基礎からわかる!不動産の売却で発生する仲介手数料の全知識

更新日:

不動産を売却する際、不動産会社に依頼する買主探しの仕事を「仲介」と言います。

はじめて不動産を売却する人にとっては、仲介という言葉自体が聞きなれない言葉です。

これから不動産を売却しようとしている人の中には、

  • 不動産の売却で依頼する仲介とは何だろう?
  • 仲介手数料はいくらくらいするのだろうか?
  • 仲介手数料を無料にはできないのだろうか?

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では不動産売却における「仲介」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことで、あなたは不動産売却の仲介に関する基礎的なことから、仲介手数料を無料にするテクニック、およびその注意点についてまで分かるようになります。

>NTTグループの安心運営、2001年から運営で歴史もあり実績も抜群<

1.不動産売却における「仲介」の意味

仲介とは、不動産会社(宅地建物取引業者)が土地や他建物の売買関して、売主と買主との間に立って、売買契約の成立に向けて尽力する行為のこと

平たく言うと、買主を見つけてくれるサービス(代理店、仲介業)のことです。

仲介は、あっせんや媒介とも呼ばれます。

不動産会社に仲介を依頼した場合、不動産会社との間で締結する契約を「媒介契約」と呼びます。

仲介の業務内容には、以下のものが含まれます。

  1. 物件調査(基礎的調査)
  2. 価格査定
  3. 媒介契約の締結と書面の交付
  4. 買主の探索
  5. 買主との交渉
  6. 売買契約書の締結
  7. 重要事項説明
  8. 引渡時精算金の計算
  9. 関係者スケジュール調整
  10. 引渡

上記業務のうち、「物件調査(基礎的調査)」と「価格査定」については、媒介契約に至るまでの営業の一環として無料で行われます。

まず、不動産会社に声をかけた場合、媒介契約の前に査定を行うのが通常です。

査定を行うには、最低限の物件調査を行う必要があるため、「物件調査(基礎的調査)」と「価格査定」はセットで行われます。

「物件調査(基礎的調査)」と「価格査定」に関しては、無料であり、不動産会社と仲介の契約をする前に行われます。

価格査定とは、仲介によって買主が購入すると思われる売却予想価格を査定することになります。

もちろん、査定を取った後、売却を取り止めても手数料は発生しません。


例えば、査定を取った結果、住宅ローン残債よりも査定額が低いため、売却を取り止めるといったことは良くあることです。

査定については、売却の最終意思決定をするために行うものでもあるため、査定額によっては、売却を取り止めても構いません。

後述しますが、仲介を依頼しときに発生する仲介手数料は成功報酬となります。

買主が決まるまで、不動産会社は一切の手数料を受け取ることができません。

査定の結果、売却を取り止めたとしても、不動産会社との契約前であれば、手数料は発生しません。


また、不動産会社に査定を取る場合は、一括査定サイトの利用が便利です。

一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

一括査定サービスの仕組み

一括査定サービスの仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

一括査定の流れ

一括査定の流れ

不動産会社を知らなくても、インターネットによって無料で最大6~10社からの査定を取ることが可能です。

仲介は、最初にいきなり仲介を依頼するのではなく、まずは査定の依頼から始めることが通常です。

一括査定サイトについては、下記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

不動産一括査定
不動産一括査定は怪しくない?利用者のリアル評判とデメリットまとめ

不動産一括査定のオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多 ...

続きを見る

以上、ここまで仲介とはについて見てきました。

不動産の売却には、仲介の他に買取というものがあります。買取とはどのようなものでしょうか。

そこで次に買取について見ていきます。

2.不動産の仲介と買取の違い

まず最初に仲介と買取の違いを表でまとめます。

比較項目仲介買取
売却価格市場価格のまま(100%)市場価格の80%~90%が目安
売却期間早くても3ヶ月即金・即日
瑕疵担保責任責任を負う
※瑕疵担保責任保険がオススメ
責任を負わない場合が多い

