行政代執行とは何か?空き家で行政代執行されないための3つの回避策

投稿日:

行政代執行とは、行政が命じた義務を果たさない人に対して、国や地方自治体などの行政機関が代わりに撤去や排除などを行う強制的な行為

耳慣れない言葉かもしれませんが、「空家等対策の推進に関する特別措置法(通称、空き家法まはた空き家特別措置法)」の施行により、空き家所有者の人には行政代執行が行われる可能性が出てきました。

行政代執行に関心のある方は、

  • 行政代執行って何?
  • 空き家と行政代執行はどのような関係があるの?
  • 空き家特別措置法による行政代執行ってどういうもの?

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では、「行政代執行」について分かりやすくお伝えいたします。

この記事を読むことで、あなたは行政代執行について理解し、空き家を持っていても行政執行を受けないようにする対策を知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

1.行政代執行とは

行政代執行とは、行政代執行法によりその内容が定められています。

行政代執行法第二条には、行政代執行を以下のように規定しています。

【行政代執行法第二条】

法律により直接に命ぜられ、又は法律に基き行政庁により命ぜられた行為について義務者がこれを履行しない場合、他の手段によってその履行を確保することが困難であり、且つその不履行を放置することが著しく公益に反すると認められるときは、当該行政庁は、自ら義務者のなすべき行為をなし、又は第三者をしてこれをなさしめ、その費用を義務者から徴収することができる。

つまり、何らかの法律で命じられたことを履行しない人がいると、行政が代わりに行うことができると定めています。

さらに、代わりに行うことで発生した費用に関しては、その費用を義務者に請求できると定めています。

例えば、行政が「建物を取り壊せ」と言っているにも関わらず、取り壊さなかった場合、行政が代わりに取り壊すことができます。

また、その取壊し費用に関しては、建物所有者に対して請求することができるということになります。

つまり、行政の命令に背いた人に対し、行政は代わりにその命令を実行することができ、さらに費用も請求できるというのが、行政代執行ということになります。

以上、ここまで行政代執行について見てきました。

では、空き家で登場してくる行政代執行とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

そこで次に空き家問題で登場する行政代執行についてご紹介します。

2.空き家問題で登場する行政代執行

平成27年2月26日に空家等対策の推進に関する特別措置法(以下、「空き家法」と略)が施行されました。

空き家法は比較的新しい法律です。

行政代執行という言葉は、あまり身近ではないのですが、空き家法によって普通の方でも行政代執行が降りかかる可能性が出てきています。

空き家法が制定された背景には、国内の空き家の増加です。

総務省の「住宅・土地統計調査」(2013年版)によれば、平成25年10月1日現在における国内の総住宅数は6,063万戸で、その5年前と比較すると304万戸増加し、増加率は5.3%となっています。

この住宅のうち、空き家についてみると、空き家数は820万戸となり、5年前に比べて63万戸、増加率は8.3%増加しています。

つまり、住宅全体の増加率以上に空き家の増加率は高く、空き家は勢いよく増加しているということになります。

空き家の増加の原因としては、少子高齢化と人口減少があります。

ただでさえ人口が減っているのに、住宅が作られ続けているため、抜本的な対策を打たないと空き家が減らないことから、空き家法が制定されました。

空き家は放っておくと、敷地以内にゴミが不法投棄されたり、荒廃や老朽化により景観上の問題が生じたりします。

また犯罪者が出入りし地域の治安が悪化するケースや、放火されるなど社会的な問題となることもあります。

このような問題を空き家問題と呼んでいます。

空き家は増えることで社会問題が増大するため、なんとか空き家を解消しなければなりません。

そこで制定された法律が、空き家法になります。

空き家法は、最終的な目的は空き家を減らすことにあります。

空き家法では、所有者に対して空き家を自主的に取り壊すように促しています。

空き家法では、社会問題の可能性となる危険な空き家を、指導や勧告等により、所有者に対して段階的に是正を促すことを行います。

それでも一向に改善されない場合には、最終的に「行政代執行」によって行政が空き家を取り壊すことになります。

行政代執行によって空き家が取り壊されると、その取壊し費用は所有者に対して請求が行われます。

もし、取壊し費用を支払うことができない場合、最終的には土地が差押えられます。

そして土地は、最終的に「公売」と呼ばれる売却手続きが行われます。

公売とは行政が差押えた品物を入札等の方法によって売却する手続きです。

公売が行われると、土地が売却されます。

最終的には、行政代執行によって建物のみならず、土地までも失う可能性があります。

尚、空き家問題および空き家法に関しては、以下の記事で詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

0view
空き家問題とは何か?社会的問題や所有者リスクと対策を解説

空き家問題とは、適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を与えている社会問題のこと 平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行された ...

0view
空き家対策特別措置法(空き家法)とは?背景・要因と対策を解説

空き家対策特別措置法とは、平成27年5月26日に完全施行された、空家等に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって公共の福祉の増進と地域の振興に寄与することを目的とした法律 何やらよく分からないです ...

