住宅地に空き地を持っている人必見!住宅地区にオススメの土地活用5選

住宅地での土地活用

自分が住んでいる地域とかけ離れていたり、すでにマイホームをもっていたりすると、住宅地の土地であっても使う予定がないことは少なくありません。

どうせ使わないのであれば、「土地活用」として運用したい人は多いのではないでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 住宅地にピッタリの土地活用について知りたい
  • 住宅地ではやらない方がいい土地活用について知りたい

そこで今回の記事では、住宅地にある土地を活用する前に絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

住宅地にピッタリの土地活用とは

住宅地にぴったりなのは以下の通りです。

住宅地にピッタリな土地活用

  • アパート経営
  • 駐車場経営
  • テナント経営
  • コンビニ経営
  • 借地

アパート経営

土地活用の代表例でもある「アパート経営」は、住宅地にピッタリの方法でしょう。

理由も言わずもがな「アパートは人が暮らしていくうえで必要不可欠だから」です。

住宅地にはすでにたくさんのアパートが存在していますが、新築のアパートとなると別格の扱いになります。

間取り選定と家賃設定を間違えなければ、多くの入居者を手に入れることができるでしょう。

アパート経営を成功させるためには、あなたの土地がある住宅地にどんな人が住んでいるかを事前に調査することが重要です。

単身者ばかり住んでいるのであればワンルームか1LDK、ファミリーが多いなら3LDK以上のアパートにしてください。

アパート経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

駐車場経営

「駐車場経営」も住宅地にピッタリの方法です。

駐車場経営には「月極駐車場」方式と「コインパーキング」方式がありますが、住宅地と相性がいいのは「月極駐車場」方式です。

住宅地は慢性的に駐車スペースが不足しがちですので、月極駐車場がベストといえます。

駐車場が足りない買い物施設や学校・銀行・病院が近くにない限り、コインパーキングにはすべきではありません。

住宅地にピッタリの駐車場経営ですが、どちらかというと戸建てが集中している地域よりもアパートが密集している地域の方が、利用者が見つかりやすいでしょう。

駐車場経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

テナント経営

お店をしたいという事業者のために、テナント用の建物を建てる「テナント経営」も住宅地と相性のいい土地活用です。

特にスーパーなど買い物施設用のテナントを用意できれば、かなりの高収益にできるでしょう。

広大な土地でないなら、整骨院などの小規模テナントでも十分です。

テナント経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

コンビニ経営

自分の土地の近くにまだコンビニがないなら、土地活用の選択肢として「コンビニ経営」を選ぶのもいいかもしれません。

コンビニ経営はオーナー兼従業員になることが多いので、自らの生活をガラリと変える必要がありますが、もし上手くいけば大きな収益をあげることができるでしょう。

コンビニ経営については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考土地活用でコンビニに貸したい方必見!坪数・価格・家賃・建築費など徹底解剖

借地

自分の土地を貸し出して、第三者が建物を建てる「借地」も住宅地にピッタリの方法です。

マイホームは欲しいけど土地を買うお金はないという人が、どの地域にも少なからずいるため、住宅地にある土地を借地にすると苦労せずに利用者を見つけることができるでしょう。

ただし、一度借地に建物を建てられたら、最大で100年は貸さないといけなくなるので要注意です。

借地については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考土地活用で重要な定期借地・普通借地を徹底解説!人気の事業用定期借地権とは?

