がされます。

1位:HOME’S
2位:アットホーム
3位:SUUMO

実は、このようにポータルサイトはそのエリアによって検索上位の順番が異なります。

上述の例だと、さいたま市の人が戸建を売るならSUUMOがおススメですが、和歌山市の人が戸建を売るならHOME’Sがおススメになります。

ちなみに「和歌山市 マンション」と検索すると、以下のような検索結果となります。

1位:アットホーム
2位:SUUMO
3位:HOME’S

同じ和歌山でも、マンションを売るのであれば、HOME’Sではなく、アットホームが良いということになります。

そのため、SUUMOを使う以前に、自分の物件の所在地と物件種別を入力した際、SUUMOがトップに出るかどうかを確認することが重要です。

SUUMOは大都市やマンションの検索結果に強いという傾向があります。

人口の多い都市にお住まいの方は、SUUMOがオススメと言えます。

SUUMOのライバル「アットホーム」は地方や戸建に強い

一方で、アットホームやHOME’Sは、地方や戸建の検索結果に強いです。

大手の不動産会社は、資金力があるため、SUUMOと、アットホーム、HOME’Sの全てに広告を掲載することがありますが、地元の不動産会社は1つのポータルサイトしか掲載しないことが多いです。

そのため、ポータルサイトで売却を進める場合は、検索結果が強さを確認してから、一番強いポータルサイトを使って売却を進めるようにしましょう。

以上、ここまでエリアで異なるポータルサイトの強さについて見てきました。

せっかくSUUMOを使って売却するのであれば、SUUMOの広告画面を意識して売却することがオススメです。

そこで次に絞込機能を意識して売却しやすくするについて解説します。

4.売却成功の秘訣は「絞込機能」を意識すること

SUUMOを使えば、SUUMOに広告が載るというメリットがあります。

SUUMO自体が検索結果の上位に表示されますので、SUUMOに載っていると、購入希望者の目にとまる確率が高まります。

ただし、購入希望者がSUUMOにたどり着いたとしても、SUUMOの中であなたの物件まで辿りつくかどうかは別の話です。

SUUMOは非常に人気のあるポータルサイトであるため、競合の物件もとても多いです。

例えば、グーグルで「港区 マンション」と検索すると、SUUMOが検索結果のトップに表示されます。

検索結果からSUUMOへ飛ぶと、港区の中古マンションの物件情報が1,508件も出てきます。

もちろん、この中には重複物件も掲載されていますが、それにしても1,508件は全てを見ることは面倒です。

そこで、ほとんどのユーザーは条件を絞り込むことで物件の数を絞っていきます。

絞込の条件としては、以下の項目があります。

  • 価格
  • 専有面積
  • 間取り
  • 駅徒歩
  • 人気のこだわり条件

ここで、まず価格の絞り込み条件には、下限と上限があることがポイントです。

購入者は下限をあまり気にしませんが、上限は気にします。

SUUMOの価格刻みの単位は500万円未満です。

価格の上限設定は4,000万円未満、4,500万円未満、5,000万円未満のように、「未満」で刻まれます。

そのため、売出価格は、4,000万円や4,010万円とつけてしまうよりは、3,990万円と付けた方が絞り込み条件で落とされにくくなります。

まずは、売出価格の付け方は、「500万円未満の刻み」を意識することが重要です。


またSUUMOでは、「さらに条件を追加する」という機能があり、絞込条件をさらに絞ることができます。

その中には「SUUMOのオススメ検索」という機能があり、以下の3つの選択肢があります。

  • 新・旧耐震を問わず、一定の耐震性がある
  • 築25年以上でも住宅ローン控除が使える可能性あり
  • 内外装が綺麗で保証も付いている

「SUUMOのオススメ検索」の機能は目立ちますので、ユーザーとしてクリックしたくなります。

例えば、港区のマンションで「築25年以上でも住宅ローン控除が使える可能性あり」をチェックするだけでも、1,508件がなんと8件に絞ることができました。

これはとてもインパクトのある絞込機能です。

たった8件だけだったら、購入者にはかなり真剣に見てもらえる可能性があります。

例えば、「築25年以上でも住宅ローン控除が使える可能性あり」という物件は、インスペクションに合格している物件のことを指します。

築25年以上でも既存住宅売買瑕疵担保保険に加入していると住宅ローン控除が使えます。

既存住宅売買瑕疵担保保険に加入するためにはインスペクションに合格していることが必要です。

SUUMOは、従来からインスペクションを実施している物件を優先的に表示させる傾向があります。

SUUMOで売却をするのであれば、SUUMOの絞込機能を意識し、インスペクションを実施して売りに出すのが良いでしょう。

尚、既存住宅売買瑕疵担保保険については、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

0view
不動産を売却するなら知っておきたい瑕疵担保責任の内容と注意点

売主なら知っておきたい知識の一つに瑕疵担保責任というものがあります。 まず、瑕疵とは「カシ」と読みます。「カ」は「ヒマ」という字ではありません。 そもそも漢字も読めないし、名前も聞いたこともないし、瑕 ...

481view
売主・買主必見!瑕疵担保保険を付保したときの税制優遇全まとめ

近年、注目を浴びつつある「住宅瑕疵担保責任保険」は、その効果は瑕疵発見時の保険だけに留まりません。 瑕疵担保保険を付保した物件には、様々な税制優遇が設けられているため、買主に経済的なメリットがあります ...

SUUMO売却査定はコチラ → https://suumo.jp/baikyaku/

5.まとめ

以上、スーモを使って不動産売却を行う際のオススメ機能と高く売るコツを紹介してきました。

SUUMOを使うかどうかは、まず自分の物件のエリアと物件種別の検索結果を確認してから使うようにして下さい。

またSUUMOの中で目立つには、SUUMOの物件絞込機能を十分に意識した広告を不動産会社へ依頼するようにして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

21,088view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

21,427view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

3,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

9,182view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-不動産一括査定, 不動産売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.