0view
空き家バンクとは?低い認知度や登録が進まない背景・注意点

空き家バンクとは、居住者のいない空き家を活用し、地域振興などにつなげるために市町村等の自治体が空き家を紹介する制度 空き家を「貸したい・売りたい」と思っている方が各市町村に情報を提供し、「借りたい・買 ...

ただし、空き家法ではいきなり行政代執行になるわけではありません。

段階的な手順を踏んだ上で、行政代執行まで辿りつきます。

では空き家法での行政代執行までの具体的な流れはどのようなものなのでしょうか。

そこで次に行政代執行までの流れについて解説します。

3.行政代執行までの流れ

空き家法では、危険な空き家を特定空き家として指定します。

特定空き家として指定される空き家とは、以下のような空き家です。

  1. 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態の空き家
  2. 著しく衛生上有害となるおそれのある状態の空き家
  3. 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態の空き家
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態の空き家

特定空き家となり得る空き家は、主に近隣住民からのクレームによって発覚します。

このような空き家には行政が調査に入り、上記の要件を満たすものであれば、特定空き家として指定がなされます。

特定空き家の指定から行政代執行までの流れは以下の通りです。

  1. 特定空き家の指定
  2. 特定空き家の所有者に対する助言
  3. 特定空き家の所有者に対する指導
  4. 特定空き家の所有者に対する勧告
  5. 特定空き家の所有者に対する命令
  6. 行政代執行

助言とは、例えば「空き家が適切に管理されていないので、きちんと管理するようにして下さい」という注意のようなものです。

助言に従わないと次に指導が来ます。

指導とは、いつまでに何をどのように改善するかの回答が求められます。

指導に従わないと次は勧告です。

勧告を受けると、固定資産税等の住宅用地の特例を受けることができなくなります。

つまり、土地の固定資産税が上がります。

固定資産税等の住宅用地の特例に関しては、下記で詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

1,808view
相続した空家は固定資産税はいくら?知っておきたい税金の仕組み

全国で空家の増加が問題となっていますが、空家が発生する最も大きな原因は相続です。 息子は都会でサラリーマンをやり、娘は嫁に行っている場合等では、親が亡くなると実家が空家になります。 一方で、平成27年 ...

勧告を受けても是正をしないと次は命令です。

命令では背くと罰金50万円が課されます。

最後、命令にも従わないと、行政代執行が行われます。

行政代執行では、行政が建物を強制的に壊します。

取壊し費用は建物所有者に請求されます。

請求額を支払うことができなければ、土地は公売にかけられ、売却されることになります。

このように、空き家法ではいきなり行政代執行になるわけではありません。

行政代執行までには、指導から命令までの4つの段階があります。

この4つの段階の間で是正を行えば、行政代執行が適用されることはありません。

行政代執行に至るまで、きちんと是正し、回避することが重要です。

では、行政代執行を回避するにはどのようにしたら良いのでしょうか。

そこで次に行政執行を回避する対策についてご紹介します。

4.行政代執行を回避する3つの方法

行政代執行を回避するには、「自分で解体する」、「指導等に従う」、「特定空き家にならない」の3つの方法があります。

以下、それぞれ解説していきます。

回避1.自分で解体する

空き家法の目的に従い、まずは自分で解体するというのが一番望ましい問題の解決方法になります。

自分で先に解体してしまえば、行政代執行にかかることはまずありません。

解体費用は、木造戸建住宅では坪4~5万円が一般的な相場です。3

0坪の家なら120万円~150万円程度かかります。

もし、経済的な余力があれば、自分で解体するようにしましょう。

尚、解体に関しては,、記に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

200view
家を取り壊して土地売却するコツと解体費用の税務上の扱い

古い家を売却する際、建物を取り壊して更地で売却することがあります。 解体費用がどれくらいかかるのか分からず、売却に踏み込めない人もいると思います。 結論からすると、木造戸建て住宅の解体費用は、坪4~6 ...

回避2.指導等に従う

2つ目の対策としては、特定空き家に指定されてしまった場合、とにかく行政指導に素直に従うということです。

行政代執行に至るまでは、助言→指導→勧告→命令の4段階がありました。

勧告からは、固定資産税の特例が受けられなくなるなど、具体的な制裁が始まります。

そのため、とにかく助言または指導の段階できちんと対応することが重要です。

勧告を受ける前に、早めに行政指導に従うようにしましょう。

回避3.特定空き家にならない

3つ目の対策としては、特定空き家に指定されないということです。

空き家になっていても、きちんと管理が行われていれば、特定空き家に指定されることはありません。

自分で管理するか、人に貸すか等の対策を行えば、空き家はきちんと維持できます。

特定空き家とは、イメージとしてはかなりボロボロの空き家を指します。

ボロボロになるまで放置せず、きちんと管理するようにして下さい。

管理が面倒ということであれば、売却も検討すべきです。

最終的に行政代執行を受けることを考えれば、そうなる前に売却した方がお得です。

特定空き家とならないためにも、売却も含めて今後の対応を決めるようにしましょう。

尚、空き家の維持や活用方法に関しては、以下の記事に詳しく記載していますので、ぜひご参照ください。

100view
とりあえずどうして良いか分からない空き家の建物価値を維持する方法

実家の空き家を放置プレイにしている人は多いです。 建物は寂しがり屋なので、放置しておくと、自然と価値が落ちていきます。 空き家を持っている人は、建物の価値を維持するために、空き家を管理する必要がありま ...

