今後の土地活用の動向はどうなる?プロがこっそり教える土地活用の未来とリスク

もしあなたが土地活用を検討していたら、「今は土地活用のタイミングだろうか?」「話題の土地活用ってなんだろう?」と考えたことはないですか?

そこで今回の記事では、今後土地活用をするなら、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 土地活用の良いタイミングって?
  • 昔から有名な土地活用は今でも有効?
  • 今話題の土地活用は?

1.定番の土地活用の最新動向

土地活用には多数の方法がありますが、昔から多くの人に選ばれている「定番の土地活用」と呼ぶべき方法があります。

今も昔も人気である「定番」の土地活用は、以下の方法が挙げられるでしょう。

昔から定番の土地活用はこれ!

  • アパート経営
  • テナント経営
  • 月極駐車場経営

これらの手法は、土地活用に興味がある人なら、一度は聞いたことがあるはず。

これらの方法はなぜ「定番」なのかというと、今も昔の一定の利益を稼ぎ出し続けている方法だからです。

今まで好景気や不況など社会情勢が多様に変わってきたのにも関わらず、土地活用の方法として選び続けられています。

つまり一定の収益を出し続ける安定した方法と言えます。

長年の歴史をもつ土地活用方法だからこそ、最近は様々なノウハウも確率され、初心者でもチャレンジしやすい環境づくりが進められているのが特徴。

工事から運営まで「フルパッケージ」でサポートする企業が増えているため、自分はお金を出すだけで完結する事例も増えています。

そんな「定番」の土地活用は、今後どんな動向を見せていくのでしょうか?

多くの土地活用の現場に携わってきた元・不動産業者としての見解をお伝えします。

「アパート経営」の今後

空き地にアパートを建てて、毎月の家賃を収益として得る「アパート経営」

昔から安定の土地活用として多くの人に選ばれていますが、今後は「供給過多」に気を付けるべきでしょう。

昨今、全くの素人でもすぐにアパートのオーナーになれるサービスを提供する不動産会社が増えました。

建築から完成後の運営まで一括で行うので、オーナーがやるべきなのは最初の初期投資だけ。

そのせいか、アパート経営にチャレンジする人が急増し、地域によっては完全な供給過多となり、空室が目立ってきます

今後アパート経営にチャレンジする人がますます増えることは間違いなく、さらなる供給過多が見込まれるでしょう。

アパート経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

本当は教えたくない!「アパート経営は儲かるのか」の答えを大暴露
アパート経営は儲かる?メリット・デメリットと失敗せず利益を出す方法を徹底解説!

アパート経営は本当に儲かるのか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。 実は、日本の人口は減少している中、平成28 ...

続きを見る

「テナント経営」の今後

空き地にテナントを建築し、事業者や企業から毎月の家賃を得る「テナント経営」

アパート経営に比べて家賃や初期費用を高額に設定しやすいうえに、退去しにくい点が評価されている土地活用方法です。

今後もビジネス街や商業地に建てることができれば、利用者に困ることはないと考えられています。

しかし実際のところ、一般的には絶対に失敗しないと考えられている立地にテナントを建てたのにも関わらず、利用者がなかなかつかない事例が報告されているのです。

立地的にベストな場所にあるにも関わらず、なぜ利用者がつかないのでしょうか?

それは新規事業者がコワーキングスペースやレンタルオフィスなど、毎月の賃料が安くてすむ場所をテナントとして利用しているから。

そこまで爆発的にモノやサービスが売れない昨今では、家賃を削るのが最大の経費削減と考えられています。

従来通りに「テナントは高額の家賃がとれる」と短絡的に考えていると、今後痛い目にあうかもしれません。

テナント経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用xテナント
土地活用でテナント経営を行うなら絶対に知っておくべき全知識

土地を所有していて、土地活用を検討している方の中に「テナント経営」が気になっている方は、どのようにテナント経営を始めたら ...

続きを見る

「月極駐車場経営」の今後

自分では使わない土地を整地して、駐車スペースを貸しだす「駐車場経営」も昔から人気の土地活用です。

運営開始までの費用が低額で済むうえに、利用者が全て埋まれば安定的な収益が得られる利点があります。

「若者の車離れ」が問題視されていますが、実際は非常に局地的な問題で、多くの地域ではいまだにマイカー移動が普通です。

そのため一部の都市圏を除いて、今後も駐車場は安定的な収益を生み出すでしょう。

しかし昨今、駐車場を運営するうえで新たな問題が発生しているのをご存知ですか?