それぞれ説明していきます。

不動産買取は不動産会社が直接買取こと

買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらう売却

表現を変えると、不動産会社の下取りです。

不動産会社は買取によって下取りをすることで、不動産を最終消費者である第三者に転売します。

不動産会社は、転売によって転売益を得ます。

そのため、買取による売却価格は最終消費者へ直接売却するときよりも安くなります

買取の価格としては、最終消費者へ市場価格で売却した場合の80%~90程度が目安です。

一方で、仲介は最終消費者である第三者に直接販売するため、市場価格で売却できます。

買取よりも仲介の方が売却価格は高くなります

ただし、仲介は最終消費者の買主を探す行為が必要となるため、売却に一定の期間を要します。

一般に、仲介による売却活動期間は3ヶ月~6ヶ月程度となります。

それに対し、買取は即売が可能です。

買取に来た不動産会社が、そのまま購入者となるため、即金・即売が買取の特徴となります。

買取の売買契約は、売主と買取業者である不動産会社が直接行うため、間に仲介会社は入りません。

従って、買取業者へ直接売却する場合には、仲介手数料は発生しません

買取は瑕疵担保責任を負わない場合が多い

さらに、仲介では売主は買主に対して瑕疵担保責任を負います

瑕疵とは通常有すべき品質を欠く状態のことを言います。

具体的にはシロアリによる床下の腐食や雨漏り等が瑕疵に該当します。

売却後に瑕疵が発見されてしまうと、売主は損害賠償責任を負うか、もしくは契約が解除されることがあります。

これを瑕疵担保責任と呼びます。

仲介によって、個人が売主となる場合は、買主との話し合いによって、瑕疵担保責任期間を3ヶ月程度に限定するか、もしくは完全に免責してもらうかの条件交渉が必要となります。

一方で、買取の場合は、不動産会社が転売目的で購入します。

転売時に不動産会社が第三者の最終消費者に対して瑕疵担保責任を負います。

プロの不動産会社が売主となる場合は、最終消費者の第三者に対して瑕疵担保責任を免責することはできません。

不動産会社は、いずれにしても転売時に瑕疵担保責任を負うため、買取で購入した後は、自分たちの責任で持って瑕疵を修繕します。

そのため、買取の場合、物件に多少の瑕疵があっても、そのまま買い取ってもらうことが可能です。


ただし、瑕疵のある物件の買取価格はさらに安くなります。

買取では、瑕疵担保責任は求められずに売却することができるという特徴があります。

尚、買取については一括査定サイトもあります。

買取でも一括査定サイトを使うと、通常の買取よりも高く売却することは可能です。

買取に関しては、下記に詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

不動産売却の買取保証とは?通常の買取との違いとメリット・デメリット
不動産売却の買取保証とは?通常の買取との違いとメリット・デメリット

不動産の売却を検討されている方は、「買取保証」という言葉を聞いたこともある方も多いともいます。 買取保証とは、不動産会社 ...

続きを見る

仲介では瑕疵担保責任保険がオススメ

仲介の場合、売主として瑕疵担保責任を考慮する必要があります。

瑕疵担保責任については、瑕疵担保保険によって保証を付けることが可能です。

瑕疵担保保険がついていると、買主が安心して物件を購入することができます。

また、瑕疵担保保険がついている物件は、買主が負担する不動産取得税や登録免許税が安くなるため、物件を高く売却することが可能です。

瑕疵担保保険については、下記に詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

既存住宅売買瑕疵担保保険とは何か?保証内容・保険料と加入条件

中古住宅の売買では、思わぬ不具合に見舞われるリスクがつきものです。 とくに、普段は目に見えない住宅の基礎部分については、 ...

続きを見る

売主・買主必見!瑕疵担保保険を付保したときの税制優遇の完全ガイド

近年、注目を浴びつつある「住宅瑕疵担保責任保険」は、その効果は瑕疵発見時の保険だけに留まりません。 瑕疵担保保険を付保し ...

続きを見る

インスペクションとは何か?検査箇所や費用・流れと実施するメリット

インスペクションとは、既存住宅の基礎、外壁等の部位ごとに生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等に ...

続きを見る

また、仲介と買取の違いについては、下記記事でさらに詳しく解説しています。

仲介買取専門家が教える!不動産の「買取」と「仲介」判断基準
ぶっちゃけ高く売れるのは?不動産の「買取・仲介」の違いと選択基準のすべて

「不動産の買取ってどういう仕組み?」 「不動産買取と仲介ってどっちがいいの?」 「買取のデメリットは何があるの?」 不動 ...