0view
空き家をリフォームってどうやるの?目的に応じて考える7つのポイント

相続や転勤等で空き家を保有することがあります。 空き家はリフォームすることで高く貸せたり、高く売却できたりします。  注意ポイントリフォームは費用対効果を考え、ポイントを絞って行わないと、コスト倒れす ...

635view
その空き家の活用ちょっと待った!相続物件の3,000万円特別控除について

最近は古民家を見ると、「カフェやろう」と言い出す人が増えていますが、商売はそんなに甘くありません。 古民家カフェも供給過剰になればすぐに飽きられてしまいます。  古民家までいかなくても、空き家の活用に ...

0view
物置となっている親が住んでいた思い入れのある実家を売却する方法

実家が物置状態のまま空き家となっている方は結構いらっしゃいます。  実家の空き家は、遠方のため管理がしにくいという問題や、維持や修繕に費用がかかるといった問題が発生します。  しかしながら、実家の空き ...

2,568view
不動産を売却するときは更地がいい?不動産のプロが判断基準を解説

更地の方が高く売れると聞いたことのある人もいると思います。ただ、不動産を売るのが初めての方は、更地にすべきかどうかの判断基準が分かりません。 これから不動産を売却する人の中には 不動産を売却するときは ...

5.まとめ

以上、行政代執行とは何か?空き家で行政代執行されないための方策を解説してきました。

空き家では、いきなり行政執行されるわけではありません。

段階を踏みますので、行政執行受ける前に対策を取るようにして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これで損しない!不動産を売るなら不動産一括査定

不動産を高く売るなら「不動産一括査定サービス」をがおすすめ。

不動産一括査定サービスとは?

インターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力すると、その情報を元に査定先、売却先の不動産会社が自動的に抽出されて、複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるサービスです。
不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定のイメージ図

不動産一括査定サービスと一言でいっても、たくさん存在します。(筆者が知っているだけでも数十のサービスが存在する。)

筆者としては、その中でも大手・中堅~地域密着までの不動産会社をきちんと比較できるサービスに厳選。

中でも信頼できる不動産会社」に依頼が行えるオススメサイトを紹介します。

  • イエウール :利用者数1,000万人以上は一括査定No.1!利用者の実績からしっかりと不動産会社を厳選
  • すまいValue :他の一括査定では依頼できない超大手の不動産会社に査定依頼ができる
  • ソニー不動産 :売り手専門のエージェント制を採用している ※ただし、1都3県限定です。

利用者数1,000万人以上と圧倒的人気No.1「イエウール」

イエウールo.1「イエウール」
  • 利用者数1,000万人以上と一括査定で圧倒的No.1の安心実績
  • 提携不動産会社1,500社以上!大手・中堅~地域密着までの不動産会社を探せられる
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
  • 提携不動産会社数:1,500社

最大手6社の査定相談だから安心「すまいValue」

すまいValue
  • 超大手不動産会社6社のみだから安心!
    ※国内で不動産売買の取引No.1の「三井不動産リアリティネットワーク」No.2の「住友不動産」に唯一依頼ができる一括査定です。
  • 入力3分のカンタン一括査定※筆者実測値
  • 無料、全国対応
    ※人口が少ない都市は未対応
  • 年間の成約件数:10万件の実績

※一部の地方では対応していない可能性があります。その場合は「 イエウール 」をオススメします。

【1都3県限定】国内で唯一のエージェント制導入で売り手に特化「ソニー不動産」

ソニー不動産
  • 国内で唯一のエージェント制導入!売り手のみをサポート
    ※ソニー不動産は「両手仲介」といって、買主、売主の双方からお金をもらうことをしていません。
  • 今なら不動産売却の秘訣DVDが無料でもらえる
  • 不動産一括査定ではなく、ソニー不動産1社のみに売却相談

おすすめ記事一覧

21,088view

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 おそらくあなたも今回がはじめてのマンション売却ではないでしょうか。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろなサイトを見ている ...

21,427view

マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたとき、多くの人がインターネットで調べます。 そして、いろいろなサイトを見ていると、あなたはあることに気がつくでしょう。 「不動産一括査定 ...

3,000view

土地を売却する機会は、人生でそう何度もない人がほとんどだと思います。 まず、何からはじめていいのか、わからなくて当然です。 でも、土地の取引は大きな金額が動くので、絶対に失敗したくありませんね。 この ...

9,182view

不動産を売却した時、あなたには多額のお金が手に入ります。 お金が手に入れば、残念ながら「税金」というものが掛ります。 不動産は金額が大きいだけに「税金」が気になるのも無理はありません。 実は、不動産売 ...

-社会問題・用語解説

Copyright© 不動産売却の教科書 , 2018 All Rights Reserved.