実は駐車場利用者からのクレームやトラブルが多発し、オーナーを困らせているのです。

昔から駐車場ではよくある「運転を間違えてぶつけてしまった」等のトラブルは保険が解決してくれるので、駐車場オーナーが関わるべき事ではありません。

問題となっているのは、「自分の駐車スペースで他所の子供が遊んでいる」「タバコが落ちている」等のトラブル。

昔なら「仕方ない」「まあいいか」で済まされた小さな問題が、「許されざる問題」だと捉える人が多くなってきたのです。

今後駐車場を運営するなら、理不尽なクレームを言う人が出てくることを覚悟しておく必要があるでしょう。

テナント経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用 駐車場
空き地や更地の土地活用!持っている土地で駐車場経営を成功させるには

活用していない土地をそのままにしておくよりは、とりあえず駐車場にでもしておこうかと思われている方も多いと思います。 駐車 ...

続きを見る

2.最近人気の土地活用の最新動向

ここまで「定番」の土地活用の最新動向と今後について、紹介してきました。

それぞれの活用方法が今後どうなるのか理解いただけたと思います。

では「定番」以外の土地活用、つまり最近人気になってきた土地活用はどうでしょうか。

ひと昔前では行われていませんでしたが、機械技術の進歩やビジネスモデルの成熟によって台頭しつつある方法があります。

最近人気の土地活用は、以下の方法が挙げられるでしょう。

最近人気の土地活用はこれ!

  • 太陽光発電
  • 福祉施設経営

上記で挙げた方法は、ひと昔前までも行われていた方法ですが、以前は導入するまでの機材が高かったり、素人では参入できない壁があったりと、多くの人に選ばれる土地活用にはなれない要素が多分にありました。

しかし昨今の全国的な「空き地問題」によって、増大化する土地活用の波に乗り遅れないようにと先鋭化を進め、人気の土地活用として台頭しつつあります。

そんな最近台頭してきた土地活用方法の今後は、どうなるのでしょうか?元・不動産業者としての見解をお伝えしましょう。

「太陽光発電」の今後

「太陽光パネルを設置するだけで、自分は何もしなくても毎月お金が振り込まれる」という触れ込みで爆発的なブームとなった「太陽光発電」。

現在では太陽光ブームも多少鎮静化してきましたが、なぜ鎮静化したと思いますか?

実は太陽光発電の今後のリスクの大きさに気づいてしまった人が多くなったからです。

太陽光発電は発電した電気を第三者に売却(売電)することによって利益を得るため、「いくらで買い取ってもらえるか」が最も重要なのです。

しかしながら、最初は1kwあたり40円もあった売電価格が、2022年度(令和4年度)現在では、20円弱まで下落しています。

インターネットでもカンタンに調べることができる「売電価格の危うさ」に気づいてしまった人が太陽光発電を選ばないようになっているのです。

売電価格は今までずっと値下がりを続けており、残念なことに一度も値上がりをしたことがありません。

今後、多少の値上がりがあったとしても、40円台まで回復する見込みはないといっても過言ではないでしょう。

太陽光発電による土地活用に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

太陽光発電の投資は今から開始したらもう遅い?税金・費用や危険性を解説

国が買い取りを行い、安定した収入が見込める投資手法として話題を呼んだ太陽光発電。 しかし、年々国による買取価格は下落傾向 ...

続きを見る

「福祉施設経営」の今後

空き地に福祉施設を建てて収益を得る「福祉施設経営」も、最近よく行われるようになりました。

昨今の高齢化問題に目を付けた土地オーナーがよく挑戦しており、利用者は公募によって得られることが多いため、利用者の確保がしやすく経営が安定しやすいのが利点です。

なにより社会貢献につながる土地活用は、福祉施設経営の最大のメリットと言えるでしょう。

高齢化問題はそうそう解決できる問題ではないため、今後も「福祉施設経営」は安定した収益を稼ぎ出してくれるはず。

しかし思わぬミスによって、撤退に追い込まれるケースが報告されていることを忘れてはなりません。

実はスタッフのミスがネットを通じて拡散し、利用者が激減した事例が多発しているのです。

福祉施設を運営する上で、利用者に対するミスは許されざるものですが、スタッフも人間なのでミスがゼロになることはありません。

昔なら人知れず処理されていたミスも、今では一回でもしてしまえばネット中に拡散。たちまち撤退への追い込まれるケースもあります。

今後福祉施設を経営するなら、たとえ初心者スタッフがいたとしても、ミスは許されないことを肝に銘じておきましょう

福祉施設経営に関しては、下記の記事で詳しく解説しております。

土地活用×福祉施設
土地活用で「福祉施設」を選ぶなら絶対に知っておくべき全知識

土地活用には様々な手段がありますが、昨今注目されつつある「福祉施設」に目を付けている人もいるはず。 こんな悩みをスッキリ ...