これまで住宅地にピッタリな土地活用について見てきましたが、次に住宅地で避けた方がいい土地活用について見ていきましょう。

住宅地で避けた方がいい土地活用

住宅地とは相性が悪い土地活用の方法は以下の通りです。

住宅地で避けた方がいい土地活用

  • 保育施設建設
  • 広告看板設置

保育施設建設

保育施設を建設する土地活用が、今徐々に人気になってきています。

住宅地だと利用する人が多くなるだろうと思えるため、ピッタリの方法だと考えられがちですが、なるべくなら避けたほうがいいでしょう。

ニュースで見かけたこともあると思いますが、保育施設は建築時に反対運動を受けることが非常に多く、近隣住民の理解を得るまでに多大なる時間を割くことになります。

多くの人が住んでいる住宅地では、余計に反対運動が強まるはず。

相当な覚悟がない限り、手を出すべきではないでしょう。

広告看板設置

人が多く集まる地域で行われることの多い土地活用が「広告看板設置」です。

住宅地も多くの人がいるため、相性がいいと思われがちですが、やめておいた方が無難でしょう。

住宅地は「景観」を重視する人が多く住んでいます。いつもと違う景観になる建物などがあることを非常に嫌い、排除しようとするのです。

広告看板はその最たる例で、住宅地に広告看板を設置すると高確率で何かしらのクレームを受けます。

クレームは広告を掲載する会社にも行くので、すぐさま掲載がとりやめになるはず。

住宅地であれば必ず一人はいるクレーマーに時間を割きたくないなら、やめておきましょう。

選択肢が多いからこそ複数社に相談・比較検討を

アパート経営や駐車場、商業テナント、老人ホームなど用途や土地に応じて最適解が変わる土地活用ですが、それぞれ対応できる会社は異なります。

下記の表は土地活用の種類に応じた相談先をまとめたものです。

土地の活用方法相談先
ハウスメーカー工務店ゼネコン各種専門業者
マンション経営 
アパート経営  
賃貸併用住宅  
駐車場経営   
大規模施設(高齢者施設・保育所など)  

選択肢が多いからこそプロに相談

上記の表にある通り、土地活用の種類は多種多様です。

あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

NTTデータグループ運営の一括資料請求がオススメ

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「HOME4U土地活用」が便利です。

HOME4U土地活用」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

しかも安心のNTTデータグループが運営で、厳選した優良業者のみです。

HOME4Uの一括資料請求サービス3つの強み

  • 要望欄にメール連絡希望を記載すれば、メールのみで無料プランが最大7社からもらえる
  • NTTデータグループで安心、業界最長21年間で培われたノウハウで悪質業者は排除し優良企業のみ
  • 専門アドバイザーへの無料相談サービスあり、節税相談もできる

土地活用一括資料請求をする流れ

一括資料請求してからと言って、必ずしも土地活用をする必要はありません。

まずはどんな土地活用ができそうなのかを確認してみましょう。

  • NTTデータグループの安心運営
  • 厳選した優良企業7社のプランをチェック
  • メールでプランをもらえる

無料HOME4U土地活用 公式サイト

URL:https://land.home4u.jp/

※プランを入手するだけ、強引な営業はありません。

また、土地活用だけではなく売却も視野にいれてみるのも手です。

同じNTTグループが不動産一括査定サービスを運営しておりますので、こちらも併せて利用するのをオススメします。

一括査定サービスの仕組み

  • カンタン60秒、安心のNTTデータグループ
  • 机上査定対応でメールで査定額をチェック

無料HOME4U公式サイト

URL:https://www.home4u.jp/

※必ずしも売る必要はありません。

参考【2022年最新】不動産一括査定サイトの選び方とおすすめランキングTOP8

まとめ

住宅地でオススメの土地活用ついて必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

住宅地の土地活用を成功するためには、「多くの人が生活する地域」という事実を考慮したうえで方法を選ぶべきだと理解いただけたと思います。

住宅地で土地活用をする際は、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

不動産の最高額をチェック

あなたの家・土地の最高額は?

机上査定も可能!
相場もすぐ分るぞ

最短1分入力で信頼できる不動産会社を探す!

都道府県を選択

市区町村を選択

※NTTデータグループが厳選した不動産会社が複数社見つかります。
※机上査定を選択すると、メールで査定額がわかります。
※入力が面倒な方はお電話で受け付け可能です。
連絡先:0800-080-4326(受付時間:平日10時30分~18時)
※入力代行は、株式会社NTTデータ スマートソーシング社により行われます。

気になるワードでチェック

売却体験レポート募集中

【不動産売却の教科書】Amazonギフト券1,000円をプレゼント
  • この記事を書いた人

石川 貴裕

当サイトは「客観性」「中立性」をポリシーに運営しております。また、中立の立場である不動産鑑定士の方に監修に入っていただいております。 「最高のパートナー(不動産会社)に出会う」お手伝いをしたいと思っています。

-土地活用

Copyright 不動産売却の教科書 Rights Reserved.