続きを見る

以上、ここまで買取との違いについて見てきました。

では、仲介を依頼した場合の仲介手数料については、どのような取り決めなのでしょうか。そこで次に仲介手数料の仕組みについて見ていきます。

3.不動産売却における仲介手数料の仕組み

仲介手数料は成功報酬である

仲介手数料は依頼した不動産会社の仲介によって、売買が成立したときに発生する不動産会社への報酬です。

仲介手数料の最大の特徴は、「成功報酬」であるという点です。

仮に、複数の不動産会社に仲介を依頼しても、実際に売買を成立させた不動産会社にしか支払う必要はありません。

売買を締結できなかった不動産会社は、仮に実費が発生したとしても、それを依頼者に請求することはできないという特徴があります。

仲介手数料は、基本的に売買を成立させた時点を成功とみなすため、本来であれば売買契約時点で100%の全額を支払うべきものです。

しかしながら、通常、不動産の売却は、売買契約と引渡は1ヶ月ほどの時間の開きがあり、引渡までも不動産会社のやるべき業務は多岐にわたります。

そのため、商習慣として、売買契約時点では仲介手数料は全額の50%の支払とする場合が多く、残りの50%は引渡時に支払うことが一般的です。

仲介手数料には上限の定めがある

仲介手数料については、宅地建物取引業法において不動産会社が受領できる報酬の金額の上限が定められています

不動産会社が受け取ることのできる報酬は、国土交通省の告示によりその限度額が以下のように定められています。

取引額※1(売買金額)仲介手数料の上限額(税抜きの速算式)
200万円以下5%(18万円※2)
200万円超から400万円以下4%+2万円(18万円※2)
400万円超3%+6万円

※1取引額は、物件の本体価格をいい、消費税を含まない価格を指します。
※2空き家などの現地調査が必要な取引の場合(2018年より施工 出典:国土交通省より)

尚、仲介手数料は消費税の課税対象となるため、さらに消費税が加算されます。

400万円を超える不動産売買では、仲介手数料は以下のように計算されます。

仲介手数料を税込表示した場合:取引額×3.24%+64,800円
(2019年11月時点の消費税率8%)

売主都合でやめれば費用の請求はある

仲介手数料は成功報酬となりますが、依頼者の都合によって途中で媒介契約を解除した場合は、不動産会社から以下のような実費を請求されます。

依頼者都合の解除による不動産会社からの実費請求は、合法です。

  1. 現地調査費用:交通費、写真代
  2. 検知関係調査費用:交通費、謄本代
  3. 販売活動費用:新聞・雑誌の広告費、通信費、現地案内交通費
  4. 契約交渉費用:交通費

ただし、これらの費用は請求されても、約定報酬額を超えることはできません。

約定報酬額とは、仲介手数料を3%+6万円で契約した場合、3%+6万円が約定報酬額ということになります。

以上、ここまで仲介手数料の仕組みについて見てきました。

では、仲介手数料には相場というものがあるのでしょうか。

そこで次に仲介手数料の相場について見ていきます。

4.仲介手数料は上限の3%+6万円が相場

仲介手数料は、消費税率やカードの手数料率等と比較すると、高々3%であり、その料率は低いです。

そのため、仲介手数料は法定上限金額のマックスの6%を請求されることが通常です。

一般的に、個人の中古住宅は、その売買金額が400万円超となることが多いです。

そのため、仲介手数料率は、3%+6万円で請求されることが多く、それが相場となっています。

もちろん、あくまでも相場というだけですので、仲介手数料を値引きをすることは可能です。

不動産売却の「仲介手数料」を値引きしたい!交渉テクニックと注意点
不動産売却の「仲介手数料」を値引きしたい!交渉テクニックと注意点

初めてマンションなどの不動産を売却する方は、「仲介手数料って高いな~」と感じている方もいるのではないでしょうか。 なんと ...