続きを見る

3.土地活用を成功させるには色々なプランの比較検討が必須

アパート経営や駐車場、商業テナントや老人ホームなど、土地活用には様々な種類があります。

しかも、それぞれ対応できる会社は異なりますし、元々、あなたが頭の中で描いていた土地活用がベストの活用方法とは限りません。

選択肢を狭めずにベストな方法を探るには、複数社への相談が必須になってきます。

また、同じジャンルを得意とする会社の中でも初期費用や収益は大きく差が出てくるのが一般的です。

より多くの会社に相談をしながら、プランニングを進めていきましょう。

複数社への相談を進める際には、土地活用の一括資料請求をすることができる「 HOME4U土地活用 」が便利です。

HOME4U土地活用 」では、1分程度の簡単な項目を入力するだけで、無料で一括資料請求ができます。

土地活用一括資料請求をする流れ

土地活用一括請求を利用する流れ

HOME4Uの一括資料請求サービス5つの強み

  • 一度の依頼で最大7社に無料プラン請求が可能。効率的に比較検討が出来る。
  • 選択した企業以外からの連絡は来ないので、営業電話を最小限に抑えられる
  • 業界最長19年間で培われたノウハウで、悪質業者は排除し、優良企業のみと提携
  • 情報サービス事業の最大手、NTTデータグループの運営でセキュリティも安心
  • 専門アドバイザーへの無料電話相談サービスが便利

土地売却という手も選択肢のひとつとして検討しよう

土地の条件が悪い場合などでは、プロに色々と相談していくなかで、このような悩みに遭遇するケースもあります。

  • 色んな土地活用のプロに相談してみたけど、魅力的なプランはもらえなかった
  • プランを聞いているうちに、運用管理の手間が確保できない気がしてきた

そんな時は、「土地の売却」という手も選択肢のひとつとして検討していきましょう。

土地活用に向いていない土地で、無理にチャレンジしていくことはリスクが大きくなります。

現金化して、新たに土地活用に向いた時を購入することも検討出来ます。

また、「そもそも土地を持ち続けることに強いこだわりはなく、経済的にお得な選択をしたい」

という方であれば、土地活用の相談と同時並行で売却額も査定に出して、比較検討することをオススメします。

「HOME4U」は売却に向けた、不動産一括査定のサービスも展開しています。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのこと

「HOME4U」の一括査定サービスを活用すれば、効率的に優良会社に査定依頼をできるので、売却も検討する方は活用をオススメします。

その他、オススメの不動産査定サイトや、サイト利用時の流れなどは、「不動産一括査定サイトは怪しくない?評判とデメリットを紹介」の記事で解説しております。

まとめ

以上、今後の土地活用の動向を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

よく行われる活用方法の動向はもちろんのこと、最近人気の土地活用の今後についても理解いただけたと思います。

もし土地活用の手段を迷っているなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事一覧

63,127view
不動産一括査定

不動産一括査定サイトのオススメを先に見たい人はコチラ マンションや一戸建て、土地などの「不動産を売りたい」と考え始めたと ...

69,688view
マンション売却で3人に1人が失敗している?2つの落とし穴と間違いない成功のコツ

一生涯でマンションを売却する機会は、ほとんどありません。 何から始めたらいいのか分からず、インターネットでいろいろ調べて ...

15,945view
一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

一戸建てをスムーズに売却するコツを先に見たい人はコチラ 一戸建て(一軒家)を売却するには、正しい手順があります。 でも、 ...

20,567view
専門家が39社から選んだ!不動産査定サイトのオススメ6選【2019年版】

不動産を売却する際、いくらくらいで売れそうなのか、査定を行うことから始めます。 不動産査定は、不動産売却の第一歩です。 ...

-土地活用

© 2021 不動産売却の教科書