続きを見る

例えば、2,000万円で中古マンションを売却した場合の仲介手数料は以下のように計算されます。

【仲介手数料:2,000万円で中古マンションを売却した場合】
2,000万円 × 3% + 6万円 = 66万円

仲介手数料は消費税の課税対象となるため、税込み金額(2019年11月時点)は最終的に以下のようになります。

【税込み仲介手数料】
66万円 × 1.08 = 712,800円

ちなみに個人(個人事業主を除く)が住宅を売却しても、その住宅には消費税はかかりません。

住宅そのものには消費税はかかりませんが、仲介手数料には消費税がかかります。

尚、山を売却すると、不動産会社から仲介手数料が5%も要求されて疑問に思われる方もいます。

ここで、再度、仲介手数料の速算式を示します。

取引額※1(売買金額)速算式(上限額)
200万円以下5%(18万円※2)
200万円超から400万円以下4%+2万円(18万円※2)
400万円超3%+6万円

※1取引額は、物件の本体価格をいい、消費税を含まない価格を指します。
※2空き家などの現地調査が必要な取引の場合(2018年より施工 出典:国土交通省より)

山の価格は非常に安いため、取引価格が200万円以下である可能性があります。

200万円以下であれば、仲介手数料は5%が上限額となるため、違法ではありません。

山だから仲介手数料が5%というわけではなく、売却価格が200万円以下だから5%ということになります。

同様に、宅地であっても小さな土地を売却して、金額が200万円以下になった場合には、5%を請求されても、不思議ではありません。

尚、山の売却については、下記に詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

山林の売買で知っておきたい注意点と相場の調べ方・仲介手数料・税金を解説

資産家の中には、山を持っている方もいます。 小規模の山林であれば、固定資産税評価額が低く、固定資産税も発生していない人も ...

続きを見る

以上、ここまで仲介手数料の相場について見てきました。

仲介手数料は、不動産会社との契約に基づき支払います。そこで次に仲介の契約種類について見ていきます。

5.不動産売買の仲介の契約種類

不動産会社と仲介の契約を媒介契約といいます。

媒介とは、仲介やあっせんという意味です。

媒介契約には一般媒介契約と、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。

媒介契約の種類の主な特徴をまとめると以下のようになります。

特徴一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他業者への依頼重ねて依頼ができる重ねての依頼ができない重ねての依頼ができない
自己発見取引認められる認められる認められない
制約に向けての不動産会社の義務努力義務積極的努力義務積極的努力義務
不動産会社の業務処理状況の報告義務特になし2週間に1回以上の報告1週間に1回以上の報告

専任媒介契約と専属専任媒介契約を、まとめて専任系媒介契約と呼ぶことにします。

一般媒介契約と専任系媒介契約との違いは、同時に複数の不動産会社に媒介契約を発注できるかどうかです。

一般媒介契約で複数の不動産会社に仲介を依頼した場合でも、仲介手数料は成功報酬です。

仲介手数料は、実際に仲介を決めてくれた1社のみに支払えば良いため、専任系媒介契約で1社に依頼する場合と、複数の不動産会社に一般媒介で依頼するのも、発生する仲介手数料は同じです。

尚、媒介契約の期間は、専任系媒介契約では3ヶ月となります。

一般媒介の契約期間については、法律上の規定はありませんが、国土交通法の告示により3ヶ月を超えることはできないとされています。

以上、ここまで仲介の契約種類について見てきました。

また、仲介には両手仲介と片手仲介というのもあります。

そこで次に両手仲介と片手仲介について解説します。

6.知っておきたい!両手仲介と片手仲介の罠

売主から仲介を依頼されると、不動産会社は売主の立場に立って買主を探します。

一方で、買主から仲介を依頼された不動産会社は買主の立場に立って物件を探します。

売主からだけ、もしくは、買主方だけに依頼される仲介を片手仲介と呼びます。

通常、売主は高く物件を売却したいと希望します。

片手仲介で依頼された不動産会社は高く購入してくれる買主を一生懸命探します。

それに対し、買主は安く物件を購入したいと希望します。

片手仲介で依頼された不動産会社は、なるべく安くて条件の良い物件を一生懸命探します。

ここまでが片手仲介の話になります。


ところが、日本の不動産会社は両手仲介というのも法律で認められています。

両手仲介とは、1つの物件に対して売主からも買主からも仲介の依頼を受けるということです。

しかしながら、売主は高く売りたい、買主は安く買いたいため、利害が反します。

このように利害が反する双方の代理人となるような関係を双方代理呼びます。

多くの海外諸国では不動産仲介の双方代理は禁止されていますが、日本の不動産会社では、この双方代理的な両手仲介が認められています。

両手仲介と取ると、不動産会社は売主からも、買主からも仲介手数料を受領することができます。

つまり400万円超の物件であれば6%+12万円(=(3%+6万円)×2)の仲介手数料がもらえることになります。

1つの取引によって、倍の売上を得ることができるため、不動産会社にとっては、両手仲介は非常においしい取引ということになります。

両手仲介は、売主から専任系媒介契約の契約を取ると、行われやすいです。

専任系媒介契約となると、売主は他の不動産会社に邪魔されずに済むため、じっくり買主を探すことが可能になるためです。

専任系媒介契約を取った不動産会社が買主からも仲介の契約を取れば、両手仲介が可能になります。

両手仲介の起点は、あくまでも売主との契約が先になります。

買主から仲介を依頼されても、元々媒介契約を締結している物件を持っていない限り、両手仲介はできません。

そのため、売主は媒介契約の時点では両手仲介になるかどうかは分かりません。

売主が契約をした後に、「両手仲介となる可能性がある」ということになります。

両手仲介となった場合、不動産会社が買主を見つけてくると、値切られる可能性があるので注意

専任系媒介契約の不動産会社が買主を見つけてきた場合、「あと少し値切ってくれたら買います」と言い出せば、売主にあと少し値切らせたら両手仲介を取ることが可能です。

自分が依頼したはずの不動産会社が、いつの間にか買主の見方になったおり、「あと少し値段を下げられませんか?」と言ってくることになります。

もちろん、片手仲介であっても、最後、話をまとめるために不動産会社が値段を下げることを提案してくることはあります。

しかしながら、片手仲介の場合は、値段を下げれば、連動して不動産会社の仲介手数料も下がります。

そのため、片手仲介で不動産会社が値段を下げる提案をしてくるときは、やむを得ない状況の場合が多いです。

片手仲介であれば、不動産会社も高く売りたいという目的は同じです。

両手仲介で値段を下げる提案をしてくるときと、状況は異なります。

以上、ここまで両手仲介と片手仲介について見てきました。

両手仲介と片手仲介にも関係しますが、売主からの仲介手数料を無料にする方法というものもあります。

そこで次に仲介手数料を無料にする方法について見ていきましょう。

7.仲介手数料が「無料」の裏の目的と落とし穴

世の中には、売主に対して仲介手数料の無料を謳う不動産会社はあります。

仲介手数料を無料としたい場合には、このような不動産会社に依頼するのが良いです。

なぜ、仲介手数料を無料とできるのか、それは両手仲介を前提としているためです。

仲介手数料を無料としている会社は、はじめから買主から仲介手数料を取ることしか考えていません。

一見するともったいないような感じですが、それでも売主と媒介契約を締結しておけば、買主さえ決まれば確実に半分の仲介手数料を取ることが可能です。

仲介手数料が無料の不動産会社は、専任系媒介契約を前提としている会社が多いです。

専任系媒介契約であれば、他の不動産会社に仲介の邪魔をされないため、じっくり買主を探して両手仲介を実現することができます。

仲介手数料を無料と謳う会社は、比較的業歴の浅い不動産会社が多いです。

仲介手数料を無料とすれば、認知度の低い会社でも売主の顧客を獲得しやすいためです。

仲介手数料を無料と謳っても、業歴の浅い会社には、十分メリットはあるのです。

仲介手数料を無料とするには、まずは仲介手数料無料を謳う不動産会社を探すのがポイントです。

例えば、「REDS」などはテレビにも紹介されており、比較的知名度もある会社です。

もし、仲介手数料無料の会社を見つけることができなければ、普通の不動産会社に専任系媒介契約を前提に仲介手数料を値引きする方法が良いでしょう。

以上、ここまで仲介手数料を無料にする方法について見てきました。

仲介手数料を無料とした場合、そこには落とし穴があります。

そこで次に仲介手数料無料の落とし穴について見ていきます。

仲介手数料無料の落とし穴

仲介手数料無料の会社は、専任系媒介契約が前提となる会社が多いです。

また、不動産会社は買主から仲介手数料を受領することを前提としているため、基本的には両手仲介となります。

売主からの仲介手数料が無料の場合、不動産会社にとっては真のお客様は買主のみになります。

双方代理という立場を取りますが、不動産会社は話をまとめるために買主側の味方に付くような動き方をします。

例えば、買主が「あと少し値下げできたら買いたい」と言い始めたら、不動産会社は売買をなんとか成約させるため、買主の立場に立って売主に値下げの要求をするようになります。

仲介手数料を無料に吊られると、両手仲介にハマり、逆に不動産会社から値引交渉を受けるというリスクがあります。

このような値引を受けないためにも、売主としてはあらかじめ売却の適正価格を知っておく必要があります。

適正価格を知っておけば、不動産会社の要求が過度な値引交渉なのかどうか判断できるようになります。

過度な要求の場合には、査定結果を提示し、「この程度の価格で売れるまで、もう少し頑張って欲しい」と要求を跳ね除けることも可能になります。

仲介手数料無料の不動産会社に依頼する場合には、あらかじめ無料の一括査定サイトを利用して、値引対策をしておくことが重要です。

一括査定サイトを利用して、値引交渉に対する準備を整えておくことがポイントです。

不動産一括査定のオススメは 「すまいValue」「HOME4U」

不動産一括査定は筆者が知っているだけでも30はあります。

その中でも

の4つを特にオススメしています。

筆者も不動産一括査定(「 すまいValue 」「 HOME4U 」「 イエウール 」)を利用しました。

下記は「 すまいValue 」を利用して「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」より、査定結果をもらった写真。

とても分厚い査定書を見ながら、3社ともに丁寧に説明をしていただきました。

不動産査定書を3社より入手

不動産査定書を3社より入手

下記表が「不動産売買の仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定に参加しているのか」を調査した結果です。

少し細かいので、流し読みする程度でOKじゃぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
一括査定×不動産会社のマッチング表

一括査定×不動産会社のマッチング表

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
こう見ると、上4つがずば抜けているんですね!
正確にはセンチュリー21はフランチャイズ経営なので、「三井不動産」「住友不動産」「東急リバブル」の3強じゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

不動産売買は超大手に偏っている

「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」が超大手と言われる不動産会社です。

超大手不動産会社3社で不動産仲介の約30%のシェアを持っています。つまり、不動産売買した人の中で3人に1人は、「三井不動産リアリティネットワーク」「住友不動産販売」「東急リバブル」のどこかに仲介を依頼していることになります。

それだけ日本の不動産売買は、超大手不動産会社に偏っているということ。

超大手不動産会社は販売活動に強く、豊富な買主を持っており、売りやすいとも言えます。

そしてこの3社に唯一依頼できるのが「 すまいValue 」です。なので「すまいValue」は外せません。

超大手不動産会社だけではなく大手・中堅・地域密着の会社とも比較する

ただ、超大手だけで満足してはダメ。不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、超大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却を成功するためにも超大手不動産会社と併せて大手・中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

その場合は下記のような使い分けがいいでしょう。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

売らなくてもOK!簡易的な机上査定&メール連絡も可能

紹介したサイトは、簡易的な机上査定も可能です。

また、イエウール以外は備考欄を設けており「メールでの査定額提示を希望」の旨を記載することで、不動産会社に伝わります。

ご要望・ご質問の欄にメールでの査定額を希望

ひよこ生徒 困り
ひよこ生徒
どの一括査定なら「机上査定」「メール要望」が使えるんですか?
下記に比較してまとめてみたぞ!
フクロウ先生
フクロウ先生
一括査定机上査定備考欄
すまいValue
HOME4U
イエウール 
SRE不動産

すまいValue 」「 HOME4U 」「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」「 イエウール 」のさらに詳細を見ていきます。


◆どの地域でも外せない「すまいValue」

超大手不動産会社3社に唯一依頼ができるのが「 すまいValue 」です。

すまいValue

すまいValue公式サイト
https://sumai-value.jp/

対象エリア全国
提携会社数大手6社
同時依頼数最大6社
机上査定対応
要望・備考欄あり

すまいValueは超大手の不動産会社のみに特化しており、取引実績から見てもまず間違いないのでしょう

ただし、超大手の不動産会社は取引額が大きい不動産に力を入れる傾向が強いです。また、両手仲介が多いのも事実です。

次に紹介する両手仲介なしの「 SRE不動産(※旧ソニー不動産) 」、大手・中堅・地域密着をバランスよく依頼が可能な「 HOME4U 」を合わせて申し込んでおくことをオススメします。

すまいValue公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

◆両手仲介無し「SRE不動産(旧ソニー不動産)」※一都三県、大阪、兵庫の方限定

SRE不動産

SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイト
https://sony-fudosan.com/

対象エリア東京、神奈川、千葉、埼玉
大阪、兵庫
提携会社数1社
同時依頼数1社
机上査定対応
要望・備考欄あり

SRE不動産は、ソニー不動産より名称変更してできた会社。

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主の立場で徹底的にサポートしてくれるということです。

他の不動産会社と違いSRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産はソニーグループが運営。成約価格の納得度、顧客志向、サービスの先進性でNo.1を獲得しており安心感、実績は抜群。

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫の方は、申し込んでおくことをオススメします。

SRE不動産(※旧ソニー不動産)の公式サイトはコチラ

◆NTTグループの安心運営!運営歴19年で実績抜群「HOME4U」

「大手・中堅・地域密着にバランスよく依頼したい」「地方で不動産を売却したい」。こんな人は「 HOME4U 」がオススメ。

HOME4U公式サイト
https://www.home4u.jp/

対象エリア全国
提携会社数1,300社
同時依頼数最大6社
机上査定対応
要望・備考欄あり

HOME4UはNTTグループが運営、2001年からサービス開始で運営実績No.1と安心感は抜群です。

NTT系は審査が厳しいことで有名。不動産会社をしっかりチェックして厳選しています。

とりあえず迷ったらHOME4Uにしておけば間違いないでしょう。

入力が面倒な方は、お電話にて代行入力が可能です。

連絡先:0120-444-529(受付時間:平日10時30分~18時)

※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

HOME4U公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。

ひよこ生徒 解決
ひよこ生徒
不動産一括査定はこの3つを抑えておけば間違いないんですね!
エリアによっては、この3つを使っても不動産会社が1社のみ…という場合もあるんじゃ。そんな時は「イエウール」を使うのがおすすめじゃよ!
フクロウ先生
フクロウ先生

◆【地方や田舎に強い】中堅・地域密着に数多く依頼ができる「イエウール」

上記で紹介した一括査定を使っても、不動産会社が1社しか見つからない・・・そんな時は「 イエウール 」を使ってみてください。

イエウール公式サイト
https://ieul.jp/

対象エリア全国
提携会社数1,900社
同時依頼数最大6社
机上査定対応
要望・備考欄なし

イエウール 」は参加している不動産会社が1,900社と一括査定No.1となっています。

つまりあなたの不動産を得意としている会社が見つかりやすいわけです。

特に地域密着の不動産会社は、小さい会社というのもあり、社長自身が担当になることが多く、手厚いサポートを受けることができます。

イエウール公式サイトはコチラ

※「机上査定」を選ぶと電話連絡なしで、メールで価格が届きます。


少し長くなりましたので、再度まとめます。

【まとめ】不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定は上記以外にもありますので、よく比較されるサービスの特徴を一覧でまとめました。

※もし迷われるようでしたら、お問い合わせフォームよりお気軽に連絡ください。適切なサービスを紹介させていただきます。

サイトオススメ度提携会社数同時依頼数運営開始机上査定備考欄
すまいValue すまいValue 大手6社6社2015年
HOME4U HOME4U 1,300社6社2001年
イエウール イエウール 1,900社6社2013年 
HOME'S HOME’S売却査定 1,747社6社2004年
リガイド リガイド 700社10社2006年
マンション.navi マンションナビ 2,500店舗9社2011年 
おうちダイレクト おうちダイレクト 大手~中小9社2018年 
イエイ イエイ 1,700社6社2007年

※備考欄があると、メール連絡要望などを伝えることが可能

8.まとめ

以上、基礎から分かる!不動産の売却で発生する仲介手数料について徹底解説してきました。

仲介は、手数料や媒介契約の種類、両手や片手等の話が関係します。

一つずつ理解しながら、適切な契約を不動産会社と締結しましょう。

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント

おすすめ記事一覧

55,988view
大手に頼むだけではダメ!マンション売却を失敗せずに早く高く売るコツと注意点

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょう ...

47,627view
不動産一括査定

不動産一括査定のオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多 ...

8,545view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、一戸建ての売却をする機会は、人生でそう何度もありませんか ...

1,063view
知らなきゃ損する!土地売却の2つの方法と流れ・高く売るポイント

更地は不動産の中でも最も売却しやすい物件です。 ただし、更地は不動産会社等のプロが購入者となる場合も多く、売主に対して厳 ...

-マンション売却, 不動産売却, 土地売却, 家売却

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2019 All Rights Reserved.